エクスパンス シーズン4 第6話-第10話 Amazon配信ドラマのあらすじ ネタバレ 登場人物を紹介

その他のドラマ


写真出典:IMDb

Amazonプライムオリジナルドラマ「エクスパンス 〜巨獣めざめる」のシーズン4、全10話のうち第6話から第10話を紹介します。シーズン5の制作が発表されていますが、2020年2月現在、配信時期は未定です。シーズン4が2019年12月に配信されたので、シーズン5も2020年の同じころかなと勝手に思っています。

スポンサーリンク

エクスパンス シーズン4 第6話から第10話までのあらすじ

地球では国連の事務総長選が迫り、新たな天体への移民を国連で管理しようとするアヴァサララと、自由な移民を主張するナンシー・ガオが対立。アヴァサララは地球に敵対するテロ組織への対応で失敗し、対立候補のナンシー・ガオが当選します。

火星では、除隊したドレーパーが犯罪組織に加わります。しかし組織は何者かに利用され、火星の軍事物資を奪われます。

リング付近では、ドラマーとアシュフォードが海賊を取り締まっていましたが、アシュフォードはOPAの過激派グループに殺されます。

マルコは追って来たアシュフォードを殺し、火星の技術でステルス偽装した小惑星を地球に向ける。

イーロスでは、ホールデンが装置を起動させたことで古代の建造物が覚醒し、災害が発生。プロト分子の活動によって軌道上の宇宙船は航行不能になし、ホールデンやRCE社、ガニメデからの避難民たちを未知の生物が襲います。しかしミラーの幻影がプロト分子を停止させ、人々は救われます。

前:シーズン4 第1話-第5話

スポンサーリンク

第6話「退避」

火星では、ドレイパーが犯罪組織に加わって盗難を行います。

イーロスでは、島の爆発による衝撃波と津波が開拓地に迫り、ホールデンは人々を構造物の中に避難させます。

一方、イーロス軌道上を航行するベルターのバーバピッコラ号、国連軍のエドワード・イズラエル号、ロシナンテ号は、イーロスのプロト分子の影響で核融合リアクターが停止。地球やメディナ・ステーションと通信できない上、ホールデンたちを救援に向かうこともできません。

リング付近のメディナ・ステーションには国連軍がやってくると、ソージャーナ号が地球の防衛網を突破しようとした原因を追及します。ドラマーとアシュフォードは、海賊マルコが原因であったことを報告します。

第7話「奇襲作戦」

国連事務総長選が近づく地球では世論調査が行われ、アヴァサララが優勢ではあるものの、ガオとの差はわずかでした。
そんな中、アヴァサララは、OPAのフレッド・ジョンソンからマルコに関する情報を入手します。マルコを捕らえるため、彼が潜伏する宇宙船に軍を派遣しますが、マルコは見つからず、船が爆発して船に乗っていたベルターや送り込まれた兵士たちは全員死亡。作戦は失敗し、アヴァサララの信用は失墜します。

イーロスでは、ホールデン、エイモス、ベルター避難民、RCE社社員たちが被災を逃れて構造物内に避難しています。しかし物資は不足し、ホールデン以外の全員が微生物に感染。次第に視力を失っていきました。さらに、ナメクジのような生物が海水と共に大量に侵入し、触れた人間は心不全を起こして死んでしまいます。

第8話「鳥なき里のコウモリ」

地球では、マルコ捕獲作戦を失敗し、多数の死者を出したアヴァサララが批判の的にされていました。そこでアヴァサララは、惑星イーロスの破滅的な映像を流すことで積極的な植民を訴えるガオに対抗します。

火星では、リング外に植民可能な多数の天体が見つかったことで火星の価値が下がっていました。ドレイパーは、火星のために尽くしてきた自分に自信をなくします。

リング付近のメディナ・ステーションにフレッド・ジョンソンがやってきます。ドラマーとアシュフォードは、マルコに関する情報を勝手に国連に流したフレッド・ジョンソンを非難し、辞職します。

イーロス軌道では、エンジンが停止して落下しはじめたバーバ・ピッコラ号をロシナンテ号がケーブルで牽引します。

一方、構造物内では、ホールデン以外の全員が微生物の感染によって視力を失います。なぜホールデンは失明しないのか。ホールデンがほかの人々と違うところは、エロスで放射線を浴びたあと抗がん治療を受けていたことです。ベルターの科学者オコイエは、抗がん剤が微生物への免疫となっていることを突き止め、人々の視力が回復します。そして、ホールデンの前に久しぶりにミラーの幻影が現れました。

