スポンサーリンク

ヴァイキング 海の覇者たち | シーズン5 後半 あらすじ 感想 いろいろ考えずにドラマを楽しもう

ヴァイキング シーズン5 後半 概要

ヒストリーチャンネルが制作する海外ドラマ。中世ヨーロッパにおける北欧ヴァイキングたちの活動を描いたドラマのシーズン5。ここでは、全20話のうち第11話〜第20話の後半部分を紹介します。

ラグナル・ロズブロークの復讐のために一度は結束したヴァイキングたちでしたが、目的を果たすと覇権をめぐる争いが再燃。敵を変え、味方を変えて戦い続け、仲間たちは死んでいきます。イングランドではアルフレッドが王位に就きますが、急速な改革に反対するものも多く、不安定な体制が続いています。

広げた風呂敷はたたまれるのか。見てみました。

2018年放送

スポンサーリンク

ヴァイキング シーズン5 後半 あらすじと感想

第11話 啓示

あらすじ

ラゲルサたちとの戦いに勝利したアイヴァーは、カテガットを手に入れる。そこへフランク王国からロロがやってくる。フランク兵をアイヴァーに貸していたロロは、見返りとして膨大な年貢と軍事面での協力を要求する。

一方、戦いに破れたラゲルサたちは僻地の小屋に逃げ隠れていた。ヘフマンド司教は、エグバート王から譲られたイングランドの土地へ逃げ延び、体制を立て直すことを提案する。そこへ隠れ場所を察知したロロがやってくる。ロロは、ラゲルサとビヨルンにフランク王国への避難を勧める。愛する女性ラゲルサと本当は自分の子であるというビヨルンを救いたいのだった。ビヨルンは自分がロロの子どもであることを信ぜず、イングランドへの避難を決める。

イングランドでは、アルフレッド王が都市防衛の強化や軍船の建造、聖書者にしかわからないラテン語から庶民にもわかる英語による教育といった改革に乗り出す。しかし聖職者や貴族は進歩的な改革に批判的だった。

一方、過酷な自然環境に置かれているフロキの集落では、フロキ自らが生贄になって神々に救いを求めようとするが、住民の意見が分かれる。

感想

ビヨルンは実はロロの子どもらしいです。本当のところはわかりませんが、ラゲルサも強く否定はできないようです。

フロキは自らを生贄にすることを自分で決めることはできない、神々に判断をゆだねるといって多数決で決めようとします。もっともらしい反面、責任を他人に押しつけているだけにも見えます。怪しい宗教活動家です。

第12話 卑劣極まりなき殺人

あらすじ

イングランドへ落ちのびてきたビヨルンたちは、かつてエグバート王が約束した土地の権利が無効であったことを知る。しかしアルフレッド王に協力してデーン人を撃退すれば、正式に土地を譲られる約束を交わす。

ヘフマンドはシャーボーンの司教の座に戻ろうとするが、異教徒に味方したため許可されなかった。そこで現司教であるクスリッドを訪ね、譲るように脅す。しかしクスリッドにその気はなく、逆にラゲルサと愛人関係にあることを非難する脅迫文を送ってきた。ヘフマンドは再びクスリッド司教を訪ねると殺してしまう。

カテガットでは、フレイディスがアイヴァーの子を身ごもっていた。しかし本当の父親は別の男だ。

感想

イングランドにデーン人が攻めてくるのですが、これまで「デーン人」という表現は出てきませんでした。デーン人はスカンディナビア半島とユトランド半島あたりにいたゲルマン人の一派で、ビヨルンやアイヴァーたちもデーン人のはずです。しかしドラマでは別の部族か何かのように聞こえます。史実と比べても仕方ないのですが、大異教徒軍を起こしたのはデーン人ということになっています。

さて、エグバート王の土地譲渡契約が無効だったことが判明しますが、何かもうちょっと劇的な伏線になるかと思っていました。というか大異教徒軍はイーストアングリアを譲り受けるということでウェセックスから軍を引いたはずです。でもそこに住んでいない、軍勢を残していないのも不思議です。

クスリッド司教はなぜヘフマンド本人に手紙を送ったのでしょう。ヘフマンドが改心するとか、司教の座をあきらめるとか思ったのでしょうか。怒ったヘフマンドに殺されてしまったのでどうしたかったのかわかりません。アルフレッド王やほかの司教に手紙を送っていればヘフマンドを失脚させることができたと思います。

