力の指輪の登場人物

力の指輪ロードオブザリング
スポンサーリンク

Amazonプライムオリジナルドラマ「ロード・オブ・ザ・リング 力の指輪(原題/ The Rings of Power)」の登場人物を紹介します。

当記事は、ドラマの進行に合わせて更新されます。

スポンサーリンク

エルフ

賢明で美しい種族。外見は人間に似ていますが、とがった耳が特徴です。病気や寿命で死ぬことはないとされています。

ガラドリエル

演:モーフィッド・クラーク
エルフの軍を率いる戦士。
ノルドール族(上のエルフ)。

映画「ロード・オブ・ザ・リング」や「ホビット」にも登場。最も力のあるエルフの1人として、「白の会議」に出席しました。

エルロンド

演:ロバート・アラマヨ
ガラドリエルの友人で政治家。

映画「ロード・オブ・ザ・リング」や「ホビット」では、裂け谷の領主として登場します。

原作では、人間の血を引いているため「半エルフ」と呼ばれます。ただし、エルフと人間の能力を半分ずつ引き継いでいるわけではありません。半エルフは、エルフとして生きるか、人間として生きるかを選択します。エルロンドは、エルフとして生きることを選択したため、エルフです。

ギル=ガラド

演:ベンジャミン・ウォーカー
「上のエルフ」であるノルドール族の王国リンドンの上級王。
エルフは複数の氏族に分かれており、それぞれ王がいます。彼らの上位が上級王です。

原作では、エルフの3つの指輪の1つを手にします。

ケレブリンボール

演:チャールズ・エドワーズ
エレギオンの領主。
高名な細工師として知られます。

原作では、ノルドール族の初代上級王の子孫で、エルフの3つの指輪を作りました。

アロンディル

演:イスマエル・クルス・コルドヴァ
シルヴァン・エルフ(森のエルフ)の戦士。
人間のブロンウィンと恋愛関係。

アダル

演:ジョゼフ・マウル
南方国でオークの首領として活動。
オークから尊父と呼ばれています。

エルフと思われますが、なぜオークの首領をしているのか不明です。

エルフの略史

・原作

原作では、エルフの起源は中つ国の東方といわれています。太古の昔、冥王モルゴスが世界を脅かすと、天使たち(ヴァラールと呼ばれる)は長い戦いの末、モルゴスを打ち倒しました。しかし彼の部下だった魔術師サウロンは生き残り、冥王の名を継ぐと潜伏。天使たちは、エルフたちを中つ国の西方にある光の国ヴァリノール(ヴァラールの土地の意味)へ避難させます。

エルフたちは、3回に分けてヴァリノールへ避難しました。渡った時期によって、ヴァンヤール族、ノルドール族、ファルアリ族と呼ばれ、彼らを「上のエルフ」といいます。またはヴァリノールで光に接したため、「光のエルフ」ともいいます。その後、ノルドール族は中つ国に戻ってきました。そのため、中つ国で「上のエルフ」といった場合、通常はノルドール族を指します。

そのほか、ヴァリノールへ避難しようとしなかったエルフや、ヴァリノールへ渡ろうとして途中であきらめたエルフたちもいました。彼らはヴァリノールの光に接していないため、「光のエルフ(上のエルフ)」に対して「闇のエルフ」と呼ばれます。邪悪なわけではありません。活動している地域によって言語や文化も独自に発展し、灰色エルフ(シンダール・エルフ)や森のエルフ(シルヴァン・エルフ)などが派生しました。

中つ国には、ヴァリノールから戻ってきた「上のエルフ」と、ヴァリノールへ渡らなかったシンダール・エルフやシルヴァン・エルフなどがいることになります。

ガラドリエルやギル=ガラド、ケレブリンボールなどは「上のエルフ」です。映画「ロード・オブ・ザ・リング」「ホビット」で活躍したレゴラスやスランドゥイルはシンダール・エルフです。ただし、スランドゥイルが治める森の王国の民はシルヴァン・エルフです。ドラマに登場するアロンディルのほか、「ホビット」に登場したタウリエルがシルヴァン・エルフです。

