エクスパンス シーズン2 第1話-第5話 Amazon配信ドラマのあらすじ ネタバレ 登場人物を紹介

その他のドラマ


写真出典:IMDb

Amazon配信ドラマ「エクスパンス 〜巨獣めざめる〜」シーズン2を紹介します。シーズン1を見始めたときは登場人物が多くて誰が誰だかわからないし、派手な戦闘シーンや美男美女が出てくるわけでもないので、地味なドラマかなと思っていました。しかし終盤になってプロト分子の存在が判明し、人物関係や事件の背景が見えてくると、彼らや地球、火星、小惑星帯がどうなっていくのか気になります。プロト分子を太陽系にもたらした異星人の存在も示唆され、おもしろくなってきました。

ここでは、全13話のうち、物語にひと区切りつく第5話までを紹介します。

前:シーズン1
次:シーズン2 第6話-第13話

スポンサーリンク

エクスパンス シーズン2 概要

原題:THE EXPANSE
配信日:2019年2月8日(Amazonビデオ)
全13話
各話40-45分程度

もともとは2017年2月に米有料チャンネルSyfy(サイファイ)で放送されましたが、Amazonが買い取り、2019年2月にAmazonオリジナルドラマとして配信されました。

スポンサーリンク

エクスパンス シーズン2 第1話から第5話までのあらすじ

プロト分子が増殖するエロスを脱出したロシナンテ号が、ティコ・ステーションへ戻ってきます。そしてジェームズ・ホールデンとフレッド・ジョンソンたちは、プロト分子を消滅させるため、巨大宇宙船ノーブー号をエロスに衝突させてエロスの軌道を変え、太陽に落とす計画を立てます。

計画が実行されますが、ノーブー号との衝突の寸前、エロスは自ら軌道を変えると、人類の技術を超えた速度で地球に向かいはじめました。起爆剤を仕掛けるためエロスに乗り込んでいたミラーは、エロスの内部でプロト分子と融合したジュリーを発見。彼女が無意識のうちにエロスを操縦していることがわかると、彼女を説得し、エロスを金星に衝突させます。

前:シーズン1
次:シーズン2 第6話-第13話

第1話「高まる緊張」

フェーベ・ステーションにあった火星軍の研究施設が何者かに破壊され、国連軍の攻撃を疑う火星軍は、ドネジャー号を調査に向かわせました。しかしドネジャー号は未知のステルス艦に攻撃されました(シーズン1)。火星軍は、あらためてシロッコ号を調査に向かわせます。

シロッコ号がフェーベへ向かっていることを察知した国連軍は、火星軍を牽制するためネイサン・ヘイル号を向かわせます。すると、火星軍はフェーベ・ステーションを破壊してしまいます。
また、アヴァサララ国連副次官は命を狙われ、コティアールに護衛を依頼します。

ロシナンテ号では、アヌビス号の回収物からエロス・ステーションを汚染した有機物のサンプルと、科学者たちの記録映像が見つかりました。そこから有機物が「プロト分子」と呼ばれ、太陽系外から送られてきたことがわかります。ジム・ホールデンたちは、プロト分子のサンプルを小型ロケットに積み込むと、小惑星帯に浮かぶ隕石の陰に隠します。そしてミラーは、たびたびジュリーの幻影を見るようになっていました。

第2話「急襲」

ティコ・ステーションには、ロシナンテ号がエロス・ステーションから戻ってきます。フレッド・ジョンソンは、ライオネル・ポランスキーことジュリーが死んでいたこと、太陽系外の生命体プロト分子がエロス・ステーションで培養されていることをホールデンから報告されます。そしてアヌビス号から回収された記録映像に映るスピン・ステーションを調査する必要があると考え、戦闘部隊を組織すると、ロシナンテ号を向かわせました。

ロシナンテ号がスピン・ステーションへやってくると、ステルス艦が待ち構えていました。ロシナンテ号は戦闘の末ステルス艦を破壊。ステーションを制圧すると、ドレスデン博士を見つけます。ミラーは、プロト分子の研究を続けようとする博士を射殺します。

第3話「静寂」

国連軍は、火星軍がフェーベ・ステーションを破壊(第1話)した報復として、火星の月ディモスを破壊します。地球と火星の緊張が高まり、アヴァサララ国連副次官は、戦争を回避するため、ティコ・ステーションのフレッド・ジョンソンに密かに連絡して助言を求めます。