第13話 新たなる神

あらすじ

デーン人の襲撃に備え、ビヨルンやウベを頼るアルフレッド王。ヴァイキングに頼ることに反対する勢力を懐柔するためにウベとトービがキリスト教に改宗する。

そしてアルフレッド王はノーサンブリアからやってきたエルスリズと結婚する。その式典には、かつてウェセックスを追放されたマグヌスの姿もあった。彼はラグナル・ロズブロークとクウェンセリス女王の子どもだ。また、アルフレッド王の兄エセルレッドはクスリッドの娘エセルフレッドと結婚する。

ハーラルはアイヴァーを倒す軍勢を手に入れるため、イングランド・ヨークへやってくる。

感想

アルフレッド王は母ジュディスがノーサンブリアから連れてきた女性エルスリズと結婚します。ジュディスの従妹の娘ということです。ノーサンブリアは大異教徒軍に蹂躙されてエラ王も処刑されたはずですが、王国が残っているのでしょうか。それともどこかに隠れていたのでしょうか。ウェセックスも以前と変わらない生活をしているように見えます。大異教徒軍の襲来によってイングランドにどのくらいの被害があったのかよくわかりません。

前回、クスリッド司教は禁欲の誓いを破っているといってヘフマンドのことを非難していました。しかしクスリッド司教にも娘がいたようです。結婚はOKだったのでしょうか。よくわかりません。

ラグナル・ロズブロークとクウェンスリスの子マグヌスが再登場しました。ラグナルは自分の子ではないと言っていましたが、彼の登場がどんな波乱を招くのか盛り上がってきました。

ハーラルは、カテガットを追い出されるようにしてヨークへやってきますが、彼が故郷から引き連れていたであろう軍勢はどうしたのでしょう。力関係がいまいちわかりません。

第14話 こぼれ落ちた瞬間

あらすじ

ヨークのヴァイキングを引き連れたハーラルがウェセックスに迫り、アルフレッド王はビヨルンに迎撃を命じる。

カテガットでは、アイヴァーが生まれてくる子どもにバルドルと名付けていた。北欧神話に出てくる光の神の名だ。そして不吉な預言をする見者を手にかける。

感想

シーズン1からずっと出ていた見者が死んじゃいました。

アイヴァーは生まれてくる子どもにバルドルと名付けていました。生まれてくる子どもが女の子の可能性はないのでしょうか。

フロキの集落では、誰それが殺されたとか復讐はダメだとかいってずっともめています。どうでもいい。

第15話 地獄

あらすじ

ウベはウェセックスに攻めてきたハーラル軍の野営地を訪れると、和解を申し出た。ハーラルはあらためて返事することを約束し、ウベをいったん帰す。そこへマグヌスがやってくると、ウェセックスの軍が迫っていることを告げる。ウベの訪問が時間を稼ぐための作戦だと知ったハーラルは、すぐに攻撃を開始する。ハーラル軍とウェセックス軍の戦いがはじまるが、罠を仕掛けて準備していたビヨルンたちが勝利する。しかし戦いでヘフマンドは命を落とし、ラゲルサも行方不明になってしまう。

感想

ヘフマンドが戦死してしまいました。シーズン4の最後に思わせぶりに登場し、シーズン5では戦士としてウェセックス、アイヴァー、ラゲルサと所属を変えながら活躍していました。でも彼を登場させることでどうしたかったのかよくわかりません。

第16話 釈迦

あらすじ

ハーラル軍を撃退したビヨルンたちはアルフレッド王からイーストアングリアの地を譲り受ける。しかし、キリスト教徒の土地になじめないビヨルンはカテガットへ戻ることを決める。カテガットにはアイヴァーが君臨しているが、今はヨークにいるハーラルを頼る。

一方アルフレッド王はもともと体が弱いせいもあり病に倒れる。すると病弱な王への不安が高まり、反対派が勢いづく。彼らがエセルレッドを支持していることを知ったジュディスは、アルフレッド王の地位を守るためエセルレッドを毒殺する。

