射鵰英雄伝 レジェンド・オブ・ヒーロー 第31話-第35話

武侠ドラマ

Amazonで配信されている中国ドラマ「射鵰英雄伝 レジェンド・オブ・ヒーロー」。ここでは第31話から第35話を紹介します。

黄蓉、洪七公、欧陽克の乗った小舟は無人島に漂着すると、欧陽鋒の技によって毒に冒された洪七公は、丐幇の次代首領の地位を黄蓉に譲ります。その後、欧陽鋒と郭靖も島に漂着し、金国の船によって救出されます。郭靖たちは捕らわれますが、現れた周伯通の機転によって解放されました。

郭靖たちはが皇宮の一角に隠されている「武穆遺書」を守るため臨安にやってくると、趙王たちも現れます。

そして・・・・・・

スポンサーリンク

第31話

楊康郭靖を刺すと、「武穆遺書」が収められた箱を手にして立ち去ります。倒れた郭靖は、黄蓉に背負われて牛家村の曲三酒館へ逃げ帰りました。そして黄蓉と二人で隠し部屋に引きこもると、傷を癒やすため「九陰真経」を唱えはじめます。

このとき穆念慈はひそかに楊康のあとを付けていましたが、彼が郭靖を刺したことを知ると、湖に身を投げます。

「武穆遺書」を手に入れた趙王は、牛家村に立ち寄りました。箱を確かめると、中は空です。趙王は、欧陽鋒たちを再び臨安の皇宮へ送ります。足が不自由な欧陽克は残され、曲三酒館に隠れました。

臨安の皇宮には、郭靖と黄蓉が去ったあとも洪七公周伯通が残っていました。周伯通は欧陽鋒を見かけると、追いかけっこを挑みます。途中、黄薬師に再会し、郭靖の居場所を聞かれると牛家村にいることを教えました。

そのころ、陸冠英程瑶迦も牛家村にやってきます。陸冠英は郭靖を見つけるため、身寄りのない程瑶迦は師伯(父の兄弟子)を頼るためです。そこへ程瑶迦の師匠であり全真七子のひとり孫不二も彼女のあとを追ってやってきます。

なぜか牛家村に大集合。中国は広いようで狭いです。

スポンサーリンク

第32話

黄薬師が郭靖を探して牛家村にやってきました。曲三酒館で陸冠英、程瑶迦、孫不二に遭遇すると、邪魔者扱いします。侮辱と感じた孫不二は戦いを挑みますが、軽くあしらわれてしまいました。

このとき、程瑶迦は師伯(父の兄弟子)・曲霊風を頼って曲三酒館へやってきたのですが、曲霊風は黄薬師の弟子でした。瑶迦も黄薬師の弟子・武眠風の娘であることがわかります。陸冠英も黄薬師の弟子・陸乗風の息子です。黄薬師は、孫弟子ともいえる程瑶迦と陸冠英が引かれあっていることがわかると、二人を結婚させます。
隠れ部屋に潜んでいる郭靖と黄蓉はその様子を聞いていました。

いきなり結婚させてしまう黄薬師はあいかわらずむちゃくちゃです。

郭靖に会えなかった黄薬師は、周伯通を探し出すと郭靖の居場所を聞き出すため追いかけます。周伯通のあとを黄薬師と欧陽鋒が追いかける展開です。

そのころ、湖に身を投げた穆念慈は牛家村の村人に救われていました。楊康が駆けつけますが意識は戻りません。そこへ黄薬師に追い払われた孫不二から助けを求められた丘処機馬鈺王処一がやってきます。丘処機は楊康に近況などを尋ねます。郭靖について聞かれた楊康は、自分が刺し殺したと応えることはできません。黄薬師に殺されたと嘘を付きます。このとき郭靖は生きていましたが、楊康は知りません。丘処機たちは郭靖が殺されたと聞いて驚きます。

丘処機たちは仲間を集め、全真七子が曲三酒館に揃いました。そこへ裘千仞の偽物がやってくると、周伯通が黄薬師に殺されたと嘘を付きます。周伯通は全真派の開祖・王重陽の弟子であり義兄弟なので、全真七子たちにしてみれば親も同然です。黄薬師を許しておくことはできません。

裘千仞の偽物がなぜ牛家村にいるのか、そしてなぜ嘘を付いたのでしょうか。

全真七子が黄薬師が帰ってくるのを待っていると、梅超風が現れました。郭靖と黄蓉は隠れ部屋で様子を聞いています。欧陽克は隠れています。

なぜ梅超風がやってきたのでしょうか。

第33話

以前、梅超風は、師匠である黄薬師から曲霊風と馮黙風を探すように命じられました(第16話)。そして曲霊風がいるはずの曲三酒館にやってくると、全真七子が集まっていました。彼らが師匠を倒そうとしていることを聞くと、全真七子に襲いかかります。

