ストレンジャー・シングス シーズン4 Vol.1 Netflixドラマのあらすじ ネタバレ 登場人物を紹介

その他のドラマ
スポンサーリンク

Netflix(ネットフリックス)オリジナルドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のシーズン4を紹介します。

シーズン4は全9話ですが、Vol.1とVol.2の2回に分けて配信されます。ここでは、Vol.1(第1話〜第7話)を紹介します。

なお、同ドラマは、次のシーズン5で完結が発表されています。

ドラマ「ストレンジャー・シングス」はNetflixから視聴できます。

前:シーズン3

スポンサーリンク

概要

原題:Stranger Things
制作:Netflix
全9話2部構成
配信日:
Vol.1 2022年5月27日(第1話〜第6話 各80分程度、第7話 100分程度)
Vol.2 2022年7月1日(第8話90分、第9話150分)
全体的にちょっと長い。
性的なシーンはありませんが、従来よりも残虐的なシーンが増しています。

第1章「ヘルファイア・クラブ」78分
第2章「ヴェクナの呪い」77分
第3章「怪物化ヒーローか」64分
第4章「親愛なるビリー」79分
第5章「ニーナ計画」76分
第6章「ダイブ」75分
第7章「ホーキンス研究所の虐殺」98分

ホーキンスに恐怖と破壊をもたらしたスターコート・バトルから6か月。高校生活をうまく立ち回るなんてただでさえ難しいのに、闘いが残した爪あとが癒えないまま、初めて離れ離れになってしまった仲間たち。これまでにない不安をそれぞれが抱える中、新たに恐ろしい超常現象が姿を現す。身の毛もよだつ謎。でも、もしその謎を解くことができれば、ついに裏側の世界の恐怖に終止符を打てるかもしれない…。(Netflix紹介文)

物語がホーキンス以外の地域にも広がったうえ、これまでのように登場人物たちが個別のグループとなって行動するため、話があちこちに飛びます。少しわかりにくいかもしれません。

登場人物の紹介のあと、あらすじとネタバレを紹介します。

スポンサーリンク

登場人物

エル

演:ミリー・ボビー・ブラウン
初登場:シーズン1
1971年生まれ。
カリフォルニア州レノーラ・ヒルズ高校の1年生。
ホーキンス研究所で訓練された超能力者。
本名はジェーン・アイヴス。
研究所では、11号(イレブン)と呼ばれていました。そのため、マイクと出会ったとき自分のことをイレブンと名乗りました。マイクがマイケルの略称であることから、マイクもイレブンのことを略称のエルと呼ぶことにしました。
シーズン1では、意図的ではありませんでしたが、彼女が原因で裏世界へのゲートが開いてしまいました。
シーズン2でホッパー家の養子になったため、戸籍上の名前はジェーン・ホッパーです。
シーズン3で超能力を失いました。さらにホッパーを失い、バイヤーズ家に引き取られると、ホーキンスを離れます。

マイク・ウィーラー

演:フィン・ヴォルフハルト
初登場:シーズン1
1971年生まれ。
ナンシーの弟。
ホーキンス高校の1年生。
ウィル、ダスティン、ルーカスとは、オタク的興味でつながった仲良し4人組です。
高校ではゲームグループ「ヘルファイア・クラブ」に所属し、テーブルトークゲームを楽しんでいます。
エルとは遠距離恋愛中。
ほとんど出てきませんが、ホリーという妹がいます。

米国の教育制度では、幼稚園の年長から高校までが義務教育です。州によって区分が異なることがありますが、一般的には、幼稚園1年間のあと小学校5年間、中学校3年間、高校4年間を学ぶそうです。高校入学時、日本のように受験はありません。私立へ進む場合を除き、基本的に中学からそのまま地域の高校へ進みます。ただし、卒業するには卒業試験への合格や、必須科目の単位取得などが必要です。

ナンシー・ウィーラー

演:ナタリア・ダイアー
初登場:シーズン1
1967年生まれ。
マイクの姉。
ホーキンス高校の4年生。新聞部に所属。
ジョナサンと恋愛関係にありますが、シーズン3最終話でバイヤーズ家はホーキンスを離れました。
以前、スティーブと付き合っていました。遠距離恋愛中のジョナサンとはすれ違い気味なせいもあり、スティーブとの関係が戻りそうな気配です。

