ハウス・オブ・ザ・ドラゴン シーズン1 第3話のあらすじとネタバレ

ゲームオブスローンズHotDシーズン1ハウスオブザドラゴン
スポンサーリンク

HBOドラマ「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」シーズン1の第3話「名を継ぐ者」のあらすじとネタバレを紹介します。

王位継承者を残さないまま王妃が亡くなったウェスタロス七王国。国王ヴィセーリス1世は、残された一人娘レイニラ王女を後継者に指名しました。継承権問題は解決するかと思われましたが、王弟デイモンは自らの正当性を主張。離島に勢力を集めます。貴族たちも前例のない女王誕生の可能性を支持しません。国王は、家臣たちに再婚を勧められ、王の手オットー・ハイタワーの娘アリセントを新たな王妃に迎えました。

前:第2話「王弟」
次:第4話「ナロー・シーの王」

スポンサーリンク

第3話あらすじ

国王ヴィセーリス1世の新たな妃となったアリセントは、王子を出産。命名日(誕生日)を祝う狩猟会が開かれます。祝宴ムードの中、王子の誕生は、レイニラ王女の継承権を危ういものにしつつありました。

トライアーキーと交戦状態にあったデイモンとヴェラリオン家は、窮地に追い込まれます。

スポンサーリンク

第3話「名を継ぐ者」

ステップストーンズ諸島は自由都市が結成した軍事組織トライアーキーに占拠され、彼ら自身が海賊と化しました。海洋交易の安定を望むコラリーズ・ヴェラリオンは、潤沢な資金と強大な海軍を背景に王弟デイモン・ターガリエンと取引。穏健派の国王の意思に反して彼らに戦争をけしかけましたが、劣勢です。

王都では、国王ヴィセーリス1世アリセント・ハイタワーを王妃に迎え、2人の間には待望の男児が誕生。エイゴンと名付けられた王子は、2度目の命名日を迎えます。さらに、アリセントは2人目を身ごもっていました。

キリスト教圏では、誕生日のほかに、命名日と呼ばれる祝日があります。誕生日よりも重視されることもあります。ウェスタロスはキリスト教ではありませんが、同様の習慣があるようです。

王の森でエイゴン王子の命名日を祝う狩猟会が開かれることになると、各地の貴族が集まります。17歳になったレイニラ王女の姿もありますが、親友だと思っていたアリセントと父親である国王への不信感を募らせたまま年月が過ぎました。

狩猟会に乗り気になれないレイニラ王女の前にジェイスン・ラニスターが現れます。ラニスター家は、ウェスタロスでも有数の名家です。父王が自分とラニスター家との結婚を考えていると気づき、レイニラ王女の不満は爆発。野営地を飛び出し、王の盾の1人クリストン・コールがあとを追います。

ヴィセーリス1世は、王国の安定のためにはレイニラ王女の結婚が必要だと考えていました。幸せな家庭を築くことが彼女のためだとも思っていました。しかし王女の気持ちを考えていなかったことに心を痛めます。
王の手オットー・ハイタワーは、2歳のエイゴン王子とレイニラ王女の婚姻を勧めます。近親相姦はターガリエン家では珍しくありません。しかし国王には考えられないことでした。
一方、法相ライオネル・ストロングは、ヴェラリオン家のレーナー・ヴァレリオンを王女の結婚相手として推挙します。ヴェラリオン家ならば家名も財力も軍事力もあります。国王がレーナ・ヴェラリオンとの婚姻を拒んだためにこじれた関係も修復できるでしょう。国王は悩みます。

王の象徴とされる白の牡鹿が目撃されました。吉兆とばかりに国王たちが向かいますが、捕まったのは普通の牡鹿でした。

夜が明け、森で一夜を過ごしたレイニラ王女の前に白い牡鹿が現れました。クリストンが仕留めようとすると、レイニラは制止し、夜中に捕らえたイノシシを野営地に持ち帰ります。

国王たちは王城に戻ってきます。

オットー・ハイタワーは、王妃となったアリセントに、エイゴン王子の王位継承権を主張すると、国王を説得するように諭します。

王のもとには、ヴェイモンド・ヴェラリオンからの手紙が届いていました。王弟デイモンとヴェラリオン家の窮地を伝え、援軍を要請する内容です。国王は、援軍の要請に応じるつもりはありませんでした。しかしアリセント王妃は、王土を守る必要があると説得します。