カテガットは、各地から商人が集まる交易地として栄えていた。ヴィトゼルクは商人が売っていた仏像に興味を示す。

感想

ハーラルの陣営にいた女戦士グンヒルドがビヨルンたちの捕虜になります。彼女はビヨルンの名前は知っているけど顔は知らないようでした。大異教徒軍を率いていたビヨルンがわからないとかあるのでしょうか。そんなものかなあ。そしていい仲になってしまう二人でした。

消息が知れないラゲルサの行方について話し合うビヨルン、ウベ、トービ。トービはウベの妻ですが、以前はビヨルンの妻でビヨルンとの間に二人の子どもがいます。何事もなかったかのように話し合っている三人がちょっと不思議です。同性だろうがSMプレイだろうがなんでもこなすビヨルン、妻を兄弟でシェアするウベ、親子ぐらい年齢差があるのではないだろうかと思われるウベと結婚するトービ。トービはラゲルサぐらいの年齢だと思うんですよね。なんなんでしょう。

そして誰も彼もが敵味方を変えて戦ってばかりいます。複雑な人間関係が描きたいのかもしれませんが、裏切っても次に会ったときはあっさり仲間として迎え入れます。懐が大きいのか単純なのか。

エセルレッドを毒殺するジュディス。どうなんですかね。母親として最低。

第17話 惨劇

あらすじ

病気から回復したアルフレッドは、母ジュディスが自分の地位を守るために兄エセルレッドを毒殺したことを聞かされて嘆く。そんな中、デーン人の襲来が伝えられた。

カテガットではアイヴァーが独裁体制を敷いていた。そしてイングランドでラゲルサたちがハーラルを破ったことを知ると、ラゲルサを倒すためにイングランド遠征を決める。

感想

ジュディスはエセルレッドを毒殺したことをアルフレッド王に自白します。アルフレッド王はいつ真相を知るのだろう、どうやって知るのだろうと期待していたのですが、あっさり自白。どうして自白したんでしょう。ジュディスはアルフレッドのことを何よりも大切に思っていました。それこそ彼のためと思って兄を殺すぐらいに。自白することが最善の道だったのでしょうか。脚本家が話を考えるのがめんどくさくなったのではないだろうかと邪推してしまいます。

さて、ヨークではグンヒルドをめぐってビヨルンとハーラルが恋バナ。しまいにはビヨルンが恋したことがないとか言い出す始末。ポルンやトービに愛しているって言ってなかったっけ。そもそも彼らは何歳なのだ。

第18話 バルドル

あらすじ

イングランド遠征の準備を進めるアイヴァーは、スウェーデンのオラフ王の援助を得るため、ヴィトゼルクを使わせる。
そしてアイヴァーとフレイディスの子バルドルが生まれる。しかしバルドルは障害を持つ体で生まれてきたため、アイヴァーは森に捨てる。

デーン人の軍勢が迫っているイングランド・ウェセックスでは、ウベがデーン人の野営地を訪れ和平を持ちかける。デーン人は三人の王が率いていた。和平するには三人を説得する必要があったが、フロド王が反対したためウベは決闘で決めることになる。

ジュディスは体の不調を感じていた。そして訪れた薬剤師のもとで何かにひどくおびえる女性に遭遇する。行方不明になっていたラゲルサだった。ジュディスはラゲルサを王宮に連れてくる。

感想

ヴァイキングたちは亡きラグナルを偉大な王として神聖視しています。しかしどうなんでしょう。最後のころは神に見放されたとか信用できないといっていたのに、どうして神のごとき崇めているのかわかりません。

アイヴァーの子どもが、実際には彼の血を引いていないですが、障害を持って生まれてきたのは皮肉です。

ラゲルサが見つかりました。何かにひどくおびえ、心を病んでしまったかのように見えましたが、王宮に来て寝たら治りました。何か考えがあって失踪した可能性もあるかもしれない思っていましたが、そんなこともなく、単に傷ついて倒れていたところを助けられたようです。しかも精神的に壊れてしまったのかとも思ったのに、寝たら治るってなんなんでしょう。彼女を行方不明にすることで何か劇的な展開にしたかったのかもしれませんが、何も起こりませんでした。なんだか拍子抜けです。

第19話 洞窟で見たもの

あらすじ

ジュディスが病に倒れ、世を去る。

ウベはフロド王との決闘に勝利し、戦いを未然に止めることに成功。デーン人をイーストアングリアに迎え入れる。一方でフロド王との決闘を通して北欧の神々への信仰を再認識していた。キリスト教を捨てると、トービ、ラゲルサとともにカテガットへ戻ることを決める。

