ウィッチャー シーズン2 第7話のあらすじとネタバレ

ウィッチャーウィッチャー シーズン2

Netflix(ネットフリックス)ドラマ「ウィッチャー」シーズン2の第7話を紹介します。

第2話で登場したマントの人物やイェネファーを惑わす魔女、シリラの夢に登場する魔女の正体が判明します。

前:第6話
次:第8話

スポンサーリンク

あらすじ

ゲラルトが投獄されていたヤスキエルを助け出し、イェネファーについて知っていることを聞き出すと、彼女が悪魔ヴォレス・メイアと手を組んでいることがわかります。

シリラとイェネファーはシントラへやってきます。このときフランチェスカの子どもが殺されました。エルフたちの希望が失われると、人々の苦痛や悲しみを力にするヴォレス・メイアは、力が満たされて復活します。

スポンサーリンク

第7話「ヴォレス・メイア」

・ゾラの家
メリテレ寺院からポータルを通って逃げ出したシリライェネファーは、ゾラの家へやってきました。かつてシリラを匿ってくれた人物です。しかし夫婦は焼死体となっていました。
シリラの行方を追う謎の魔術師リエンスの仕業に違いありません。ゲラルトは離れてしまいましたが無事でしょうか。
イェネファーは、ゲラルトがニルフガードに捕まった可能性が高いというと、シリラをシントラへ誘導します。

ゲラルトの安否を確かめるならまずはメリテレ寺院へ戻ったほうがいいような気もします。

・アレツザ
ティサイアが共同議長に就任し、実権を握っています。
ティサイアは、トリスから聞いたシリラのことをヴィルゲフォルツに明かします。

・オクセンフルト
ゲラルトは、シリラとイェネファーがどこへ行ったかわかりませんでした。イェネファーがヤスキエルに会ったと言っていたことを思い出すと、投獄されていたヤスキエルを助け出します。
ヤスキエルは再会を素直に喜べませんでしたが、イェネファーについて尋ねられると、呪文を唱えて消えたことを伝えます。
「不死なる母(ヴォレス・メイア)」と呼ばれる悪魔の呪文でした。
ヴォレス・メイアは、「天体の合」が起きたときから存在する魔女で、かつてウィッチャーが小屋に封印しました。彼女が目覚め、イェネファーと手を組んだようです。

ゲラルトは、イェネファーとシリラがいると考えられるシントラへ向かい、途中、ドワーフ族のヤーペン・ジグリンと再会。ゲラルトは馬を譲ってもらい、ヤーペンは冒険に同行します。

ゲラルトはイェネファーとシリラがなぜシントラへ行くと考えたのかよくわかりません。
ゲームでは、ゲラルトは、自分の馬には盗んだ馬でも購入した馬でもローチという名前を付けます。
・どこか
リエンスはリディアのもとに戻ってくると、報酬や進捗状況に関して依頼主との直接交渉を要求します。リディアは検討することにして、リエンスがケィア・モルヘンから盗み出したウィッチャー誘発剤を調べると、顔に火傷を負います。

・シントラ
そのころ、シントラは皇帝エムヒルの来訪を控え、ニルフガード兵たちは緊張していました。

エルフ族のフランチェスカフィラヴァンドレルは、子どもが生まれたため戦争からの撤退を決めます。ニルフガードとエルフとの同盟は破綻し、フリンギラの立場は危うくなりました。フリンギラは叔父アートリウスを頼り、魔法協会への復帰を考えます。しかし謝罪を要求されると、プライドが許しませんでした。フリンギラは、彼女のことを見下すニルフガードの将校たちを暗殺すると、カヒルを脅迫して味方に付けます。

イェネファーとシリラが一枚岩のところまでやってくると、ニルフガード兵に見つかりました。そこへゲラルトが駆けつけて2人を助けます。

ゲラルトかっこいい。

その後、ヤーペンにシリラを預け、ケィア・モルヘンまでの護送を頼むと、イェネファーに呪文を唱えさせてヴォレス・メイアの小屋へやってきました。
そのとき、フランチェスカの子どもが何者かに殺されます。絶望したフランチェスカが絶叫すると、力が満たされたヴォレス・メイアが復活します。

