ハウス・オブ・ザ・ドラゴン シーズン1 第4話のあらすじとネタバレ

ゲームオブスローンズHotDシーズン1ハウスオブザドラゴン
スポンサーリンク

HBOドラマ「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」シーズン1の第4話「狭い海(ナロー・シー)の王」のあらすじとネタバレを紹介します。

第3話から1年程度が経過。レイニラ王女は、結婚相手を決めるため、ウェスタロス各地を移動していたようですが、中断して王都へ戻ります。

前:第3話「名を継ぐ者」
次:第5話「われらは道を照らす」

スポンサーリンク

第4話あらすじ

王国では、レイニラ王女の結婚相手が大きな課題です。しかし求婚者たちは私欲しかありません。王女が辟易し、ストレスを溜める中、ステップストーンズ諸島で勝利を収めたデイモンがやってきます。王女はデイモンに誘われて密かに王宮を抜け出すと、夜の城下町を徘徊。デイモンは、結婚は職務ですが、欲望を満たすことは自由だといいます。

スポンサーリンク

第4話「狭い海(ナロー・シー)の王」

レイニラ王女は、ウェスタロスの名家を回って求婚者との謁見を続けていました。しかし、自家の繁栄しか考えない貴族たちがつくづく嫌になり、王都へ帰還します。

同じころ、ステップストーンズ諸島を制圧したデイモン・ターガリエンが王都に戻ってきました。

「ナロー・シーの王」と呼ばれるようになっていたデイモンですが、ヴィセーリス1世に臣下の誓いを立て、2人は和解します。しかしヴェラリオン家の姿はありませんでした。

レイニラ王女とデイモンが戻ってきた王宮には、久しぶりにターガリエン家が揃いました。
レイニラ王女はアリセント王妃と再会。2人の間にはわだかまりもありましたが、もともと親友同士です。自然と友情を取り戻します。
また、叔父であるデイモンとも再会しました。王女の母親エイマ王妃は後継者を残す道具としてしか見てもらえませんでした。王女が結婚に対する不安や恐怖を吐露すると、デイモンは、世界は悲劇に満ちていますが、恐れないように勇気づけます。

レイニラと再会したデイモンは、4年で大きくなったと述懐します。第1話から4年。エイゴン王子は3歳、レイニラ王女は18歳になっていると思われます。

夜。レイニラ王女は、デイモンに誘われて王宮を抜け出しました。夜の城下町を散策して自由を味わうと、デイモンは王女を娼館に案内します。結婚と欲望は別だと言われた王女は、感情に身を任せようとしますが、デイモンは思いとどまって去ってしまいます。彼らの様子を見ていた少年がデイモンのあとを追います。

1人残されたレイニラ王女は、王宮に戻ると王女の部屋を護衛していたクリストン・コールを誘惑。クリストンは一度は拒否しますが、王女の思いに応じます。

そのころ、寝ていたアリセント王妃は王に招かれ、相手をさせられます。

王の手オットー・ハイタワーのもとに、密偵「白うじ」の使いである少年が手紙を持ってきました。手紙には、レイニラ王女が娼館でデイモンと性的関係を持ったと記されていました。
オットーはすぐにヴィセーリス1世に報告しますが、王は報告を信じることができません。その様子を、寝室にいたアリセント王妃がうかがっていました。

早朝。泥酔したデイモンは、ミサリアに介護されています。意識が朦朧としているデイモンの横で、ミサリアは、少年が持ってきたオットーからの報酬を受け取りました。白うじと呼ばれる密偵はミサリアでした。

