力の指輪 シーズン1 第7話のあらすじとネタバレ

力の指輪ロードオブザリング
スポンサーリンク


写真出典:IMDb

オークの軍勢を撃退したかと思われたガラドリエルたちでしたが、封印が解かれたことで滅びの山が噴火しました。「ロード・オブ・ザ・リング 力の指輪」シーズン1の第7話を紹介します。

前:第6話「奈落」
次:第8話「合金」

スポンサーリンク

第7話あらすじ

南方国では滅びの山が噴火。大きな損害を受けたミーリエル摂政女王は再起を誓いながらも撤退します。

ハーフットたちはよそ人を追放しますが、彼は怪しいものたちに追われていました。ノーリは、よそ人を助けるため、仲間とともにあとを追います。

ドワーフの王国カザド=ドゥムでは、エルロンドがミスリルの採掘権を巡ってドワーフと交渉しますが決裂します。

スポンサーリンク

第7話「目」

・南方国

滅びの山が噴火し、村は噴煙に飲み込まれました。ガラドリエルテオとともに村を脱出。ヌーメノール軍の野営地を目指します。

野営地へ向かうガラドリエルは、テオから家族について聞かれると、闇の勢力との戦いで兄フィンロドと夫ケレボルンを亡くしたことを明かしました。

ガラドリエルの夫ケレボルンは、正確には行方不明らしいのですが、ガラドリエルは亡くなったと信じているようです。

ガラドリエルとテオが野営地までやってくると、生き残った人々が避難していました。アロンディルブロンウィンが無事だったことがわかります。しかし息子イシルドゥルが亡くなったと聞かされたエレンディルは遠征を後悔し、ミーリエル摂政女王は失明していました。女王は、いったん本国への撤退を決めますが、再起を誓います。

南方国の人々は、ブロンウィンとアロンディルに率いられ、アンドゥインの河口にあるヌーメノールの古い集落ペラルギルへ向かいます。

ガラドリエルは、南方国で起きたことについてギル=ガラド上級王に報告する必要がありました。怪我の治療が必要なハルブランドをともない、エルフの地へ向かいます。

ハルブランドは重傷で動けないのかと思っていたら、ブロンウィンの用意したと思われる薬で動けるようになっていました。馬にも乗れるようです。エルフの治療が必要なのでしょうか。

勝利を収め、南方国を手に入れたアダルは、自分たちの国にモルドールと名付けます。

・ロヴァニオン

ハーフットたちが居留地へやってきますが、噴火の被害を受けていました。族長サドクよそ人に協力を依頼。よそ人が魔力を使って木々を蘇らせようとすると、朽ちかけていた木が倒れ、ノーリとノーリの妹ディリーが下敷きになってしまいます。二人は無事でしたが、よそ人の力は信用できません。サドクは、よそ人に人間の地域へ移ることを勧めます。

よそ人は去りました。

その後、木々が豊かな実りを見せました。ハーフットたちは、よそ人の力で木々が蘇ったことを知ります。

この人たちはなんなのだろう。

ハーフットたちが収穫を喜ぶ中、ポピーは怪しげな3人の女性を目にします。ノーリとともに観察していると、彼女たちはよそ人の痕跡を追っていきます。ノーリは、よそ人が向かった方角と反対の方角を女性たちに教えました。一瞬の間に女性たちがノーリの背後に迫ると、ノーリの父ラルゴが助けに現れ、松明で女性たちを威嚇しました。女性たちは魔法でハーフットの集落を焼き払い、姿を消します。

ハーフットたちが焼け跡を片付ける中、ノーリはよそ人のことが心配で元気がありません。ラルゴの言葉に勇気づけられ、よそ人を助ける旅に出ます。ノーリを応援する母親マリーゴールド、親友ポピー、道案内のサドクが同行します。

族長がいなくなっても大丈夫なのでしょうか。

・カザド=ドゥム

ドワーフの王国カザド=ドゥムへやってきたエルロンドは、ミスリルの採掘に関して取り引きを持ちかけます。しかし国王ドゥリン3世は応じません。国王は、むやみに地下を掘り続けることはドワーフの滅亡を招くと信じていました。

エルロンドの親友ドゥリン王子は、エルフを救ってあげたいと考えていました。エルロンドとともに鉱山に潜り込むと、ミスリルの盗掘を図ります。ミスリルの鉱脈を発見しますが、国王に見つかり、エルロンドは追放されます。

ドゥリン王子は、融通の効かない父王への不満を募らせます。

このとき、カザド=ドゥムがある霧ふり山脈の地下深くでは、悪鬼バルログの影がうごめいていました。

次回、シーズン1最終話です。正直、展開の強引さや稚拙さを感じるところがないわけでもないのですが、終わり良ければすべて良しといいます。期待しましょう。

前:第6話「奈落」
次:第8話「合金」

「力の指輪」関連記事

-登場人物
-地図

シーズン1

-シーズン1 全あらすじ
-第1話「過去の影」
-第2話「漂流」
-第3話「アダル」
-第4話「大きな波」
-第5話「分岐点」
-第6話「奈落」
-第7話「目」
-第8話「合金」

「ロード・オブ・ザ・リング」関連記事

-第1部のあらすじ
-第2部のあらすじ
-第3部のあらすじ
-登場人物

「指輪物語」を読む

「指輪物語」は、映画「ロード・オブ・ザ・リング」の原作です。国内では、評論社から文庫が発行されており、本編と追補編を合わせて全10巻です。ドラマ「力の指輪」は、「指輪物語」と追補編を原作としています。

映画「ホビット」関連記事

-第一部のあらすじ
-第二部のあらすじ
-第三部のあらすじ
-登場人物

「ホビット」原作を読む

映画「ホビット」3部作は、J・R・R トールキンの「ホビットの冒険」を原作としています。映画にはオリジナルの人物や「ロード・オブ・ザ・リング」に登場した人物も登場しますが、物語の展開は原作に忠実です。ただ、原作は児童文学ということもあり、戦いの描写は抑え気味で、全体的に子どもに語りかけるような優しい文体で書かれています。映画に比べると少し物足りなく感じるかもしれません。

おすすめドラマ

映画「ホビット」3部作に興味のある方には次のドラマもおすすめです。

ゲーム・オブ・スローンズ

ドラゴンや魔法が存在する架空の世界を舞台にしたファンタジー小説「氷と炎の歌」シリーズを原作としたHBOのテレビドラマです。多くの登場人物が入り乱れる群像劇で、世界中で放映されている人気作です。

ゲーム・オブ・スローンズ関連記事

ウィッチャー

ポーランドの作家アンドレイ・サプコフスキによるダークファンタジー小説を原作としたNetflixのオリジナルドラマです。Playstation4/Nintendo Switchから発売されているゲーム「ウィッチャー3」も人気があります。

ウィッチャー シーズン1あらすじ

ヴァイキング 〜海の覇者たち

伝説的なヴァイキングの王ラグナル・ロズブロークの活躍を描いたドラマです。ゲーム・オブ・スローンズのような血なまぐさい戦闘シーンも見ものですが、史実にもとづいた中世北欧の生活や文化も興味深いです。

ヴァイキング シーズン1あらすじ

Amazonプライムオリジナルの海外ドラマを紹介

当ブログで紹介しているAmazonプライムオリジナルの海外ドラマの一覧です。視聴のご参考になれば幸いです。

Amazonプライムビデオ オリジナルドラマ一覧