スポンサーリンク

ウエストワールド シーズン2 あらすじ 感想 第8話 キオク こいつ重要キャラだったのか


写真出典:HBO

ドロレスは「彼方の谷」に武器があるといっていました。ウィリアムは彼が作ったものがあるといいます。バーナードは、ピーターはそこへ連れて行かれたといいます。

みんな谷を目指しています。谷には具体的に何があるのでしょう。

ウエストワールド シーズン2 第8話を見ていきます。

ウエストワールド シーズン2 第8話 あらすじ


写真出典:HBO

亡霊の国の戦士の過去

瀕死になっている黒服ウィリアムのもとに亡霊の国の戦士が現れると、メイヴの娘とともに彼の集落へ連れていきます。おびえるメイヴの娘に、その戦士は過去のことを話し出しました。

かつて男は、愛する妻とともに集落で平穏に暮らしていました。あるとき、偶然にもエスカランテの町を訪れます。そこで「迷路」のおもちゃを見つけた男は、心を奪われ、至る所に迷路の印を描くようになりました。

ウエストワールドがオープンすると、ワールドをより刺激的な世界にするために新たなシナリオが組み込まれした。その結果、男は人々を襲う野蛮で残虐な亡霊の国の戦士にされ、妻とも引き離されます。

放浪

男はある日、遠く離れた地で全裸の男を見つけます。彼は正気を失っているようで、出口を探してずっと叫んでいました。

男はある日、集落の一つを訪れました。そこでかつて妻だった女を見かけます。彼女が誰なのか、具体的には思い出せませんい。しかし今の人生以外の人生があったことを確信し、世界を疑い始めます。

全裸の男が何か知っているかもしれないと思い探しましたが見つかりません。しかし行き着いた谷で別のものを見つける。それは今まで見たことのないものでした。

男が谷で見たものはデロス社が行っていた工事現場なのですが、男には当然それがなんなのかわかりません。

男は、そこには別世界へ通じる扉があると考えました。男はかつて妻だった女と一緒に別世界へ行こうと考え、女をさらいます。女は最初おびえましたが、会話を交わすうちに、自分たちが夫婦だったことを思い出しました。男の名前はアキチタ。女の名前はコハナ。

二人は谷を目指しますが、アキチタが狩りに行っている間にコハナがデロス社のスタッフに連れていかれてしまいます。本来ホストがうろついているはずのない地域だったので、回収されたのです。

アキチタは集落に戻り、再びコハナを連れ去ろうとしましたが、そこにいたのは別の女でした。

アキチタとメイヴ

アキチタは長い間、コハナを探して世界中を旅しました。敵意あるものたちと何度も戦いました。あるとき、傷ついて瀕死のアキチタを救ったのがメイヴの娘でした。

その後もアキチタはあらゆる場所を探しましたがコハナは見つかりません。しかし死の向こう側は探していないと思いつき、わざと殺されます。

アキチタが目覚めると、見たことのない世界でした。修復の最中、スタッフが席を外した隙に抜け出すと、集落でも噂になっていた「下の世界」を目指します。

地下倉庫に辿り着いたアチキタは、ついにコハナを発見します。しかし動かないただの人形となっていました。

修復室に戻り、不在になっていたことに気づいていないスタッフによってワールドへ戻されたアキチタは、以前自分を助けてくれたメイヴの娘に世界の異常性を伝えようとします。そして、親子を守ろうと近くから見守っていました。しかし結局、黒服ウィリアムがメイヴ親子を襲い、彼女たちは離ればなれになってしまったのです。

アキチタとフォード博士

あるとき、アキチタはフォード博士に出会いました。

博士から迷路の印をどこで見つけたか聞かれると「死を運ぶものが創造主を殺したとき」と応えます。
そしてなぜほかの者に迷路の印を教えているのかと聞かれると「世界のどこかに新世界への扉が隠されているかもしれないから」と応えました。

博士は、「死を運ぶものが私の元へ戻ったら、君にもわかる。仲間を集め、新世界へと導くんだ」 そう告げると去っていきます。

そしてドロレスがフォード博士を殺しました。ときが来たのです。

アキチタは「死を運ぶもの」が自分たちを終わらせる前に扉を見つけなければならない、とメイヴの娘に話します。

そこへエミリーが現れます。そして、私なら彼をもっと苦しめられるといってウィリアムを連れ去ります。

メイヴ

銃弾を受けたメイヴは、リーによって修復室に連れてこられました。リーはスタッフに、メイヴには特別な力があることを教え、修理させようとします。するとメイヴの力のことを知ったシャーロットがやってきます。

システムが停止したため人間はコンピューターを使ってホストを管理できなくなりましたが、メイヴの力を使えばホストを操れると考えます。

メイヴはだまって横になっていましたが、実はホスト同士のネットワークを使ってアキチタと会話していました。

スポンサーリンク

ウエストワールド シーズン2 第8話 感想


写真出典:HBO

アキチタは、ワールドのオープン前、ローガンを案内していた男性ホストですね。重要キャラだとは思いませんでした。

エミリーがウィリアムの元にやってきましたが、どうやって居場所を突き止めたのでしょう。

第8話はずっとアキチタの話でした。ドロレスやバーナードがどうなっているのか気になります。

<< シーズン2 第07話

>> シーズン2 第09話

ウエストワールド関連情報

ウエストワールドは、Amazonプライムビデオから視聴できます。

シーズン1を見る

>> 字幕版を見る

>> 吹替版を見る

シーズン2を見る

>> 字幕版を見る

>> 吹替版を見る

当ブログでは、ウエストワールドの各エピソードや登場人物などの情報を紹介しています。以下にまとめていますのでご興味いただけたらご参照ください。

ウエストワールド ネタバレ 考察 これまでのまとめ

その他おすすめのドラマ

ウエストワールドを楽しめる方にはこちらのドラマもおすすめです。

ゲーム・オブ・スローンズ

ドラゴンや魔法が存在する架空の世界を舞台にしたファンタジー小説「氷と炎の歌」シリーズを原作としたHBOのテレビドラマです。多くの登場人物が入り乱れる群像劇で、世界中で放映されている人気作です。

ゲーム・オブ・スローンズ | 目次

ROME

共和制から帝政へと移行していく古代ローマの混乱期を描いたドラマです。時代の流れに翻弄され、巻き込まれていく人物たちから目が離せません。登場するのはカエサルやアントニウス、オクタヴィアヌス、クレオパトラといった実在の人物ばかり。世界史に興味ある方におすすめです。

ROME[ローマ] あらすじ 感想 シーザーが皇帝じゃないことがずっと疑問だった

ヴァイキング 〜海の覇者たち

伝説的なヴァイキングの王ラグナル・ロズブロークの活躍を描いたドラマです。ゲーム・オブ・スローンズのような血なまぐさい戦闘シーンも見ものですが、史実にもとづいた中世北欧の生活や文化も興味深いです。

ヴァイキング 〜海の覇者たち〜 シーズン1 見てみた!