第9話「終焉」

イーロスでは、RCE社のマートリーが軌道上のエドワード・イスラエル号に命令し、シャトルをロシナンテ号に衝突させようとします。アレックスはレールガンでシャトルを破壊して難を逃れると、レールガンを撃った反動でロシナンテ号とバーバピッコラ号の軌道を上昇させることに成功します。

構造物内では、ホールデンの前にミラーが現れ、プロト分子に操られていたことを明かします。プロト分子は、ミラーやホールデンたちを使って、自分たちの古代文明を滅ぼした原因を探っていました。しかしホールデンが人々を救う行動に感銘を受けたプロト分子は、ミラーを解放したといいます。解放されたミラーはプロト分子を破壊するためにホールデンをコアに導きます。

ホールデンとオコイエがコアを破壊しに向かったことを知ったマートリーは、ウェイとともにあとを追い、さらに二人をエイモスとオコイエが追いかけます。エイモスがウェイを射殺すると、マートリーがエイモスを負傷させました。

コアへ向かっていたホールデンはエイモスを助けに戻り、マートリーを捕らえます。その間、オコイエは無機物の姿に変わってしまったミラーをコアに導きました。ミラーはコアに飛び込んで破壊します。

ミラーはロシナンテ号の貨物室にプロト分子が残っていることを警告しました。

第10話「シボラは燃えて」

火星では、イーサイの犯罪組織がベルターの組織に殺され、盗んだ物資を奪われます。イーサイたちはベルターの陰謀に巻き込まれたのです。そして、盗んだ物資を乗せた宇宙船がどこかへ向けて飛び立ちます。

地球では、アヴァサララが選挙に負けます。そこへ、火星とベルターの秘密の取引の存在についてドレーパーが連絡してきます。

アヴァサララは長いこと事務総長をやっていたいたような発言をしていましたが、任期は1年ぐらいだったのではないでしょうか。

小惑星帯では、マルコに協力していた火星軍の兵士を尋問し、マルコの行方を追っていました。アシュフォードはマルコを追い詰めますが、彼の息子フィリップにつかまり処刑されます。そしてマルコは、火星のステルス技術で偽装した小惑星を地球に向けて発射します。

イーロスでは、ミラーがコアを破壊したことでプロト分子の活動が停止し、軌道上の宇宙船のリアクターが復活。ホールデンたちは救出されます。その後、ホールデンは、ロシナンテ号に残っていたプロト分子を廃棄処分し、マートリーを裁判にかけるため太陽系へ戻ります。そしてナオミは、息子フィリップ・イナロスの捜索をフレッド・ジョンソンに依頼します。

プロト分子は古代文明が滅んだ原因を探ろうとしているっぽいのですが、惑星イーロスを活性化させて結局どうしたかったのかわかりませんでした。
シーズン2で、プロト分子によって誕生した異生物がロシナンテ号に侵入し、プロト分子の痕跡が貨物室に残ってしまいました。今回無事廃棄されましたが、結局どんな影響があったのかよくわかりませんでした。

前:シーズン4 第1話-第5話

スポンサーリンク

登場人物

ジェームズ・ホールデン

演:スティーヴン・ストレイト
初登場:シーズン1
ケレスに物資を運ぶカンタベリー号がプロトジェン社のステルス艦アヌビス号に破壊されました。これは、火星軍の仕業に見せかけようとするプロトジェン社の陰謀だったのですが、ホールデンをはじめとする数名が生き残ります。その後、OPAのフレッド・ジョンソンからジュリーの救援を依頼され、エロスへ向かったことでプロト分子の存在を知ります。

シーズン2では、プロト分子に汚染されたエロスの地球衝突をミラーと共に食い止めました。その後、シーズン3ではプロトジェン社がイオで続けている人体実験について突き止め、ジュール・マウの逮捕に貢献します。

さらに、プロト分子によって生み出された巨大なリングを調査。プロト分子と融合したミラーに指示されてリングを動作させると、1300の天体へつながるポータルを開きます。

シーズン4では、新たな天体で見つかった惑星イーロスの調査をアヴァサララから依頼されます。そこで古代の建造物を見つけ、プロト分子に操られたミラーに指示され、建造物を起動します。

ジョセフ・ミラー

演:トーマス・ジェーン
初登場:シーズン1
エロスと融合したジュリーとともに金星に衝突しましたが、プロト分子に操られ、幻影となってホールデンの前に現れます。惑星イーロスの建造物を起動させますが、プロト分子から解放されると、惑星のコアを攻撃してプロト分子の活動を停止させます。