ダスティン・ヘンダーソン

演:ゲイテン・マタラッツォ
初登場:シーズン1
1971年生まれ。
ホーキンス高校の1年生。
マイク、ルーカス、ウィルの親友。
おどけた性格ですが、機械に詳しく、奇抜なアイデアを生み出します。
シーズン2から3の間にサマーキャンプでスージーと知り合い、アマチュア無線で交流しています。
高校ではゲームグループ「ヘルファイア・クラブ」に所属しています。

ウィル・バイヤーズ

演:ノア・シュナップ
初登場:シーズン1
1971年生まれ。
カリフォルニア州レノーラ・ヒルズ高校の1年生。
マイクの幼馴染。ジョナサンの弟。ジョイスの次男。
シーズン1では裏世界に引き込まれ、長時間滞在することになりました。そのため、裏世界に感応することがあります。
もともとホーキンスに住んでいましたが、シーズン3の最後に家族とともにカリフォルニアへ引っ越しました。

ジョナサン・バイヤーズ

演:チャーリー・ヒートン
初登場:シーズン1
1967年生まれ。
カリフォルニア州レノーラ・ヒルズ高校の4年生。
ウィルの兄。ジョイスの長男。
ナンシーと遠距離恋愛中。
ナンシーと同じ大学へ進む予定でしたが、父親がいないこと、かつてウィルが裏世界へ連れ込まれたことなどがあり、家族を置いて離れることが不安です。
また、自分に自信がないため、ナンシーとは不釣り合いと考えはじめています。

ルーカス・シンクレア

演:ケイレブ・マクロクリン
初登場:シーズン1
1971年生まれ。
ホーキンス高校の1年生。
マイクの幼馴染。
高校では華やかなバスケットボール部に所属。高校デビューを果たし、オタク的な付き合いを避けようとしています。
付き合っていたマックスとは別れましたが、彼女のことを心配しています。

エリカ・シンクレア

演:プリア・ファーガソン
初登場:シーズン2
1975年生まれ。
ルーカスの妹。
ホーキンス中学校の生徒。
生意気ながらも冷静で、大人顔負けの推察力を見せます。

マックス・メイフィールド

演:セイディー・シンク
初登場:シーズン2
本名はマキシーヌ
1971年生まれ。
ホーキンス高校の1年生。
シーズン2でホーキンスに転居してきました。
母親の再婚によってビリーとは義理の兄妹の関係でした。しかし、ビリーはシーズン3でエルをかばって亡くなりました。
シーズン4では、ビリーのことがトラウマとなっています。そのため、自分の世界に閉じこもるようになり、付き合っていたルーカスとは別れました。
また、母親は再婚相手と離婚。母親と2人でトレーラーハウスに住んでいます。

スティーブ・ハリントン

演:ジョー・キーリー
初登場:シーズン1
1966年生まれ。
シーズン1でナンシーと一時付き合いましたが破局しました。しかし未練があるようです。
ダスティンとは師弟のような関係にあります。
もともと女子から人気がありましたが、シーズン2でビリーにその立場を奪われることもありました。
当初は自信家で高圧的、嫌な性格をしていましたが、次第に心優しい青年に成長しました。ただし、女性に対して節操のない性格はあまり変わっていないようです。
シーズン3で高校を卒業。ショッピングモールで働きはじめましたが、事件が起きて閉鎖されたため失業。
シーズン4では、レンタルビデオショップで働いています。

ロビン・バックリー

演:マヤ・ホーク
初登場:シーズン3
1968年生まれ。
ホーキンス高校の4年生。マーチングバンド部に所属。
シーズン3では、ショッピングモールでアルバイトしているときにスティーヴと知り合いました。彼から告白されましたが、同性愛者であることを明かしました。2人の関係が恋愛に発展することはなさそうですが(スティーブは変化を少し期待しているかもしれません)、スティーブとは良き友人として付き合い続けています。
シーズン4では、スティーブが働くレンタルビデオショップでアルバイトしています。
マーチングバンド部のビッキーに好意を抱いています。

スージー

演:ガブリエラ・ピッツォーロ
初登場:シーズン3
1971年生まれ。
ユタ州ソルトレイクシティに住む高校生。
シーズン2から3の間にサマーキャンプでダスティンと知り合い、その後もアマチュア無線で交流を続けています。パソコン通信を駆使してハッキングを行うなど、1980年代において驚異的なITの知識の持ち主。
シーズン4では、何人もの兄弟がいる大家族であることがわかります。

