スポンサーリンク

ヴァイキング 海の覇者たち | シーズン5 前半 あらすじ 感想

ヴァイキング シーズン5 前半 概要

ヒストリーチャンネルが制作する海外ドラマ。中世ヨーロッパにおける北欧ヴァイキングたちの活動を描いたドラマのシーズン5。ここでは、全20話のうち第10話までの前半部分を紹介します。

伝説の王ラグナル・ロズブロークを失い、復讐するためイングランドへ侵略したヴァイキングたち。復讐を果たしますが、彼らの結束は固いとはいえませんでした。ビヨルンやフロキがそれぞれの新天地を目指して去っていくと、ラグナルの息子たちは今後の方針をめぐって仲間割れを起こし、ハーラルはスカンディナビアの覇権を狙います。ラグナルのもとに統一されていたヴァイキングは、新たな権力者の地位をめぐって内部分裂するのでした。

2018年放送

ヴァイキング シーズン5 前半 あらすじと感想

第1話 高まる緊張感

あらすじ

ヴァイキングの大異教徒軍は、ラグナルの復讐を果たした。そこでビヨルンは以前から行ってみたいと考えていた地中海を目指し、家族や友人を失ったフロキは放浪の旅に出る。大異教徒軍は指導者が曖昧なまま、イングランド・ヨークを攻めることになった。
ハーラルは戦勝報告のためカテガットへ戻ることにする。しかし彼の本当の目的は、ヴァイキングの戦士たちが不在のうちにカテガットを手に入れることだった。

廃墟となったウェセックスへやってきたヘフマンド司教は、エグバート王の亡骸を見つけ、葬儀を執り行う。そして、エグバート王とヴァイキングとの間に結ばれた土地の譲渡契約が無効であることが判明する。契約が結ばれたとき、エグバート王は王位を息子にエセルウルフに譲ったあとだったからだ。

感想

日本語吹き替え版で鑑賞。やっぱり「前回までのヴァイキングは・・・・・・」ではじまらないと物足りない!と思ったのですが第1話にはナレーションはありませんでした。

さて、アイヴァーはシグルズを殺す気はなかったといいます。斧を投げつけておいてそれはないだろう。

ビヨルンは地中海を目指すために旅立ちます。以前、ローマを目指して航海し、地中海の入り口スペインまで行って帰ってきたのですが、あのときどうしてローマまで行かなかったのでしょう。何か理由があったのかもしれませんが思い出せません。

トービはやっぱり生きていました。シーズン4では矢を受けて倒れていたのでどうなったのかと思っていましたが、息子のグズルヌと剣を交えて戦いの訓練をするぐらいに元気。あの思わせぶりなシーンはなんだったのでしょう。

実際の中世ヨーロッパでは、ドラマのように、北欧のヴァイキングたちがイングランドやフランスに侵略していました。ドラマに登場するビヨルンやアイヴァーは実在した人物で、大異教徒軍と呼ばれる大軍を率いてイングランドへ攻め込んでいます。大異教徒軍が起こった正確な原因はわかっていませんが、北欧に残る伝説では、ラグナル・ロズブロークの復讐のためとされています。大異教徒軍について調べた記事も関連情報にあるのでご興味あれば参照ください。

第2話 新たな門出

あらすじ

カテガットへ戻ってきたハーラルだったが、王位を狙っていることはラゲルサに知られており、捕まって鎖でつながれる。しかし脱出すると、アストリッドをさらって故郷へ逃亡する。

イングランドでは、ヘフマンド司教がヨークを奪回するため近郊に兵を集めていた。そこへ、ウェセックスの残存兵力を率いたエセルウルフ王が合流する。アルフレッドがアセルスタンの霊からヨークへ向かうように預言を受けていたのだ。

一方大海を放浪していたフロキは、謎の大地へと辿り着く。

感想

「前回までのヴァイキングは・・・・・・」
うん。これがないとはじまらない。

アルフレッドは病気になっていました。瀕死な感じなので大丈夫だろうかと思っていたら、次に出てきたときは元気になって馬に乗っていました。なんだったのでしょう。生死の境をさまよったことであっちの世界のアセルスタンと対話できたということだったのかもしれません。

