スポンサーリンク

スターク家 | ゲーム・オブ・スローンズの相関図


「ゲーム・オブ・スローンズ」にはたくさんの登場人物が登場します。人間関係がややこしいので勢力ごとに相関図を作ってみました。ただ、物語が進むにつれて彼らの関係も変わってきます。なので、基本的にはシーズン1または登場時点での関係をもとにしています。

ここでは、みんな大好きスターク家について紹介します。

スターク家

概要


スターク家は、何千年もの間、北部を治めてきた一族です。伝説に登場し、ウィンターフェルと壁を作ったとされる建設王ブランドンの子孫と伝えられています。

エイゴン・ターガリエンがウェスタロスに侵攻してきたとき、「北の王国」のトーレン・スターク王はエイゴンと戦うため南へ進軍します。しかしドラゴンを率いたターガリエン軍を目にすると、勝てないと考えて降伏しました。

トーレンは「ひざまづいた王」と呼ばれるようになり、以降スターク家は北部総督として北部を統治しています。

物語がはじまる15年前、リアナ・スタークと王子レイガー・ターガリエンが失踪します。リアナはロバート・バラシオンと婚約していたため、レイガーに誘拐されたとしてスターク家はターガリエン王家に抗議しました。しかし王の怒りを買うことになり、当時スターク家の当主だったリカード・スタークと長男のブランドン・スタークは処刑されてしまいます。これが引き金となって「ロバートの反乱」が起こり、ターガリエン王朝は終わりを迎えました。ロバート・バラシオンが七王国の新たな王になり、幼かったヴィセーリスとデナーリスの兄妹はエッソスへと追放されました。

ロバート王の治世、エダード・スタークは総督として北部を治めていましたが、「王の手」ジョン・アリンが亡くなります。ロバート王がジョンの後任としてエダードを頼り、北部へやってくるところから物語ははじまります。

標語

冬、来たる


スポンサーリンク

スターク家の人物

写真出典:HBO

リカード・スターク


物語の15年前、リアナ・スタークとレイガー・ターガリエンの失踪事件で処刑されました。

ロバートの反乱 ゲーム・オブ・スローンズ リアナ・スタークとレイガー・ターガリエン

ブランドン・スターク


リカード・スタークの長男。エダードの兄。父リカードとともに処刑されました。

キャトリン・スターク


エダードの妻でタリー家出身。12歳のとき、スターク家のブランドンと婚約しました。一方、タリー家に里子に来ていたピーター・ベイリッシュがキャトリンに恋します。キャトリンが16歳になったとき、ピーターはブランドンに決闘を挑みますが負けてしまいました。しかしこのあと、リアナ・スタークとレイガー・ターガリエンの失踪事件が起き、ブランドンはエイリス王によって処刑されます。その結果、キャトリンはエダードと結婚し、身ごもりました。エダードが「ロバートの反乱」に参加している間にキャトリンは長男ロブを生みます。そして、反乱からエダードが帰ってくると、彼は私生児の乳児を連れていました。乳児はジョン・スノウと名付けられ、ロブとともに育てられることになりますが、キャトリンとエダードの間には禍根が残ることになりました。

エダード・スターク


ウィンターフェル城主であり北部総督。妻キャトリンとの間に5人の子供がいます。また、私生児が1人います。エダードとロバート王は幼い頃、里子としてジョン・アリンのもとで育ったため、親友であり、兄弟のように信頼し合っています。国政を担う「王の手」であるジョン・アリンが謎の死を遂げ、エダードに後任を頼むためロバート王がウィンターフェルを訪れるところから物語は始まります。

ウィラ


ジョン・スノウの母親としてエダードが名前をあげた女性。

リアナ・スターク


リカード・スタークの娘。エダードの妹。ロバート・バラシオンの許嫁でしたが、レイガー・ターガリエンと失踪しました。この事件は「ロバートの反乱」のきっかけになります。

ベンジェン・スターク


エダードの弟。ナイツウォッチの1人。将来に不安を抱くジョン・スノウをナイツウォッチへ誘いました。

ロブ・スターク


エダードの長男。ロバート王に招かれて王都へ赴いた父が囚われると、北部の軍勢を率いて挙兵します。これが「五王の戦い」のはじまりです。「五王の戦い」とは、ロバート王の死後、ジョフリー・バラシオン、ロブ・スターク、レンリー・バラシオンスタニス・バラシオンベイロン・グレイジョイの5人が王を自称して起こした戦いです。

タリサ・スターク


エッソスの自由都市ヴォランティス出身の女性。戦場で負傷者の治療に従事しているときにロブに出会います。

サンサ・スターク


エダードの長女。レディになるための教育を受けてきており、次代の王妃候補としてエダードとともに王都へやってきます。

アリア・スターク


エダードの次女。エダード、サンサとともに王都へやってきますが政略による婚姻を拒み続けています。

ブラン・スターク


エダードの次男。事故によって半身不随になりますが、次第に予知夢を見る能力を手に入れます。

リコン・スターク


エダードの三男。物語がはじまったときは3歳(だったのか。見えなかったけど)。ウェスタロスの戦乱により幼いリコンの身にも困難が降りかかります。

ジョン・スノウ


エダードの私生児。北部では、私生児にスノウ姓が与えられます。私生児であることに劣等感を抱いていましたが、ナイツウォッチとなることで自分の生き方を見つけます。

スターク家の関係者

写真出典:HBO

シオン・グレイジョイ


シオンが幼少の頃、父ベイロン・グレイジョイが反乱を起こしました。反乱は鎮圧され、シオンは人質としてエダード・スタークに預けられます。人質という身分でしたが、エダードが家族同様に扱ったため、スターク家の子どもたちとは実の兄弟のような関係です。しかし「五王の戦い」では、ロブ・スタークを裏切って北部を攻撃します。

ルーウィン


スターク家のメイスター。メイスターは、各家に仕え、助言や医療、通信などを行います。オールドタウンにあるシタデルから派遣されてきます。

ジョリー・カッセル


ロドリック・カッセルの甥。エダードの護衛役としてキングズランディングへ向かいます。

ロドリック・カッセル


スターク家の軍事指南役。ロブジョン・スノウシオン・グレイジョイも彼から武術を学びました。

オッシャ


野人の出身。ブランを襲いますが逆に捕らえられ、以降はブランに仕えています。

ホーダー


スターク家に仕える給仕。知的障害を持ち、「ホーダー」としかしゃべることができません。足が不自由なブランを背負って運ぶ役。

リアナ・モーモント


北西に浮かぶ「熊の島」を統治するモーモント家の当主。ジオー・モーモントの姪。ジョラー・モーモントのいとこ。幼いながらも自信にあふれ、高い知性と指導力を見せます。

その他の勢力

アリン家

グレイジョイ家

ターガリエン家

タイレル家

タリー家

ナイツウォッチ

バラシオン家

ボルトン家

フレイ家

マーテル家

野人・その他

ラニスター家

当ブログでは、「ゲーム・オブ・スローンズ」の地図や歴史、宗教などについて紹介しています。ご興味いただければ以下からご覧ください。

ゲーム・オブ・スローンズ | 目次

「ゲーム・オブ・スローンズ」が好きな方にはこちらのドラマもおすすめです。

ROME[ローマ] あらすじ 感想 シーザーが皇帝じゃないことがずっと疑問だった
ヴァイキング 〜海の覇者たち〜 シーズン1 見てみた!
ウエストワールド ネタバレ 考察 これまでのまとめ