ナオミ・ナガタ

演:ドミニク・ティッパー
初登場:シーズン1
ロシナンテ号のエンジニア。ベルター。地球と火星に対抗するためには小惑星帯にも武力が必要だと考えており、アヌビス号から回収したプロト分子のサンプルを密かにフレッド・ジョンソンに渡しました。

ホールデンとは恋人関係ですが、かつてマルコと結婚しており、二人の間には息子フィリップがいます。

アレックス・カマル

演:キャス・アンヴァー
初登場:シーズン1
ロシナンテ号の操縦員。元火星軍の兵士。火星には妻タリッサと息子メラスがいますが、家族関係はうまくいっていません。

縁の下の力持ち的なキャラ。今回、ロシナンテ号で待機していたのでいつも以上に目立ちません。

エイモス・バートン

演:ウェス・チャサム
初登場:シーズン1
ロシナンテ号のメカニック。地球人。脳手術を受けているため感情に乏しいところがありますが、シーズン2ではプラックスに友情を感じていました。

シーズン4ではRCE社のチャンドラ・フェイと親密になりましたが、最後はホールデンを止めようとするフェイを射殺します。

クリスジェン・アヴァサララ

演:ショーレ・アグダシュルー
初登場:シーズン1
もと国連事務副次官。シーズン3でエステバン事務総長とアーリンライト事務次官が失脚したため、国連事務総長に就任しました。これまではプロト分子から人類を守るために尽力していましたが、シーズン4では選挙に勝つために必死です。結局保身に走っているようでちょっと残念。
選挙は対立候補のナンシー・ガオに敗れ、月に行くことになったようです。

ナンシー・ガオ

演:リリー・ガオ
初登場:シーズン4
国連幹部。事務総長選でアヴァサララに対抗し、新たな天体への自由な移民を主張しました。その後当選します。

カミナ・ドラマー

演:キャラ・ジー
初登場:シーズン2
ティコ・ステーションにいるフレッド・ジョンソンの部下。ビヒモス号の艦長としてリングの調査に派遣され、リング内では自分の身体を犠牲にしてアシュフォードを救いました。そのときの怪我がもとで身体には補助器具が埋め込まれています。

シーズン4では、リング付近のメディナ・ステーションを拠点とし、アシュフォードと共に海賊を取り締まります。しかしフレッド・ジョンソンが地球に忖度する態度に失望し、辞職。

クライス・アシュフォード

演:デヴィッド・ストラザーン
初登場:シーズン3
アンダーソン・ドーズのもとで海賊を営んでいましたが、シーズン3で副長としてビヒモス号に搭乗。ドラマーが重傷を負ったあと艦長に就任します。

シーズン4では、ドラマーと共にリング周辺の治安を守ります。しかしドラマーと共に辞職し、単独でマルコを追跡。捕まって処刑されます。渋キャラだったのに残念。

フレッド・ジョンソン

演:チャド・コールマン
初登場:シーズン1
ティコ・ステーションのOPA幹部。元国連軍兵士。小惑星帯が独立するためには地球と火星に対抗できる武力が必要だと考え、国連軍の核弾頭ミサイルを入手します。さらにナオミからプロト分子のサンプルを受け取ります。シーズン3では、エロスへの衝突作戦に失敗して宇宙を漂流していた巨大宇宙船ノーブー号を部下のドラマーに回収させ、イオ・ステーションから発射されたミサイルを核弾頭ミサイルで迎撃します。
テロ活動を続けるマルコの情報を地球へ提供しますが、偽の情報でした。結果、ベルターに多数の被害が出ます。

マルコ・イナロス

演:キーオン・アレクサンダー
初登場:シーズン4
OPAの派閥ブラック・スカイのリーダーでナオミの元旦那。地球に対してテロ活動を続けます。

フィリップ・イラロス

演:ジェイサイ・チェイス・オーエンズ
初登場:シーズン4
マルコとナオミの息子。マルコと行動を共にします。高校生ぐらいに見えますが、だとしたら父親マルコ、母親ナオミは何歳ぐらいなんでしょう。

アドルファス・マートリー

演:バーン・ゴーマン
初登場:シーズン4
イーロスに派遣された民間企業RCE社の保安部長。イーロスの資源を独占しようとしますが、ホールデンに捕まります。

いい感じで憎まれ役をやっているので、シーズン5にも出てくるといいなと思います。ただ、最後、エイモスト殴り合っていたのであのあとどうなったのか気になります。
マートリーを演じるバーン・ゴーマンさんは、ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」ではナイツウォッチを裏切るカール・タナー、「高い城の男」ではジュリアナを追跡する賞金稼ぎを演じています。