第3話 息子たちの争い

あらすじ

カテガットを脱出し、故郷へ戻ってきたハーラルはアストリッドとの結婚を考えていた。ノルウェーの王になるためには自分を支えてくれる伴侶と子どもが必要と考えていたのだ。ハーラルを嫌悪するアストリッドだったが、女王の座を約束されると心が揺らぐ。

イングランドではエセルウルフ王やヘフマンド司教に率いられたサクソン軍がヨークへ攻め込むが、備えていたアイヴァーに迎撃されて敗退する。すると、ウベが和平を持ちかける。ヴァイキングが優勢なうちに土地を確保するつもりだった。アルフレッドは和平を受け入れるよう提言するが、ヘフマンド司教が徹底抗戦の構えを見せたため交渉は成立しなかった。ウベは抗戦派のアイヴァーとも決裂することになり、カテガットへ去る。

そのころフロキは新天地を放浪し、神々しい景色や自然現象に感動する。

感想

アストリッドは髪型なんかが個性的すぎるのですが、演じている女優さんはきれいな人だと思いました。

ウベとヴィトゼルクがエセルウルフのもとへ単独で交渉へ向かいます。アイヴァーも言っていましたが、よく生きて帰ってこれたと思います。というよりイングランド側もなぜ捕まえもせず帰したのかわかりません。敵の指導者的な立場にある人物がのこのこやってきたというのに。
そんなウベは、父ラグナルは兄弟を決裂させたアイヴァーを恨むだろうと言い残して去って行きます。いやー、ウベ、それはどうだろう。ウベはラグナルが一緒にイングランドへ報復しようと言ったとき見放しました。ラグナルはひどく傷つき自殺しようとしたぐらいです。あのとき父親を支持したのはアイヴァーだけでした。アイヴァーのやっていることが正しいとは思いませんが、ウベも自分に都合のいいことを言っています。

第4話 戦闘計画

あらすじ

カテガットに戻ってくるウベ。ハーラルにカテガットを狙われているラゲルサは、ウベに共闘を申し出る。ウベにとってラゲルサは母アスラウグの仇だったが、カテガットを守るために同盟を受け入れる。しかしウベの妻マルグレーテは、ラゲルサがハーラルを逃してしまったことを告げ、ラゲルサの指導者としての力量に疑問を投げかける。そしてハーラルはアストリッドと結婚する。

さまよい人シンドリックに案内されたビヨルンとハルフダンは、地中海・シチリア島へやってくると、商人を装ってシチリアを治めるユーフェミスウ長官に謁見。さらに真の支配者がアフリカにいることを知り興味を抱く。

フロキは神々の世界を共有するため、仲間を連れてくることを決意する。

イングランドでは、サクソン軍がヨークを包囲していた。街道を封鎖し、狩猟や採取を妨害することで食糧を不足させ、ヴァイキングを飢えさせる作戦だった。そしてある日、偵察が戻ってくると、ヨークからヴァイキングの姿が消えていることを伝える。

感想

ウベやトービにラゲルサの悪口を言って回るマルグレーテがうざい。

ビヨルンは何がしたいのでしょうか。観光?

第5話 捕虜

あらすじ

サクソン軍がヨークへ攻め込むと、町に人影はなかった。しかしそれはアイヴァーの罠だった。油断したサクソン軍は地下に潜伏していたヴァイキングに包囲され、攻撃されて壊走する。エセルウルフとアルフレッドは逃げ延びるが、ヘフマンド司教はヴァイキングに捕まってしまう。
サクソン軍に勝利したヴァイキングは、次にカテガットへの侵攻を計画する。カテガットへ戻ったウベが王位に就くと故郷を失うことになり、大きな痛手となるためだ。

ビヨルンたちは地中海世界の覇者だというジャーダト・アッラーのもとへやってくる。しかしシチリアのユーフェミウス長官とジャーダト・アッラーの権力闘争に巻き込まれる。

カテガットにはフロキが戻ってくる。信仰心の強いものを集めて新天地へ向かうつもりだ。

感想

アイヴァーはヘフマンド司教を捕らえ、自分の戦力に加えようとします。アイヴァーがまだ幼いとき、母親のアスラウグがキリスト教徒を憎むように教育してくれとフロキに頼んでいました。どうやら成果はなかったようです。