ハーラルの軍勢を頼ってカテガットを目指していたビヨルンは嵐に遭遇するが、スカンディナビアへ上陸する。一方、アイヴァーの使者としてオラフ王のもとを訪れていたヴィトゼルクは王を説得し、アイヴァーを倒すため軍をカテガットへ進めていた。途中、ビヨルンに再会すると、ともにアイヴァーを倒すために協力する。

理想を目指してきたフロキの共同体は崩壊。フロキは放浪し、何かに導かれるように洞窟に入る。その奥で十字架を見つける。彼が神々の地と信じてきたアイスランドは、すでにキリスト教徒の足跡を残していた。このとき洞窟が崩れ落ちる。それは北欧の神々を信じてきたフロキの信念が崩れるかのようだった。そして土砂にフロキは埋もれる。

感想

ジュディスも死んでしまいました。病気の設定も何やら唐突な気がします。脚本家さんは彼女の話を書くのが面倒になったからストーリーから消された感じです。

人間に失望し、集落を飛び出したフロキ。以前も同じようなことを言ってビヨルンやアイヴァーのもとを離れ、アイスランドに漂着。勝手に神々の地と信じ、自分を信じてくれる人々を連れてきたけどみんなが言うことを聞かないから見限って放浪。ついに死んだようです。アイスランドの話は蛇足だったと思います。話を広げすぎ、うまくまとまらないまま終わりました。

ウベはカテガットへ戻ることを決めました。しかしもともとアイヴァーに負けてイングランドへ逃亡してきたわけです。イーストアングリアにはデーン人が移住しましたが、ウベたちの状況はとくに変わっていません。どちらかというとヘフマンドがいなくなって戦力ダウンです。ビヨルンがハーラルとともにカテガットへ向かったことは知っているのでしょうか。どうだったかなあ。誰を連れて戻るつもりなのでしょう。

第20話 ラグナロク

あらすじ

ビヨルンやハーラル、ヴィトゼルクたちの軍勢がついにカテガットへ攻め込む。しかし防備を固めていたアイヴァーの前に苦戦。ハーラルの軍に参加していたマグヌスは戦死する。

打開策が見つからないビヨルンたちの陣営をアイヴァーの妻フレイディスが訪れる。息子バルドルを失った彼女はアイヴァーを裏切り、カテガットへ侵入するための抜け道を密告しにやってきたのだ。抜け道を使ってカテガットへ侵攻するビヨルンたち。アイヴァーは敗北を確信し、裏切ったフレイディスを殺すとわずかな部下とともにどこかへ逃げ去る。

ビヨルンはもともとカテガットの民衆に危害を加えるつもりはなかったため戦いは終結する。ウベやラゲルサ、トービもイングランドから到着し、ビヨルンはカテガットの新たな王として即位する。

感想

マグヌスは死んでしまいました。思ったよりあっけないというか、もう少し違った使い方ができたのではないでしょうか。真偽は定かではありませんが、彼はラグナルとマーシア国女王クウェンスリスの子どもです。アルフレッド王にとっても脅威になり得たのではないでしょうか。制作サイドはもっと活躍させたかったのかもしれませんが、予算や残りの話数的に難しかったのかもしれません。

ヴァイキング シーズン5 感想

スカンディナビア、イングランドからフランス、スペイン、イタリア、アフリカにまたがるヴァイキングの活動が、血みどろの戦いに次ぐ戦いと裏切りで描かれるドラマ「ヴァイキング 海の覇者たち」。あまりいろいろ考えず、お酒でも飲みながら深夜に見ているとおもしろいです。
でも、ちょっとひっかかると違和感ありまくりで細かいことが気になってきます。

ドラマ内ではイングランドとスカンディナビをひんぱんに行き来していますが、どのくらいの時間が流れているのでしょう。

シーズン4でヴァイキングに蹂躙されたと思っていたイングランドですが、思っている以上に通常運転しています。

裏切りというかさっきまで敵対していたのに別の相手と戦うために何事もなかったように手を組んだりして、そんなにかんたんに割り切れるのでしょうか。これは恋愛関係にもいえます。かつての兄弟のパートナーとか、親ほどの年齢差があるだろう相手とか、気にならないのでしょうか。

