ゲーム・オブ・スローンズ 歴史 ホワイトウォーカー 最初の人々 森の子ら って何?

ゲームオブスローンズGOT関連情報
スポンサーリンク

 にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ


「ゲーム・オブ・スローンズ」では、ジェイミー・ラニスターが王殺し(キングスレイヤー)と呼ばれていたり、デナーリスの父は狂王だった、トライデント河にはレイガーの甲冑に付いていたルビーが今も沈んでいるなど、過去のできごとを思わせる台詞や行動がしばしば登場します。いったい過去にどんなできごとがあったのか。知っているとドラマをより楽しめる、ウェスタロスの歴史についてまとめました。

スポンサーリンク

1万2000年前 最初の人々の移住

物語の舞台となる大陸ウェスタロスには森の子ら(The Children of the Forest)と呼ばれる小さな種族が住んでいました。彼らは自然の神を信仰し、ウィアウッドと呼ばれる赤と白の木を守ってきました。

そこへ東の大陸エッソスから最初の人々(First Men)と呼ばれる人間たちが上陸し、森の子らとの間で争いが起きます。彼らは長い争いの結果、和平を結びます。同じ神を信仰するようになり、森の子らは森林に住み、最初の人々は平野に住むことになりました。

スポンサーリンク

8000年前 壁の建設

北の果て「常冬の地」から異形(ホワイトウォーカー)と呼ばれる種族が現れ、ウェスタロスを襲います。森の子らと最初の人々は協力し、「夜明けの戦い」によってホワイトウォーカーを撃退しました。

その後、最初の人々のブランドン・スターク(建設王)が、森の子らの魔法と巨人の力を借りて巨大な氷の壁を築きました。壁はナイツウォッチ(冥夜の守人)と呼ばれる兵士によって守られます。ブランドンはウィンターフェルを築いて北の王を名乗るようになります。そして月日が流れ、いつしか森の子らは森林から姿を消し、ホワイトウォーカーのことも忘れられていきました。

スポンサーリンク

2000年前 六王国の誕生

東の大陸エッソスからアンダル人がウェスタロスに上陸します。アンダル人は鉄の武器を使い、馬に乗り、七神正教をもたらしました。彼らは最初の人々を北へ追い払い、六つの王国を築きました。

すなわち北の王国(the North)

島と川の王国(the Isles and the Rivers)

山と谷の王国(the Mountain and Vale)

岩の王国(the Rock)

嵐の王国(the Stormlands)

リーチ王国(河間平原/the Reach)です。

1000年前 七王国の成立

東の大陸エッソスにはヴァリリア帝国が栄え、その勢力拡大から押し出されてロイン人が上陸しました。ロイン人はウェスタロスの南端に七つ目の王国ドーンを築きます。

500年前 ターガリエン家の勃興

ヴァリリア帝国はドラゴンを従えた強力な軍事力でウェスタロスの東の地域まで勢力を拡大していました。ターガリエン家がウェスタロスの東端ドラゴンストーンを本拠地として活動をはじめます。

スポンサーリンク

400年前 ヴァリリア帝国の崩壊

「破滅」と呼ばれる災厄が起こり、ヴァリリア帝国が崩壊します。ドラゴンストーンを支配していたヴァリリア家系のターガリエン家だけが生き残りました。

300年前 ターガリエン家による征服

ターガリエン家のエイゴン征服王が、二人の姉妹妻と三頭のドラゴンを従えてウェスタロスへ侵攻します。七王国のうち六つを滅ぼし、残ったドーンも服従したため統一王国を築きます。このときに征服した王国の剣を溶かしてつくったのが鉄の玉座です。以降、ターガリエン家による支配が続きますが、度重なる権力争いと内乱によってドラゴンは絶滅します。

スポンサーリンク

16年前 ロバートの反乱

ロバート・バラシオンと婚約していたリアナ・スターク(エダードの妹)が狂王エイリスの息子レイガー・ターガリエンと失踪します。スターク家バラシオン家はリアナが誘拐されたとして抗議。しかし狂王エイリスはスターク家の当主リカード・スタークと嫡子ブランドン(エダードの兄)を王都に呼びつけ、審問にかけると処刑します。以降、スターク家の人々は南からの招集に応じることに強い疑念を抱くようになります。