アフリカにやってきたビヨルンとハルフダンは、歓待されたあと女性をあてがわれます。と思ったらハルフダンの相手をしたのは女性ではなく男性だったようです。しかしビヨルンはそれなりに楽しんだ様子。ビヨルンの相手は男性ではなく女性だったということなのか、それとも相手が男性か女性か気にしなかったということなのか、ちょっとわからない二人の会話でした。

フロキは海図などないのにカテガットへよく帰ってこれたと思います。行くときも嵐に遭って漂着したのにどうしてカテガットへ帰ってこれたのでしょう。

さて、フロキが辿り着いたのはアイスランドの可能性があります。アイスランドは、9世紀にヴァイキングのフロキ・ヴィルゲルザルソンという実在の人物に発見されたからです。

第6話 メッセージ

あらすじ

ビヨルンとハルフダン、さまよい人のシンドリックは、ジャーダト・アッラーによって処刑されそうになるが、砂嵐に乗じて脱出する。

イングランドにいくらかの兵力を残してきたアイヴァーとヴィトゼルクは、ハーラルのもとへやってくると、協力してカテガットを攻める計画を立てる。この計画は、アストリッドによってラゲルサに知らされる。

イングランド・ウェセックスにエセルウルフたちが戻ってくる。エグバート王の墓所に立ったアルフレッドは、イングランドをヴァイキングから取り戻すことを誓う。

フロキに連れられて未開の土地へやってきた人々は、何もない原野を目の前にして失望する。

感想

ビヨルンのエピソードは、ビザンティン帝国やシチリア、北アフリカといった地中海世界が出てきたわりに冒険譚に終わってしまいました。ビヨルンたちは処刑されそうになりますが、その理由もよくわかりません。謎の女性カシアが裏で糸を引いているような会話がありましたが、それで彼女が何をしようとしているのかわかりませんでした。
史実では、ヴァイキングは地中海やアフリカにも進出しているそうなので、そういう雰囲気を出したかったのでしょう。
ヴァイキングの進出といえばフランス・ノルマンディー公の始祖となったロロがここまで出てきていません。彼はもう出てこないのでしょうか。

アイヴァーやハーラルによるカテガット襲撃の計画がアストリッドによってラゲルサに知らされます。このとき、アストリッドは漁師の男に依頼するわけですが、見返りとして男たちにもてあそばれることになります。なんかもうちょっと信用できる人に依頼できなかったのでしょうか。一人さらわれてきて知り合いはいないし、時間もないので仕方なかったのかもしれませんが、ちょっと思慮に欠ける行動だったのではないかと思います。男が役目を果たしてくれたからまだ良かったかもしれませんが、これで密使としても働いてくれなかったら惨事です。しかし男もアストリッドの依頼をよく請け負ったと思います。自分たちが攻め込む相手に計画を伝えるわけですから。それだけ彼女の体が魅力的だったということにしましょう。

第7話 苦渋の決断

あらすじ

地中海遠征を終えたビヨルンとハルフダンがカテガットに戻ってくる。ビヨルンは、アイヴァーやハーラルたちから狙われていること、襲撃に備えてサーミ人の援軍を頼んだことを聞かされる。

フロキの集落では、フロキに対して不満の声が高まる。

そしてカテガットでは、ビヨルンやラゲルサ、ウベたちがアイヴァーの作戦を考えていた。本来ならアイヴァーたちは海から侵略してくる。しかし裏をかいて陸から攻めてくる可能性もあった。

感想

今回、サーミ人のスヴァセ王と娘スネフリッドが登場しました。彼らサーミ人は実在する人々で、スカンディナビア半島の北部やロシアの北部に居住する先住民族です。
さて、しかしながらスネフリッドを早速娶るビヨルンはどうなんでしょう。トービのことはもう愛していないと言っていました。ビヨルンはもともとポルンと結婚していましたが、彼女とうまくいかなくなったのでトービとくっついたという経緯があります。そのトービはボルグ首長の妻であり、そのあとホリック王の息子エルレンドゥールに嫁いだという経歴の持ち主。なんで結婚したのかわかりませんが一応子どもが二人います。

