スポンサーリンク

ウエストワールド シーズン2 あらすじ 感想 第7話 エコルシェ


写真出典:HBO

バーナードがホストのデータが保管されているサーバーにアクセスすると、ロバート・フォード博士が現れました。博士の「心」は残されていました。

シーズン1では、第7話で大きな秘密が一つ明かされました。シーズン2ではどうなるでしょうか。

ウエストワールド シーズン2 第7話 あらすじ


写真出典:HBO

露見するバーナードの正体

バーナードが目を覚ますとスタッブスが現れます。

スタッブスは、ストランド率いる警護部隊は人間を助けるつもりはないらしいので一緒に逃げることを提案してきます。そこへ当のストランドが現れ、バーナードとスタッブスを森の一軒家に連れていきます。フォード博士の隠れ家です。

そこにはシャーロットが待っていました。ここでテレサのDNAを発見したといいます。テレサは別の場所で転落死した報告されていました。報告と違うため、事実確認のために連れてこられたのです。

そして、大量のバーナードの体が発見されます。シャーロットやストランド、スタッブスはバーナードがホストであることを知りました。シャーロットたちはメサハブに戻ると、バーナードを解析モードにして尋問します。

バーナードの記憶

「ゆるかご」にアクセスし、フォード博士と再会したバーナードはさまざまなことを思い出します。

フォード博士はドロレスに撃たれる前、バーナードを使って自分の心を制御装置にコピーし、バックアップシステム「ゆりかご」に移していました。

デロス社の計画は、ホスト(機械)から人間を作るのではなく、人間がホスト(機械)になって永遠の命を手に入れることでした。

フォード博士は、人間の心をコピーすることはできたといいます。しかし、「心」は「ゆりかご」の中でしか生きることができません。現実世界に持ってくると、数日で劣化します。ジェームズ・デロスのように。

そして、バーナードを作ったのはフォード博士とドロレスだったことが明らかになります。バーナードの再現テストを行うには、ドロレスの力が必要でした。ドロレスは、アーノルドの行動を正確に記憶しているためです。

エルシーは、1時間でバーナードを復帰させるように頼まれていました。そこでエルシーがバーナードの制御装置をバーナードの体に戻し、彼を再起動するとメサハブのシステムが正常に動き出します。

バーナードとエルシーはメサハブのシステム復旧を妨害する何かが「ゆりかご」に存在していると考え、「ゆりかご」にアクセスしました。バーナードが直接アクセスし、現実世界に戻ると原因が削除されたことになります。

そしてバーナードにはフォード博士の姿が見えるようになりました。バーナードは、フォード博士に操られるように全システムを停止させます。

黒服ウィリアムとメイヴ

亡霊の国の戦士に追われるウィリアムは、メイヴの農園にある小屋に逃げ込みます。しかしそこには、メイヴと娘がすでに隠れていました。

ウィリアムは、メイヴのことを無抵抗のホストだと見くびっていました。しかし銃で撃たれたため逃げ出します。するとメイヴは力を使ってローレンスの一党を操り、ウィリアムを追い詰めます。

ついにメイヴがウィリアムにとどめをさそうとしたとき、ローレンスが助けに現れました。メイヴは管理者権限を使ってローレンスを操作しようとしますが、ローレンスには効果がありません。覚醒したホストにコマンドは通じないのです。

そこでメイヴは、ウィリアムがこれまでローレンスにしてきたことを思い出させます。ウィリアムはかつて何回もローレンスの仲間や妻を苦しめてきました。

ローレンスがウィリアムを撃ちます。

そこへデロス社の警護部隊が車両で乗り込んできます。通信機を使ってリーが呼んだのです。

警護部隊によってローレンスとメイヴは撃たれ、ローレンスは死亡。メイヴも銃弾に倒れます。

リーは、メイヴを殺すつもりはありませんでした。瀕死の彼女を助けるため、車にで運び去ります。そして、メイヴの娘は亡霊の国の戦士にさらわれます。

ドロレス

メサハブでは、列車を突っ込ませたドロレスたちが乗り込んできます。警護部隊が迎え撃ちますが、ホストたちの前に全滅します。

ホストの襲撃を受けたシャーロットは、ピーターの頭脳に隠されているデータのバックアップを取ろうとしていました。しかしデータが膨大すぎて手間取っています。
そこへドロレスとテディが侵入してきます。
ピーターの頭脳に入っている「鍵」が彼を苦しめているから取り出す方法を教えろと迫ります。

ドロレスは見せしめにシャーロットの頭を切り開こうとしますが、そのときピーターが正気を取り戻します。ドロレスは手を止めると、ピーターへ走り寄りました。その隙にシャーロットとスタッブスは逃げ出します。