あと思わせぶりな展開が続くわりに何もありません。伏線らしいものもうまく生かされていないように思えます。
エグバート王のヴァイキングに対する土地譲渡契約は無効。さすがエグバート王。どうなるのかと思ったら、無効だからアルフレッド王が同じ契約を結んで解決。この肩すかし感はなんなのでしょう。
ビヨルンはロロの子。まじか。どうなると思いきやその後何も出てきません。
ラゲルサが行方不明になりました。まじか。どうしたのだろうと思ったら見つかりました。元気になりました。
フロキが新天地発見! 住民は仲間割れしていてうまくいかなそう。なんとかなるのかな。ならないんだろうなあ。やっぱりどうにもならないのかーい、みたいな。
ラグナルの隠し子マグヌス登場! どうなる。戦死・・・・・・って扱いが残念すぎます。
ラグナルを称えよっていうけど、みんな見捨てていましたよね。ラグナルは最後ボロボロでしたよ。ビヨルンやウベはラグナルの息子であることを自慢しますが、最後に付いていったのはアイヴァーだけだったじゃないか。

シーズン6の制作はすでに決まっていてついに完結するようです。なんだかんだ楽しみです。

スポンサーリンク

ヴァイキング シーズン5 後半 主な登場人物

ビヨルン

演:アレクサンダー・ルドウィグ

ラグナルとラゲルサの子、ラグナルの長男として育ちました。ロロから自分の子どもだと告げられますが真偽はわかりません。

大異教徒軍を率いてサクソン人を壊滅させたあと、地中海を冒険し、カテガットへ戻ってきます。

かつて奴隷のポルンと結婚して子どもまで作りましたが彼女が失踪するとトービと結婚。トービに飽きるとサーミ人のスネクリッドを妻に迎え、彼女が亡くなるとグンヒルドと恋に落ちます。ラゲルサの愛人であったアストリッドやアルフレッド王の后になるエルスウィズに手を付けたこともあります。あだ名は剛勇のビヨルン。

ラゲルサ

演:キャサリン・ウィニック

ヴァイキングの王ラグナルのもと妻。ビヨルンの母。

ラグナル亡きあと、アスラウグを殺してカテガットに女王として君臨します。

部下のアストリッドとは恋愛関係にありましたが、彼女がいなくなるとヘフマンド司教と愛人関係になります。

アイヴァーとハーラルの軍勢に破れ、イングランドへ亡命しました。このとき白髪になりましたがとくに変わらず気丈です。

イングランドで一時期行方不明になりました。見つかったときは何かにひどくおびえ、精神的にかなり衰弱していましたが寝たら治りました。

ウベ

演:ジョーダン・スミス

ラグナルとアスラウグの子。ラグナルの次男。

4兄弟のリーダー的存在でしたが、戦いを続ける中でアイヴァーと決裂します。アイヴァーに対抗するため、母の仇であるラゲルサと手を組みました。

イングランドではアルフレッド王の反対派を懐柔するため一時期キリスト教に改宗します。のちに神々の信仰に戻ります。

奴隷のマルグレーテと結婚していましたがトービと浮気。そのままトービと結婚します。

何気に穏便派で、戦いが起こると平和的解決を試みます。

ヴィトゼルク

演:マルコ・イルソ

ラグナルとアスラウグの子。ラグナルの三男。

もともとウベの軍勢にいましたが、ウベを見限ってアイヴァーに味方します。

マルグレーテのことを愛し、彼女が見つかったときは介抱して匿いますが、彼女が殺されると別の女性トーラと付き合っていました。

スウェーデンのオラフ王を味方に付けアイヴァーの支配するカテガットを襲います。

アイヴァー

演:アレックス・ホグ・アンダーソン

ラグナルとアスラウグの子。ラグナルの五男。

半身不随で生まれたことに強い劣等感を抱いており、乱暴で残忍な性格。

大異教徒軍としてイングランドでサクソン人を壊滅させたあと、スカンディナビアへ戻ってラゲルサからカテガットを奪いました。

フロキによってキリスト教を憎むように育てられたはずなのですが、キリスト教の司祭であるヘフマンドを戦士として徴用するなど、強ければ信仰はどうでもいいようです。

自ら神を名乗り、カテガットを力で支配しているため人望はありません。ビヨルンたちにカテガットを奪われ逃亡します。

悪役っぽく描かれるのですが、嫌なやつになりきれていません。なぜでしょう。ゲーム・オブ・スローンズのジョフリーやラムジー、ウエストワールドの黒服の男など、彼らは出てくるだけでむかつくぐらい嫌なやつでしたが、アイヴァーはそんなことありません。暴走族や不良グループのメンバーがいきがっているようにしか見えないのです。というか別に嫌われ者にしたいわけではないのかな。