狂王エイリスはさらに、里子としてアリン家に預けられていたエダード・スタークとロバート・バラシオンも殺すよう命令を下しました。アリン家の当主ジョン・アリンが命令を拒否したため、アリン家、スターク家、バラシオン家による反乱へと発展します。タリー家のキャトリンはブランドン・スタークと婚約していたため、タリー家も加勢します。

ロバート蜂起の報を受けた国王軍が鎮圧に向かいますが、ロバートが迎撃。反乱軍が勝利をおさめます。ロバート軍はそのまま北上し王都を目指しますが、タイレル家に仕えるランディル・ターリー(サムウェルの父親)に阻まれます。ロバートは北へ逃亡し、スターク家、アリン家と合流します。

ロバートが進軍していたころ、弟スタニスはバラシオン家の本拠地ストームズエンドを守っていました。しかし王国軍に包囲され兵糧攻めに苦しみます。このとき、密輸商人ダヴォスがタマネギの酢漬けなどを持ち込んだため、スタニス軍はエダード・スタークの援軍が到着するまで生き延びることができました。のちダヴォスはスタニスに仕えることになり、騎士に叙任されてタマネギの騎士と呼ばれるようになります。

王国軍は戦局を決定づけるため、王太子レイガー・ターガリエンを向かわせます。反乱軍と王国軍はトライデント河で激突。のちにトライデント河の戦いとよばれる決戦になります。数では王国軍が勝っていましたが、ロバートとレイガーの一騎打ちによりロバートが勝利。レイガーを失った王国軍は総崩れとなり大敗します。
このとき、勝敗が決してから参戦したフレイ家のウォルダー・フレイは遅参公と呼ばれるようになります。
バリスタン・セルミーは捕虜になり処刑されそうになりますが、武功を惜しまれてロバートの王の盾の総帥に任命されます。
トライデント河の底には、レイガーの甲冑から落ちたルビーが落ちていると伝えられています。

反乱の当初、ラニスター家は本拠地キャニスターロックから動かず、中立を守っていました。かつて当主タイウィン・ラニスターは王の手を務めていましたが、息子のジェイミー・ラニスターが狂王エイリスの命令によって王の盾に就かされるというできごとがありました。王の盾は生涯独身を誓う王の警護団なので、王の命令によって世継ぎを失ったと考えたタイウィンは、王に不信感を抱き、王の手を辞任してキャスタリーロックに戻っていたのです。

ロバートの同盟軍がトライデント河の戦いで勝利をおさめると、ラニスター家も反乱に参加して王都キングズランディングに侵攻します。敗色濃厚になった狂王エイリスは、王の盾だったジェイミーに王都キングズランディングを民衆ともども燃やすように命令します。ジェイミーは暴走した狂王から民衆を守るために狂王を刺し殺しますが、王殺し(キングスレイヤー)の裏切り者と呼ばれることになります。

また、ラニスター家の旗手グレガー・クレゲインは、王都でレイガー・ターガリエンの妻エリアと子どもたちを発見し惨殺します。エリアはマーテル家の出身だったため、マーテル家はラニスター家に深い恨みを抱くようになります。

一方、エダード・スタークは、誘拐されたリアナがドーンの喜びの塔にかくまわれていることを知り救出に向かいますが、すでにリアナは瀕死の状態で、そのまま死んでしまいます。

ロバートはターガリエン家の残党を殲滅するため、ターガリエン家の本拠地ドラゴンストーンへ弟のスタニスを向かわせます。ターガリエン家は壊滅しますが、狂王の次男ヴィセーリスと産まれたばかりの長女デナーリスは、忠実な家臣によりエッソスの自由都市へ逃亡することに成功します。なお狂王の王妃レイラは、デナーリスを産んだ際に死亡しています。