一方、サーバールームに侵入したアンジェラが「ゆりかご」を爆破。「ゆりかご」は破壊されます。

ピーターの制御装置

シャーロットやストラウドから尋問されているバーナードは、ピーターの制御装置が運ばれた場所を思い出し、「16番区域、ゾーン4」と応えます。

スポンサーリンク

ウエストワールド シーズン2 第7話 感想


写真出典:HBO

バーナードはアーノルドの「心」を持っているわけではないようです。あくまでもアーノルドを再現したロボットです。

制御装置を運ぶ方法は他になかったのでしょうか。
シーズン1で、シャーロットは何か大きなデータをワールドの外へ持ち出そうとしていました。ただしデータが大きすぎるため、空っぽの脳に入れて運ぶ計画でした。そこで廃棄処分になって倉庫に眠っていたピーターを使いました。
メサハブの上空にヘリか何か呼んで、ピーターを運ぶとかできなかったのでしょうか。いや、ホストは外に出ると爆発するという設定もあったように思えます。だとしたらピーターに入れた時点で外に持ち運べません。
データが頭の中にある球体「制御装置」に入っているのであれば、最初からそれだけ運ぶという方法は選べなかったのでしょうか。
シャーロットがどうしようとしていたのかよくわからないのです。

「彼方の谷」には結局何があるのでしょう。未だにわかりません。

「ゆりかご」はなくなってしまいました。フォード博士はどうなったのでしょう。
バーナードの再起動後、「ゆりかご」にあった「何か」がなくなってシステムが復旧しました。つまりフォード博士のデータが「ゆりかご」からなくなったということなのでしょう。
ではどこへ行ったのか。バーナードの頭の中に入ったと考えるのが妥当かと思います。それはそれで、バーナードの制御装置にはフォード博士のデータも入っていることになります。フォード博士のデータって結構小さいのでしょうか。

場面が次々に切り替わり、時間軸もよくわからなくなってきました。どこが「今」なのだろう。

「人間の心はデジタル世界における最後のアナログ装置」
ロバート・フォード

<< シーズン2 第06話

>> シーズン2 第08話

ウエストワールド関連情報

ウエストワールドは、Amazonプライムビデオから視聴できます。

シーズン1を見る

>> 字幕版を見る

>> 吹替版を見る

シーズン2を見る

>> 字幕版を見る

>> 吹替版を見る

当ブログでは、ウエストワールドの各エピソードや登場人物などの情報を紹介しています。以下にまとめていますのでご興味いただけたらご参照ください。

ウエストワールド ネタバレ 考察 これまでのまとめ

その他おすすめのドラマ

ウエストワールドを楽しめる方にはこちらのドラマもおすすめです。

ゲーム・オブ・スローンズ

ドラゴンや魔法が存在する架空の世界を舞台にしたファンタジー小説「氷と炎の歌」シリーズを原作としたHBOのテレビドラマです。多くの登場人物が入り乱れる群像劇で、世界中で放映されている人気作です。

ゲーム・オブ・スローンズ | 目次 当ブログのGOT関連記事まとめ

ROME

共和制から帝政へと移行していく古代ローマの混乱期を描いたドラマです。時代の流れに翻弄され、巻き込まれていく人物たちから目が離せません。登場するのはカエサルやアントニウス、オクタヴィアヌス、クレオパトラといった実在の人物ばかり。世界史に興味ある方におすすめです。

ROME[ローマ] あらすじ 感想 シーザーが皇帝じゃないことがずっと疑問だった

ヴァイキング 〜海の覇者たち

伝説的なヴァイキングの王ラグナル・ロズブロークの活躍を描いたドラマです。ゲーム・オブ・スローンズのような血なまぐさい戦闘シーンも見ものですが、史実にもとづいた中世北欧の生活や文化も興味深いです。

ヴァイキング 〜海の覇者たち〜 シーズン1 見てみた! ヒストリーチャンネルが制作した初の歴史ドラマです

エレクトリック・ドリームズ

「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」や「高い城の男」などの作品が有名なSF作家フィリップ・K・ディックの短編作品をもとに脚本家によって書かれた一話完結型のアンソロジードラマです。

エレクトリック・ドリームズ あらすじ 感想 この世界が仮想現実ではないといえるだろうか フィリップ・K・ディック SF短編集

ザ・ボーイズ

ヒーローたちは企業に雇われ、金と名誉のために脚色されたプロフィールとねつ造された事件で正義を演出します。彼らの不正を暴くために立ち上がった男たちがいました。

ザ・ボーイズ (The Boys) アメコミ原作のAmazonオリジナルドラマ あらすじ 感想 どこかで見たヒーローたちはクズばかり