・ドラマ

ドラマでは、何世紀も前、冥王モルゴスと戦うため、エルフたちが中つ国に遠征してきたようです。その戦士の1人がガラドリエルです。モルゴスを倒したものの、彼の部下だったサウロンは生き残り、不安が残っているという状況です。

スポンサーリンク

ハーフット

ハーフット族はホビットの3氏族のひとつで、もっとも人口が多く、ホビットを代表する種族です。ほかにストゥア族、ファロハイド族がいます。彼らはのちにホビット庄を築くまで定住することがなく、各地を移動しながら生活していました。

映画「ロード・オブ・ザ・リング」に登場するゴクリは、もともとはホビット3氏族の1つストゥア族でしたが、指輪の力によって変貌したといわれています。

ノーリ・ブランディフット

演:マルセラ・カヴェナー
好奇心旺盛なハーフットの少女。

ポピー・プラウドフェロー

演:メーガン・リチャーズ
ノーリの親友。

ラルゴ・ブランディフット

演:ディラン・スミス
ノーリの父。

マリゴールド・ブランディフット

演:サラ・ズワンゴバニ
ラルゴの妻。愛称はゴールディー。
マリゴールドはラルゴの再婚相手なので、ノーリと血の繋がりはありません。

サドク・バローズ

演:サー・レニー・ヘンリー
ハーフットの族長。

マルヴァ

演:スシタ・ジャヤスンデラ
ハーフットの女性。

よそ人

演:ダニエル・ウェイマン
天から落ちてきた人物。

ハーフットではありませんが、人間かどうかもわかりません。ノーリと関係しているので暫定的にハーフットのところに分類しています。

ドワーフ

人間やエルフよりは背が低く、がっしりとした体型が特徴です。採掘や工芸技術に優れています。

ドワーフの王国カザド=ドゥームは、モリアとも呼ばれます。映画「ロード・オブ・ザ・リング」の時代には廃墟となり、ガンダルフと怪物バルログが戦うことになります。

ドゥリン3世

演:ピーター・ミュラン
ドワーフの王国カザド=ドゥームの国王。

原作では、ドワーフの7つの指輪のうちの1つを手にします。

ドゥリン王子

演:オウェイン・アーサー
ドゥリン3世の息子。
のちのドゥリン4世。
ディーサ妃との間にゲルダ、ガムリという子どもがいます。

ディーサ妃

演:ソフィア・ノムヴェテ
ドゥリン王子の妃。

ヌーメノール人

「ヌーメノール」は、中つ国の西方に浮かぶ、星型の島のこと。かつてエルフに味方して冥王モルゴスと戦った人間たちに対し、ヴァラール(天使たち)が報奨として与えました。
住民をヌーメノール人、彼らの国をヌーメノール王国といいます。彼らは長いことエルフから高度な知識と技術を供与され、繁栄を極めます。

イシルドゥル

演:マキシム・バルドリー
ヌーメノール王国の青年。
エレンディルの息子。

原作では、サウロンとの戦いでサウロンの手を切り離した人物。そのときの様子は、映画「ロード・オブ・ザ・リング」の冒頭に伝説として語られます。
映画などではイシルドゥアと呼ばれてきましたが、イシルドゥルの方が原音に近いらしい。

エレンディル

演:ロイド・オーウェン
ヌーメノール王国の海洋警備隊隊長。
イシルドゥルとエアリエンの父親。
エレンディルという名前には、「星を愛するもの」と「エルフを愛するもの」の意味があります。

エアリエン

演:エマ・ホルヴァス
イシルドゥルの妹。

ミーリエル摂政女王

演:シンシア・アダイ=ロビンソン
ヌーメノール王国の摂政女王。
国王はミーリエル女王の父タル・パランティルですが、高齢となった父の代理としてミーリエルが国政を担っています。

