ロード・オブ・ザ・リング 第1部のあらすじとネタバレ

ロードオブザリング
スポンサーリンク

映画「ロード・オブ・ザ・リング(指輪物語)」の第1部を紹介します。Amazonプライムのオリジナルドラマ「パワー・オブ・ザ・リング(力の指輪)」の配信もはじまり、2022年10月現在、プライム会員は映画版を追加料金なしで見ることができます(エクステンデッド・エディションは対象外)。あらためて見てみました。およそ3時間はさすがに長いです。しかしそこはAmazonプライム。映画館で見るような迫力は期待できませんが、寝転びながら見たり、適当に休憩を挟んだり、見逃した場面をすぐに見直したりできる点は、配信のいいところではないでしょうか。

次:第2部

スポンサーリンク

概要

原題:The Lord of the Rings : The Fellowship of the Ring
公開年:2001年(日本2002年)
上映時間:178分(映画版)/208分(エクステンデッド・エディション)
制作:米国
監督:ピーター・ジャクソン
対象年齢:12歳以上

J・R・R・トールキン原作の「指輪物語」の第1部「旅の仲間」を原作とした映画「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の第1作目。

スポンサーリンク

あらすじ

ホビット族の青年フロドは、養父から不思議な指輪を譲り受けました。闇の勢力を率いる冥王サウロンの「一つの指輪」でした。指輪にはサウロンの魔力が込められています。かつての戦いに敗れたサウロンは、本来の力を失っていますが、指輪を手にすれば復活します。フロドは、旅の仲間とともに、指輪を完全に破壊する旅に出ます。

ネタバレ

はるか昔、19個の力の指輪が作られ、3つはエルフに、7つはドワーフに、9つは人間に与えられました。そして冥王サウロンは、それらの指輪の所持者を支配する一つの指輪を作り出しました。

中つ国はサウロンによって支配されていきます。エルフや人間たちは抵抗を続け、イシルドゥアは戦いの中でサウロンの指を切り落としました。サウロンは敗れ去りました。しかし指輪の行方はわかりません。指輪が破壊されない限り、サウロンの野望を食い止めることはできません。

***

ホビット庄に住むビルボ・バギンズは、111歳の誕生日を迎えました。旧友である魔法使いガンダルフが祝いにやってくると、ビルボは旅に出るといいます。ビルボが不思議な指輪を持っていることに気づいたガンダルフは、指輪を置いていくように説得しました。ビルボは養子のフロドに指輪を託して旅立ちます。

指輪を不審に思ったガンダルフが調べると、サウロンの「一つの指輪」であることがわかります。かつての戦いで破れたサウロンは、力を失っています。復活するために指輪を探し続けていました。サウロンの復活を食い止めるには、指輪を破壊しなくてはなりません。指輪を破壊するには、指輪が作られた「滅びの山」の火口に指輪を投げ込むしかありません。

ガンダルフの助言を得たフロドは、親友のサムメリーピピンとともに旅立ち、ガンダルフと落ち合う約束したブリー村へ向かいます。

フロドたちがブリー村にやってくると、サウロンの配下である黒の乗手(ナズグル)に嗅ぎつけられます。ガンダルフの仲間だというアラゴルンに助けられ、エルフのエルロンドが住む「裂け谷」へと向かいます。

フロドたちは「裂け谷」へ向かう途中、ナズグルの奇襲を受け、フロドが負傷。フロドは呪われ、衰弱していきます。エルフのアルウェンが迎えに現れると、ナズグルの追跡を振り切って「裂け谷」へたどり着きました。フロドが目を覚ますと、仲間たちのほか、ガンダルフとビルボもいました。

少し前、ホビット庄でフロドと別れたガンダルフは、助言を求めるため白の賢者サルマンのもとへやってきました。しかしサルマンは裏切って闇の勢力に味方していました。ガンダルフは捕まりますが、旧友の大鷲グワイヒアによって救出されていました。

裂け谷のエルロンドは、指輪に対処すべく、エルフ族、ドワーフ族、ホビット族、人間の代表を集めて会議を開きます。意見はなかなかまとまりません。フロドは、自分が滅びの山に行って指輪を破壊すると宣言。フロドを助けるため、人間からはアラゴルンとボロミア、エルフ族からレゴラス、ドワーフ族からギムリ、ホビット族からサム、メリー、ピピン、そして魔法使いのガンダルフによる「旅の仲間」が結成されます。

