スポンサーリンク

ウエストワールド シーズン1 あらすじ 感想 第4話 記憶の破片


写真出典:HBO

少しずつ異変が現れ始めたウエストワールド。ホストは姿の見えない人物と会話し、シナリオにない場所をさまよい、撃てるはずのない銃を撃つ。
そして「迷路」を探し求める黒服の男。

謎が深まるばかりのドラマ「ウエストワールド」ですが、シーズン1 第4話を見ていきます。

ウエストワールド シーズン1 第4話 あらすじ


写真出典:HBO

強盗を撃ち殺し、納屋を飛び出したドロレスは、賞金稼ぎのイベントに参加しているウィリアムとローガンに出会います。

一方、「迷路」へとつながる「蛇が卵を生む血の峡谷」を探していた黒服の男は、とある峡谷で全身に蛇の刺青をした女性アーミスティスに出会いました。

黒服の男はアーミスティスの仲間である無法者へクターを脱獄させると、その代償として、彼女の全身に描かれた蛇について聞き出します。

アーミスティスは、彼女が幼いときに町を襲った集団に復讐を続けているといいます。そして、その襲撃者たちに復讐すると彼らの血で自分の全身に蛇を描いていたのです。

黒服の男は、アーミスティスの復讐の最後の1人がワイアットという名前の男であることを聞き出します。ワイアットこそ迷路につながる、次のキーワードだと確信します。

娼館の女主人メイヴは、時折脳裏をよぎる人型の姿に悩まされていました。頭から足先まで全身を見慣れない衣服で覆い、顔の部分だけ黒いガラスをはめ込んだ男たちの姿です。

メイヴの脳裏に浮かぶ男たちは、ウエストワールドで起こったイベントの後、遺体の回収などを行うために防護服を着ている運営サイドの人間たちです。しかし回収されたあとは修復されて記憶をリセットされるホストには彼らのことがわかるはずもありません。

しかしメイヴの脳裏には覚えのない映像が次々に浮かびます。娼館が襲われ横たわる遺体。彼女の腹を切り裂き、何かを行っている男たち。見たこともない場所。ガラス張りの部屋に横たわるたくさんの遺体。妄想なのか現実なのか。メイヴの記憶が交錯します。

あるとき、牢獄を脱獄したへクターとアーミスティスのグループがスウィートウォーターの町を襲います。するとメイヴは娼館に入ってきたへクターを部屋に誘い、自分が撃たれたときの話、見慣れない服を着た男たちが自分の体に何かをした話を聞かせ、傷ひとつない自分の腹をへクターに切り裂かせました。そして新しくできた自分の傷口に手を入れると、何かをつかみ出します。それは、前回の修復で摘出されずに残っていた弾丸でした。

スポンサーリンク

ウエストワールド シーズン1 第4話 感想


写真出典:HBO

「この世界は物語だ。最後のページだけ読んでない」
黒服の男がかっこいいです。

ウエストワールドでは、毎日のように同じシナリオが繰り返されます。そのため、以前のエピソードで出てきた場面が繰り返し出てくることもあります。しかし同じシーンでも前日譚や別の人物の視点から語られるので、意外なところにつながるのがおもしろいです。

たとえばドロレスは1人のときでもテディと一緒のときでも、家に帰ると家が強盗に襲撃されています。へクターはいつも町を襲いますが、彼のシナリオは襲撃からはじまるのではなく、脱獄からはじまるようです。今回は黒服が脱獄を手伝っていましたが、ほかのパターンだとどうやって話が進むのか興味深いです。

フォード博士は大規模な工事を行っています。何をやってるのでしょう。前回だったか、建物が埋もれている場所が出てきたので、そこを掘り返しているのかもしれません。

<< シーズン1 第03話

>> シーズン1 第05話

ウエストワールド関連情報

ウエストワールドは、Amazonプライムビデオから視聴できます。

シーズン1を見る

>> 字幕版を見る

>> 吹替版を見る

シーズン2を見る

>> 字幕版を見る

>> 吹替版を見る

当ブログでは、ウエストワールドの各エピソードや登場人物などの情報を紹介しています。以下にまとめていますのでご興味いただけたらご参照ください。

ウエストワールド ネタバレ 考察 これまでのまとめ

その他おすすめのドラマ

ウエストワールドを楽しめる方にはこちらのドラマもおすすめです。

ゲーム・オブ・スローンズ

ドラゴンや魔法が存在する架空の世界を舞台にしたファンタジー小説「氷と炎の歌」シリーズを原作としたHBOのテレビドラマです。多くの登場人物が入り乱れる群像劇で、世界中で放映されている人気作です。

ゲーム・オブ・スローンズ | 目次

ROME

共和制から帝政へと移行していく古代ローマの混乱期を描いたドラマです。時代の流れに翻弄され、巻き込まれていく人物たちから目が離せません。登場するのはカエサルやアントニウス、オクタヴィアヌス、クレオパトラといった実在の人物ばかり。世界史に興味ある方におすすめです。

ROME[ローマ] あらすじ 感想 シーザーが皇帝じゃないことがずっと疑問だった

ヴァイキング 〜海の覇者たち

伝説的なヴァイキングの王ラグナル・ロズブロークの活躍を描いたドラマです。ゲーム・オブ・スローンズのような血なまぐさい戦闘シーンも見ものですが、史実にもとづいた中世北欧の生活や文化も興味深いです。

ヴァイキング 〜海の覇者たち〜 シーズン1 見てみた!