ファラゾーン

演:トリステン・グラベル
ミーリエル摂政女王の顧問。

ケメン

演:レオン・ワダム
ファラゾーンの息子。

バランディル

演:アレックス・タラント
イシルドゥルの友人。

オンタモ

演:アンソニー・クルム
イシルドゥルの友人。

タル・パランティル

演:ケン・ブラックバーン
ヌーメノール王。ミリエールの父。
かつて王国はエルフと友好的でしたが、いつしか敵対するようになりました。王は関係を改善しようとしましたが、内乱を招き、国は危機を迎えます。娘のミーリエルが摂政女王として補佐し、内乱を鎮圧。高齢と病に弱った王は、実質国政から退きました。

南方国

南方国は、中つ国の南部にある人間の国です。かつて冥王モルゴスに味方したため、エルフによって監視されてきました。

ハルブランド

演:チャーリー・ヴィッカーズ
南方国出身の男性。
オークの襲撃から避難し、仲間とともに海を漂流しているときにガラドリエルと知り合いました。どうやら南方国の王族の生き残りみたいです。

ブロンウィン

演:ナザニン・ボニアディ
南方国のティルハラド村に住む治療師。
シルヴァン・エルフのアロンディルと恋愛関係。

テオ

演:タイロー・ムハフィディン
ブロンウィンの息子。
あるとき、ワルドレグの酒場の納屋から武器のようなものを発見。サウロンの紋章が刻印されていました。

ワルドレグ

演:ジェフ・モレル
ティルハラド村にある酒場の店主。

ローワン

演:イアン・ブラックバーン
テオの友人

「力の指輪」関連記事

-登場人物
-地図

シーズン1

-第1話「過去の影」
-第2話「漂流」
-第3話「アダル」
-第4話「大きな波」
-第5話「分岐点」

「指輪物語」を読む

「指輪物語」は、映画「ロード・オブ・ザ・リング」の原作です。国内では、評論社から文庫が発行されており、本編と追補編を合わせて全10巻です。ドラマ「力の指輪」は、「指輪物語」と追補編を原作としています。

映画「ホビット」関連記事

-第一部のあらすじ
-第二部のあらすじ
-第三部のあらすじ
-登場人物

「ホビット」原作を読む

映画「ホビット」3部作は、J・R・R トールキンの「ホビットの冒険」を原作としています。映画にはオリジナルの人物や「ロード・オブ・ザ・リング」に登場した人物も登場しますが、物語の展開は原作に忠実です。ただ、原作は児童文学ということもあり、戦いの描写は抑え気味で、全体的に子どもに語りかけるような優しい文体で書かれています。映画に比べると少し物足りなく感じるかもしれません。

おすすめドラマ

映画「ホビット」3部作に興味のある方には次のドラマもおすすめです。

ゲーム・オブ・スローンズ

ドラゴンや魔法が存在する架空の世界を舞台にしたファンタジー小説「氷と炎の歌」シリーズを原作としたHBOのテレビドラマです。多くの登場人物が入り乱れる群像劇で、世界中で放映されている人気作です。

ゲーム・オブ・スローンズ関連記事

ウィッチャー

ポーランドの作家アンドレイ・サプコフスキによるダークファンタジー小説を原作としたNetflixのオリジナルドラマです。Playstation4/Nintendo Switchから発売されているゲーム「ウィッチャー3」も人気があります。

ウィッチャー シーズン1あらすじ

ヴァイキング 〜海の覇者たち

伝説的なヴァイキングの王ラグナル・ロズブロークの活躍を描いたドラマです。ゲーム・オブ・スローンズのような血なまぐさい戦闘シーンも見ものですが、史実にもとづいた中世北欧の生活や文化も興味深いです。

ヴァイキング シーズン1あらすじ

Amazonプライムオリジナルの海外ドラマを紹介

当ブログで紹介しているAmazonプライムオリジナルの海外ドラマの一覧です。視聴のご参考になれば幸いです。

Amazonプライムビデオ オリジナルドラマ一覧