スポンサーリンク

ウエストワールド シーズン2 あらすじ 感想 第2話 再会


写真出典:HBO

謎だらけではじまったウエストワールド シーズン2。
今回はOPテーマがなくていきなりはじまりました。いわゆるアバンタイトルというものです。ウエストワールドでははじめてではないでしょうか。

第2話を見ていきます。

ウエストワールド シーズン2 第2話 あらすじ


写真出典:HBO

基地

ホストの暴動を知らないスタッフたちがホストの修復作業をしています。そこへデロス社の幹部が逃げ込んでくると、続けてドロレスたちが侵入。基地を制圧します。

ドロレスは、テディに修復されているホストの姿などを見せ、自分たちが作られた存在であることを説明します。そして800人の救援部隊がやってくることをスタッフから聞き出すと、彼らと戦うためにコンフェデラードスを味方に付ける計画を練ります。

ホストの披露式

ウエストワールドが開園する前、出資者を募るためにホストの披露式が行われます。デロス社の後継者であるローガンも参加しています。ローガンのもとへアキチタと名乗る男がアンジェラを連れて現れます。

アンジェラに案内されてパーティ会場へやってくるローガン。多くの招待客を目にし、自分もその中の一人に過ぎないと落胆すると、アンジェラが説明を続けます。そこにいるものはローガン以外全員、アンジェラさえもホストでした。

ウィリアムとローレンス

ウィリアムは、処刑されそうになっていたローレンスに遭遇します。ローレンスはまだシナリオどおりに行動していたのです。彼を助けて酒場に行くと、ウィリアムは酒場に隠してあった包みを取り出します。ローレンスがそれは何かを尋ねると、ズルだと応えます。フォードがルールを変更したからかまわないといいますが、ローレンスには意味がわかりません。そして、ここは人間にとって安全ではなくなったので、外に戻ったら焼け野原にするといいます。

天国は死んでから行くのではないかと問いかけるローレンスに、ウィリアムは西へ馬で三日と応えます。するとローレンスが、西はユニオン軍が集結しているといいます。先へ進むなら仲間を集めてユニオン軍を破るか、パライアを抜けるしかないと言います。

メイヴ

デロス社の救援部隊と戦うため、コンフェデラードスを味方に付けようと彼らの元へ向かうドロレスたちは、途中メイヴに遭遇します。ドロレスは、人間への復讐にメイヴも誘います。

「復讐はやつらに捧げる祈りと同じ。私は跪かないわ」メイヴがそう応えると、ドロレスは「自由になれたからそう言える」と返し、自由を守るためには戦う必要があると説得します。しかしメイヴは、戦い方は一つではないと言って去っていきます。

コンフェデラードス

コンフェデラードスが集まる場所へやってきたドロレスたちは、ともに戦うように説得しますが、外の世界を理解できないため話になりません。

「教えてあげましょう」

ドロレスがそういうと、ドロレス、テディ、アンジェラは銃を乱射して彼らを倒します。そして品質管理部のスタッフを使って復活させます。自分たちが機械であることを知った男たちはドロレスに味方することにします。

パーティ会場

デロス社長の引退を記念するパーティーが開かれています。会場には、ピアノを演奏するドロレスの姿もあります。ウィリアムはデロス社の令嬢と結婚し、娘も生まれています。

席を外したドロレスは、一人で会場の外れにいるローガンに会います。ローガンはアルコールとドラッグに依存する姿になっていましたが、パーティー会場で人間たちがうかれている様子をあざ笑います。

別のある日。ウィリアムは、大規模な工事をしている土地をドロレスに見せていました。

パライア

パライアにやってきたウィリアムとローレンスはエル・ラゾに会うと、力を貸すように脅迫します。しかしエル・ラゾが突然「お前のゲームだぞ、自力でプレイしろ」と言うと、周りにいた手下たちは一斉に銃で自らの頭を撃ち抜きました。エル・ラゾも「彼方の谷で会おうと」と言い残して自殺します。

フォード博士は、かんたんには勝たせてくれないようです。ウィリアムは別の道を探します。

彼方の谷

ドロレスたちは、コンフェデラードスを率いて峡谷へやってきます。テディが言う。
「栄光、彼方の谷。呼び名はいろいろだが、同じ目的地を指している気がする」
「そこに何があるか、私は知っているの。古い友人が、昔見せてくれた。おろかにも、場所じゃないわ。武器よ。それでやつらを滅ぼす」
ドロレスはそういいました。

