ハウス・オブ・ザ・ドラゴン シーズン1 第6話のあらすじとネタバレ

ゲームオブスローンズHotDシーズン1ハウスオブザドラゴン
スポンサーリンク

レイニラ王女の婚儀から10年。レイニラ王女やアリセント王妃、レーナー・ヴェラリオンは大人に成長し、キャストが変わります。また、いっきに子ども世代が増え、人間関係がややこしくなってきました。どこかで情報を整理したい。そんなことを思いつつ、HBOドラマ「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」シーズン1の第6話「王女と王妃」のあらすじとネタバレを紹介します。

前:第5話「われらは道を照らす」
次:第7話「ドリフトマーク」

スポンサーリンク

第6話あらすじ

婚儀から10年。レイニラ王女は3人の子どもを授かりますが、アリセント王妃は王女の子どもたちの父親について疑問を抱いていました。父親はレーナー・ヴェラリオンではなくハーウィン・ストロングだという噂がある中、ハーウィンが事件を起こします。

デイモン・ターガリエンはレーナ・ヴェラリオンと結婚し、エッソスを放浪していました。自由都市ペントスにやってくると、領地と資金を用意する代わりに、軍として協力するという取り引きを持ちかけられます。

スポンサーリンク

第6話「王女と王妃」

レイニラ・ターガリエン王女とレーナー・ヴェラリオンの婚儀から10年が過ぎました。レイニラ王女は3人目の王子を生みますが、子どもたちはレーナーに似ていません。

国王ヴィセーリス1世は第1話からずっと体調が優れません。前回、ついに血を吐いて倒れたのですが、まだ生きています。

アリセント王妃は、実の息子エイゴン王子の将来が心配です。彼は王族としての品位に欠け、暴力的な性格でした。また、王位継承に絡む危機感を持っていません。

この日、王子たちは剣の訓練に勤しみます。指南役はクリストン卿です。レイニラ王女の長男ジェジャセアリーズ(ジェイス)と、アリセント王妃の長男エイゴンが対決することになりました。最年長で体の大きなエイゴンがジャセアリーズを圧倒しようとしたとき、ハーウィン・ストロングがかばってやめさせます。
ジャセアリーズをはじめ、レイニラ王女の3人の子どもたちは、王女とハーウィンとの子どもだという噂があります。クリストンがハーウィンを中傷すると、ハーウィンはクリストンを殴り倒しました。事実を認めたようなものです。

小評議会では、リバーランで起きている領地の境界問題や、ステップストーンズ諸島で復活したトライアーキーがドーン公国と手を組んだことが問題となります。しかしレイニラ王女とアリセント王妃の意見は噛み合いません。レイニラは話題を変え、ジェイスとアリセント王妃の娘ヘレイナ王女を婚約させて一族の結束を固めようとします。しかし王妃は取り合いません。レイニラとハーウィンの関係が噂になっているため、レイニラは保身を考えはじめたに違いありません。

ハーウィンの暴力行為が民衆の間でも話題になることは時間の問題でした。ライオネル・ストロングは、息子ハーウィンが起こした事件の責任を追うつもりで「王の手」の辞任を申し出ます。しかし国王ヴィセーリス1世のライオネルへの信頼は揺るぎないものでした。ライオネルは職務の継続を受け入れる一方で、ハーウィンを領地ハレンホールへ送っていくことにします。

アリセント王妃は、ライオネルからレイニラ王女の子どもたちの父親について聞き出すべきだと考えていました。しかし王は追求しませんでした。ラリス・ストロングへ不満をぶつけると、ラリスは地下牢へやってきて罪人たちに仕事を与えます。

王都を去ることになったハーウィンは、レイニラ王女に挨拶に現れました。ハーウィンが自分たちを見る目やレイニラの態度などから、ジェイスはハーウィンが本当の父親だと気づきます。

アリセント王妃の子どもたちと王位継承をめぐる争いは避けられそうもありません。レイニラ王女は、戦いに備えるためドラゴンストーンへ拠点を移すことにします。

その後、ハレンホールで火災が発生。ライオネルとハーウィンが亡くなります。アリセント王妃は、ラリスが仕組んだと知って衝撃を受けます。

骨砕きことハーウィンが戦いで活躍する姿を見たかったのですが、ドラマの舞台から早々に退場しました。そんなところがハウス・オブ・ザ・ドラゴンらしい展開です。
ラリスは父と兄を手に掛けました。最終的にどうしたいのでしょう。王位を狙っているとは思えないのですが、実質的に国政を操りたいといったところでしょうか。

