ウエストワールド シーズン2 第2話 再会 あらすじ 感想




出典:HBO

ウエストワールド S2E2 あらすじ

800人の救援部隊がやってくることを知ったドロレスは、対抗するため、コンフェデラードスを味方に付ける。

ウエストワールド S2E2 ネタバレと感想

OPテーマがなくていきなりはじまった。いわゆるアバンタイトルというやつ。はじめてじゃないかな。
アーノルドがドロレスに高層ビル群の夜景を見せている。パークが開園される前、ホストたちは現実社会に連れてこられたことがあったらしい。

自分たちが守ろうとしているものが何なのか知っているのか

ドロレスが基地に侵入してくる。前回、アンジェラが見つけたと言っていたのはこの基地のことらしい。ここでドロレスは、テディに自分たちが作られた存在であることを説明する。
さらに、アンジェラがわざと逃したデロスの役員から800人の救援部隊がやってくることを聞き出すと、彼らと戦うためにコンフェデラードスを味方に付ける計画を練る。

おい、嘘だろ、信じらんないぜ

友人とお酒を飲んでいるローガンのもとへアルゴス社のアキチタという男が尋ねてくる。どうやらパークが開園する前の話っぽい。
アキチタが連れているのはアンジェラだ。アンジェラも初期からいたホストみたいだ。
デロス社に出資を願いたいアルゴス社が、デロス社の御曹司にホストをプレゼンするってことらしい。
人々が談笑するラウンジ? のような場所に案内されたローガン。そこにいるもの全員がホストであることを知って驚く。
そして、ピアノを弾いていたのはクレメンタインだった。彼女も初期からいたホストらしい。

「死んだ」という言葉の意味が変わったんだ

ローレンスを助け出す黒服。黒服の男の名前はウィリアムだけどややこしいので過去に出てくるウィリアムはウィリアム、現代に出てくるウィリアムは黒服としよう。
黒服はローレンスを気に入っているのか、自分のゲームを手伝わせるつもりらしい。ローレンスが、なぜ手伝う必要があるのか問いかける。
うん、僕も思った。
黒服によれば、ローレンスはそう作られているかららしい。
そう作られているんじゃ、仕方ないか。

「ウイスキー2杯、ボトルは出しておけ」
黒服がぐっと飲むウイスキーがいつもうまそう。

黒服は、修理キットというか、ハンダゴテみたいな器具で自分の傷を治していた。あの器具ってホストに使うのかと思っていたけど、人間の傷も治せるらしい。
ホストは人間と変わらないような組織をしているので、ホストを治せる器具は人間も治せるってことなんだろうか。

黒服がローレンスに語る。
現実世界では罪を犯すことはできない。だから何をやっても許されるウエストワールドの需要がある。ここで人々の行動を監視し、何かをやろうとしていたらしい。そして、ウエストワールドでは人間は危険な目に遭わないはずだった。ところがそうでなくなったから外の世界で裁判を起こし、ウエストワールドを消滅させるつもりらしい。

20年後にはここだけが重要な現実になります

ウエストワールドを視察に来ていたデロス社の社長に、ウィリアムが言った言葉。
「20年後にはここだけが重要な現実になります」
ドラマの中では、外の世界はまだ出てきていない。どんな世界になっているんだろう。

復讐はやつらに捧げる祈りと同じ

コンフェデラードスのもとへ向かうドロレスたちは、途中、メイヴに遭遇する。
ロバを引いていたのはリーっぽい。農夫の格好をしていて一瞬わからなかったよ!
人間への復讐にメイヴを誘うドロレス。
「復讐はやつらに捧げる祈りと同じ。私は跪かないわ」メイヴはそう応える。
「自由になれたからそう言える」自由を守るためには戦う必要があると説得するドロレス。
しかしメイヴは、戦い方は一つではないと言って去っていく。
メイヴがかっこいいなあ。

コンフェデラードスが集まる場所へやってきたドロレスたちは、ともに戦うように説得するが、外の世界を理解できないため話にならない。
「教えてあげましょう」
ドロレス怖いんですけどー(笑)
ドロレス、テディ、アンジェラは銃を乱射して彼らを倒すと、品質管理部のスタッフを使って復活させる。自分たちが機械であることを知った男たちはドロレスに味方する。