ロシナンテ号がスピン・ステーションからティコ・ステーションに戻ってきます。連行されてきた科学者コルタサルは、エロス・ステーションから発信されている信号を解析し、エロスで培養されているプロト分子が会話していること、それらがエロスで何かを形成しつつあることを知ります。
一方ミラーは、エロスを破壊するため、建造中の巨大宇宙船ノーブー号を利用する作戦をジョンソンに助言します。

第4話「神の加護」

アヴァサララ国連副次官は、フレッド・ジョンソンから提供された情報をもとに、ジュリーの父ジュール=ピエール・マウのプロトジェン社がプロト分子を研究していたことを知ります。そして、ジュールとアーリンライト国連次官が結託していることを確信します。

国連軍が火星の月ディモスを破壊(第3話)したため、エロスに展開していた火星軍は本国の防備を固めるため火星に戻りました。ティコ・ステーションでは、エロスを攻撃する好機と見なしたフレッド・ジョンソンがミラーの計画を実行します。つまり、モルモン教徒たちからノーブー号を奪い、エロスに衝突させて軌道を変え、太陽に落とす作戦です。

ロシナンテ号がエロス・ステーションへ向かい、ミラーとディオゴが起爆装置を仕掛けます。一方で、エロスの住民の救援に来た医療グループがステーションに接触していました。ホールデンは退去するように命じますが、彼らは命令を無視し、エロスで起きていることを宇宙に放送するといいます。ホールデンは苦渋の決断を下し、彼らが乗った宇宙船を破壊。この結果、船の破片によって起爆装置の1つが故障してしまいました。ミラーが1人残って故障に対処しているところにノーブー号が迫ります。そして衝突の直前、エロスは宇宙船のように軌道を変え、衝突を回避しました。

第5話「望郷」

軌道を変えた小惑星エロスは、ミラーを乗せたまま地球へ向かっていました。地球にエロスが向かってきていることを知った国連は、エロスを破壊するため大量の核弾頭ミサイルで迎撃します。しかしエロスはレーダーから消えてしまいます。

エロスをレーダーで捕捉することはできなくなりましたが、ロシナンテ号がエロスの姿を視界にとらえていました。国連は、ミサイルの制御をティコ・ステーションのフレッド・ジョンソンを介してロシナンテ号に託します。ロシナンテ号がエロスを追跡すると、エロスは急加速しはじめました。人類の技術では追いつけないことがわかると、ロシナンテ号は追跡を断念します。

一方、エロスに爆弾を仕掛けて脱出しようとしていたミラーは、プロト分子と融合し、新たな生命体となっているジュリーを発見します。そして、地球へ帰りたいというジュリーの意識がエロスを地球へ向かわせていました。ミラーがジュリーを説得してエロスを金星に向かわせると、エロスは金星に衝突します。

ミラーはちょい悪風のいいおじさんキャラだったんですけど、もう出てこないのでしょうか。だとしたらちょっと残念。

前:シーズン1
次:シーズン2 第6話-第13話

スポンサーリンク

登場人物

ジェームズ・ホールデン

演:スティーヴン・ストレイト
初登場:シーズン1
愛称ジム。ロシナンテ号の艦長。地球人の元兵士。カンタベリー号破壊後、火星軍のドネジャー号に救出されますが、ステルス艦アヌビス号に攻撃され、ロシナンテ号で脱出。救援信号を受信したフレッド・ジョンソンに救われ、彼の依頼でエロスにいるジュリーを救出に向かいます。そこでプロト分子を使った実験に巻き込まれました。脱出後、エロスを破壊する作戦に参加します。

アレックス・カマル

演:キャス・アンヴァー
初登場:シーズン1
ロシナンテ号の操縦員。火星人で元火星宇宙軍の兵士。

ナオミ・ナガタ

演:ドミニク・ティッパー
初登場:シーズン1
ロシナンテ号のエンジニア。ベルター。

エイモス・バートン

演:ウェス・チャサム
初登場:シーズン1
ロシナンテ号のメカニック。地球人。脳手術を受けているため、感情に乏しいところがあります。

ジョセフ・ミラー

演:トーマス・ジェーン
初登場:シーズン1
スターヘリックス・セキュリティ社の元刑事。ジュリーを捜索中、エロス・ステーションでプロト分子を使った実験に巻き込まれました。その後エロスを破壊する作戦に参加し、地球に向かうエロスの中でプロト分子と融合化したジュリーを発見。彼女がエロスを操作していることを知ると、説得してエロスの軌道を変えて金星に衝突させます。

