ウエストワールド シーズン1 第8話 ああ、クレメンタイン




出典:HBO
動画配信サービスで見ているので、前回の衝撃からそれほど間を置かずに続きを見てしまう。本放送で見ていた人は、1週間待ち遠しかったんだろうな。

10秒でまとめる

ドロレスは自分の故郷にたどり着く。黒服の男は自分の素性についてテディに語る。

ネタバレ

テレサを手にかけたことを激しく後悔し、罪の意識にさいなまされるバーナード。動揺し、激高してフォードに襲いかかるが、フォードに感情を抑制され、記憶をリセットされる。

ウィリアムとドロレスがたどり着いたのは、ドロレスの故郷だった。そこでドロレスは、虐殺される人々と、銃口をこめかみに突きつける自分の姿を目にする。ウィリアムによって現実に引き戻されるが、見ていた光景と同じように銃を頭に突きつけていた。ドロレスには、現実と記憶の境界があいまいになってきていた。ウィリアムがドロレスを連れて町を去ろうとするが、コンフェデラードスを率いて彼らを探していたローガンに見つかる。

ワイアットを追う黒服とテディは、ワイアットのグループが襲撃したと思われる現場跡にやってきた。多数の惨殺死体が横たわる中、生き残った女性を発見する。そこへワイアットの仲間の1人が現れる。黒服とテディは打ち倒すが、その戦いの中でテディは黒服の男がかつて自分を銃殺し、ドロレスを納屋へ連れ込んだ男であることを思い出す。テディは黒服の男を殴り倒し縛り付ける。黒服の男は、テディには自分を殺せないと言い、自分のことを語り出した。
黒服の男は現実世界では経済界で高く評価される人物で善人として通っていたが、1年前に妻に自殺されていた。自殺の原因は男の邪悪な本性にあると娘に指摘され、自分の本当の姿を知るためにパークにやってきた。そこでメイヴ親子を殺害してみるが、何も感じなかった。しかし本来起きるはずのないことが起きた。人間を傷つけることのないはずのアンドロイドであるメイヴが反撃してきたのだ。そして、殺された娘を抱えたメイヴが力尽きたとき、迷路が現れたのだという。

酒場であり娼館であるマリポサでは、今日も昨日と同じ一日が始まろうとしていた。しかしクレメンタインの役は別のホストが勤めている。昨日までクレメンタインを演じていたホストは廃棄処分になったのだ。
メイヴはメンテナンス時にルッツに命じてプログラムを書き替え、人間を傷つけることができるようになった。さらに、管理者権限を得たことでホストを操れるようになっていた。そして、街中に響く銃声を聞いたとき、娘を殺された過去がよみがえる。動揺したメイヴは、クレメンタインをナイフで切りつけてしまう。そして、娘を殺されたあと回収され、メンテナンスルームで娘との記憶をリセットされようとしているシーンを思い出していた。
「いや、やめて、お願い。この苦痛だけがあの子とのきずな」
記憶が消去されようとするその瞬間、メイヴはナイフを自分の首に突き刺した。

感想

クレメンタイン役のホストが変わっってしまった。旧クレメンタインを演じていたホストはきれいな女性だったんだけど、廃棄処分になったみたいなのでもう出てこないんだろうか。残念だ。新しいクレメンタインもきれいなんだけど。

黒服の男の探す迷路が結局なんなのか、よくわからない。そして禿げていた。

エルシーはどうなったのか気になっていたんだけど、どうやらバーナードによって殺されていた。当然、フォードが命じたわけで、その記憶は消されている。フォードのマッド振りがすさまじい。

本日の一言

ここはどこ? 今はいつなの。あなたは本物?
ドロレス・アバーナシー


出典:HBO 10秒でまとめる ウエストワールドを経営するデロス社の上層部は、パークの設計に関わり、ホストを自由に操るフォード博士を排斥...
出典:HBO 10秒でまとめる メイヴから自分の正体を再び知らされたバーナードは、フォード博士を呼び出す。自分の過去に起きたことをすべて...
こちらに【まとめ記事】を作成したので、よろしければご参考下さい。
出典:HBO HBOドラマ【ウエストワールド】の登場人物や各話あらすじなどをまとめています。 概要 西部劇の世界を模した巨大な...