そのころ、欧陽鋒、黄薬師とともに追いかけっこをしていた周伯通は、洪七公を置き去りにしていることを思い出しました。追いかけっこを中断して皇宮へ向かいます。

曲三酒館では、全真七子と梅超風が激戦を繰り広げ、梅超風は全真七子の「天罡北斗陣(てんこうほくとじん)」に苦戦します。そこに黄薬師と欧陽鋒がやってきました。全真七子たちは、黄薬師が孫不二を傷つけ、郭靖と周伯通を殺したと聞かされていますが、事実を確認せずに黄薬師に襲いかかります。

全真七子と黄薬師の力は拮抗していましたが、欧陽鋒が助けに入り、譚処端が倒されます。黄薬師が協力を拒むと、欧陽鋒は黄薬師を後ろから襲いかかりました。そのとき、梅超風が身を挺して黄薬師を守ります。全真七子は陣形が崩れたため退散し、欧陽鋒も立ち去ります。
梅超風は黄薬師から過去の過ちを許され、息を引き取ります。

隠れ部屋に潜んでいる郭靖と黄蓉は、ずっと様子をうかがっていました。全真派の戦いを見ていた郭靖は、「九陰真経」への理解を深めます。

梅超風が亡くなりました。序盤から登場していた人物であり、悪役ながら師匠を思う面もあるなど魅力的な人物だっただけに残念です。

一方、金国の王府に裘千仞が戻ってきます。裘千仞は、金国のために武芸家たちを混乱させていたのです。趙王は、宋国と同盟を結んで蒙古へ帰る使者を襲うように裘千仞に依頼します。

裘千仞が嘘を付いた理由がわかりました。

そして牛家村から連れてこられた穆念慈が治療を受けて回復すると、楊康の子どもを身ごもっていることがわかりました。このとき楊康は、欧陽克を殺して欧陽鋒の弟子になる計画を立てていました。そのことを知った穆念慈は、欧陽克を救うため牛家村へ先回りします。

全真七子や黄薬師たちが去った曲三酒館に、陸冠英と程瑶迦がやってくると、隠れていた欧陽克を見つけました。衰弱していた欧陽克は食事をもらって回復すると、技を使って二人の動きを封じます。そこへ穆念慈がやってくると、欧陽克は彼女の動きも封じました。

第34話

欧陽克が身動きの取れない程瑶迦と穆念慈を値踏みしているところへ楊康がやってくると、克を刺し殺します。

梅超風に続いて欧陽克も舞台から去りました。女好きのチャラ男でしたが、序盤から登場していた人物なのであっけない最後は残念です。
楊康は結局悪役なんですね。

楊康が穆念慈たちを解放し、曲三酒館をあとにすると、曲の娘から「打狗棒」を渡されます。娘は、黄蓉が置いておいた「打狗棒」を楊康の落とし物と勘違いしたのです。その後、「打狗棒」を持っている楊康は物乞いたちに声をかけられ、丐幇の集会が近づいていることを知らされます。

一方、欧陽鋒が欧陽克を探しに曲三酒館にやってくると、彼の遺体が残されていました。嘆き悲しみながら確認すると、刺さっている匕首に「郭靖」の文字が彫られています。欧陽鋒は郭靖が犯人と考え、復讐を誓います。

欧陽鋒が曲三酒館から去ると、今度は江南七怪がやってきました。帰雲荘の陸乗風から郭靖の居場所を聞いてやってきたのです。そこへ黄薬師も現れました。娘・黄蓉が郭靖のせいで死んだと思っている黄薬師は、郭靖の師匠である江南七怪のことも逆恨みし、攻撃を仕掛けます。江南七怪が危機に瀕すると、隠れていた郭靖が飛び出しました。黄蓉もあとを追います。

黄蓉が生きていることがわかり、郭靖が「九陰真経」と知らされずに武芸を学んだこともわかりました。黄薬師の誤解は解け、郭靖の傷は黄薬師の協力によって完治します。そして曲三酒館の隠し部屋には、曲霊風が皇宮から盗んできた宝物が残されていました。曲霊風は、黄薬師に宝物を貢いで許してもらおうと思っていたのです。黄薬師は曲への仕打ちを反省し、娘を預かることにします。

黄薬師の弟子たちは、陳玄風と梅超風が「九陰真経」を盗み出したとき、責任を問われて破門されています。

黄薬師は郭靖のことも桃花島へ招きますが、黄蓉は「打狗棒」がなくなっていることに気付きました。曲の娘から楊康に渡したことを聞き出すと、取り返すことにします。

郭靖と黄蓉が楊康のもとへ向かおうとすると、白ワシがコジンの危機を伝えます。コジン、トゥルイジェベたちは裘千仞の罠にかかって捕らわれていました。郭靖たちがやってきて救出します。

