アンダン 〜時を超える者〜 Amazon配信ドラマのあらすじ ネタバレ 登場人物を紹介


写真出典:IMDb

AmazonプライムビデオのWebサイトをクルクルっとスクロールしていたら新しいドラマが配信されていました。「アンダン 〜時を超える者〜」とあって、紹介文には「本作はジャンルを超えた30分のアニメーション・コメディー・ドラマ」とあります。アニメーション・コメディ・ドラマ? 「スポンジ・ボブ」とか「トムとジェリー」みたいな子ども向けのドタバタものでしょうか。でも各エピソードのサムネイルを見た感じではアニメにありがちなデフォルメされたキャラではないし、見た目も油彩のような色合い。第1話をちょこっと再生してみると、人物や背景、動きまでも実写に近く、とてもリアルです。CGはすごいななんて思いながらいったん再生を止めて調べてみると、ロトスコープという技術を使った映像でした。

「ロトスコープ」は実写映像をトレースしてアニメ化する技術だそうです。アニメ映像と融合させることで、実写では再現が困難な表現を実現できます。すでにディズニー映画などで採用されているため、とくに新しい技術ではありません。ただ、Amazonとしてははじめてロトスコープ技術を採用した作品だそうです。子ども向けでもないみたい。1話30分程度だし、あらためて見てみることにしました。

しかしながらそもそも「アンダン(undone)」って何? と思ったのですが「アンドゥー(undo)=やり直す、元に戻す」の過去分詞でした。とかいっておきながら過去分詞なんて単語は久しぶりに聞いたし、過去形とどう違うのかとかよく覚えていません。いずれにせよタイトルは「やり直す」みたいな意味のようです。作品を見ていくとタイトルの意味に納得できるのですが、「アンダン」からは想像できませんでした。どうせなら日本では「リセット」とか「ループ」なんてタイトルの方が直感的でよかったかもしれません。

とかなんとか、ここではAmazonオリジナルのアニメドラマ「アンダン」を紹介します。

スポンサーリンク

アンダンとは

制作:Amazonスタジオ
2019年配信
全8話 各話30分程度

「アンダン 〜時を超える者〜」は、2019年9月にAmazonから配信された、オリジナルのSFアニメ作品です。ロトスコープ技術を採用し、そのまま実写ドラマとして配信されてもおかしくないような、アニメキャラっぽくないキャラクターたちが登場します。本物の役者さんではないけれどアニメキャラとも違う、そんな不思議な感覚にとらわれます。

主人公アルマは映画「アリータ:バトルエンジェル」(2019) で主役のアリータを演じたローサ・サラザールが演じています。

スポンサーリンク

アンダンのあらすじ

恋人と同棲し、保育園で働く28歳の主人公アルマは、毎日繰り返される単調な日々を過ごしていました。ところが交通事故に遭って以来、子どものころに死別した父ジェイコブの姿を見るようになります。ジェイコブは、アルマに時間を移動する能力があるといい、自分の死の真相を調べて過去を変えてほしいといいます。

アルマの時間は狂いはじめ、周囲の人々が同じ行動を繰り返したり、自分が突然知らない場所に現れたりするようになります。アルマは混乱しますが、次第に時間をコントロールできるようになります。

そして家族や恋人がアルマの奇異な言動を心配する中、ついに父ジェイコブの死の真相を突き止めます。

アンダンの感想


映像は実写のような絵画のような色合いで斬新です。ロトスコープという技法だそうです。しかし人物も実写の俳優をそのまままトレースするのであれば絵画調にする意味が薄いように思えます。たとえば猫耳とか、身長が10センチとか、角が生えているとか、そういうのを表現した方がいいのではないでしょうか。

なので実写でそのまま見たい気もしましたが、今後はロトスコープ技術によるアニメ化は増えていくのかも知れません。巨大なセットを組んだり実写とCGを組み合わせたりするより、はじめからアニメの方が効率がいい気がしますし、シーズンを重ねていくうちに子役が年を取ってしまい違和感を感じるなんてことも減るのかも知れません。いや、実写をトレースする以上、子役の背が大きくなってしまったらトレースしても大きくなるのかも。

ストーリー的には、第1話を見終わった段階では退屈です。平凡な日常に辟易している主人公が、周りの空気が読めないまま知人や恋人に悪態をつく様子は見ていて気持ちがいいものでもありません。しかし第2話から話が動き出します。

交通事故を起こして入院しているアルマの元に何度も見舞いに現れ、同じ行動を取る母親や妹。亡くなったはずの父親が横に座っていて話しかけてきます。幼少のころのできごとが何度もフラッシュバックします。考えてみれば、このドラマ(アニメ)は1話30分程度です。1話あたり1時間のドラマであれば、第1話の後半から話が動き出したといえます。