チャンドラ・ウェイ

演:ジェス・サルゲイロ
初登場:シーズン4
RCE社の社員。エイモスと親密な関係になりますが、最後は彼に射殺されます。

エルヴィ・オコイエ

演:リンジー・グリーンウッド
初登場:シーズン4
RCE社の科学者。イーロスで発生した感染症の対策に当たりました。

ルシア・マズール

演:ローザ・ギルモア
初登場:シーズン4
イーロスに避難したガニメデ難民。RCE社のシャトル事故に関与し、マートリーに命を狙われたためナオミとロシナンテ号に避難しました。娘のルシアと協力し、バーバピッコラ号を救助します。

フェルシア・マズール

演:カイラ・マデイラ
初登場:シーズン4
ルシアの娘。両親に反目し、イーロスには降りずにバーバピッコラ号に残留していました。バーバピッコラ号が落下しそうになると、ルシアと協力して危機を脱します。

ロベルタ・ドレーパー

演:フランキー・アダムス
初登場:シーズン2
愛称ボビー。
シーズン2ではガニメデでの戦闘を生き残り、原因の偽証を求められたため軍に不信感を抱いて国連に亡命。アヴァサララと行動を共にし、プロトジェン社の研究を止めさせることに貢献しました。
その後リングが発見されると調査に参加。ホールデンに協力し、リングによる太陽系の破壊を未然に防ぎました。

シーズン4では軍を退役し、民間人になっています。甥がイーサイの犯罪組織に協力していたことを契機に、彼女自身も犯罪組織に関与することになります。しかしイーサイの組織は何者かに利用されていたことがわかります。

イーサイ・マーティン

演:ポール・シュルツ
初登場:シーズン4
火星の刑事で犯罪組織のリーダー。家族と新たな天体へ移民するための資金を稼ぐため、軍の物資を盗難して密売していましたが、依頼人に殺されます。

リーリー

演:デイル・マクロード
初登場:シーズン4
イーサンの犯罪組織のメンバー。新参者のドレイパーと対立します。


前:シーズン4 第1話-第5話

スポンサーリンク

ドラマ「エクスパンス」を見る

ドラマ「エクスパンス」はAmazonから配信されています。

シーズン4の字幕版を見る
シーズン4の吹替版を見る

おすすめドラマ

「エクスパンス」に興味のある方はこちらのドラマもおすすめです。

ウエストワールド

ゲーム・オブ・スローンズの米HBO作品。アメリカ西部時代を模したテーマパークを舞台に、自分たちがロボットであることを知らされずに生活するアンドロイドたちと、自分たちの欲望を満たすためにやってくる人間たちを描いたSF作品です。

「ウエストワールド」シーズン1のあらすじ 第1話「目覚め」
写真出典:HBO 「ウエストワールド」は米HBOで放送されたSFドラマです。2016年に米国で放映がはじまると、ポ……

エレクトリック・ドリームズ

「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」や「高い城の男」などの作品が有名なSF作家フィリップ・K・ディックの短編作品をもとに脚本家によって書かれた一話完結型のアンソロジードラマです。

エレクトリック・ドリームズ Amazon配信ドラマのあらすじ ネタバレ 登場人物を紹介
写真出典:IMDb SF作家フィリップ・K・ディックの短編作品をもとに制作されたアンソロジードラマです。未来を……

高い城の男

第二次世界大戦で敗北したアメリカ合衆国はナチスドイツと日本によって分割統治されています。主人公ジュリアナが手にした映像フィルムには、自分たちの世界と異なる歴史を持つ世界が映し出されます。パラレルワールドを描いたSFドラマ。

高い城の男 シーズン1 Amazon配信ドラマのあらすじ ネタバレ 登場人物を紹介
写真出典:IMDb 関ヶ原で西軍が勝っていたら。本能寺で信長が死ななかったら。三国志で蜀が勝っていたら。そんな……

アンダン

ロトスコープ技術を採用し、そのまま実写ドラマとして配信されてもおかしくないような、アニメキャラっぽくないキャラクターたちが登場するSFアニメ作品。時間を自由に操る能力を得たアルマが、父親の死の真相を探ります。

アンダン Amazon配信ドラマのあらすじ ネタバレ 登場人物を紹介
写真出典:IMDb AmazonプライムビデオのWebサイトをクルクルっとスクロールしていたら新しいドラマが配……
スポンサーリンク
海外ドラマブログ