そんなこんなでありながらスネフリッドと寝るビヨルンですが、腕を縛られて軽い緊縛プレイ。アフリカでは男性と寝たような描写がありましたが、ビヨルンの性癖がすごい。

トービはトービでウベといちゃついているからいいのかな。いや、しかしトービは何歳なんだ。

フロキもひどい。神の国へ導くとか言って肥沃な土地が待っているかのように誘って連れてくる。何もないと文句を言われるとお前らには見えないとか言い出す。まさに新興宗教の悪徳商法。
しかしこの新天地のセットが結構安っぽいんですよね。小学校の校庭よりも狭いようなところに温泉みたいのが沸いているだけという。

第8話 命を懸けた戦い

あらすじ

アイヴァーやハーラルが率いる軍勢と、ビヨルン、ラゲルサたちの軍勢がカテガットをかけて原野でぶつかる。激しい戦いの末、ビヨルン、ラゲルサたちが勝利を収めた。戦場に無数に倒れる遺体に混じってヘフマンド司教の姿もあった。彼は息があったためラゲルサたちに連れて行かれる。

感想

カテガット襲撃の計画はアストリッドによってラゲルサ側にもれていたわけですが、ハーラルやアイヴァーたちは計画が漏れていることにどうやら気づかなかったようです。なんで負けたかわかっていないのでしょう。

第9話 選択の権利

あらすじ

ビヨルンやラゲルサに敗北したハーラル、アイヴァーだったが、ヴィトゼルクがフランク王国のロロを頼ることを進言する。

カテガットでは、捕虜となっていたヘフマンド司教がラゲルサに忠誠を誓う。

フロキの集落では、トールの神殿を建てるが何者かによって燃やされてしまう。

イングランドでは、エセルウルフが諸侯や知識人、聖職者たちを集めて賢人会議を開き、ヴァイキングの脅威と全イングランドの団結の必要性、反撃の決意などを宣言する。しかし倒れるとそのまま命を落とす。失意の中、アルフレッドが次の王に選ばれる。

感想

ロロの名前が出てきました。

ウェセックスではエセルウルフが亡くなりました。あまりに突然、唐突なことでした。それで次の王を決めようということになり、一度は長男のエセルレッドに決まるのですが、彼が辞退したためアルフレッドが王位に就きました。なんだかなあ。ジュディスは妄信的にアルフレッドを推します。エセルレッドも彼女の子どもなのですが。教養や資質が足りないとか母親に言われてしまう長男エセルレッドがかわいそうです。

第10話 栄光は誰の手に

あらすじ

カテガットをめぐる争いは決戦を迎える。両者互角に見えたが、フランク王国の兵が援軍に現れるとビヨルンやラゲルサは退却する。
この戦いでハルフダンはハーラルに、アストリッドはラゲルサに、グズリムはヴィトゼルクに殺されて命を落とした。ビヨルンが新たに娶ったスネフリッドも刃に倒れる。
ビヨルンたちはどうにかカテガットまで戻ってくるが、危険は迫っている。ラゲルサはいつの間にか白髪になっていた。

感想

アイヴァー。途中で杖を捨て、普通に立って歩いていました。どういうことでしょう。

戦いを前にビヨルンがおばちゃんをヒザに抱えているので誰だろうと思っていたのですがどうやらスネフリッドでした。

さて、ロロがカテガットにやってきたのでおもしろくなりそうです。

ヴァイキング シーズン5 前半 主な登場人物

ラゲルサ

キャサリン・ウィニック
ヴァイキングの王ラグナルのもと妻。ビヨルンの母。ラグナル亡きあと、アスラウグを殺し、女王としてカテガットに君臨します。アイヴァー。ハーラルの軍勢に破れたあと、白髪になっていました。

ビヨルン

アレクサンダー・ルドウィグ
ラグナルとラゲルサの子。長男。大異教徒軍を率いてサクソン人を壊滅させたあと、地中海を目指します。何気に特異な性癖の持ち主。

ウベ

ジョーダン・スミス
ラグナルとアスラウグの子。ラグナルの次男。4兄弟のリーダー的存在でしたが、戦いを続ける中でアイヴァーと決裂し、カテガットへ戻ります。アイヴァーに対抗するため、母の仇であるラゲルサと手を組みました。

