ホイール・オブ・タイム シーズン1 第6話 Amazon配信ドラマのあらすじとネタバレ

ホイールオブタイム
スポンサーリンク


写真出典:IMDb
Amazonプライムオリジナルドラマ「ホイール・オブ・タイム」シーズン1の第6話「アミルリン位」を紹介します。

前:第5話
次:第7話

スポンサーリンク

第6話 あらすじ

アエズ・セダーイの指導者であるアミルリン位シウアンから単独行動を咎められたモイレインは、白い塔を追放されました。しかしこれはシウアンとモイレインの計画です。モイレインとランは、ランド、マット、ペリン、エグウェーン、ナイニーヴを密かに連れ出すと、闇王が封印されているという「全界の眼」へ向かいます。

スポンサーリンク

第6話「アミルリン位」

アエズ・セダーイを統率するアミルリン位のシウアン・サンチェは、裁判を行わずにロゲインの力を封じた(飼いならした)リアンドリンを叱責します。リアンドリンは、仲間のケレネが犠牲になったことを報告し、ロゲインの力が想像以上に強力だったと弁明しました。そして、単独で行動するモイレインが、絶対力を持つナイニーヴのことを秘密にしていたことを告発。シウアンは、モイレインを処罰することにします。

その後、マットの様子がおかしいことを知ったモイレインは、シャダー・ロゴスの短剣の呪いからマットを解放します。また、白マントから逃げてきたエグウェーンぺリンを迎えました。

夜、モイレインは密かにシウアンを訪ねると、トゥー・リバーズで見つけた5人の若者が竜王の生まれ変わりの可能性があることを伝え、自分を追放刑にするようにシウアンに頼みます。

モイレインとシウアンは恋愛関係にあります。突然はじまった恋愛劇に戸惑いました。この設定は必要なのでしょうか。

翌日、シウアンはモイレインを白い塔から追放します。

モイレインは、「秘密の通路」へやってきます。そこへ、ロイアルに案内されてエグウェーンとペリンがやってきました。さらにランに率いられたランドとマット、ナイニーヴも現れました。トゥー・リバーズの5人は再会を喜びますが、モイレインは、闇王が封印されている「全界の眼」へ向かうといいます。5人の誰かが竜王の再来であり、弱っている闇王を竜王の力で倒す計画です。戸惑うランドやエグウェーンは、世界の危機を聞かされ、モイレインに付いていきますが、マットは従いませんでした。

モイレインは、ほかのアエズ・セダーイに秘密で行動しているようです。闇王を倒すという大きな計画なのになぜ協力し合わないのか、ちょっと理解できません。そのうちわかるのでしょうか。

前:第5話
次:第7話

関連記事

登場人物

シーズン1
-シーズン1全あらすじ
-第1話「故郷との別れ」
-第2話「シャダー・ロゴス」
-第3話「安らぎを求めて」
-第4話「偽の竜王」
-第5話「流れ続ける血」
-第6話「アミルリン位」
-第7話「闇が潜む旅路」
-第8話「全界の眼」

「ホイール・オブ・タイム」を見る

ドラマ「オイール・オブ・タイム」は、Amazonで視聴できます。プライム会員は追加料金なしで視聴できます。

Amazonで見る

おすすめドラマ

「ホイール・オブ・タイム」に興味のある方には次のドラマもおすすめです。

ゲーム・オブ・スローンズ

ドラゴンや魔法が存在する架空の世界を舞台にしたファンタジー小説「氷と炎の歌」シリーズを原作としたHBOのテレビドラマです。多くの登場人物が入り乱れる群像劇で、世界中で放映されている人気作です。

ゲーム・オブ・スローンズ関連記事

カーニバル・ロウ

人間と妖精たちが共存する架空の世界。産業革命期のイギリスを思わせるバーグ共和国の歓楽街「カーニバル・ロウ」では、妖精を狙った連続殺戮事件が発生し、オーランド・ブルーム演じる捜査官ファイロが事件を捜査します。

カーニバル・ロウあらすじ

ウィッチャー

ポーランドの作家アンドレイ・サプコフスキによるダークファンタジー小説を原作としたNetflixのオリジナルドラマです。Playstation4/Nintendo Switchから発売されているゲーム「ウィッチャー3」も人気があります。

ウィッチャー シーズン1あらすじ