デイモン・ターガリエンレーナ・ヴェラリオンと結婚し、2人の娘を授かっていました。さらにレーナは3人目を身ごもっています。彼らはエッソスを放浪する生活を送っていますが、自由都市ペントスのレッジオ公から取り引きを持ちかけられました。ステップストーンズ諸島に海賊トライアーキーが復活したため、ドラゴンを操るデイモンとレーナが味方する代わりに、ペントスに領地を保証するというものです。放浪生活を送るデイモンには魅力的でしたが、彼の生涯はここで終わるのでしょうか。デイモンが逡巡する中、レーナの陣痛が始まります。難産でした。母子ともに助かりそうにありません。レーナは自らドラゴン・ヴァーガーの炎に包まれ、お腹の子どもとともに命を絶ちます。ただ苦痛の中で亡くなるよりも、ドラゴンライダーとしての最後を選びました。

前:第5話「われらは道を照らす」
次:第7話「ドリフトマーク」

ゲーム・オブ・スローンズ 関連情報

当ブログでは、ゲーム・オブ・スローンズの登場人物や世界地図などの情報を紹介しています。以下にまとめていますのでご興味いただけたらご参照ください。

当ブログのゲーム・オブ・スローンズ関連記事まとめ

ゲーム・オブ・スローンズの世界地図
ゲーム・オブ・スローンズの登場人物
ゲーム・オブ・スローンズの登場人物の最後

シーズン1 あらすじ
シーズン2 あらすじ
シーズン3 あらすじ
シーズン4 あらすじ
シーズン5 あらすじ
シーズン6 あらすじ
シーズン7 あらすじ
シーズン8 あらすじ

スターク家
グレイジョイ家
タリー家
アリン家
ラニスター家
タイレル家
バラシオン家
マーテル家
ターガリエン家
ボルトン家
フレイ家
ナイツウォッチ
その他野人・ホワイトウォーカーなど

ハウス・オブ・ザ・ドラゴン 関連情報

当ブログでは、ゲーム・オブ・スローンズのスピンオフドラマ「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」の登場人物や各エピソードの情報を紹介しています。

登場人物

-シーズン1 あらすじ
-第1話「ドラゴンの後継者」
-第2話「王弟」
-第3話「名を継ぐ者」
-第4話「ナロー・シーの王」
-第5話「われらは道を照らす」
-第6話「王女と王妃」
-第7話「ドリフトマーク」
-第8話「潮の主」
-第9話「翠の評議会」
-第10話「黒装の女王」

その他おすすめのドラマ

ゲーム・オブ・スローンズを楽しめる方にはこちらのドラマもおすすめです。

ROME

共和制から帝政へと移行していく古代ローマの混乱期を描いたドラマです。時代の流れに翻弄され、巻き込まれていく人物たちから目が離せません。登場するのはカエサルやアントニウス、オクタヴィアヌス、クレオパトラといった実在の人物ばかり。世界史に興味ある方におすすめです。

ROMEあらすじ

ヴァイキング 〜海の覇者たち

伝説的なヴァイキングの王ラグナル・ロズブロークの活躍を描いたドラマです。ゲーム・オブ・スローンズのような血なまぐさい戦闘シーンも見ものですが、史実にもとづいた中世北欧の生活や文化も興味深いです。

ヴァイキング シーズン1あらすじ

ウエストワールド

ゲーム・オブ・スローンズの米HBO作品。アメリカ西部時代を模したテーマパークを舞台に、自分たちがロボットであることを知らされずに生活するアンドロイドたちと、自分たちの欲望を満たすためにやってくる人間たちを描いたSF作品です。

ウエストワールド シーズン1あらすじ

ウィッチャー

ポーランドの作家アンドレイ・サプコフスキによるダークファンタジー小説を原作としたNetflixのオリジナルドラマです。Playstation4/Nintendo Switchから発売されているゲーム「ウィッチャー3」も人気があります。

ウィッチャー シーズン1あらすじ
ウィッチャー シーズン2あらすじ