ウィッチャー ドラマのあらすじ ネタバレ シーズン1 第8話「運命を越えて」

ウィッチャー シーズン1 ウィッチャー

Netflix(ネットフリックス)ドラマ「ウィッチャー」シーズン1第8話を紹介します。シーズン1最終回です。
シーズン2は2021年の配信予定と発表されていますが、早い時期に配信してくれるのではないかと期待しています。

スポンサーリンク

ウィッチャー シーズン1第8話 あらすじ

タイトル:運命を越えて(原題:Much More)
原案:短編集「Sword of Destiny」内「Something More」(2019年12月現在日本語版未刊)
配信日:2019年12月20日
放送時間:59分

ソドンの丘でニルフガードと魔術師たちが衝突。戦いはニルフガードが優勢に進みますが、イェネファーの魔法によって大きな打撃を与えます。

シントラを抜け出したゲラルトは、怪物との戦いで負傷したところを商人のユルガに助けられます。

シリラはゾラに助けられ、彼女の家に案内されます。

スポンサーリンク

ウィッチャー シーズン1第8話 ネタバレ

1263年
イェネファーティサイアヴィルゲフォルツたちは、侵攻してくるニルフガード軍を食い止めるため、ヤルーガ河を遡上。ソドンの丘陵地帯にある砦で防備を固めます。テメリアやケイドウィンといった北方諸国の連合軍と連携する計画ですが、ニルフガード軍の行軍は早く、連合軍は間に合いません。

夜。フリンギラが魔法で作り出した火炎球を撃ち込んできたことで「ソドンの丘の戦い」がはじまりました。イェネファーは防御壁を作りますが、攻撃を防ぎきることはできません。翌朝には味方の多くが逃亡し、残った魔術師は22名でした。
さらにニルフガードの攻撃は続きます。
ティサイアが魔術師を配備して防戦しますが、ニルフガードの兵力の前に魔術師たちは疲労していきます。ティサイアはフリンギラに直接会うと、説得を試みます。しかし逆に魔法を封じられてしまいました。援軍として到着するはずのスケリッジ船団もフリンギラによって沈められたことがわかります。

フリンギラが強すぎるのか、魔術師たちが甘いのか。

ヴィルゲフォルツはカヒルと対戦しますが魔力を使いすぎて疲労。敗れて谷へ蹴落とされ、意識を失います。その後目覚めると、北方諸国に味方する魔術師を攻撃します。

ヴィルゲフォルツが魔剣士といった感じで格好いいのですが、彼は裏切ったのでしょうか、または操られているのでしょうか。突然の背反行為に、何が起きたのかよくわかりませんでした。

そしてニルフガードの魔術師が砦の門まで迫ります。トリスの防衛もむなしく門は突破され、ニルフガードの魔術師が小箱を設置。そこから無数の寄生虫が飛び出すと、砦を守る魔術師たちの身体に寄生して彼らを操り、砦を破壊します。サブリナは爆風に飛ばされ、ヴァニーレコレットたちも倒れていきます。

いよいよ敗色濃厚となり、イェネファーはテレパシーでティサイアの指示を仰ごうと必死に呼びかけます。ティサイアが「混乱」を解き放つように応えると、イェネファーは禁断とされる炎の魔法を使って森ごとニルフガード軍を焼き払いました。
そこへ北方諸国の連合軍が到着しますが、イェネファーは姿を隠します。

一方シントラから脱出したゲラルトは、森の中で怪物の群に襲われている商人ユルガを救いますが、負傷して意識を失います。その後ユルガの荷馬車に乗せられてどこかへ運ばれ、途中朦朧としながら幻覚を見ていました。それは、ソドンの丘で戦うイェネファーの姿であり、自分を捨てた母ヴィセーニャの姿でした。ゲラルトは、うなされながらイェネファーと母を呼び続けます。

また、シリラは無意識のうちに「古の力」を発動し(シーズン1第7話)、少年たちを殺してしまいました。自分の力を恐れ、茫然自失としているところにゾラが現れます。ゾラはシリラを慰め、元気づけると自分の家へ案内しました。

