ロード・オブ・ザ・リング 第3部のあらすじとネタバレ

ロードオブザリング
スポンサーリンク

映画「ロード・オブ・ザ・リング」第3部「王の帰還」を紹介します。

前:第2部

スポンサーリンク

概要

原題:The Lord of the Rings : The Return of the King
公開年:2003年(日本2004年)
上映時間:201分(映画版)/250分(エクステンデッド・エディション)
制作:米国
監督:ピーター・ジャクソン
対象年齢:12歳以上

映画「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の第3作目。

スポンサーリンク

あらすじ

アラゴルンたちは、滅びの山へ向かうフロドから冥王サウロンの目を引き離すため、戦い続けます。

フロドとサムは、滅びの山へたどり着き、一つの指輪を破壊します。

ネタバレ

ヘルム峡谷の戦いに勝利したアラゴルンレゴラスギムリガンダルフがアイゼンガルドにやってくると、メリーピピンに再会しました。ピピンは、サルマンが使っていたパランティーア(遠くを見る石)を発見。ガンダルフが取り上げます。

ローハンの首都エドラスで戦勝祝いが開かれます。夜もふけると、ピピンはガンダルフが寝ているすきにパランティーアを覗いてしまいました。サウロンの軍勢がゴンドールの首都ミナス・ティリスに向かっていることがわかりますが、サウロンにピピンの存在が知られます。

サウロンの軍勢がゴンドールへ向かっていることを知ったガンダルフは、ピピンを連れてミナス・ティリスへやってきます。ローハンに援助を求めるのろしを上げました。

フロドサムは、ゴラムに案内されて「滅びの山」を目指していました。ゴラムはフロドが持っている一つの指輪を手に入れようとしていましたが、サムが邪魔です。フロドをだまし、サムを追い払います。
その後、フロドはゴラムの策略で大蜘蛛シェロブの棲処に導かれ、毒針に倒れてしまいました。フロドを追ってきたサムがシェロブを撃退しますが、フロドはオークに連れ去られてしまいます。ここでもサムの活躍によってフロドは救出されると、フロドはサムを追い払ったことを謝罪します。

ローハンでは、ゴンドールからの救援要請に応えようとしていました。しかし戦力は足りません。そこに裂け谷のエルロンドがやってきます。エルロンドは、「死者の道」と呼ばれる場所に死者の軍勢が封印されていることを明かします。彼らはかつて人間の王イシルドゥアに忠誠を誓いましたが、誓約を果たさなかったため、罰として死者の道に封印されています。イシルドゥアの末裔であるアラゴルンが説得すれば、死者の軍勢を味方に付けることができるかもしれません。アラゴルンは「死者の道」に向かいます。

ローハン軍がゴンドールに駆けつけると、激しい戦いが続いていました。サウロンの勢力は、オークをはじめ、トロルの上位種オログ=ハイや南方人ハラドリムと彼らが騎乗する巨大な獣オリファントが加わり、空にはフェルビーストに乗ったナズグルもいます。ローハン軍の奮戦もむなしく、ゴンドールの敗北は目前でした。そのとき、アラゴルンが死者の軍勢を率いて現れます。サウロンの軍を破ります。

しかし戦いは終わりではありません。アラゴルンたちは、サウロンの目をそらし続けるため、敵の本拠地モルドールに最終決戦を挑みます。

このころ、フロドとサムは滅びの山の火口まで辿り着きました。フロドが火口に指輪を投げ捨てようすると、指輪は最後の抵抗を試みます。フロドは誘惑に屈し、指輪をはめてしまいます。姿が消えると、サウロンがフロドに気づきました。アラゴルンたちと戦っていたナズグルたちは、急遽滅びの山へ向かいます。

サムがフロドを見失っていると、姿を消したフロドにゴラムが襲いかかりました。ゴラムがフロドの指を噛みちぎり、フロドが悲痛の声とともに姿を表します。ゴラムは指輪を手に入れて歓喜し、フロドがゴラムへ飛びかかりました。2人は火口へ落ちていきます。しかしフロドは崖縁に手をかけていました。サムが助けます。火口へ落ちたゴラムは、指輪とともに消滅します。

一つの指輪とともに冥王サウロンは完全に消滅します。

フロドとサムは、ガンダルフと大鷲グワイヒアによって救出されます。

闇の勢力は潰えました。アラゴルンはゴンドールの王として即位し、フロドたちはホビット庄に帰還します。

***

しばらくの時が流れ、サムは結婚し、メリーやピピンも平穏な生活を取り戻しました。しかしフロドがナズグルから受けた傷は完治することはありません。

かつてビルボは、自分の冒険を記した「ホビットの冒険」を書き上げました。フロドは、「ロード・オブ・ザ・リング」を書き終えます。すべての使命を終えたフロドは、ビルボやガンダルフ、エルロンド、ガラドリエルたちとともに、船に乗ってヴァリノール(神の国)へと去っていきます。

前:第2部

「力の指輪」関連記事

-登場人物
-地図

シーズン1

-シーズン1 全あらすじ
-第1話「過去の影」
-第2話「漂流」
-第3話「アダル」
-第4話「大きな波」
-第5話「分岐点」
-第6話「奈落」
-第7話「目」
-第8話「合金」

「ロード・オブ・ザ・リング」関連記事

-第1部のあらすじ
-第2部のあらすじ
-第3部のあらすじ
-登場人物

「指輪物語」を読む

「指輪物語」は、映画「ロード・オブ・ザ・リング」の原作です。国内では、評論社から文庫が発行されており、本編と追補編を合わせて全10巻です。ドラマ「力の指輪」は、「指輪物語」と追補編を原作としています。

映画「ホビット」関連記事

-第一部のあらすじ
-第二部のあらすじ
-第三部のあらすじ
-登場人物

「ホビット」原作を読む

映画「ホビット」3部作は、J・R・R トールキンの「ホビットの冒険」を原作としています。映画にはオリジナルの人物や「ロード・オブ・ザ・リング」に登場した人物も登場しますが、物語の展開は原作に忠実です。ただ、原作は児童文学ということもあり、戦いの描写は抑え気味で、全体的に子どもに語りかけるような優しい文体で書かれています。映画に比べると少し物足りなく感じるかもしれません。

おすすめドラマ

映画「ホビット」3部作に興味のある方には次のドラマもおすすめです。

ゲーム・オブ・スローンズ

ドラゴンや魔法が存在する架空の世界を舞台にしたファンタジー小説「氷と炎の歌」シリーズを原作としたHBOのテレビドラマです。多くの登場人物が入り乱れる群像劇で、世界中で放映されている人気作です。

ゲーム・オブ・スローンズ関連記事

ウィッチャー

ポーランドの作家アンドレイ・サプコフスキによるダークファンタジー小説を原作としたNetflixのオリジナルドラマです。Playstation4/Nintendo Switchから発売されているゲーム「ウィッチャー3」も人気があります。

ウィッチャー シーズン1あらすじ

ヴァイキング 〜海の覇者たち

伝説的なヴァイキングの王ラグナル・ロズブロークの活躍を描いたドラマです。ゲーム・オブ・スローンズのような血なまぐさい戦闘シーンも見ものですが、史実にもとづいた中世北欧の生活や文化も興味深いです。

ヴァイキング シーズン1あらすじ

Amazonプライムオリジナルの海外ドラマを紹介

当ブログで紹介しているAmazonプライムオリジナルの海外ドラマの一覧です。視聴のご参考になれば幸いです。

Amazonプライムビデオ オリジナルドラマ一覧