旅の仲間は滅びの山があるモルドールを目指しますが、サルマンに妨害され、ドワーフの王国の廃墟モリアを抜けることにします。モリアにはオークやトロルが潜んでいました。どうにか撃退し、出口へ向かうと、悪鬼バルログが現れました。ガンダルフが立ち向かうものの、バルログとともに地底深くに落ちてしまいます。

ガンダルフを失いました。しかし悲しんでる時間はありません。エルフの領地ロスローリアンにたどり着き、一時の休息を得ます。ここでフロドはガラドリエルに勇気づけられます。

ロスローリアンを出発したフロドたちは、大河アンドゥインを渡りました。1人で休んでいたフロドにボロミアが近づいてきます。ボロミアは、故国ゴンドールを救うために指輪を手に入れようとしていました。フロドに襲いかかると、フロドは指輪をはめて姿を消し、逃げ去ります。
指輪を外したフロドをアラゴルンが見つけますが、フロドはアラゴルンのことも信用できません。アラゴルンは、1人でモルドールへ向かうというフロドの覚悟を受け入ます。
そのとき、オークの一団が襲ってきました。メリーとピピンは囮となってオークを引きつけます。ボロミアはフロドへの行いを後悔し、メリーとピピンを助けますが、オークの矢に倒れました。メリーとピピンはオークに連れ去られてしまいます。

アラゴルン、レゴラス、ギムリは、メリーとピピンを救出し、サウロンの目をフロドから引き離すため戦うことを決意します。

1人でモルドールへ向かおうとしていたフロドをサムが追いかけてきました。フロドは拒否しますが、フロドを守るというサムの決意を受け入れます。

次:第2部

「力の指輪」関連記事

-登場人物
-地図

シーズン1

-シーズン1 全あらすじ
-第1話「過去の影」
-第2話「漂流」
-第3話「アダル」
-第4話「大きな波」
-第5話「分岐点」
-第6話「奈落」
-第7話「目」
-第8話「合金」

「ロード・オブ・ザ・リング」関連記事

-第1部のあらすじ
-第2部のあらすじ
-第3部のあらすじ
-登場人物

「指輪物語」を読む

「指輪物語」は、映画「ロード・オブ・ザ・リング」の原作です。国内では、評論社から文庫が発行されており、本編と追補編を合わせて全10巻です。ドラマ「力の指輪」は、「指輪物語」と追補編を原作としています。

映画「ホビット」関連記事

-第一部のあらすじ
-第二部のあらすじ
-第三部のあらすじ
-登場人物

「ホビット」原作を読む

映画「ホビット」3部作は、J・R・R トールキンの「ホビットの冒険」を原作としています。映画にはオリジナルの人物や「ロード・オブ・ザ・リング」に登場した人物も登場しますが、物語の展開は原作に忠実です。ただ、原作は児童文学ということもあり、戦いの描写は抑え気味で、全体的に子どもに語りかけるような優しい文体で書かれています。映画に比べると少し物足りなく感じるかもしれません。

おすすめドラマ

映画「ホビット」3部作に興味のある方には次のドラマもおすすめです。

ゲーム・オブ・スローンズ

ドラゴンや魔法が存在する架空の世界を舞台にしたファンタジー小説「氷と炎の歌」シリーズを原作としたHBOのテレビドラマです。多くの登場人物が入り乱れる群像劇で、世界中で放映されている人気作です。

ゲーム・オブ・スローンズ関連記事

ウィッチャー

ポーランドの作家アンドレイ・サプコフスキによるダークファンタジー小説を原作としたNetflixのオリジナルドラマです。Playstation4/Nintendo Switchから発売されているゲーム「ウィッチャー3」も人気があります。

ウィッチャー シーズン1あらすじ

ヴァイキング 〜海の覇者たち

伝説的なヴァイキングの王ラグナル・ロズブロークの活躍を描いたドラマです。ゲーム・オブ・スローンズのような血なまぐさい戦闘シーンも見ものですが、史実にもとづいた中世北欧の生活や文化も興味深いです。

ヴァイキング シーズン1あらすじ

Amazonプライムオリジナルの海外ドラマを紹介

当ブログで紹介しているAmazonプライムオリジナルの海外ドラマの一覧です。視聴のご参考になれば幸いです。

Amazonプライムビデオ オリジナルドラマ一覧