ヴィトゼルク

マルコ・イルソ
ラグナルとアスラウグの子。三男。ウベを見限り、アイヴァーに味方します。いまいち目立たない存在ですが、王位の簒奪やロロの支援などを進言しており、なかなかの暗躍ぶりを見せます。

アイヴァー

アレックス・ホグ・アンダーソン
ラグナルとアスラウグの子。五男。骨なしのアイヴァーと呼ばれ下半身が不自由な体です。イングランドでサクソン人を壊滅させたあと、スカンディナビアの王になる野望を抱きます。

フロキ

グスタフ・スカルガルド
妻と娘、親友ラグナルを失い、失望して放浪の旅へ。新天地アイスランドに辿り着きます。

トービ

ジョージア・ハースト
ボルグ首長の妻。ボルグ亡き後、その息子のエルレンドゥール、さらにビヨルンに嫁ぎました。シーズン4のカテガット攻防戦で矢を受けて倒れていたので死んだのかと思ったら生きていました。あのシーンはなんだったのでしょう。

ラグナルがアスラウグを妻として迎えたとき、ラゲルサはカテガットを出て行きました。しかしトービはビヨルンが新たな妻を娶っても出て行きません。

グズルム

ベン・ロー
ボルグ首長とトービの子。こんな子いたっけといった感じですっかり忘れていましたが、ちょこちょこ出てきます。しかしヴィトゼルクに倒されました。

マルグレーテ

イーダ・ニールセン
ウベの妻。もとロズブローク家に仕える奴隷。権勢欲が強く、王妃の座を狙っているため、ラゲルサを陥れようとします。

ハーラル

ペーテル・フランツェーン
ノルウェーを最初に統一したハーラル1世がモデルで美髪王と呼ばれます。大異教徒軍に加わってイングランドを侵略したあと、カテガットを手に入れるためスカンディナビアへ戻ってきます。

アストリッド

ジョセフィン・スプランド
ラゲルサの愛人。ハーラルにさらわれて結婚させられますが、彼の計画をラゲルサに密告します。最後はハーラルまたは彼女を強姦した男の子どもを宿し、生むわけにいかないといってラゲルサが持つ剣に飛び込みました。

ハルフダン

ジャスパー・パーコネン
ハーラルの弟。ビヨルンとともに地中海を冒険します。実の兄よりもともに冒険したビヨルンに尽くし、最後は兄ハーラルに切られました。

エセルウルフ

モー・ダンフォード
イングランド・サクソン人の王。ウェセックス王国を治めていたエグバート王の息子。シーズン4でエグバート王からウェセックスとマーシアなどの王権を譲渡されていました。イングランドの奪還を宣言しますが突然倒れて亡くなりました。

ジュディス

ジェニー・ジャックス
エセルウルフの妻。ノーサンブリア国エラ王の娘。エセルレッドとアルフレッドの母ですが、アルフレッドに傾倒します。

アルフレッド

フェルディア・ウォルシュ=ピーロ
ジュディスとアセルスタンの子。やたらと神聖視されるのですが、アセルスタンの子どもというだけなので説得力に欠けます。エセルウルフ亡き後王位に就きます。

エセルレッド

ダレン・カーヒル
エセルウルフとジュディスの子。アルフレッドの兄。目立たない。母親から教育的にも資質的にも王の資格がないと言われてしまうかわいそうな人。

ヘフマンド

ジョナサン・リース=マイヤーズ
ウェセックスの司教。戦士としてエセルウルフ王に協力しますが、ヴァイキングに捕まってカテガットへ連行されると、アイヴァーに味方します。異教徒が殺せればいいみたい。その後、戦場で倒れているところを助けられ、ラゲルサに忠誠を誓います。

シンドリック

フランキー・マカフェルティ
世界中を旅しているというさすらい人。ラグナルに航海術を教えたりパリ侵攻に同行するなど、シーズン1からときどき出てきます。今回はビヨルン、ハルフダンと一緒に地中海世界を旅しました。

