ゲーム・オブ・スローンズ | 登場人物を相関図でまとめてみた | フレイ家





写真出典:HBO

「ゲーム・オブ・スローンズ」にはたくさんの登場人物が登場します。人間関係がややこしいので勢力ごとに相関図を作ってみました。ただ、物語が進むにつれて彼らの関係も変わってきます。なので、基本的にはシーズン1または登場時点での関係をもとにしています。
ここでは、子どもや孫が合わせると100人以上いるというウォルダー・フレイのいるフレイ家を紹介します。

フレイ家

概要

古くからトライデント河に架かる橋の通行料により栄えるリバーランドの名門です。300年前のエイゴン王による征服以降はタリー家に仕えています。橋は、トライデント河の両岸に建つ同じ形の塔を結ぶようにして架けられており、フレイ家の居城である「ツインズ城(双子城)」の名前の由来になっています。キャトリン・スタークがいうには、フレイ家は600年間、橋の通行料を取らなかったことはないそうです。

標語

我らともに立つ

フレイ家の人物


写真出典:HBO

ウォルダー・フレイ

フレイ家の当主。90代の老人ですが、結婚を繰り返しているため、たくさんの子どもや孫がいます。虚栄心が強く、短気で狡猾な人物として警戒されています。「五王の戦い」では、トライデント河に架かるツインズ城が戦略的な要地となりました。キャトリン・スタークが協力を求めてきますが、ロブ・スタークと自分の娘の結婚させることで承諾します。しかしロブがタリサと結婚したため、スターク家に不幸を招くことになります。

ジョユーズ・フレイ

ウォルダー・フレイの8番目の妻。15歳でウォルダーと結婚しました。

ウォルダー・リヴァーズ

ウォルダー・フレイの息子の一人。ブラック・ウォルダーとも呼ばれます。リバーランドでは、私生児の姓は「リヴァーズ」になるためフレイ姓ではありません。

ローサー・フレイ

ウォルダー・フレイの息子の一人。

ウォルダ・ボルトン

ルース・ボルトンの妻。ウォルダー・フレイの孫娘。ルース・ボルトンはフレイ家との関係を強化するためフレイ家の女性と結婚します。ウォルダー・フレイから選んだ娘と同じ体重分の祝い金を用意すると言われたため、もっとも体重のあるウォルダが選ばれました。

ルース・ボルトン

ドレッドフォート公。ラムジー・スノウの父親。「五王の戦い」が起こるとロブ・スタークの招集に応じます。しかしグレイジョイ家が参戦して北部が混乱すると、ラニスター家、フレイ家と共謀してスターク家を裏切ります。

ロズリン・タリー

ウォルダー・フレイの娘。エドミュア・タリーの妻。

エドミュア・タリー

ホスター・タリーの第三子にして唯一の息子。キャトリンライサの弟。「五王の戦い」では、病床の父に代わりリバーランド軍を指揮します。このとき、フレイ家との関係を強くするため、ロズリン・フレイと結婚します。

その他の勢力

アイコンをクリックすると各ページへアクセスできます。

スターク家

グレイジョイ家

タリー家

アリン家

ラニスター家

タイレル家

バラシオン家

マーテル家

ターガリエン家

ボルトン家

ナイツウォッチ

野人・その他

ゲームオブスローンズの地理やアイウエオ順の登場人物については以下で紹介しています。

写真出典:HBO 「ゲーム・オブ・スローンズ」では、登場人物たちがあっちへ行ったりこっちへ行ったり、地名もたくさん出てきますが、それが...
出典:HBO 「ゲーム・オブ・スローンズ」の主要な登場人物をかんたんにまとめました。ドラマを見ながら、こいつ誰だっけと思ったときにパパ...
出典:HBO 「ゲーム・オブ・スローンズ」という名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。なんとか賞を総なめだとか、制作...

ゲームオブスローンズはAmazonプライムビデオで視聴できます。以下をクリックすると、AmazonプライムビデオのWebサイトが表示されます。
ゲームオブスローンズ(字幕版)

ゲームオブスローンズ(吹替版)