エディ・マンソン

演:ジョセフ・クイン
初登場:シーズン4
1965年か1966年生まれ。
ホーキンス高校の4年生。ただし留年中。
ゲームグループ「ヘルファイア・クラブ」のリーダー。
バンド活動も行っています。
学業成績は最悪で、ドラッグの売人をするなど素行もよくありません。でも彼がゲームマスターとして取り仕切るD&Dはおもしろそう。

BBCのドラマ「レ・ミゼラブル」のアンジョルラスのほか、「ゲーム・オブ・スローンズ」シーズン7で北部の兵士を演じています。

アーガイル

演:エドゥアルド・フランコ
初登場:シーズン4
1967年生まれ。
カリフォルニア州レノーラ・ヒルズ高校の4年生。
ジョナサンの友人。ピザ屋でアルバイトしています。

ジェイソン

演:メイソン・ダイ
初登場:シーズン4
ホーキンス高校のバスケットボール部「タイガース」の主将。
クリッシーと付き合っています。

クリッシー

演:グレース・バン・ディーン
初登場:シーズン4
ホーキンス高校のチアリーディング部のメンバー。
男子生徒の憧れの的。
ジェイソンと付き合っています。

フレッド

演:ローガン・ライリー・ブルナー
初登場:シーズン4
ホーキンス高校の新聞部の部員。

ビッキー

演:エイミーベス・マクナルティ
初登場:シーズン4
ホーキンス高校のマーチングバンド部のメンバー。
ロビンが好意を抱く女性。

演じるエイミーベスさんは、「赤毛のアン」をアレンジしたNetflixドラマ「アンという名の少女」でアンを演じています。

ジム・ホッパー

演:デヴィッド・ハーバー
初登場:シーズン1
ホーキンス市の警察署長。
シーズン2でエルを養子として迎えました。
シーズン3の最終話で爆発に巻き込まれ、消息不明となりました。
シーズン4では、ホッパーが生きており、ソ連の収容所に監禁されていることがわかります。

ジョイス・バイヤーズ

演:ウィノナ・ライダー
初登場:シーズン1
ジョナサンとウィルの母親。
夫とは離婚し、2人の息子を育てています。シーズン3では、ホッパーをなくしたエルを引き取り、家族でホーキンスを去りました。カリフォルニア州に転居し、在宅で百科事典の通販業務を請け負っています。
ジム・ホッパーはジョイスを愛しているようです。ジョイスは、シーズン2で友人ボブと再婚するはずでしたが、ホッパーのこともまんざらでもない様子です。

マレー・バウマン

演:ブレット・ゲルマン
初登場:シーズン2
元ジャーナリストの陰謀論者。
ロシア語に堪能。

ブレナー博士

演:マシュー・モディーン
初登場:シーズン1
ホーキンス研究所の科学者。
シーズン1で亡くなったかと思われていましたが、生きていました。
裏世界からの脅威に打ち勝つため、エルが失った力を取り戻そうとしますが、真意は不明です。

サム・オーウェンス

演:ポール・ライザー
初登場:シーズン2
もとエネルギー省の職員。
ブレナー博士の後継としてホーキンス研究所を管理しましたが、研究所が閉鎖されたため解雇されました。
ホーキンスの人々に協力的で、エルとホッパーの養子縁組や、バイヤーズ家の転居などを支援しています。

ドミトリ・アントノフ

演:トム・ヴラシア
ソ連の収容所の刑務官。
高額の報酬を条件に、囚われているホッパーに脱獄を持ちかけ、エンゾという名前でジョイスに接触します。

演じるトム・ヴラシアさんは、ゲーム・オブ・スローンズでジャク・エン・フ=ガーを演じていました。

ユーリ

演:ニコラ・ジュリコ
密売業者。

サリバン大佐

演:シャーマン・オーガスタス
米軍の大佐。

ピーター・バラード

演:ジェイミー・キャンベル・バウアー
ホーキンス研究所のスタッフ。

ヴェクナ

強力な力を持つ裏世界の怪物。
トラウマを持つ人間の精神を操り、惨殺します。

ヴェクナは、デモゴルゴンやマインドフレイヤー同様、実在するテーブルゲーム「D&D」に登場する怪物です。D&Dでは、ゾンビなどを率いるアンデッドの魔術師(リッチ)と設定されています。ドラマでは、D&Dに登場する怪物のイメージをもとに、裏世界の怪物にダスティンが命名しました。

