エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY シーズン1 あらすじ 感想




出典:CBS
現代版シャーロック・ホームズ。スマホやSNSを使って事件を解決していく姿はBBC版「SHERLOCK」に通じるところがありますが、舞台を霧深きロンドンからビッグアップル ニューヨークに移し、ホームズの助手であるワトソン博士を女性にしてしまったという意欲作。シーズン1を見てみました。

エレメンタリー 概要


アーサー・コナン・ドイル原作の探偵小説シャーロック・ホームズを題材にした1話完結型のアメリカドラマ。2010年にBBCで制作されたドラマ「SHERLOCK」にインスパイアされているのは確実だと思いますすが、こちらは舞台を英国ロンドンから現代の米国ニューヨークに移してしまいました。

さらに、ワトソン博士を女性にしてしまうという誰かがやりそうで誰もやらなかった偉業を達成しています。また、ホームズやワトソンなど、人物名は原作を踏襲しているものの、起こる事件は原作とは関係のないドラマオリジナルです。

2012年に米CBSにてシーズン1が放送開始。

2018年にシーズン6が放送され、2019年放送予定のシーズン7で終了が発表されています。
シーズン1-5が全24話、シーズン6は全21話から構成されています。

日本では、2013年にWOWOWでシーズン1が放送され、その後、CSのスーパードラマTVやテレビ東京などで放送されました。

2019年1月現在、シーズン3をDlifeで、シーズン6をWOWOWで放送中。Amazonプライムビデオでシーズン1-5を配信中です。

エレメンタリー あらすじ

ロンドン警視庁(スコットランドヤード)で顧問をしていた探偵シャーロック・ホームズは、薬物依存の治療のため米国ニューヨークに移住。施設を出所後、ニューヨーク市警の顧問となって犯罪捜査に協力することになりました。そこへ、薬物依存治療のサポートをする付添人としてジョーン・ワトソンが派遣されてきます。

彼らは、ホームズが持つ鋭い観察眼と天才的な推理力、ワトソンの医学的知識や助言をもって数々の難事件を解決していくのでした。

エレメンタリー 登場人物

シャーロック・ホームズ


画像出典:CBS
ジョニー・リー・ミラー
声:三木眞一郎
人並み外れた観察眼と推理力、記憶力で難事件を解決する天才的な名探偵。

英国ロンドンのスコットランドヤードで顧問として雇われていましたが、薬物依存に陥り、治療のためニューヨークにやってきました。

自信家で傲慢、自己中心的でコミュニケーション能力に欠け、事件解決のためにはモラルを無視する面もあるため、トラブルになることも多くあります。

ロンドン時代はワトソンがいない状況でよくやっていけたと思います。

ジョーン・ワトソン


画像出典:CBS
ルーシー・リュー
声:田中敦子
まじめで正義感の強い女性。外科医でしたが、手術に失敗し患者を死なせてしまったことから辞職。薬物依存患者の治療をサポートする付添人の仕事をしています。

シャーロックに同行するうちに犯罪捜査への素質を見せ始め、助手になります。

トーマス・グレッグソン


画像出典:CBS
エイダン・クイン
声:堀内賢雄
ニューヨーク市警の警部。かつてスコットランドヤードで働いていたためシャーロックと面識があり、ニューヨークに来た彼を顧問として雇います。

シャーロック・ホームズに登場する刑事としてはレストレード警部がまず浮かびますが、原作には、レストレード警部のライバルとしてトバイアス・グレグスン(Tobias Gregson)という人物も登場します。名前は異なりますが、彼がモデルなのだと思います。

マーカス・ベル


画像出典:CBS
ジョン・マイケル・ヒル
声:あべそういち
ニューヨーク市警刑事。グレッグソン警部の部下。

感想

シーズン1を見てみました。

天才肌で空気が読めない主人公と、その相棒が、ガーガー言い争いながら事件を解決。こういうのってほかにも見たことがあります。「ホワイトカラー」のニールとピーターとか、「メンタリスト」のジェーンとリズボンとか、日本のドラマ「相棒」とか。本作「エレメンタリー」も同じような刑事ドラマというか犯罪捜査ものです。それをシャーロック・ホームズとワトソンでやってしまったということ。何番煎じではあるけれど、定番的なおもしろさがあります。つい見ちゃう。シーズン全体を通してのストーリーもあるのでそれが気になるといえば気になります。それはシャーロックとアイリーン・アドラーとの過去であり、モリアーティとの因縁であり。
そうなんです。このドラマにもアイリーン・アドラーとモリアーティが出てきます。女性キャラというとアイリーン・アドラーしかいないのかというのもちょっとあります。原作だと短編の1つに出てくるゲストキャラの1人でしかない気もするんですが、いつの間にかワトソンやモリアーティと並ぶ主要人物みたいな扱いになりましたね。でも彼らの名前が出てくると、やっぱりなんかわくわくしてしまう。イニシャルMってあいつだよなあみたいな。

本作はシャーロック・ホームズじゃなくてもいいのではないかという意見もあるようです。舞台はロンドンではないし、話はオリジナルだし、ワトソンは女性だし、シャーロック・ホームズなところは名前だけですから。

どうしても比べられてしまいますが、現代版シャーロック・ホームズとしては、やっぱりBBCの「SHERLOCK」の方が上だと思います。カンバーバッチ版シャーロックのキャラが強すぎるでしょ。あっちはストーリーも原作をうまくアレンジしているし、まさに現代に現れたシャーロック・ホームズだろうって納得できます。

でもじゃあ「エレメンタリー」はどうかいうと、これはこれで犯罪捜査もののドラマとしておもしろいと思いました。それに、もうね、腕にタトゥーを入れていようが、売春婦と一夜を過ごしていようが、「おい、ワトソン」って言って推理していればそいつはシャーロック・ホームズだろうという。

基本、1話完結型で事件を解決してくれるので気軽に見ることができるというのもあります。カンバーバッチ版は疲れるので(笑)

ドラマの最後にはいい感じでバラードが流れて感傷に浸っちゃったりして、ジョニー・リー・ミラー版ホームズの人間くさいところは共感できます。

ただ、シャーロックが無収入なところは少し気になります。生活費や薬物依存の治療費、ワトソンへの支払いなどはぜーんぶ父親からの援助です。シャーロックは高慢で偉そうにしていますが、親のすねをかじっているだけにしか見えません。金額にはこだわらないとかいって依頼人やニューヨーク市警なりから報酬をもらっている方が納得できます。

さて、シーズン2ではレストレード警部なんかも出てくるみたいなので、どんななのかは気になっています。そしてシャーロックとワトソンの関係がどうなるのかも気になります。これは恋愛関係にはなって欲しくないという。なんでもかんでも恋愛にしてしまうのはちょっと安直すぎてあまり好きではないのです。でもそうなるんだろうなっていう。だから気になる。

関連情報

公式サイト

公式サイトはこちらからアクセスできます。

DVD

DVDがこちらから購入できます。

Amazonプライムビデオ


Amazonプライムビデオでは、以下から閲覧できます。
Amazonプライムビデオ(字幕版)
Amazonプライムビデオ(吹替版)