第2話でイェネファー、フリンギラ、フランチェスカの夢に現れたマントの人物は、ヴォレス・メイアが見せていた幻覚です。ヴォレス・メイアは、何百年も封印されていましたが、シリラの力に共鳴するようにして目覚めました。封印を解く力を蓄えるため、イェネファーたちを利用しました。

前:第6話
次:第8話

関連記事

シーズン1
-シーズン1の話の流れ
-第1話「終わりの始まり」
-第2話「4マルク」
-第3話「裏切りの月」
-第4話「宴、命、葬」
-第5話「内なる望み」
-第6話「神秘なる生物」
-第7話「崩壊の前に」
-第8話「運命を越えて」

シーズン2
-シーズン2全あらすじ
-第1話「ひとかけらの真実」
-第2話「ケィア・モルヘン」
-第3話「失われたもの」
-第4話「レダニアの策略」
-第5話「運命に背を向けて」
-第6話「親愛なる友へ」
-第7話「ヴォレス・メイア」
-第8話「家族」

ウィッチャーの登場人物

ウィッチャーの世界地図

ドラマを見る

ドラマ「ウィッチャー」は、Netflixで視聴できます。

Netflix公式サイト

原作を読む

「ウィッチャー」はポーランドの作家アンドレイ・サプコフスキによって描かれたファンタジー小説です。2022年1月現在、長編5編のほか、いくつかの短編が発表されています。
日本国内では、長編とドラマ版シーズン1のストーリーを含む短編が早川書房より刊行されています。

おすすめドラマ

Netflixドラマ「ウィッチャー」を楽しめる方には次のドラマもおすすめです。

ゲーム・オブ・スローンズ

ドラゴンや魔法が存在する架空の世界を舞台にしたファンタジー小説「氷と炎の歌」シリーズを原作としたHBOのテレビドラマです。多くの登場人物が入り乱れる群像劇で、世界中で放映されている人気作です。

ゲーム・オブ・スローンズ
HBOドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を紹介します。

ホイール・オブ・タイム

米作家ロバート・ジョーダンのファンタジー小説「The Wheel of Time」(邦題「時の車輪」)を原作としたAmazonプライムオリジナルドラマです。

ホイール・オブ・タイム シーズン1 第1話 Amazon配信ドラマのあらすじとネタバレ
写真出典:IMDb ドラマ「ホイール・オブ・タイム」は、米作家ロバート・ジョーダンのファンタジー小説「The ……

ザ・ボーイズ

ヒーローたちは企業に雇われ、金と名誉のために脚色されたプロフィールとねつ造された事件で正義を演出します。彼らの不正を暴くために立ち上がった男たちがいました。

ザ・ボーイズ シーズン1 Amazon配信ドラマのあらすじ ネタバレ 登場人物を紹介
写真出典:IMDb 「ザ・ボーイズ(The Boys)」は同名のアメコミを原作としたドラマで、ヒーローたちが実……

カーニバル・ロウ

人間と妖精たちが共存する架空の世界。産業革命期のイギリスを思わせるバーグ共和国の歓楽街「カーニバル・ロウ」では、妖精を狙った連続殺戮事件が発生し、オーランド・ブルーム演じる捜査官ファイロが事件を捜査します。

カーニバル・ロウ Amazon配信ドラマのあらすじ ネタバレ 登場人物を紹介
写真出典:IMDb オーランド・ブルームは「ロード・オブ・ザ・リング」に出てくるエルフのレゴラス役でブレイクし……

ヴァイキング 〜海の覇者たち

伝説的なヴァイキングの王ラグナル・ロズブロークの活躍を描いたドラマです。ゲーム・オブ・スローンズのような血なまぐさい戦闘シーンも見ものですが、史実にもとづいた中世北欧の生活や文化も興味深いです。

ヴァイキング 海の覇者たち シーズン1のあらすじとネタバレ 登場人物を紹介
イギリスはノルウェーやスウェーデンの西南、地図でいうと左下にあると思っていたのですが、実は想像以上に西、地図でいうと……
スポンサーリンク
海外ドラマブログ