前:シーズン3

あらすじ

シーズン3からおよそ半年後の1986年3月。
中学生だった少年少女は、それぞれ高校生になっています。

インディアナ州にある架空の町ホーキンスでは、住民が次々に虐殺される事件が発生。少年たちが裏世界の関与を調べはじめると、闇の魔術師ヴェクナの存在を知ります。

バイヤーズ家とともにカリフォルニア州に転居してきたエルの前には、かつてホーキンス研究所の責任者だったオーウェンスが現れました。世界を救うため、エルから失われた力を取り戻す計画を明かします。

シーズン3で爆発に巻き込まれ、亡くなったと思われていたジム・ホッパーは、生きていました。しかしソ連軍に捕まり、捕虜となっています。ジョイスのもとに、ホッパーの救出を支援しようとする男が現れます。

ネタバレ

1979年。ホーキンス国立研究所で、訓練生やスタッフが惨殺される事件が起きました。
生き残り、1人立ちすくむエルに、当時研究所の責任者だったブレナー博士は何が起きたのかを尋ねます。

ホーキンス

インディアナ州にある架空の町ホーキンス。シーズン3からおよそ半年後の1986年3月。
中学生だったマイクやダスティン、ルーカス、ウィルは、高校生になっています。
彼らは春休みを迎え、マイクはエルがいるカルフォルニア州へと旅立ちました。

ある日、ホーキンス高校のチアリーディング部に所属するクリッシーが、無残な姿となってエディ・マンソンの家で見つかります。

事件があった夜。幻覚に苦しんでいたクリッシーは、エディからドラッグを購入しようとして彼の家にやってきました。突然トランス状態になり、空中に浮かぶと、体を変形させて亡くなります。恐怖の声を上げたエディは逃げ去りました。

クリッシーの事件がニュースになり、ホーキンスの人々は不安を抱きます。警察は、エディを犯人として捜索しはじめました。

エディの家の向かいには、マックスの家があります。マックスは、事件が起きたとき、家のテレビが一瞬消えるなどの怪現象が起きたことをダスティンに報告。裏世界が関係している可能性があります。

ダスティンとマックスは、スティーブのビデオショップに捜査本部を設置すると、事件が起きたときの様子を知っているはずのエディを探します。そして、エディがドラッグの密売人リックからドラッグを入手していたことがわかりました。
密売人リックは投獄されており、彼の家は空き家となっています。ダスティンたちはリックの家でエディを見つけました。
エディから事件が起きたときの様子を聞いたダスティンたちは、裏世界の関係を確信。怪物を闇の魔術師ヴェクナと名付けます。

一方、新聞部に所属するナンシーも事件を調べはじめました。事件が起きたエディの家へ向かい、ナンシーが情報を集めている間に、同行していたフレッドが何者かに惨殺さます。

2人目の被害者が出たことで町に不安が広がります。

少年たちは事件を調べ、被害者のクリッシーとフレッドが何らかの悩みを抱え、学校でカウンセリングを受けていたことを知りました。このころ、マックスも義兄ビリーに関する悪夢や幻覚に悩まされ、カウンセリングを受けていました。調査中にトランス状態に陥り、裏世界の景色を目にします。ダスティンたちに呼び戻されますが、自分にも危険が迫っていることを感じます。

その後、ナンシーとロビンは、1950年代に起きた猟奇殺人事件について調べました。犯人とされるヴィクター・クリールは、事件を悪魔の仕業と主張し、精神病犯罪者として投獄されています。彼の主張は本当に妄想なのでしょうか。30年以上前から裏世界は存在したのかもしれません。
ナンシーとロビンは、投獄されているヴィクターに面会。事件が起きたときの凄惨な様子を聞き出します。そしてヴィクターが犯人でないならば、なぜ彼だけが生き残ったのか。ヴィクターはただ音楽を口ずさみます。

