スポンサーリンク

HBOドラマ 「チェルノブイリ」 あらすじ ソ連の原発事故をリアルに再現 海外で社会現象になっているドラマ


写真出典:IMDb

ドラマ「チェルノブイリ」は、1986年にソビエト連邦で実際に起きた原発事故を描いたドラマです。2019年5月に英米で放送されるやいなや、事故の再現度の高さ、リアルな描写、緊迫感、悲惨さが話題となり、同時期に放送されていた「ゲーム・オブ・スローンズ」最終章の人気を抜き、いっきに注目を集めました。原発事故後、チェルノブイリ周辺は今も立ち入り禁止になっていますが、ドラマの放送終了後、周辺を訪れる観光客が増えるほどの社会現象になっています。

2019年9月、日本での放送が決まりました。

ドラマ「チェルノブイリ」概要


写真出典:IMDb

米HBOが制作したオリジナルドラマ。1986年、旧ソビエト連邦で実際に起きたチェルノブイリ原発事故をもとに、事実を隠ぺいしようとする政府や人々への影響、被害を抑えようとした人々の姿が描かれます。

初回放送:2019年5月6日(日本2019年9月25日)
放送回数:5回
放送時間:およそ60分
制作:HBO
第71回(2019年)エミー賞「リミテッドシリーズ部門・作品賞」受賞

スポンサーリンク

チェルノブイリのあらすじ


写真出典:IMDb

原発事故から2年。事故を調査していた科学者ヴァレリー・レガソフは、真実をテープに録音し終えると自殺します。そして彼のテープを再生するように、事故の様子が描かれます。

1986年4月26日未明、ソビエト連邦(現ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所の4号炉が動作実験中に制御不能になり爆発。責任者たちは独自に開発した原子炉が事故を起こすことなどありえないと考え、事態を過小評価。消防隊が消火活動にあたり、近隣の住民たちは遠くで起きている火事を見物していました。政府も事態は適切に対応されていると判断します。しかし科学者のレガソフは、原子炉が損壊している可能性を指摘します。事故から4日後、火災は収まりますが、メルトダウンがはじまっていました。


チェルノブイリ原発事故では、4号炉から30キロメートル圏内の住民は避難させられ、半径350キロメートル圏内の放射性物質が高濃度な地域では農業の停止と避難が余儀なくされました。犠牲者はおよそ4000人と発表されたものの、調査機関によっては数万人とも数十万人とも報告されており、実際の数はわかっていません。

2019年現在、事故を起こした4号炉は「石棺」と呼ばれる設備で囲まれ、チェルノブイリ周辺は事故から30年以上経った現在も立ち入り禁止、原発のあったプリピャチ市は人の住まないゴーストタウンとなっています。

なお、チェルノブイリ原発事故は国際原子力事故評価尺度(INES)でもっとも深刻なレベル7が指定されていますが、福島の第一原発事故もレベル7となっています。

チェルノブイリの登場人物

ヴァレリー・レガソフ

演:ジャレッド・ハリス
物理学者。ソ連が開発した原子炉(RBMK炉)の専門家。事故の直後、対策メンバーの一員に選ばれました。事故の2年後に自殺しましたが、事故の調査結果と処理状況の詳細について音声記録を残しました。

ボリス・シチェルビナ

演:ステラン・スカルスガルド
ソ連の最高決議機関である閣僚会議の副議長。チェルノブイリ事故の対応に当たります。

チェルノブイリ事故後は、1988年に起きたアルメニア地震の危機管理も担当。1990年に亡くなりました。

ウラナ・ホミュック

演:エミリー・ワトソン
物理学者。チェルノブイリ原発の技師たちを取材し、原発事故の原因究明に当たります。ドラマオリジナルの架空の人物。

アナトリー・ディアトロフ

演:ポール・リッター
チェルノブイリ原発の副技師長。事故当日、原子炉の運転実験を指揮していました。

事故後、責任者の一人として実刑判決を受けますが、1990年に恩赦によって釈放され、1995年に心不全で亡くなりました。

ヴィクター・ブリュハーノフ

演:コン・オニール
チェルノブイリ原発の所長。

事故後、責任者の一人として10年の実刑判決を受けました。2019年現在、存命しています。

ワシリー・イグナテンコ

演:アダム・ナガイティス
チェルノブイリ原発があるプリピャチ市の消防士。休暇中でしたが、原発の火災により急遽呼び出され、帰らぬ人となりました。

リュドミラ・イグナテンコ

演:ジェシー・バックリー
ワシリーの妻。妊娠していましたが、夫が被爆するとモスクワの病院へ付き添います。2019年現在、存命しています。

ドラマ「チェルノブイリ」を見る

スターチャンネルで見る

2019年9月現在、ドラマ「チェルノブイリ」はBS10スターチャンネルで放送されます。

字幕版:9月25日(水)より毎週水曜23:00放送開始
吹替版:9月30日(月)より毎週月曜22:00放送開始
全5話

スターチャンネルのWebページはこちら

スターチャンネルを見るには、スカパーやインターネットTV、ひかりTVなどに加入し、別途月額2300円が必要です。詳しくは上記スターチャンネルのWebページを参照してください。

Amazonで見る

Amazonプライムビデオの「スターチャンネルEX」で見ることもできます。こちらは本放送より遅れて配信されます。

字幕版:9月26日(木)配信開始

AmazonのWebページはこちら

スターチャンネルEXを視聴するには、Amazonプライム(年額4900円または月額500円)に入会し、別途月額900円が必要です。ただし2019年9月26日(木)~10月5日(土)の間、Amazonプライム会員でなくても第1話を無料で視聴できます。