スポンサーリンク

ウエストワールド シーズン2 あらすじ 感想 第4話 スフィンクスの謎かけ


写真出典:HBO

第3話ラストでサムライらしきホストが登場しました。ウエストワールドには米西部時代以外の世界もあるようなので、サムライの登場でワクワクしてきました。

ウエストワールド シーズン2 第4話 あらすじ


写真出典:HBO

どこか

部屋にはレコードから音楽が流れています。デロス社の創立者ジェームズ・デロスがくつろいでいるところへ若きウィリアムが入ってきます。ウィリアムは差し入れのお酒を持参し、挨拶を交わします。
ここはどこなのか。なぜこんなことをするのかと問いかける社長にウィリアムが応えます。

「再現性を高めるためです」

エルシー

ウエストワールドの警備隊がコンフェデラードスの要塞を襲撃したとき、バーナードは逃走しようとしてクレメンタインにつかまりました。その後引きずられてきたのは洞窟の前。バーナードが洞窟に入ると、中には鎖につながれたエルシーがいました。

バーナードはエルシーを助けますが、エルシーはバーナードを危険視します。なぜなら彼女が監禁されている理由は、そもそもバーナードに襲われたからでした。

バーナードは自分がエルシーを襲ったことを忘れており、頭の怪我のため意識がもうろうとしています。バーナードがホストであることを知らされたエルシーは驚き、バーナードにいわれるまま彼を再起動します。

バーナードが再起動されると、ここに来たことがあることを思い出します。洞窟の奥の隠し扉を開けると地下へのエレベーターがあり、研究施設へ続いていました。先日、シャーロットとバーナードが逃げ込んだ施設です。しかし設備は破壊され、人間のスタッフや見たことのないホスト(ドローンホスト)の遺体が横たわっています。

バーナードはホストが暴動を起こしたことなどをエルシーに説明し、フォード博士に操られていたことを打ち明けます。エルシーは半信半疑ながら施設の道具を使ってバーナードを修復します。

バーナードは、ここで何かが作られていたことを思い出しますが、具体的に何を作っていたのかは思い出せません。エルシーは真相を確かめるため、奥の扉を開けます。

謎の女性

ベンガルトラに追われて逃げてきた女性は、亡霊の国の戦士たちに捕まっています。そこにはスタッブスの姿もありました。女性は、戦士たちの隙を見て逃げ出します。

ジェームズ

部屋ではジェームズがくつろいでいます。そこへウィリアムが入ってきます。

ここはどこなのか。どうして部屋に閉じ込めるようなことをするのか。ジェームズとウィリアムは冒頭と同じような会話を交わします。状況が理解できないジェームズに、ウィリアムは資料を見せます。そこにはジェームズの設定と台詞が書かれていました。

ウィリアムはすでに7年間、同じことを繰り返していると述べます。ジェームズは自分がすでに死んでおり、今の自分はホストであることに気づきます。するとジェームズの様子が次第に不安定になり、彼は設定にある台詞以外言葉にできなくなります。

ウィリアムが部屋から出ると、そこは研究施設の中に作られた実験用の部屋でした。ウィリアムはスタッフに、ジェームズと部屋の廃棄を命じます。

ウィリアムとローレンス

黒服のウィリアムとローレンスは、ローレンスの故郷ラムスダスへやってきます。そこは、コンフェデラードスの生き残りたちが占拠していました。ウィリアムは、彼らが目指す「栄光」へ連れていくことを条件に協力を持ちかけます。しかし、彼らの横暴ぶりを目にすると撃ち殺します。

ウィリアムとジェームズ

ジェームズ・デロスのもとに再びウィリアムが現れます。長い年月が経っており、ウィリアムも若くありません。149体目になる今回のジェームズも失敗です。

ウィリアムは言います。
「心」は数時間から数日は安定するが、その後崩壊する。当初は「心」が新しい体を拒否していると考えていた。しかしどうやら「心」が現実を拒否している。人はいつか死ぬものだと。
ウィリアムは自分のやっていることに疑問を感じていました。

ジェームズは、ウィリアムが自分のことを外に出すつもりがないと知ると暴れ出します。スタッフが処分するかどうか尋ねると、ウィリアムは放っておくように命じます。

バーナードとエルシーが見つけたもの

研究施設の奥の部屋へ進むバーナードとエルシー。そこにはジェームズ・デロスがいました。ジェームズは二人を見ると襲ってきます。二人はどうにか部屋を逃げ出し、ジェームズのプログラムを終了させました。