ゾラがシリラを連れて自宅へ戻ると、夫ユルガもゲラルトを連れて帰ってきます。ゾラとユルガは夫婦だったのです。ゲラルトとシリラはついに出会いました。

二人は抱擁し、シリラはゲラルトに問いかけます。
「イェネファーって誰?」

前:シーズン1第7話

スポンサーリンク

関連情報

ここで紹介したエピソードのほかの配信回などは以下から参照できます。

ウィッチャー関連記事

以下ではドラマ「ウィッチャー」に登場する人物を紹介します。

ウィッチャーの登場人物

以下ではドラマ「ウィッチャー」の世界地図を紹介します。

ウィッチャーの世界地図

以下ではドラマ「ウィッチャー」のエピソードを年表形式にして時系列順に紹介します。

ウィッチャーの話の流れ

ウィッチャーを見る

ドラマ「ウィッチャー」は、Netflixで視聴できます。2019年12月現在、シーズン1が配信されています。

Netflix公式サイト

ウィッチャーの原作を読む

「ウィッチャー」はポーランドの作家アンドレイ・サプコフスキによって描かれたファンタジー小説です。2019年12月現在、長編5編のほか、いくつかの短編が発表されています。
日本国内では、長編が早川書房より刊行されています。

ウィッチャーのゲームをプレイする

ゲーム版のウィッチャーは1、2がPC版で発売され、3作目の「ウィッチャー3」がPlaystation4およびNintendo Switchで発売されています。ただしCEROレーティングはZ(18歳以上推奨)が指定されているので注意が必要です。

おすすめドラマ

Netflixドラマ「ウィッチャー」を楽しめる方には次のドラマもおすすめです。

ゲーム・オブ・スローンズ

ドラゴンや魔法が存在する架空の世界を舞台にしたファンタジー小説「氷と炎の歌」シリーズを原作としたHBOのテレビドラマです。多くの登場人物が入り乱れる群像劇で、世界中で放映されている人気作です。

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1 あらすじ ネタバレ 第1話 「冬来たる」 第1話を丁寧に解説
写真出典:HBO 海外ドラマを代表する作品のひとつ「ゲーム・オブ・スローンズ」 おもしろいという評判を聞いてご……

ザ・ボーイズ

ヒーローたちは企業に雇われ、金と名誉のために脚色されたプロフィールとねつ造された事件で正義を演出します。彼らの不正を暴くために立ち上がった男たちがいました。

ザ・ボーイズ Amazon配信ドラマのあらすじ ネタバレ 登場人物を紹介
写真出典:IMDb 「ザ・ボーイズ(The Boys)」は同名のアメコミを原作としたドラマで、ヒーローたちが実……

カーニバル・ロウ

人間と妖精たちが共存する架空の世界。産業革命期のイギリスを思わせるバーグ共和国の歓楽街「カーニバル・ロウ」では、妖精を狙った連続殺戮事件が発生し、オーランド・ブルーム演じる捜査官ファイロが事件を捜査します。

カーニバル・ロウ Amazon配信ドラマのあらすじ ネタバレ 登場人物を紹介
写真出典:IMDb オーランド・ブルームは「ロード・オブ・ザ・リング」に出てくるエルフのレゴラス役でブレイクし……

ヴァイキング 〜海の覇者たち

伝説的なヴァイキングの王ラグナル・ロズブロークの活躍を描いたドラマです。ゲーム・オブ・スローンズのような血なまぐさい戦闘シーンも見ものですが、史実にもとづいた中世北欧の生活や文化も興味深いです。

ヴァイキング 〜海の覇者たち〜 シーズン1 Amazon配信ドラマのあらすじ ネタバレ 登場人物を紹介
イギリスはノルウェーやスウェーデンの西南、地図でいうと左下にあると思っていたのですが、実は想像以上に西、地図でいうと……
スポンサーリンク
海外ドラマブログ