過去のシーン。
デロス社長の引退を記念するパーティー会場らしい。会場では、ピアノを演奏するドロレスの姿もある。
ウィリアムはすでにデロスの令嬢と結婚し、娘までいるようだ。
席を外したドロレスは、一人で会場の外れにいるローガンに会う。
ローガンはアルコールとドラッグに依存する姿になっていたが、パーティー会場で人間たちがうかれている様子をあざ笑うのだった。
ローガン、生きてた。

ウィリアムは、大規模な工事をしている土地をドロレスに見せている。

彼方の谷で会おう

パライアにやってきた黒服とローレンス。そこでエル・ラゾに会い、力を貸すように脅迫する。
しかしエル・ラゾが「お前のゲームだぞ、自力でプレイしろ」と言うと、周りにいた手下たちは一斉に銃を自らの頭に当てて自殺する。
エル・ラゾも「彼方の谷で会おうと」と言い残すと、自らの頭を撃ち抜いた。

コンフェデラードスを率いて峡谷(ここが「彼方の谷」なんだろうか)へやってきたドロレス。テディが言う。
「栄光、彼方の谷。呼び名はいろいろだが、同じ目的地を指している気がする」
「そこに何があるか、私は知っているの。古い友人が、昔見せてくれた。おろかにも、場所じゃないわ。武器よ。それでやつらを滅ぼす」

気になったこと

  • ドロレスの見せたいもの
    第1話の最後でドロレスがテディに見せたいものがあると言っていた。転送装置かと思っていたけど違っていた。テディの知らない「現実」だった。
  • アキチタ
    何人なんだろう。中国人? 日本人だとしたらどんな漢字を書くか気になる。秋知多だろうか。彼もホストだ。
  • アルゴス社
    デロス社に出資を求めてきた企業。ホストを開発したのかな。だとしたらフォードとアーノルドはもともとはアルゴス社の人間ということなのかも。
  • 30年の格差
    パーク開演前のシーンが何度も現れる。30年以上前だと思うけど、ホストはそのときすでにかなり完成しているように見える。というか、30年も経てば技術もかなり進むと思うけど、そんなに変わっていない気がするのは気のせいか。
  • 彼方の谷
    武器らしい。ウィリアムが工事していたやつだよな

教えてあげましょう
ドロレス・アバーナシー

関連情報

ウエストワールドのほかのエピソードを見る

前の話:第1話

出典:HBO 米国で2018年4月、日本では5月から放映されたウエストワールド シーズン2。シーズン1の放映が2016年の10月からだ...
次の話:第3話
出典:HBO ウエストワールド S2E3 あらすじ ホストと人間たちとの戦いは本格化を始め、メイヴたちは森の中で何者かに襲われる。 ...
当ブログ内のウエストワールド関連記事は以下にまとめています。よろしければご参考下さい。
出典:HBO HBOドラマ【ウエストワールド】の登場人物や各話あらすじなどをまとめています。 概要 西部劇の世界を模した巨大な...

その他のおすすめドラマ

「ウエストワールド」にご興味ある方には以下のドラマもおすすめです。

ゲーム・オブ・スローンズ

ドラゴンや魔法が存在する架空の世界を舞台にしたファンタジー小説「氷と炎の歌」シリーズを原作としたHBOのテレビドラマです。多くの登場人物が入り乱れる群像劇で、世界中で放映されている人気作です。

写真出典:HBO サイト内のゲーム・オブ・スローンズ関連の記事をまとめています。 ゲーム・オブ・スローンズの世界 地図や歴史、...

ROME

共和制から帝政へと移行していく古代ローマの混乱期を描いたドラマです。時代の流れに翻弄され、巻き込まれていく人物たちから目が離せません。ゲーム・オブ・スローンズの米HBOが制作しており、エロとバイオレンスは健在。

出典:HBO なんか昔から「カイザー」ってのが好きだったんですよね。というか漫画「リングにかけろ」に出てくる「カイザーナックル」が僕の...

ヴァイキング 〜海の覇者たち〜

伝説的なヴァイキングの王ラグナル・ロズブロークの活躍を描いたドラマです。ゲーム・オブ・スローンズのような血なまぐさい戦闘シーンも見ものですが、史実にもとづいた中世北欧の生活や文化も興味深いです。

イギリスはノルウェーやスウェーデンの西南、地図でいうと左下にあると思っていたのですが、実は想像以上に西、地図でいうと左だったことをこのド...