むむっ、おもしろくなってきたと思って3話、4話と見続けるのですが、あまり進展しません。どうにも退屈。障害や民族的なマイノリティから来る疎外感、生き甲斐や人間関係に悩む人物たちが描かれ、内省的。父親の死の真相を調査するはずがなかなか話が進みません。

1話30分として全8話なのでおよそ4時間です。90分ぐらいでテンポよくまとめることができるはずが、8話に伸ばしたのではないかと勘ぐってしまいます。最近、1シーズン8話ってのが多い気がするので。

そして見続けたラスト。うーん、すっきりしません。答えは視聴者にゆだねられます。こういうの嫌いです。

映像はアニメのようなゲームのような雰囲気で楽しいです。話はダラダラしていてテンポ悪く感じました。ラストの結末はすっきりしません。でももし続編があってはっきりさせてくれるなら見ます。というかはっきりさせて!

アンダンの登場人物

アルマ

演:ローサ・サラザール
恋人サムと同棲し、保育園に勤める女性。聴覚障害を持ち、相手の気持ちや周囲の雰囲気を考えない言動が目立ちます。交通事故を起こして以来、幼いころに亡くした父親ジェイコブの姿を見るようになり、同じできごとを何度も繰り返したり、突然それまでと違う場所にいたりするようになります。ジェイコブはアルマには時間と空間を操る能力があるといい、過去に起きた自分の死の真相を突き止め、死を食い止めるようにいいます。

ジェイコブ

演:ボブ・オデンカーク
アルマの父親。大学で時間を操る研究を続けていました。アルマが幼少のころ、自動車事故で亡くなります。

カミラ

演:コンスタンス・マリー
アルマの母親。アルマが交通事を起こして以来、奇異な言動が目立つため心配します。

ベッカ

演:アンジェリーク・カブラル
アルマの妹。恋人リードとの結婚を控えています。

サム

演:シッダールト・ダナンジェイ
アルマと同棲する恋人。将来はアルマとの結婚を考えていますが、彼女にはその意志はありません。そのためアルマから別れを告げられますが、アルマは交通事故によって別れたことを忘れてしまったため、そのことを隠しています。

アンダンを見る

「アンダン 〜時を超える者〜」はAmazonプライムオリジナル作品です。

>>字幕版を見る

>>吹替版を見る

スポンサーリンク

おすすめドラマ

「アルマ 〜時を超える者〜」に興味を抱いた方には次の作品もおすすめです。

エレクトリック・ドリームズ

「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」や「高い城の男」などの作品が有名なSF作家フィリップ・K・ディックの短編作品をもとに脚本家によって書かれた一話完結型のアンソロジードラマです。

エレクトリック・ドリームズ Amazon配信ドラマのあらすじ ネタバレ 登場人物を紹介
写真出典:IMDb SF作家フィリップ・K・ディックの短編作品をもとに制作されたアンソロジードラマです。未来を……

カーニバル・ロウ

人間と妖精たちが共存する架空の世界。産業革命期のイギリスを思わせるバーグ共和国の歓楽街「カーニバル・ロウ」では、妖精を狙った連続殺戮事件が発生し、オーランド・ブルーム演じる捜査官ファイロが事件を捜査します。

カーニバル・ロウ Amazon配信ドラマのあらすじ ネタバレ 登場人物を紹介
写真出典:IMDb オーランド・ブルームは「ロード・オブ・ザ・リング」に出てくるエルフのレゴラス役でブレイクし……

ザ・ボーイズ

ヒーローたちは企業に雇われ、金と名誉のために脚色されたプロフィールとねつ造された事件で正義を演出します。彼らの不正を暴くために立ち上がった男たちがいました。

ザ・ボーイズ Amazon配信ドラマのあらすじ ネタバレ 登場人物を紹介
写真出典:IMDb 「ザ・ボーイズ(The Boys)」は同名のアメコミを原作としたドラマで、ヒーローたちが実……

フリーバッグ

性欲が強くて盗難癖があり、下品で皮肉屋の女性が、恋人や家族との人間関係を壊していきます。しかし彼女はそのことに悩んでいました。下ネタとブラックジョークにあふれたコメディドラマ。2019年エミー賞コメディドラマ部門作品賞受賞。

フリーバッグ シーズン1 Amazon配信ドラマのあらすじ ネタバレ 登場人物を紹介
写真出典:IMDb おもしろい海外ドラマはないかなと検索していると、評判がいいのがドラマ「フリ—バッグ」。なの……