スポンサーリンク

ウエストワールド シーズン2 第2話 感想


写真出典:HBO

第1話の最後でドロレスがテディに見せたいものがあると言っていました。転送装置かと思っていたのですが違っていたようです。テディの知らない「現実」でした。

アキチタというアジア系の人物が出てきました。ウエストワールドはどうやら中華圏にあるようなので、中国人なのかと思いますが、もし日本人だとしたらどんな漢字を書くのか気になりました。「秋知多」とでも書くのでしょうか。

そんなアキチタはアルゴス社と名乗っていました。フォードやアーノルドはもともとはアルゴス社の人間ということなのかもしれません。

今回はウエストワールドが開演する前のシーンが何度も現れます。30年以上前のようですが、ホストはそのときすでにかなり完成しているように見えます。30年も経てば技術もかなり進むと思いますが、開園前とそんなに変わっていない気がするのは気のせいでしょうか。

ドロレスが語っていた様子からすると、「彼方の谷」はどうやら巨大な武器のようです。若きウィリアムが工事していたものですよね、きっと。
そして黒服の男ウィリアムもどうやら「彼方の谷」を目指しているようです。ウィリアムはローレンスに対して、目的地にあるものはウィリアムが作ったもので、最大の過ちだと話しています。一体何を作ったのでしょう。

<< シーズン2 第01話

>> シーズン2 第03話

ウエストワールド関連情報

ウエストワールドは、Amazonプライムビデオから視聴できます。

シーズン1を見る

>> 字幕版を見る

>> 吹替版を見る

シーズン2を見る

>> 字幕版を見る

>> 吹替版を見る

当ブログでは、ウエストワールドの各エピソードや登場人物などの情報を紹介しています。以下にまとめていますのでご興味いただけたらご参照ください。

ウエストワールド シーズン1 シーズン2 あらすじ 登場人物 ネタバレ これまでのまとめ

その他おすすめのドラマ

ウエストワールドを楽しめる方にはこちらのドラマもおすすめです。

ゲーム・オブ・スローンズ

ドラゴンや魔法が存在する架空の世界を舞台にしたファンタジー小説「氷と炎の歌」シリーズを原作としたHBOのテレビドラマです。多くの登場人物が入り乱れる群像劇で、世界中で放映されている人気作です。

ゲーム・オブ・スローンズ | 目次 当ブログのGOT関連記事まとめ

ROME

共和制から帝政へと移行していく古代ローマの混乱期を描いたドラマです。時代の流れに翻弄され、巻き込まれていく人物たちから目が離せません。登場するのはカエサルやアントニウス、オクタヴィアヌス、クレオパトラといった実在の人物ばかり。世界史に興味ある方におすすめです。

ROME[ローマ] あらすじ 感想 シーザーが皇帝じゃないことがずっと疑問だった

ヴァイキング 〜海の覇者たち

伝説的なヴァイキングの王ラグナル・ロズブロークの活躍を描いたドラマです。ゲーム・オブ・スローンズのような血なまぐさい戦闘シーンも見ものですが、史実にもとづいた中世北欧の生活や文化も興味深いです。

ヴァイキング 〜海の覇者たち〜 シーズン1 見てみた! ヒストリーチャンネルが制作した初の歴史ドラマです

エレクトリック・ドリームズ

「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」や「高い城の男」などの作品が有名なSF作家フィリップ・K・ディックの短編作品をもとに脚本家によって書かれた一話完結型のアンソロジードラマです。

エレクトリック・ドリームズ Amazonオリジナルドラマ あらすじ 感想 この世界が仮想現実ではないといえるだろうか

ザ・ボーイズ

ヒーローたちは企業に雇われ、金と名誉のために脚色されたプロフィールとねつ造された事件で正義を演出します。彼らの不正を暴くために立ち上がった男たちがいました。

ザ・ボーイズ (The Boys) アメコミ原作のAmazonオリジナルドラマ あらすじ 感想 どこかで見たヒーローたちはクズばかり