クリスジェン・アヴァサララ

演:ショーレ・アグダシュルー
初登場:シーズン1
戦争を回避しようとしている国連事務副次官。

コティアール・ガジ

演:ニック・E・タラベイ
初登場:シーズン2
クリスジェン国連副次官から護衛を依頼されます。

サダヴィー・アーリンライト

演:ショーン・ドイル
初登場:シーズン1
国連事務次官。ジュール・マオと手を組み、プロト分子を使った兵器を生み出そうとしています。

フレッド・ジョンソン

演:チャド・コールマン
初登場:シーズン1
ティコ・ステーションのOPA幹部。地球国連軍の元大佐で、かつて反乱勢力の鎮圧に当たったとき多くの民間人を巻き込みました、そのため虐殺者として危険視されていますが、作戦のとき民間人がいることを知らされていませんでした。

カミナ・ドラマー

演:キャラ・ジー
初登場:シーズン2
フレッド・ジョンソンの部下。

ジュール=ピエール・マウ

演:フランソワ・チャウ
初登場:シーズン1
プロト分子を研究するプロトジェン社の創始者。国連事務次官アーリンライトと手を組み、プロト分子を兵器化してビジネス的に成功しようとしています。

アントニー・ドレスデン

演:ダニエル・カッシュ
初登場:シーズン1
プロト分子を研究していましたが、シーズン2第2話でミラーに射殺されます。

ロベルタ・ドレーパー

演:フランキー・アダムス
初登場:シーズン2
火星軍の女性兵士。

ディオゴ・ハラリ

演:アンドリュー・ロティーイオ
初登場:シーズン1
ケレス在住のベルターの若者。叔父の乗る貨物輸送船に乗っているとき、火星軍の横暴に抗議する叔父はディオゴを宇宙空間に彼を放出すると、火星軍の戦艦に突入します。その後、宇宙で漂っているところを救出されました。

パオロ・コルタサル

演:カルロス・ゴンザレス・ヴィオ
初登場:シーズン2
ドレスデン配下の科学者。

スポンサーリンク

ドラマ「エクスパンス」を見る

ドラマ「エクスパンス」はAmazonから配信されています。

シーズン2の字幕版を見る

シーズン2の吹替版を見る

おすすめドラマ

「エクスパンス」に興味のある方はこちらのドラマもおすすめです。

ウエストワールド

ゲーム・オブ・スローンズの米HBO作品。アメリカ西部時代を模したテーマパークを舞台に、自分たちがロボットであることを知らされずに生活するアンドロイドたちと、自分たちの欲望を満たすためにやってくる人間たちを描いたSF作品です。

「ウエストワールド」シーズン1のあらすじ 第1話「目覚め」
写真出典:HBO 「ウエストワールド」は米HBOで放送されたSFドラマです。2016年に米国で放映がはじまると、ポ……

エレクトリック・ドリームズ

「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」や「高い城の男」などの作品が有名なSF作家フィリップ・K・ディックの短編作品をもとに脚本家によって書かれた一話完結型のアンソロジードラマです。

エレクトリック・ドリームズ Amazon配信ドラマのあらすじ ネタバレ 登場人物を紹介
写真出典:IMDb SF作家フィリップ・K・ディックの短編作品をもとに制作されたアンソロジードラマです。未来を……

高い城の男

第二次世界大戦で敗北したアメリカ合衆国はナチスドイツと日本によって分割統治されています。主人公ジュリアナが手にした映像フィルムには、自分たちの世界と異なる歴史を持つ世界が映し出されます。パラレルワールドを描いたSFドラマ。

高い城の男 シーズン1 Amazon配信ドラマのあらすじ ネタバレ 登場人物を紹介
写真出典:IMDb 関ヶ原で西軍が勝っていたら。本能寺で信長が死ななかったら。三国志で蜀が勝っていたら。そんな……

アンダン

ロトスコープ技術を採用し、そのまま実写ドラマとして配信されてもおかしくないような、アニメキャラっぽくないキャラクターたちが登場するSFアニメ作品。時間を自由に操る能力を得たアルマが、父親の死の真相を探ります。

アンダン Amazon配信ドラマのあらすじ ネタバレ 登場人物を紹介
写真出典:IMDb AmazonプライムビデオのWebサイトをクルクルっとスクロールしていたら新しいドラマが配……
スポンサーリンク
海外ドラマブログ