そのころ、ダスティン、マックス、スティーブ、ルーカスは墓地にいました。ヴェクナの呪いにかかったマックスは、死が近いことを確信し、仲間たちに遺書を残します。そして義兄ビリーの墓へやってくると、ビリーに冷たく接してきたことを謝罪しました。次の瞬間、トランス状態へ陥り、裏世界へ引き込まれてしまいます。マックスの前にヴェクナが現れました。
異変に気づいたダスティンたちがマックスを呼び戻そうとしますが、反応はありません。ダスティンがナンシーに無線で連絡すると、ナンシーは、ヴィクターが音楽を口ずさんでいたことを伝えます。
ダスティンたちは、マックスがいつも聞いている曲(ケイト・ブッシュ「Running Up That Hill」)を彼女に聞かせました。裏世界にいたマックスに音楽が伝わると、裏世界に亀裂が生じました。マックスは生還します。

少年たちはウィーラー家に集まり、作戦会議を開きます。
マックスが裏世界で見た景色を絵にすると、かつて猟奇殺人事件が起きたヴィクターの屋敷でした。
少年たちがヴィクターの屋敷跡を調査すると、ランプが点滅。裏世界と関係していることは確実でした。

一方、恋人クリッシーを失ったジョナサンは、事件の犯人はエディだと信じています。復讐するためエディを探していました。ドラッグの密売人リックのことを知り、彼の家へ仲間たちとやってくると、エディを発見します。エディがボートで湖に逃げると、ジョナサンとパトリックが泳いであとを追いました。
突然、パトリックが宙に浮かび、体が折れ曲がって変死します。

3人目の犠牲者パトリックが出たことで、警察はエディを容疑者として発表します。

ダスティン、ルーカス、マックス、スティーブ、ナンシー、ロビンはエディを心配し、巨石スカル・ロックで彼を発見。同時に、ダスティンはコンパスの挙動がおかしいことに気づきました。近くにゲートがある証拠です。少年たちはコンパスの乱れを調べて湖にやってきます。

ナンシー、ロビン、スティーブ、エディは、湖を調べるためボートで湖上へ出ました。コンパスが大きく乱れる地点にやってくると、もと水泳部でライフガードの経験があるスティーブが潜って調べます。
スティーブが水中でゲートを発見すると、触手につかまり裏世界へ引き込まれてしまいます。
裏世界へ引き込まれたスティーブをコウモリのような怪物が襲ってきました。スティーブを心配して追ってきたナンシーとロビン、エディが合流し、怪物を撃退します。

湖の岸でナンシーたちの様子を見ていたダスティン、ルーカス、マックスは、エディを捜索していた警察に見つかり、彼らを心配する家族が集っていたウィーラー家へ連れて行かれました。

裏世界では、ナンシーたちが表世界へ戻ろうとしていました。しかしゲートはコウモリのような怪物に守られています。不気味な咆哮も聞こえます。ゲートに近づくことができません。
裏世界は不気味な景色が広がりますが、地理や建物は表世界と同じです。ナンシーたちは、怪物と戦うため、ウィーラー家にあるナンシーの銃を取りに向かいます。

銃はもともとジョナサンのものです。シーズン1でデモゴルゴンと戦ったとき、ナンシーが使いました。

ウィーラー家にやってきますが、銃はありませんでした。裏世界は、ナンシーが銃を入手する少し前の状態、ウィルが失踪した日で時間が止まっているのです。

一方、表世界のウィーラー家では、ルーカスが妹エリカに問い詰められ、起きていることを明かしました。エリカは、なぜ湖にゲートがあるのかという疑問を口にします。それを聞いたダスティンは、事件が起きた場所にゲートができている可能性を考えました。

ダスティンやルーカス、エリカの会話する声が、裏世界のウィーラー家にも響きます。ナンシーは、かつてウィルが裏世界へ引き込まれたとき、ランプの点滅を使って表世界のジョイスに接触してきたことを思い出しました。ランプを点滅させ、表世界のダスティンに救難信号を送ります。
表世界のダスティンは、ナンシーたちが裏世界の同じ場所にいることに気づきました。電飾装置を使って、裏世界との交信を可能にします。
裏世界のナンシーたちは、怪物に守られているためゲートに近づけないことを表世界のダスティンに伝えました。ダスティンは殺害事件のあった現場にゲートが発生している可能性を教えます。

裏世界にいたナンシー、スティーブ、ロビン、エディは、クリッシーの事件が起きたエディの家へ向かいます。そこで、ダスティンの推理どおり、天井にできたゲートを発見しました。
表世界では、ダスティン、ルーカス、エリカがエディの家に駆けつけていました。

ダスティンが用意したロープを使って、ロビン、エディが表世界へ戻ります。スティーブが見守る中、続けてナンシーがゲートをくぐろうとすると、表世界ではなくヴェクナのもとに現れます。
ヴェクナは、ナンシーが抱いているバーバラの死に対するトラウマを指摘します。