レイニラ王女と別れたデイモンが、どういう経緯でミサリアのもとにいるのかよくわかりません。泥酔しているところを助けられたといったところでしょうか。

アリセント王妃は、レイニラ王女を密かに呼び出すと、デイモンとの関係について追求しました。レイニラ王女は否定し、王妃は信じます。

ヴィセーリス1世はデイモンを呼び出し、真偽を確認します。デイモンは否定しません。ヴィセーリス1世は、デイモンを再び追放します。

レイニラ王女が起こした問題への対処に悩むヴィセーリス1世に、アリセント王妃は彼女を信じるように説得します。

ヴィセーリス1世は、レイニラ王女を呼びました。王女は否定しますが、事実かどうかは関係ありません。疑われる存在になったことが問題です。ヴィセーリス1世は、レーナー・ヴェラリオンとの結婚を命じました。ヴェラリオン家との関係も改善されるはずです。
レイニラ王女は、彼女を陥れ、血縁であるエイゴン王子を王に就けようとするオットーの策略だと言い返します。そして、結婚を受け入れる代わりに、オットーへの処断を求めました。

ヴィセーリス1世は、オットーを呼び出すと、王の手の証を取り上げて罷免します。

父上から…お茶?

レイニラ王女のもとにはメイスター・メロスが薬膳茶を運んできました。王からの差し入れであり、すべてがうまくいくといいます。
王は、王の手オットーと娘レイニラ王女のいずれも信じられなくなっていました。

メロスが運んできたお茶はめちゃくちゃ怪しいです。
レイニラ王女は、デイモンとは関係を結んでいませんが、クリストンとは関係を持ちました。妊娠する可能性もあります。どうなるんでしょう。

前:第3話「名を継ぐ者」
次:第5話「われらは道を照らす」

ゲーム・オブ・スローンズ 関連情報

当ブログでは、ゲーム・オブ・スローンズの登場人物や世界地図などの情報を紹介しています。以下にまとめていますのでご興味いただけたらご参照ください。

当ブログのゲーム・オブ・スローンズ関連記事まとめ
ゲーム・オブ・スローンズの世界地図
ゲーム・オブ・スローンズの登場人物
ゲーム・オブ・スローンズの登場人物の最後

シーズン1 あらすじ
シーズン2 あらすじ
シーズン3 あらすじ
シーズン4 あらすじ
シーズン5 あらすじ
シーズン6 あらすじ
シーズン7 あらすじ
シーズン8 あらすじ

ゲーム・オブ・スローンズを見る

2022年2月現在、ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」はAmazonプライムビデオで視聴できます。

Amazonで字幕版を見る
Amazonで吹替版を見る

ハウス・オブ・ザ・ドラゴン 関連情報

当ブログでは、ゲーム・オブ・スローンズのスピンオフドラマ「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」の登場人物や各エピソードの情報を紹介しています。

登場人物

-第1話「ドラゴンの後継者」
-第2話「王弟」
-第3話「名を継ぐ者」
-第4話「ナロー・シーの王」
-第5話「われらは道を照らす」
-第6話「王女と王妃」

その他おすすめのドラマ

ゲーム・オブ・スローンズを楽しめる方にはこちらのドラマもおすすめです。

ROME

共和制から帝政へと移行していく古代ローマの混乱期を描いたドラマです。時代の流れに翻弄され、巻き込まれていく人物たちから目が離せません。登場するのはカエサルやアントニウス、オクタヴィアヌス、クレオパトラといった実在の人物ばかり。世界史に興味ある方におすすめです。

ROMEあらすじ

ヴァイキング 〜海の覇者たち

伝説的なヴァイキングの王ラグナル・ロズブロークの活躍を描いたドラマです。ゲーム・オブ・スローンズのような血なまぐさい戦闘シーンも見ものですが、史実にもとづいた中世北欧の生活や文化も興味深いです。

ヴァイキング シーズン1あらすじ

ウエストワールド

ゲーム・オブ・スローンズの米HBO作品。アメリカ西部時代を模したテーマパークを舞台に、自分たちがロボットであることを知らされずに生活するアンドロイドたちと、自分たちの欲望を満たすためにやってくる人間たちを描いたSF作品です。

ウエストワールド シーズン1あらすじ

ウィッチャー

ポーランドの作家アンドレイ・サプコフスキによるダークファンタジー小説を原作としたNetflixのオリジナルドラマです。Playstation4/Nintendo Switchから発売されているゲーム「ウィッチャー3」も人気があります。

ウィッチャー シーズン1あらすじ
ウィッチャー シーズン2あらすじ