フレイディス

演:アリシア・アグネソン

もと奴隷。アイヴァーに解放され、妻になります。このドラマは奴隷とくっつくことが多いです。

ほかの男との間にできた子どもをアイヴァーの子と偽りますが、生まれてきた子どもには障害がありました。子どもはバルドルと名付けられますが、アイヴァーによって森に捨てられ、遺体となって見つかります。そのことを恨んでおり、ビヨルンたちが攻めてきたときにはカテガットへ通じる抜け道を教えます。そのことがアイヴァーに知られたため殺されます。

フロキ

演:グスタフ・スカルガルド

ラグナルの親友。妻と娘、ラグナルを続けて失い、失望して放浪の旅へ。新天地アイスランドに辿り着きます。

信仰心の高い者を集め、新天地で理想の共同体を作ろうとしますが、私怨や欲望の前に住民たちはいがみ合います。

人間社会に絶望したフロキはアイスランドをさまよい、辿り着いた洞窟で十字架を発見。キリスト教徒が自分より先にこの地に辿り着いていたことを知り、自嘲します。そのとき洞窟が崩れ落ち、土砂に埋もれました。

トービ

演:ジョージア・ハースト

かつてラグナルに敵対したボルグ首長の妻。

ボルグ亡き後、ホリック王の息子エルレンドゥール、さらにビヨルンに嫁ぎました。

ビヨルンとの間には二人の子どもがいますが、ビヨルンに飽きられるとウベと愛し合うようになり結婚。見た目よりもずっと老けているのだと思いますが次々と男を手込めにします。

マルグレーテ

演:イーダ・ニールセン

もとはロズブローク家に仕える奴隷。ウベと結婚しますが、強い権勢欲を疎まれ、ラゲルサたちがアイヴァーに破れてカテガットを去るときに捨て置かれます。

アイヴァーに拾われますが、ヴィトゼルクを惑わしてアイヴァーの殺害を企てたため暗殺されます。

ハーラル

演:ペーテル・フランツェーン

ノルウェーの王の一人。エリセフという女性にふさわしい男になるためにノルウェー全土の王を目指していました。

大異教徒軍に加わってイングランドを侵略したあと、カテガットを手に入れるためスカンディナビアへ戻ってきます。しかしラゲルサに捕まり、アストリッドをさらって故郷へ脱出。兵力を頼ってきたアイヴァーとともにカテガットを攻めて奪いますが、アイヴァーと決裂してイングランド・ヨークへ。ビヨルンとともにカテガットを攻めて奪還します。

ヘフマンド

演:ジョナサン・リース=マイヤーズ

もとウェセックスの司教。大異教徒軍との戦いでは戦士としてエセルウルフ王に協力しますが、ヴァイキングに捕まるとアイヴァーに味方してカテガットを襲撃します。このとき傷を負って倒れているところをラゲルサに助けられ、以降、彼女に忠誠を誓います。ラゲルサがアイヴァーに破れると彼女たちとイングランドへ避難。ウェセックス軍に参加してハーラル軍を迎え撃ちますが、このときの戦いで命を落とします。

グンヒルド


演:Ragga Ragnars

アイヴァーからヨークを任されていたオラフソン首長の妻。ハーラルのもとでウェセックス軍と戦いますが夫オラフソンは戦死。彼女は捕虜となりますがビヨルンに解放されて結婚します。

ジュディス

演:ジェニー・ジャックス

ノーサンブリア国エラ王の娘。政略結婚でエセルウルフに嫁ぎ、エセルレッドをもうけます。

ラグナルがウェセックスへ攻めてきたとき、同行していたアセルスタンを愛するようになり、彼の子どもアルフレッドを生みます。アルフレッドを王位に就けると、敵対勢力から信望されるエセルレッドの存在を危険と見なし毒殺。自分も病に冒され亡くなりました。