第35話

コジン、トゥルイ、ジェベは救出され、裘千仞は逃げ出しました。このとき、朱聡は裘千仞が持っていた鉄掌幇の手形を盗み出すと、郭靖に与えます。

コジンは郭靖との再会を喜びますが、郭靖は彼女との婚約の破棄を申し出ます。トゥルイは怒りますが、コジンは身を引くことにしました。ここで江南七怪の柯鎮悪が仁義の大切さを説くと、郭靖は思い直してコジンと結婚することにします。今度は黄薬師が怒りますが、黄蓉が身を引きます。

郭靖は黄蓉と別れることにしますが、蒙古へ行く前にやり残したことがあります。コジンとは1か月後に臨安で再会し、そのあと蒙古へ向かうことを約束すると、まずは洪七公と約束した丐幇の集会へ出席するため、岳州へ向かいます。

郭靖は、愛しているのは黄蓉ですが、約束だからコジンと結婚するといいます。コジンの前で言わなくてもいいのにと思いました。コジンもそれでいいのでしょうか。

岳州へやってきた郭靖と黄蓉は、曲三酒館で手に入れた書画について話し合っていました。曲霊風が皇宮から盗み出した宝物のひとつで、書かれた詩歌に「武穆遺書」の文字が記されているのです。しかし破損してしまったためよくわかりません。「鉄掌」の文字がわかるため、鉄掌幇が関係していると思われます。鉄掌幇の主は裘千丈です。彼と「武穆遺書」は何か関係があるのでしょうか。そこへ物乞いの魯有脚(ろ・ゆうきゃく)が現れ、郭靖は食事の席に招きます。そして丐幇には「浄衣派」と「汚衣派」という二つの派閥があることがわかりました。

黄蓉が不用意な会話で魯有脚を怒らせてしまい、彼が去ると、次に丐幇の長老のひとり彭(ほう)が現れました。郭靖と黄蓉は彼の術によって眠らされ、二人が目覚めると縄で縛られています。そこへ楊康が現れました。楊康は丐幇の幇主になるため、穆念慈とともに岳州へやってきたのですが、食堂で郭靖を見かけ、知り合った彭長老に捕らえさせたのです。

前(第26話-第30話)
次(第36話-第40話)

スポンサーリンク

関連記事

「射鵰英雄伝」あらすじ

第1話-第5話
第6話-第10話
第11話-第15話
第16話-第20話
第21話-第25話
第26話-第30話
第31話-第35話
第36話-第40話
第41話-第45話
第46話-第52話(最終話)

「射鵰英雄伝」の登場人物

「射鵰英雄伝」を見る

「射鵰英雄伝」はAmazonから配信されており、プライム会員は追加料金なしで視聴できます。

Amazonで「射鵰英雄伝」を見る

非業の死を遂げた父の世代の宿命を背負って過酷な運命を歩み始めた郭靖は、数多の冒険と試練と死闘を乗り越え、天下一の武術と義侠心を兼ね備えた"英雄"へと成長していく――。南宋、金、蒙古の三国が覇を競う激動の時代の中で紡がれる、恩讐と激闘に彩られた痛快無比の歴史大河ロマン!(Amazon紹介文)

「神雕侠侶」 あらすじ

第1話-第5話
第6話-第10話
第11話-第15話
第16話-第20話
第21話-第25話
第26話-第30話
第31話-第35話
第36話-第40話
第41話-第45話
第46話-第52話(最終話)

神雕侠侶の登場人物

「神雕侠侶」を見る

「神雕侠侶」はAmazonから配信されており、プライム会員は追加料金なしで視聴できます。

Amazonで「神雕侠侶」を見る

古墓派には、絶対に男と関わってはならないという掟があった。古墓で育った李莫愁は、外の世界に憧れて古墓を抜け出す。ある夜、偽の武功で民を騙す男たちを見かけた莫愁は、カラクリを暴き反感を買い争いになる。(Amazon紹介文)

おすすめドラマ

「射鵰英雄伝」や「神雕侠侶」に興味のある方には次のドラマもおすすめです。

ザ・ボーイズ

ヒーローたちは企業に雇われ、金と名誉のために脚色されたプロフィールとねつ造された事件で正義を演出します。彼らの不正を暴くために立ち上がった男たちを描くAmazonプライムオリジナルドラマです。

ザ・ボーイズ Amazon配信ドラマのあらすじ ネタバレ 登場人物を紹介
写真出典:IMDb 「ザ・ボーイズ(The Boys)」は同名のアメコミを原作としたドラマで、ヒーローたちが実……

ウィッチャー

ポーランドの作家アンドレイ・サプコフスキによるダークファンタジー小説を原作としたNetflixのオリジナルドラマです。Playstation4・Nintendo Switchから発売されているゲーム「ウィッチャー3」も人気があります。

ウィッチャー Netflixドラマのあらすじ ネタバレ シーズン1 第1話「終わりの始まり」
写真出典:IMDb Netflix(ネットフリックス)ドラマ「ウィッチャー」シーズン1の第1話を紹介します。 ……
スポンサーリンク
海外ドラマブログ