襲ってきたホストがジェームズ・デロスだと知ったエルシーは、かつてここに来たことがあるというバーナードに問いかけます。
「彼の体をプリントして心を制御装置にコピーしたの?」
「フォードがここへ連れてきたのは、別の人間の心を制御装置にコピーするためだった」

そしてバーナードは、自分がここの人間とドローンホストを殺したことを思い出します。

女性の正体

ウィリアムはローレンスの仲間たちを味方に付けると、西へ向かって旅立ちます。すると、馬に乗った女性と遭遇しました。ベンガルトラに追われていた女性です。ウィリアムは女性を見ると驚きます。女性も意外そうにウィリアムに呼びかけました。

「お父さん」

スポンサーリンク

ウエストワールド シーズン2 第4話 感想


写真出典:HBO

デロス社の計画は、死んだ人間をよみがえらせることのようです。よみがえらせるというよりは、肉体と精神を完全に再現するということでしょうか。しかし実験は成功していないようです。デロス社が外部へ持ち出そうとしているデータとはその辺の実験データなのでしょうか。
そして、デロス社を繰り返す一方、フォード博士はかなり完璧にアーノルドを復活させたということなのかもしれません。

バーナードがいうには、フォード博士は誰かの「心」をコピーしていたようです。誰のものなのでしょうか。やはり博士本人と考えるのが妥当かもしれません。
シーズン1の最終話でフォード博士は自殺しましたが、「心」はどこかに保存されているということだと思います。

エルシーは生きていました。フォード博士はどうしてエルシーを生かしておいたのでしょう。彼女も何か役割があるのかもしれません。

黒服はローレンスの妻を助けました。以前ほど冷酷ではなくなっているような気がします。らしくないと思えますが、それが今回のゲームと何か関係しているのかもしれません。
ベンガルトラに襲われていた女性はウィリアムの娘でした。

<< シーズン2 第03話

>> シーズン2 第05話

ウエストワールド関連情報

ウエストワールドは、Amazonプライムビデオから視聴できます。

シーズン1を見る

>> 字幕版を見る

>> 吹替版を見る

シーズン2を見る

>> 字幕版を見る

>> 吹替版を見る

当ブログでは、ウエストワールドの各エピソードや登場人物などの情報を紹介しています。以下にまとめていますのでご興味いただけたらご参照ください。

ウエストワールド ネタバレ 考察 これまでのまとめ

その他おすすめのドラマ

ウエストワールドを楽しめる方にはこちらのドラマもおすすめです。

ゲーム・オブ・スローンズ

ドラゴンや魔法が存在する架空の世界を舞台にしたファンタジー小説「氷と炎の歌」シリーズを原作としたHBOのテレビドラマです。多くの登場人物が入り乱れる群像劇で、世界中で放映されている人気作です。

ゲーム・オブ・スローンズ | 目次 当ブログのGOT関連記事まとめ

ROME

共和制から帝政へと移行していく古代ローマの混乱期を描いたドラマです。時代の流れに翻弄され、巻き込まれていく人物たちから目が離せません。登場するのはカエサルやアントニウス、オクタヴィアヌス、クレオパトラといった実在の人物ばかり。世界史に興味ある方におすすめです。

ROME[ローマ] あらすじ 感想 シーザーが皇帝じゃないことがずっと疑問だった

ヴァイキング 〜海の覇者たち

伝説的なヴァイキングの王ラグナル・ロズブロークの活躍を描いたドラマです。ゲーム・オブ・スローンズのような血なまぐさい戦闘シーンも見ものですが、史実にもとづいた中世北欧の生活や文化も興味深いです。

ヴァイキング 〜海の覇者たち〜 シーズン1 見てみた! ヒストリーチャンネルが制作した初の歴史ドラマです

エレクトリック・ドリームズ

「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」や「高い城の男」などの作品が有名なSF作家フィリップ・K・ディックの短編作品をもとに脚本家によって書かれた一話完結型のアンソロジードラマです。

エレクトリック・ドリームズ あらすじ 感想 この世界が仮想現実ではないといえるだろうか フィリップ・K・ディック SF短編集

ザ・ボーイズ

ヒーローたちは企業に雇われ、金と名誉のために脚色されたプロフィールとねつ造された事件で正義を演出します。彼らの不正を暴くために立ち上がった男たちがいました。

ザ・ボーイズ (The Boys) アメコミ原作のAmazonオリジナルドラマ あらすじ 感想 どこかで見たヒーローたちはクズばかり