スポンサーリンク

ウエストワールド シーズン2 あらすじ 感想 第6話 位相空間 デロスは富士山も作れるんです!


写真出典:HBO

管理者権限を手に入れたメイヴは、命令コマンドを口にするだけでホストを操作できます。第5話では、言葉に発しなくても念じるだけで実行できるようになりました。

最強ではないでしょうか。

続けて第6話を見たいと思います。

ウエストワールド シーズン2 第6話 あらすじ


写真出典:HBO

アーノルドまたはバーナード

ドロレスに話しかけるアーノルド。ドラマで繰り返し登場したシーンです。

するとドロレスが、違うと言ってアーノルドの行動を停止させます。
アーノルドがドロレスの試験を行っているのではなく、ドロレスがバーナードの試験を行っているのです。

テディの変化

スウィートウォーターでは、ドロレスがデロス社の技術者にピーター・アバナシーの居場所を問い詰めています。技術者がわからないと応えると、テディが銃殺します。テディはプログラムを書き換えられたことで冷酷な性格に変わりました。期待以上の変化にドロレスも驚きます。

メサハブ

ドロレスが探しているピーターは、コンフェデラードスの要塞で捕まってメサハブへ連れてこられていました。シャーロットはピーターを確保したことを本社に連絡し、救援を依頼します。そしてピーターは逃げられないように手足にビスを打ち込んでベッドに固定されます。

やっぱり変だよショーグンワールド

ショーグンワールド。
将軍の陣では、メイヴがコマンドを使って武士たちを全滅させていました。アカネは、サクラの遺体を前にすると彼女の心臓を取り出し、大切そうに布に包みます。

メイヴたちが町へ戻ってくると、町は武士団に占拠されており、ヘクター、アーミスティス、ムサシは捕らわれていました。

メイヴが組頭のタナカと取引をします。メイヴは、仲間を解放し、逃がしてくれれば命は奪わないといいます。タナカは取引に応じますが、アカネは置いていけといいます。
メイヴがタナカの頭に働きかけます。タナカが異変を感じ、刀を抜こうとしたとき、ムサシが決闘を申し込みました。

果たし合いがはじまります。二刀流に構えたムサシがタナカの腕を切り落とすとタナカは負けを認めました。タナカは切腹し、ムサシが介錯します。

雪の泉

メイヴたちは町を後にすると、雪の泉と呼ばれる場所へやってきます。遠くには富士山を望むことができます。

ルッツとシルベスターが地下へのエレベーターを見つけました。

アカネは小さな祠にサクラの心臓を捧げると、火にかけて弔います。そしてアカネとムサシは残るといいます。

メイヴたちはアカネとムサシに別れを告げます。

バーナードとエルシー

バーナードとエルシーがメサハブに戻ってきます。彼らがコントロールルームでシステムの状況を確認すると、品質部の復旧作業を妨害しているのは「ゆりかご」であることがわかりました。

「ゆりかご」は、ホストのデータが保管されているくサーバーです。本来、データのバックアップを行うだけなのですが、プログラムを修復しようとすると、「ゆりかご」の中の何かが邪魔してくることがわかりました。

二人は、原因を確認するためサーバールームへやってきます。しかし端末からは「ゆりかご」にアクセスできないため、バーナードは直接アクセスするといいます。

バーナードは自らを専用の機械に固定しました。エルシーが端末を操作すると、バーナードの頭頂部はくり抜かれと、小さな球体「制御装置」が露出します。苦痛にうめくバーナード。制御装置が取り出されると動きは止まり、「ゆりかご」に収納されます。

