力の指輪 シーズン1 第5話のあらすじとネタバレ

力の指輪ロードオブザリング
スポンサーリンク


写真出典:IMDb

Amazonプライムビデオのオリジナルドラマ「ロード・オブ・ザ・リング 力の指輪」シーズン1も第5話を迎えました。全8話の予定なので折り返しです。

当ドラマは登場人物が多く、舞台も頻繁に入れ替わるので、情報量が多いです。当ブログでは地図や登場人物も紹介しています。ご興味あれば下の方にあるリンクからご参照ください。

前:第4話「大きな波」

スポンサーリンク

第5話あらすじ

ハーフットたちは次の居住地へ向けて旅を続けています。

南方国では、闇の勢力に対して抗戦派と臣従派に意見が別れます。

ヌーメノールでは、中つ国へ向けた艦隊が出発します。

ドワーフのドゥリン王子は、エルフたちがミスリルを必要としていることを知ります。

スポンサーリンク

第5話「分岐点」

・ロヴァニオン

ハーフットは次の居住地に向けて旅を続けていました。この季節、本来ならば実りを見せるはずの森の木々は枯れています。族長サドクマルヴァは不安です。

その後、ノーリポピー、マルヴァがオオカミに襲われました。よそ人が魔法を使って追い払うと、ハーフットたちはよそ人への評価を改めます。しかし、ノーリはよそ人が持つ魔力に恐れを覚えます。

そのころ、よそ人が落下した地点には、彼を追うものたちが現れます。

よそ人の正体。彼を追うものたちの正体。気になります。

・南方国

ブロンウィンは、オークの首領アダルからの降伏勧告を人々に伝えました。徹底抗戦を訴えますが、彼らは村で生活していた人たちであり戦う訓練などを受けていません。命の危険を顧みずにオークたちと戦うか、降伏して生き延びるかで意見が分かれます。

闇の勢力を信奉するワルドレグは、同意するものたちを率いてアダルに降伏しました。アダルは、臣従の証として、同行してきたローワンを殺すように命じます。

そのころ、テオはサウロンの武器をアロンディルに見せます。アロンディルは、何かの鍵であることを指摘します。

アロンディルは仲間のエルフたちに救援を求めないのでしょうか。

・ヌーメノール

ガラドリエルヌーメノール王に密会しようとしたとき(第4話)、ミーリエル摂政女王が待ち構えていたのは、ハルブランドによる密告が原因でした。そのときの取り引きによってハルブランドは牢から解放されています。南方国の情勢を知るものとしてミーリエルに呼ばれると、オークの動きを予想。才能を高く評価されます。

船員学校を退学となったため遠征隊に参加できないイシルドゥルは、密航を計画。船に潜伏していると、ケメンが現れました。遠征に反対するケメンは、船を爆破。イシルドゥルの活躍によって全滅は防がれたものの、艦隊5隻のうち2隻が爆破されてしまいました。

中つ国への遠征の準備が進みますが、反対するものも多くいました。国王も中つ国に干渉することに懐疑的です。ファラゾーンから延期を促されたミーリエルは、改めて会議を開くことにします。ハルブランドは遠征に否定的でしたが、ガラドリエルに説得されました。遠征は予定通り決行されます。

3隻のヌーメノール艦隊が中つ国に向けて出航。艦隊の全滅を防いだイシルドゥルも参加を認められます。

ハルブランドは王家の紋章が刻印されたアクセサリーを身に付けています。これが盗品で、彼が盗賊だったらおもしろいのですが、どうやら彼の回想などから本物の王族のようです。

・リンドン

エルフの王国リンドンの神木は枯れかけていました。これはエルフの命運が尽きようとしていることを意味します。永らえるには、宝玉シルマリルの光が必要です。

ギル=ガラド上級王は、ドワーフのドゥリン王子をリンドンに招き、彼らが地下で何かを見つけた可能性を聞き出そうとします。ドワーフの王国カザド=ドゥムは霧ふり山脈の地下にあり、神話の時代にシルマリルが眠ったとされる場所でした。事実、ドワーフはシルマリルの光が封じられたミスリルを発見していました。しかし王子は話をはぐらかすばかりです。

エルロンドは、ギル=ガラド上級王からカザド=ドゥムで見たことについて聞かれますが、口外しないことをドゥリン王子と約束したため何も明かしません。しかしエルフに迫る危機を知ります。
ドゥリン王子が帰国することになると、エルロンドは、彼自身も知りませんでしたが、ミスリルが発見されたかどうか調べるためにカザド=ドゥムに送られたことを明かしました。そしてエルフにはミスリルが必要なことを伝えます。ドゥリン王子は、誠実な態度を見せた親友に対し、父王の説得を試みることにします。

現時点では、リンドンのエルフたちは闇の勢力よりも種族の命運が気になるようです。何世紀も探しても見つからないサウロンよりも、世界から消えることのほうが怖いのかもしれません。しかし数千年、数万年生きていてもまだ未練があるのでしょうか。

前:第4話「大きな波」

「力の指輪」関連記事

-登場人物
-地図

シーズン1

-第1話「過去の影」
-第2話「漂流」
-第3話「アダル」
-第4話「大きな波」
-第5話「分岐点」

「指輪物語」を読む

「指輪物語」は、映画「ロード・オブ・ザ・リング」の原作です。国内では、評論社から文庫が発行されており、本編と追補編を合わせて全10巻です。ドラマ「力の指輪」は、「指輪物語」と追補編を原作としています。

映画「ホビット」関連記事

-第一部のあらすじ
-第二部のあらすじ
-第三部のあらすじ
-登場人物

「ホビット」原作を読む

映画「ホビット」3部作は、J・R・R トールキンの「ホビットの冒険」を原作としています。映画にはオリジナルの人物や「ロード・オブ・ザ・リング」に登場した人物も登場しますが、物語の展開は原作に忠実です。ただ、原作は児童文学ということもあり、戦いの描写は抑え気味で、全体的に子どもに語りかけるような優しい文体で書かれています。映画に比べると少し物足りなく感じるかもしれません。

おすすめドラマ

映画「ホビット」3部作に興味のある方には次のドラマもおすすめです。

ゲーム・オブ・スローンズ

ドラゴンや魔法が存在する架空の世界を舞台にしたファンタジー小説「氷と炎の歌」シリーズを原作としたHBOのテレビドラマです。多くの登場人物が入り乱れる群像劇で、世界中で放映されている人気作です。

ゲーム・オブ・スローンズ関連記事

ウィッチャー

ポーランドの作家アンドレイ・サプコフスキによるダークファンタジー小説を原作としたNetflixのオリジナルドラマです。Playstation4/Nintendo Switchから発売されているゲーム「ウィッチャー3」も人気があります。

ウィッチャー シーズン1あらすじ

ヴァイキング 〜海の覇者たち

伝説的なヴァイキングの王ラグナル・ロズブロークの活躍を描いたドラマです。ゲーム・オブ・スローンズのような血なまぐさい戦闘シーンも見ものですが、史実にもとづいた中世北欧の生活や文化も興味深いです。

ヴァイキング シーズン1あらすじ

Amazonプライムオリジナルの海外ドラマを紹介

当ブログで紹介しているAmazonプライムオリジナルの海外ドラマの一覧です。視聴のご参考になれば幸いです。

Amazonプライムビデオ オリジナルドラマ一覧