ユーフェミウス

アルバーノ・ジェロニモ
シチリアの長官。ジャーダト・アッラーに依頼してシチリアを手に入れたそうです。そのためジャーダトに年貢を払っています。裏切りが判明したらしく、処刑されます。

ジャーダト・アッラー

カール・ナガ
アフリカのカイルアンにいるアラブ総督。ビザンティン帝国のミカエル2世と敵対しているみたいです。

カシア

カリマ・アデビブ
ビザンティン帝国の皇帝ミカエル2世お気に入りの女性でしたが、ユーフェミウスにさらわれてきたらしいです。何か企んでいるようですがよくわかりません。

ヴァイキング シーズン5を見る

ヴァイキング 海の覇者たち シーズン5はAmazonプライムから視聴できます。
ヴァイキング 海の覇者たち シーズン5→Amazonプライムビデオ 字幕版

ほかシーズンについては以下を参照してください。


ヴァイキング 〜海の覇者たち〜 シーズン2 あらすじ 感想
シーズン1でカテガットの首長となったラグナル。しかしイェータランドの首長ボルグはラグナルの命を狙い、兄ロロは背信を決意。カテガットの町は疫病に襲われ、イングランドではエラ王がヴァイキングへの復讐心をあらわにしています。どうするラグナ...

ヴァイキング 〜海の覇者たち〜 シーズン3 あらすじ 感想
写真出典:IMDb 「前回までのヴァイキングは・・・・・・」ではじまるナレーションが耳に残る「ヴァイキング 海の覇者たち」シーズン3を見てみました。このドラマは史実をもとに作られていて、9世紀のヨーロッパでは実際に北欧ヴァイキング...

ヴァイキング 〜海の覇者たち〜 シーズン4 前半 あらすじ 感想
写真出典:IMDb ドラマ「ヴァイキング」のシーズン4をAmazonプライムビデオで見ようとしたら、これまで見てきた日本語吹き替え版の配信が終わってしまいました。字幕版は引き続き配信されているのでそっちを見てみました。そうしたら今回か...

ヴァイキング 〜海の覇者たち〜 シーズン4 後半 あらすじ 感想
写真出典:IMDb 再度のパリ侵攻に失敗してから数年。行方不明になっていたラグナルがカテガットへ戻ってきます。しかしすでに民衆からの信用も王としての権威も失っていました。 フランク王国ではロロが貴族としての地位を確かなものに...

ヴァイキング 海の覇者たち | シーズン5 後半 あらすじ 感想
ヴァイキング シーズン5 後半 概要 ヒストリーチャンネルが制作する海外ドラマ。中世ヨーロッパにおける北欧ヴァイキングたちの活動を描いたドラマのシーズン5。ここでは、全20話のうち第11話〜第20話の後半部分を紹介します。 ...

関連情報

北欧神話について調べました。


大異教徒軍について調べました。
大異教徒軍って何 | ヴァイキング 〜海の覇者たち〜
ドラマ「ヴァイキング 〜海の覇者たち」シーズン4では、ラグナル王の復讐のためにヴァイキングたちが集結。大軍となってイングランドに攻め込みました。ドラマオリジナルのできごとかと思っていたのですが、大異教徒軍として記録されている中世ヨー...

ドラマ「ヴァイキング 海の覇者たち」に興味のある方は、こちらのドラマもおすすめです。


ROME[ローマ] あらすじ 感想 シーザーが皇帝じゃないことがずっと疑問だった
(当記事の写真の出典はすべて HBO ) 小さい頃から「カイザー」という言葉が好きでした。漫画「リングにかけろ」に出てくる「カイザーナックル」という用語が僕の記憶にある一番古いカイザーなのですが、まずはこれがかっこいい。そして...

ウエストワールド ネタバレ 考察 これまでのまとめ
写真出典:すべてHBO HBOドラマ【ウエストワールド】の登場人物や各話あらすじなどをまとめています。 概要 西部劇の世界を模した巨大なテーマパーク「ウエストワールド」。そこにホストと呼ばれるアンドロイドが住んでいるが、彼...

タイトルとURLをコピーしました