バーバラは、シーズン1に登場したナンシーの親友です。当時スティーブと懇意になりたがっていたナンシーは、乗り気でない彼女を誘ってスティーブのホームパーティに参加しました。このときバーバラは怪我をし、1人でいるところをデモゴルゴンに襲われました。

ホッパーとジョイスの物語

カリフォルニア州に転居してきたジョイスのもとに、差出人不明の人形が届きました。ソ連から発送されたものです。ジョイスが人形を破壊すると、ホッパーの生存を伝えるメッセージと電話番号が書かれた手紙を発見します。

ジョイスはマレーに協力を依頼。2人が電話番号に連絡すると、エンゾと名乗る男性につながりました。
ホッパーは、シーズン3で起きた爆発から間一髪逃れていました。しかしソ連軍に捕まり、カムチャッカ半島にあるソ連の収容所に監禁されていることがわかります。
エンゾと名乗る男は、多額の報酬を要求し、アラスカで密輸業者ユーリと接触するようにいいます。

アラスカにやってきたジョイスとマレーは、密輸業者ユーリに合流し、飛行機でカムチャッカの収容所へ向かいます。

このころ、収容所にいるホッパーは、エンゾことドミトリ・アントノフの手引で収容所を脱出しました。ユーリとの合流地点へやってきますが、ソ連軍に捕まります。密輸業者のユーリは、より高額な報酬を求めて裏切っていました。アントノフも反逆罪でソ連軍に捕まります。

カムチャッカへ向かっていたジョイスとマレーもユーリに捕まりますが、すきを見て反撃。カムチャッカにたどり着きます。ユーリは、ジョイスとマレーを捕虜としてソ連軍に渡すことになっていました。ジョイスとマレーは、マレーがユーリに成りすまし、拘束したユーリをマレーと偽って収容所へ侵入します。

収容所にやってきたジョイスと、ユーリに成りすましたマレーはホッパーを見つけました。しかしホッパーとアントノフは、ほかの囚人たちと一緒にデモゴルゴンと戦わされています。
ソ連軍は、捕獲したデモゴルゴンを兵器として利用するつもりでした。囚人たちをデモゴルゴンの餌にしています。デモゴルゴンの圧倒的な強さの前に、囚人たちが犠牲になっていきます。

ジョイスはソ連軍の将校を脅迫し、やめさせようとしました。しかし拒否されると、マレーが柔術で将校を倒しました。

ホッパーはなんとかデモゴルゴンを倒し、ジョイスと再会します。

エルの物語

バイヤーズ家に引き取られたエルは、ジョイス、ウィル、ジョナサンとともにカリフォルニア州レノーラ・ヒルズで新たな生活を送っていました。しかし変わり者と見られ、学校生活が順調とはいえません。
そんな中、春休みを迎えたマイクがホーキンスからやってきます。

エルはマイクをデートに誘いますが、クラスメイトのグループに遭遇。マイクの前でいじめられると、怒りのままに反撃してクラスメイトを怪我させてしまいます。
エルは、保護者がいないため少年院に預けられることになりました。エルの保護者はジョイスですが、彼女はアラスカへ向かっているため不在です。
連行されるエルは、オーウェンスに解放されました。このとき、ホーキンスではヴェクナによる殺害事件が起きていました。オーウェンスは、世界を救うためにエルの力を取り戻す必要があるといいます。エルが協力を承諾すると、どこかへ連れて行きます。

残されたマイクとウィル、ジョナサンは、オーウェンスの部下に警護されていました。政府の中にはエルを危険視するものたちもいるため、マイクたちは安全とはいえません。
オーウェンスの不安は的中し、バイヤーズ家に米軍の部隊が現れます。マイクたちは、アーガイルの協力で逃げ出します。

マイクは、エルのことを心配しますが、どこに連れて行かれたのかわかりません。襲撃から自分たちを守ってくれた警備員から預かったペンには、電話番号が記されていました。電話すると、人間ではなくコンピューターにつながります。電子音を解析するために、ユタ州にいるスージーを頼り、コンピューターの位置情報をつかみます。