アルフレッド

演:フェルディア・ウォルシュ=ピーロ

ジュディスとアセルスタンの子。アセルスタンの子どもというだけで神聖視され、将来を期待されて英才教育を受けます。父エセルウルフの後を継いで王位に就きますが、都市防衛の強化や英語による教育(従来はラテン語)、ヴァイキングとの同盟など、急進的な改革を批判する声も多くあります。

エセルレッド

演:ダレン・カーヒル

前王エセルウルフとジュディスの子。アルフレッド王の兄。アルフレッド王の理解者でしたが、アルフレッド王の反対勢力から象徴として担ぎ上げられたため、ジュディスに暗殺されます。

エルスウィズ

演:ロイシン・マーフィー

アルフレッド王の妻。ジュディスの従妹の娘。結婚前、ビヨルンに処女を捧げてしまいます。その後話が膨らむことはありませんでしたが、身ごもった子どもがまさかビヨルンの子どもということは・・・・・・ないと思いたい。

エルスウィズもエセルフレッドもちょっとしか出てこないのですが、なんか似ていて区別が付きにくいです。

エセルフレッド

演:アン・スケリー

エセルレッドの妻。ヘフマンドに殺されたクスレッド司教の子。クスレッド司教は、ヘフマンドとラゲルサの関係を知ってヘフマンドを非難していてましたが、自分も子どもを作っていたみたいです。人のこと言えないじゃんという。

エセルレッドが亡くなると、ジュディスから実家へ帰るように言われていましたがどうなったかわかりません。

エルスウィズと似ていてぱっと出てくるとどっちかわからないことがあります。

マグヌス

演:ディーン・リッジ

ラグナルとマーシア国クウェンスリス女王との子。

幼いときはウェセックスで育ちましたが、ラグナルが捕まったとき、ラグナルの子ではないとわかったため追放されました。

ウェセックスへ逃げてきたビヨルンたちの前に現れます。その後ハーラルの軍に加わり、カテガットを攻めますが戦死します。

再登場したとき、おもしろい立ち位置になるかと期待していたのですが、あっけなく去りました。ラグナルが自分の子ではないと言ったのも意図的だったのかもしれないと思っていたのですがそんなこともなかったようです。本当にラグナルの子ではなかったのかなあ。クウェンスリスは肉食女子設定でかなりの男性遍歴だったので確かに誰の子かわからないのですが。でもなんだったのでしょう。

ヴァイキング シーズン5を見る

ヴァイキング 海の覇者たち シーズン5はAmazonプライムから視聴できます。

シーズン5 字幕版を見る

ほかシーズンについては以下を参照してください。

ヴァイキング 〜海の覇者たち〜 シーズン1 見てみた! ヒストリーチャンネルが制作した初の歴史ドラマです
ヴァイキング 〜海の覇者たち〜 シーズン2 あらすじ 感想 アングロサクソン七王国についても調べてみた
ヴァイキング 〜海の覇者たち〜 シーズン3 あらすじ 感想 パリの歴史についても調べてみた
ヴァイキング 〜海の覇者たち〜 シーズン4 前半 あらすじ 感想 史実のロロについても調べてみた
ヴァイキング 〜海の覇者たち〜 シーズン4 後半 あらすじ 感想 ドラマに大きな転機が訪れます
ヴァイキング 海の覇者たち | シーズン5 前半 あらすじ 感想 ここからが本当の第2シーズンといえるかも知れません

関連情報

北欧神話について調べました。

北欧神話とは オーディン ロキ 世界樹 ラグナロクって何?

大異教徒軍について調べました。

大異教徒軍とは ヴァイキング 〜海の覇者たち〜 アイヴァーたちがやったこと

ドラマ「ヴァイキング 海の覇者たち」に興味のある方は、こちらのドラマもおすすめです。

ゲーム・オブ・スローンズ | 目次 当ブログのGOT関連記事まとめ
ROME[ローマ] あらすじ 感想 シーザーが皇帝じゃないことがずっと疑問だった
ウエストワールド シーズン1 シーズン2 あらすじ 登場人物 ネタバレ これまでのまとめ