ロバートの反乱が終息すると、ロバート・バラシオンが新しい統一王になり、エダード・スタークは北部総督、ジョン・アリンは王の手になります。そしてラニスター家の支持を得るため、ロバートはタイウィンの娘サーセイと結婚します。ロバートの弟スタニスは、ドラゴンストーンを奪った功でその地を与えられますが、バラシオン家の本拠地であり裕福なストームズエンドは末弟レンリーに与えられたため、兄弟関係が揺らぐ原因となります。

ロバートの反乱 ゲーム・オブ・スローンズ リアナ・スタークとレイガー・ターガリエン 若かりしロバートはすごかった
写真出典:HBO ゲーム・オブ・スローンズの魅力の一つは濃厚な世界背景にあります。緻密に組まれたウェスタロスの……

スポンサーリンク

9年前 グレイジョイ家の反乱

鉄諸島を治めるグレイジョイ家の当主ベイロン・グレイジョイが塩の王を名乗り、ロバート王に反旗をひるがえします。しかし鎮圧され、ベイロンは二人の息子を失い、末の息子のシオン・グレイジョイがエダードの治めるウィンターフェルに人質として送られます。

そしてロバート王の王の手だったジョン・アリンが、謎の死を遂げたところから物語は始まります。

ゲーム・オブ・スローンズ 関連情報

当ブログでは、ゲーム・オブ・スローンズの登場人物や世界地図などの情報を紹介しています。以下にまとめていますのでご興味いただけたらご参照ください。

当ブログのゲーム・オブ・スローンズ関連記事まとめ

ゲーム・オブ・スローンズの世界地図
ゲーム・オブ・スローンズの登場人物
ゲーム・オブ・スローンズの登場人物の最後

シーズン1 あらすじ
シーズン2 あらすじ
シーズン3 あらすじ
シーズン4 あらすじ
シーズン5 あらすじ
シーズン6 あらすじ
シーズン7 あらすじ
シーズン8 あらすじ

スターク家
グレイジョイ家
タリー家
アリン家
ラニスター家
タイレル家
バラシオン家
マーテル家
ターガリエン家
ボルトン家
フレイ家
ナイツウォッチ
その他野人・ホワイトウォーカーなど

ハウス・オブ・ザ・ドラゴン 関連情報

当ブログでは、ゲーム・オブ・スローンズのスピンオフドラマ「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」の登場人物や各エピソードの情報を紹介しています。

登場人物

-シーズン1 あらすじ
-第1話「ドラゴンの後継者」
-第2話「王弟」
-第3話「名を継ぐ者」
-第4話「ナロー・シーの王」
-第5話「われらは道を照らす」
-第6話「王女と王妃」
-第7話「ドリフトマーク」
-第8話「潮の主」
-第9話「翠の評議会」
-第10話「黒装の女王」

その他おすすめのドラマ

ゲーム・オブ・スローンズを楽しめる方にはこちらのドラマもおすすめです。

ROME

共和制から帝政へと移行していく古代ローマの混乱期を描いたドラマです。時代の流れに翻弄され、巻き込まれていく人物たちから目が離せません。登場するのはカエサルやアントニウス、オクタヴィアヌス、クレオパトラといった実在の人物ばかり。世界史に興味ある方におすすめです。

ROMEあらすじ

ヴァイキング 〜海の覇者たち

伝説的なヴァイキングの王ラグナル・ロズブロークの活躍を描いたドラマです。ゲーム・オブ・スローンズのような血なまぐさい戦闘シーンも見ものですが、史実にもとづいた中世北欧の生活や文化も興味深いです。

ヴァイキング シーズン1あらすじ

ウエストワールド

ゲーム・オブ・スローンズの米HBO作品。アメリカ西部時代を模したテーマパークを舞台に、自分たちがロボットであることを知らされずに生活するアンドロイドたちと、自分たちの欲望を満たすためにやってくる人間たちを描いたSF作品です。

ウエストワールド シーズン1あらすじ

ウィッチャー

ポーランドの作家アンドレイ・サプコフスキによるダークファンタジー小説を原作としたNetflixのオリジナルドラマです。Playstation4/Nintendo Switchから発売されているゲーム「ウィッチャー3」も人気があります。

ウィッチャー シーズン1あらすじ
ウィッチャー シーズン2あらすじ

スポンサーリンク
海外ドラマブログ