その後、レイニラ王女と話した国王は、謝罪すると、結婚相手を自由に選ぶことを認めます。そして、故エイマ王妃の名にかけて、レイニラ王女の継承権を奪うようなことはしないと誓いました。

トライアーキーとの戦いでドワーフストーン島に追い込まれていたデイモンとヴェラリオン家のもとには、国王からの使者が現れます。国王は援軍を約束してきました。しかしデイモンは使者を激しく叩いて拒否。屈辱を感じたデイモンは、単身、トライアーキーの拠点に乗り込みます。白旗を掲げて降伏と見せかけ、敵の首領ドラハールをおびき出す作戦です。しかしドラハールは罠を警戒し、現れません。作戦は失敗です。デイモンは敵に囲まれました。絶体絶命の危機に陥ったとき、ドラゴン・シースモークに騎乗したレーナー・ヴェラリオンが現れます。コラリーズに率いられたヴェラリオン軍も現れ、彼らの決死の攻撃の前にトライアーキーは壊滅。デイモンは、首領ドラハールを倒しました。

前:第2話「王弟」
次:第4話「ナロー・シーの王」

ゲーム・オブ・スローンズ 関連情報

当ブログでは、ゲーム・オブ・スローンズの登場人物や世界地図などの情報を紹介しています。以下にまとめていますのでご興味いただけたらご参照ください。

当ブログのゲーム・オブ・スローンズ関連記事まとめ
ゲーム・オブ・スローンズの世界地図
ゲーム・オブ・スローンズの登場人物
ゲーム・オブ・スローンズの登場人物の最後

シーズン1 あらすじ
シーズン2 あらすじ
シーズン3 あらすじ
シーズン4 あらすじ
シーズン5 あらすじ
シーズン6 あらすじ
シーズン7 あらすじ
シーズン8 あらすじ

ゲーム・オブ・スローンズを見る

2022年2月現在、ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」はAmazonプライムビデオで視聴できます。

Amazonで字幕版を見る
Amazonで吹替版を見る

ハウス・オブ・ザ・ドラゴン 関連情報

当ブログでは、ゲーム・オブ・スローンズのスピンオフドラマ「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」の登場人物や各エピソードの情報を紹介しています。

登場人物

-第1話「ドラゴンの後継者」
-第2話「王弟」
-第3話「名を継ぐ者」
-第4話「ナロー・シーの王」
-第5話「われらは道を照らす」
-第6話「王女と王妃」

その他おすすめのドラマ

ゲーム・オブ・スローンズを楽しめる方にはこちらのドラマもおすすめです。

ROME

共和制から帝政へと移行していく古代ローマの混乱期を描いたドラマです。時代の流れに翻弄され、巻き込まれていく人物たちから目が離せません。登場するのはカエサルやアントニウス、オクタヴィアヌス、クレオパトラといった実在の人物ばかり。世界史に興味ある方におすすめです。

ROMEあらすじ

ヴァイキング 〜海の覇者たち

伝説的なヴァイキングの王ラグナル・ロズブロークの活躍を描いたドラマです。ゲーム・オブ・スローンズのような血なまぐさい戦闘シーンも見ものですが、史実にもとづいた中世北欧の生活や文化も興味深いです。

ヴァイキング シーズン1あらすじ

ウエストワールド

ゲーム・オブ・スローンズの米HBO作品。アメリカ西部時代を模したテーマパークを舞台に、自分たちがロボットであることを知らされずに生活するアンドロイドたちと、自分たちの欲望を満たすためにやってくる人間たちを描いたSF作品です。

ウエストワールド シーズン1あらすじ

ウィッチャー

ポーランドの作家アンドレイ・サプコフスキによるダークファンタジー小説を原作としたNetflixのオリジナルドラマです。Playstation4/Nintendo Switchから発売されているゲーム「ウィッチャー3」も人気があります。

ウィッチャー シーズン1あらすじ
ウィッチャー シーズン2あらすじ