一方、米軍のサリバン大佐は、バイヤーズ家を守っていた警備員を捉えました。拷問にかけてエルの居場所を聞き出します。

エルはネバダ州にある研究施設に連れてこられました。亡くなったと聞かされていたブレナー博士に再会し、驚きます。ブレナー博士は、エルの力はなくなったわけではないので思い出す必要があるといいます。
エルは、ニーナと呼ばれる機械に入り、過去の訓練していた日々を再体験するという治療を受けます。

この日の治療では、1979年にホーキンス研究所で起きた惨殺事件の記憶が蘇ります。エルが封印していた記憶です。

エルは研究所で隔離された生活を送っていました。ほかの訓練生と打ち解けることができません。いじめられてもいました。訓練から逃げたいと思っていました。

職員のピーターの協力で、研究所からの脱走を試みます。しかしピーター自身は体内に追跡装置が埋め込まれているため、同行できません。エルは、力を使って追跡装置を取り出しました。ピーターが怪しく微笑みます。

そこへ、エルを追ってきた警備兵が現れました。ピーターが手をかざすと、警備兵たちが吹き飛びます。彼は超能力を持っていました。ピーターは研究所内へ戻っていきます。

研究所内に悲鳴が響き渡ります。静かになり、エルが研究所へ戻っていくと、職員や訓練生の遺体が散在していました。ピーターがやったものです。恐怖するエルに、ピーターは自分のことを語って聞かせます。

ピーターとは偽名で、彼の本名はヘンリー・クリール。1950年代に起きた猟奇殺人事件の犯人とされているヴィクター・クリールの長男でした。幼いときに超能力に目覚めたヘンリーは、人間世界を支配するため手始めに家族を殺しました。そのとき、まだ力を制御できなかったため意識を失い、被害者として警察に保護され、父親ヴィクターが犯人として捕まったのです。
その後、ヘンリーは制御装置を埋め込まれ、ブレナー博士の研究対象となりました。エルがヘンリーから取り出した装置は、追跡装置ではなく、彼の力を制御するためのものでした。
ヘンリーはホーキンス研究所の実験体1号(ワン)であり、ほかの訓練生たちは、ブレナー博士の研究によって生まれた改造人間であることも明かします。

ヘンリーはエルに協力を呼びかけます。しかしエルは拒絶しました。2人は戦いになり、お互いの力をぶつけ合いました。ヘンリーの力は強力で、エルは劣勢です。しかし自分が生まれたとき、喜ぶ母親の姿が脳裏に浮かびました。エルは覚醒します。ヘンリーを制圧すると、エルの力に呼応してゲートが開きました。ヘンリーは裏世界へ引き込まれ、いくつものエネルギーが落ちていく彼の体に衝撃を与えました。ヘンリーは、雄叫びを上げながら醜いヴェクナへと変貌します。

(シーズン4 Vol.1 完)

前:シーズン3

おすすめのドラマ

ドラマ「ストレンジャー・シングス」に興味のある方にはこちらのドラマもお勧めです。

アンブレラ・アカデミー

アメコミ「The Umbrella Academy」を原作とするNetflixオリジナルドラマです。世界の滅亡が8日後に迫る世界で、かつてヒーローとして活躍した7人の兄弟たちが描かれます。

アンブレラ・アカデミー シーズン1 Netflixドラマ前半のあらすじとネタバレ 登場人物を紹介
写真出典:IMDb Netflixドラマ「アンブレラ・アカデミー」は、アメコミ「The Umbrella Ac……

ウィッチャー

ポーランドの作家アンドレイ・サプコフスキによるダークファンタジー小説を原作としたNetflixのオリジナルドラマです。Playstation4/Nintendo Switchから発売されているゲーム「ウィッチャー3」も人気があります。

ウィッチャー シーズン1 第1話のあらすじとネタバレ
写真出典:IMDb Netflix(ネットフリックス)ドラマ「ウィッチャー」シーズン1の第1話を紹介します。 ……

ザ・ボーイズ

ヒーローたちは企業に雇われ、金と名誉のために脚色されたプロフィールとねつ造された事件で正義を演出します。ヒーローたちの不正を暴くために立ち上がった男たちを描くAmazonプライムオリジナルドラマ。

ザ・ボーイズ シーズン1 Amazon配信ドラマのあらすじ ネタバレ 登場人物を紹介
写真出典:IMDb 「ザ・ボーイズ(The Boys)」は同名のアメコミを原作としたドラマで、ヒーローたちが実……

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

スポンサーリンク
海外ドラマブログ