スポンサーリンク

ウエストワールド シーズン1 あらすじ 感想 第8話 遠い夢 あの人がもう人間には見えません


写真出典:HBO

動画配信サービスで見ているので、前回の衝撃からそれほど間を置かずに続きを見ることができます。本放送で見ていた人は、1週間待ち遠しかったことでしょう。

ウエストワールド シーズン1 第8話を見ていきます。

ウエストワールド シーズン1 第8話 あらすじ


写真出典:HBO

バーナードは自分がホストであるという事実、そしてテレサを手にかけたことに動揺し、激高してフォード博士に襲いかかります。しかし博士の命令によって感情を抑制され、記憶をリセットされます。

ウィリアムとドロレスがたどり着いたのは、ドロレスの故郷でした。ドロレスがいつも描いていた風景は故郷の景色だったのです。

教会にやってきたドロレスに記憶がよみがえります。ウエストワールドがオープンする前の町並み、ダンスの練習をするホストたち。そして次々にホストを射殺するドロレス。最後にドロレスは自分のこめかみに銃口を突きつけます。引き金を引こうとしたとき、ウィリアムによって現実に引き戻されました。

ドロレスには、現実と記憶の境界があいまいになっていました。ウィリアムがドロレスを連れて町を離れようとすると、コンフェデラードスを率いて彼らを探していたローガンが現れます。

ワイアットを追う黒服の男とテディは、ワイアットのグループが襲撃したと思われる現場跡にやってきます。多数の惨殺死体が横たわる中、生き残った女性を発見します。そこへワイアットの手下が現れます。黒服の男とテディは彼を倒しますが、その戦いの中でテディは黒服の男のことを思い出しました。黒服の男はかつて自分を銃で撃った男であり、ドロレスを納屋へ連れこんだ男です。テディは黒服の男を殴り倒すと、縛り付けます。

黒服の男は、テディには自分を殺せないと言い、自分のことを語り出しました。
現実世界では事業に成功し、経済界で高く評価される善人であること。1年前に妻が自殺したこと。娘は母親の自殺の原因が自分の残虐な性格にあると考えていることでした。

残虐性を娘に指摘された黒服の男は、自分の本当の姿を知るためにウエストワールドへやってきたといいます。そしてメイヴ親子を殺害してみましたが何も感じなかったといいます。
このとき本来起きるはずのない不可解なことが起きました。人間を傷つけることができないはずのホストであるメイヴが反撃してきたのです。そして、殺された娘を抱えたメイヴが力尽きたとき、その場所に迷路が描かれていました。以来、迷路の答えを探しているといいます。

酒場であり娼館であるマリポサでは、今日も昨日と同じ一日が始まろうとしています。しかしクレメンタインと呼ばれた女性は別のホストです。昨日までクレメンタインを演じていたホストは廃棄処分になっていました。

メイヴは何回かメンテナンスを繰り返すうちに、ルッツに命じてプログラムを書き替えます。その結果、人間を傷つけることができ、管理者権限を使ってホストを操作できるようになります。そしてウエストワールドを抜け出すことを考えます。

今日もスウィートウォーターの街にはへクターの集団が現れ、街中に銃声が響きます。メイヴの脳裏には娘を殺されたときの記憶がよみがえり、動揺して近くにいたクレメンタインをナイフで切りつけてしまいます。そして自分の部屋に逃げ帰ります。

へクターのイベントが終了し、故障したホストの回収や破壊された街のメンテナンスのためにスタッフが現れたとき、メイヴは機能が停止したふりをします。

スポンサーリンク

ウエストワールド シーズン1 第8話 感想


写真出典:HBO

クレメンタイン役のホストが変わってしまいました。きれいな女性だったのですが、廃棄処分になったということなのでもう出てこないのでしょうか。だとしたら残念です。新しいクレメンタインもきれいな人なのですが。

黒服の男の探す迷路が結局なんなのか、まだよくわかりません。

エルシーはどうなったのか気になっていたのですが、彼女が通信用のコンピューターを見つけたとき、背後から襲った人物はバーナードでした。フォードに命じられて殺したみたいです。当然バーナードはその記憶が消されているわけで、フォード博士が恐ろしい。そして何をやろうとしているのかわかりません。

<< シーズン1 第07話

>> シーズン1 第09話

ウエストワールド関連情報

ウエストワールドは、Amazonプライムビデオから視聴できます。

シーズン1を見る

>> 字幕版を見る

>> 吹替版を見る

シーズン2を見る

>> 字幕版を見る

>> 吹替版を見る

当ブログでは、ウエストワールドの各エピソードや登場人物などの情報を紹介しています。以下にまとめていますのでご興味いただけたらご参照ください。

ウエストワールド ネタバレ 考察 これまでのまとめ

その他おすすめのドラマ

ウエストワールドを楽しめる方にはこちらのドラマもおすすめです。

ゲーム・オブ・スローンズ

ドラゴンや魔法が存在する架空の世界を舞台にしたファンタジー小説「氷と炎の歌」シリーズを原作としたHBOのテレビドラマです。多くの登場人物が入り乱れる群像劇で、世界中で放映されている人気作です。

ゲーム・オブ・スローンズ | 目次 当ブログのGOT関連記事まとめ

ROME

共和制から帝政へと移行していく古代ローマの混乱期を描いたドラマです。時代の流れに翻弄され、巻き込まれていく人物たちから目が離せません。登場するのはカエサルやアントニウス、オクタヴィアヌス、クレオパトラといった実在の人物ばかり。世界史に興味ある方におすすめです。

ROME[ローマ] あらすじ 感想 シーザーが皇帝じゃないことがずっと疑問だった

ヴァイキング 〜海の覇者たち

伝説的なヴァイキングの王ラグナル・ロズブロークの活躍を描いたドラマです。ゲーム・オブ・スローンズのような血なまぐさい戦闘シーンも見ものですが、史実にもとづいた中世北欧の生活や文化も興味深いです。

ヴァイキング 〜海の覇者たち〜 シーズン1 見てみた! ヒストリーチャンネルが制作した初の歴史ドラマです

エレクトリック・ドリームズ

「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」や「高い城の男」などの作品が有名なSF作家フィリップ・K・ディックの短編作品をもとに脚本家によって書かれた一話完結型のアンソロジードラマです。

エレクトリック・ドリームズ あらすじ 感想 この世界が仮想現実ではないといえるだろうか フィリップ・K・ディック SF短編集

ザ・ボーイズ

ヒーローたちは企業に雇われ、金と名誉のために脚色されたプロフィールとねつ造された事件で正義を演出します。彼らの不正を暴くために立ち上がった男たちがいました。

ザ・ボーイズ (The Boys) アメコミ原作のAmazonオリジナルドラマ あらすじ 感想 どこかで見たヒーローたちはクズばかり