エミリー

黒服ウィリアムは、娘のエミリーと再会しました。

「そこまでやるとはな。フォード」

ウィリアムは、エミリーの登場をフォード博士のシナリオだと考えています。

夜、ウィリアムとエミリーが話し合っています。二人の間にはさまざまなわだかまりがありました。

「わだかまりを残したまま終わりにされたくない」

エミリーは、死に場所を求める父親を連れ帰ろうとしています。

しかし翌朝エミリーが目覚めると、ウィリアムたちはどこかへ消えていました。

そして、先を進むウィリアムたちを亡霊の国の戦士たちが襲います。

メイヴの故郷

メイヴたちが地下から外に出てきます。メイヴには懐かしい光景が広がります。故郷へ戻ってきたのです。

家へ向かうと庭先に娘が座っていました。メイヴは娘に近づき、恐る恐る話しかけます。すると後ろから声をかけられます。挨拶してきたのは、新しい母親役のホストでした。

そこへ亡霊の国の戦士たちが現れます。メイヴも覚えているシナリオ通りの展開です。
助けに入るヘクター、アーミスティス、ハナヨ。

戦いが起こっている隙に、リーは手に入れた通信機で救援を要請しました。

列車爆弾

ドロレスたちは、列車でメサハブへ向かいます。そして先頭車両を切り離すとメサハブへ突っ込ませました。

メサハブでは、到着した救援スタッフによってコントロールルームの復旧作業が進められています。そこへ列車が突っ込んできます。

「ゆりかご」の世界

「ゆりかご」へアクセスしたバーナードは、列車に乗ってスウィートウォーターにやってきました。酒場兼娼館マリポサに入っていくと、ピアノを弾いている男性がいます。バーナードに話しかけてきます。

「やあ、友よ」

フォード博士でした。

スポンサーリンク

ウエストワールド シーズン2 第6話 感想


写真出典:HBO

冒頭のシーンでは、ドロレスとアーノルドが会話しています。開発中のドロレスにアーノルドが話しかけているのかと思ったら、逆でした。ドロレスが開発中のバーナードに話しかけていたのです。どうやらバーナードを作ったのはドロレスのようです。
ドロレスとアーノルド(またはバーナード)が対話している場面は今まで何度も登場してきましたが、それがアーノルドだったのかバーナードだったのか、もうわかりません。

ショーグンワールド
ムサシは残虐なキャラかと思っていましたが、武士道を重んじる善人キャラでした。

ウィリアムの娘エミリーは父親を連れ戻しに来たといいます。本当でしょうか。シャーロットに招待されたといっていたし、以前、地図を見て何かを探していたので隠した目的があるのだと思います。

ドロレスの作戦はよくわかいません。列車を突っ込ませる理由はなんなのでしょう。派手にやりたいだけのように思えます。

最後にフォード博士が登場しました。復旧作業を妨害するソースコードはフォード博士だったということでしょうか。肉体は失いましたが、「心」は「ゆりかご」の中で生きていたようです。

<< シーズン2 第05話

>> シーズン2 第07話

ウエストワールド関連情報

ウエストワールドは、Amazonプライムビデオから視聴できます。

シーズン1を見る

>> 字幕版を見る

>> 吹替版を見る

シーズン2を見る

>> 字幕版を見る

>> 吹替版を見る

当ブログでは、ウエストワールドの各エピソードや登場人物などの情報を紹介しています。以下にまとめていますのでご興味いただけたらご参照ください。

ウエストワールド ネタバレ 考察 これまでのまとめ

その他おすすめのドラマ

ウエストワールドを楽しめる方にはこちらのドラマもおすすめです。

ゲーム・オブ・スローンズ

ドラゴンや魔法が存在する架空の世界を舞台にしたファンタジー小説「氷と炎の歌」シリーズを原作としたHBOのテレビドラマです。多くの登場人物が入り乱れる群像劇で、世界中で放映されている人気作です。

ゲーム・オブ・スローンズ | 目次 当ブログのGOT関連記事まとめ

ROME

共和制から帝政へと移行していく古代ローマの混乱期を描いたドラマです。時代の流れに翻弄され、巻き込まれていく人物たちから目が離せません。登場するのはカエサルやアントニウス、オクタヴィアヌス、クレオパトラといった実在の人物ばかり。世界史に興味ある方におすすめです。

ROME[ローマ] あらすじ 感想 シーザーが皇帝じゃないことがずっと疑問だった

ヴァイキング 〜海の覇者たち

伝説的なヴァイキングの王ラグナル・ロズブロークの活躍を描いたドラマです。ゲーム・オブ・スローンズのような血なまぐさい戦闘シーンも見ものですが、史実にもとづいた中世北欧の生活や文化も興味深いです。

ヴァイキング 〜海の覇者たち〜 シーズン1 見てみた! ヒストリーチャンネルが制作した初の歴史ドラマです

エレクトリック・ドリームズ

「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」や「高い城の男」などの作品が有名なSF作家フィリップ・K・ディックの短編作品をもとに脚本家によって書かれた一話完結型のアンソロジードラマです。

エレクトリック・ドリームズ あらすじ 感想 この世界が仮想現実ではないといえるだろうか フィリップ・K・ディック SF短編集

ザ・ボーイズ

ヒーローたちは企業に雇われ、金と名誉のために脚色されたプロフィールとねつ造された事件で正義を演出します。彼らの不正を暴くために立ち上がった男たちがいました。

ザ・ボーイズ (The Boys) アメコミ原作のAmazonオリジナルドラマ あらすじ 感想 どこかで見たヒーローたちはクズばかり