ハウス・オブ・ザ・ドラゴン シーズン1 第1話のあらすじとネタバレ

ゲームオブスローンズHotDシーズン1ハウスオブザドラゴン
スポンサーリンク

HBOドラマ「ハウス・オブ・ザ・ドラゴンは、HBOドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の前日譚を描くスピンオフ作品です。

ジョージ・R・R・マーティンの小説「炎と血」を原案に、「ゲーム・オブ・スローンズ」のおよそ200年前が舞台。ターガリエン家が統治するウェスタロス大陸に王位後継者問題が浮上し、鉄の玉座を巡って陰謀劇がはじまります。

次:第2話「王弟」

スポンサーリンク

概要

原題:House of the Dragon
原作:ジョージ・R・R・マーティン「炎と血」
制作:米HBO
放送年:2022年8月

2022年8月現在、日本国内ではU-NEXTから独占配信されています。

前史

ウェスタロス大陸がドラゴンを操る一族ターガリエン家に征服されておよそ100年。4代目の国王ジェへアリーズ1世の統治は50年以上におよび、独立しているドーンを除けば、王国は何十年にもわたって穏やかな時代が続いていました。

しかし、ジェへアリーズ1世の統治が長すぎたため、彼の2人の息子は先に亡くなってしまいます。そこで国王は、ウェスタロスの貴族たちをハレンホールに集めました。大評議会を開くと、投票によって後継者を選ぶことにします。

候補者は10人以上いましたが、2人に絞られました。1人はジェへアリーズ1世の長男の子どもであり、女性の中で最年長のレイニス王女。もう1人は次男の子どもであり、男性の中で最年長のヴィセーリス王子です。順序から行けば、長男の子どもで、ヴィセーリスよりも年長のレイニス王女が適任でしたが、女王は前例がありません。投票の結果、ヴィセーリス王子が選ばれます。継承権問題は投票という平和的な方法で解決されました。しかしレイニス王女と宮廷の間には禍根が残りました。

その後、ヴィセーリス王子がヴィセーリス1世として即位して9年。王妃エイマとの間には、娘のレイニラ王女がいるだけで、男性の後継者は生まれていません。このままでは、後継者はヴィセーリス1世の最も近い男性の親戚である弟のデイモン・ターガリエンになります。デイモンの性格は野蛮でした。ウェスタロスの貴族たちは、彼が王位を継ぐことに不安を抱いています。一方で、かつてヴィセーリスと王位を争ったレイニス王女は、有力貴族のヴェラリオン家に嫁いでいました。

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」で語られる、狂王エイリスの死と、彼の娘デナーリスの誕生の172年前のことです。

スポンサーリンク

第1話あらすじ

7つの王国によって支配されてきたウェスタロスが、ドラゴンを操るターガリエン家に征服されておよそ100年。国王ヴィセーリス1世には、娘のレイニラ王女しかいません。これまで女王が即位した例はないため、王国にとって後継者となる男児の誕生が大きな課題となっています。そんな中、王妃が懐妊。男児の誕生を願って馬上槍試合が開催されます。

第1話「ドラゴンの後継者」

王都キングズ・ランディングでは、国王ヴィセーリス1世の弟デイモン・ターガリエンの浪費が問題視されています。さらに、ウェスタロスからエッソスへ抜けるステップストーンズ諸島に出没する海賊に対抗するため、エッソスにある3つの自由都市が同盟を結びました。彼らが結成した同盟軍トライアーキーを警戒する必要がありす。トライアーキーを率いているのは、敵を蟹の餌にすることから「蟹餌作り」と呼ばれる凶暴な男ドラハールです。しかしヴィセーリス1世の関心はほかにありました。エイマ王妃がついに懐妊し、出産を間近に控えていたのです。

男児の出生を祈願する馬上槍試合が開かれることになると、デイモン・ターガリエンも王宮にやってきます。彼は夜中に王都の守人(シティウィッチ)を率いて突然町に現れると、罪人たちを処刑し、力を誇示しました。治安維持とはいえ、デイモンの残虐的な行動に人々は恐怖を抱きます。

夜が明け、馬上槍試合がはじまります。観客たちが興奮する中、王妃の陣痛がはじまりました。国王ヴィセーリス1世は、難産のため王妃の命が危険なことを知らされます。王妃の命を優先すればお腹の子どもの命はありません。お腹の子どもを優先すれば、王妃の命はありません。選択を迫られたヴィセーリス1世は、苦渋の決断を下し、子どもを優先しました。結果、王妃は亡くなり、子どもを取り出すことに成功します。待望の男児です。しかし、数時間後、生まれてきた子どもは亡くなりました。

王妃と生まれてきたばかりの子どもの葬儀が行われ、国王は深く傷ついていました。しかし貴族たちにとっては後継者の選出が急務でした。国王を心配した「王の手」オットー・ハイタワーは、娘のアリセントを国王のもとへ向かわせて彼を慰めます。

小評議会が開かれ、貴族たちは後継者として国王の娘レイニラを推薦します。女王が即位したことはありません。ヴィセーリス1世は弟デイモンを後継者にしようと考えていましたが、彼が亡くなった子どもに対して侮辱的な発言をしたことがわかりました。ヴィセーリス1世は、デイモンを王都から追放すると、娘のレイニラを王位継承者に任命します。

王位継承者の任命式が開かれ、貴族たちが王城に集まりました。海軍提督であるコラリーズ・ヴェラリオンをはじめ、オールドタウンの領主ホバート・ハイタワー、ストームズエンドの領主ボアマンド・バラシオン、北部ウィンターフェルの領主リコン・スタークといった貴族たちがレイニラに忠誠を誓います。

ゲーム・オブ・スローンズのオープニングを期待していましたが、ありませんでした。

次:第2話「王弟」

原作を読む

ドラマ「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」は、邦題「炎と血」として早川書房より刊行されています。

炎と血 Ⅰ
早川書房
¥2,871(2022/09/21 15:59時点)
〈氷と炎の歌〉で描かれる世界の300年前、ドラゴンを従えてウェスタロスを支配したターガリエン家を綴った年代記。デナーリスの三代前の当主による征服から150年間を描く。原書を二分冊・2カ月連続刊行。本書原作のドラマ「House of the Dragon」が製作中(Amazon紹介文)
炎と血 Ⅱ
早川書房
¥3,069(2022/09/21 16:03時点)
〈氷と炎の歌〉で描かれる世界の300年前、東方のヴァリリアからドラゴンを従えてウェスタロスを征服したエイゴン一世に始まるターガリエン家の治世を綴った年代記。原書を二分冊・2カ月連続刊行。後半部の第Ⅱ巻では、〈少壮王〉ヴィセーリス一世の時代から、ターガリエン王朝の二血統間で、〈鉄の玉座〉をめぐって争われた熾烈な抗争〈双竜の舞踏〉、そして、〈滅竜王〉エイゴン三世の治世を描く。本書を原作にした米ドラマ「House of the Dragon」が製作中(Amazon紹介文)。

ゲーム・オブ・スローンズ 関連情報

当ブログでは、ゲーム・オブ・スローンズの登場人物や世界地図などの情報を紹介しています。以下にまとめていますのでご興味いただけたらご参照ください。

当ブログのゲーム・オブ・スローンズ関連記事まとめ
ゲーム・オブ・スローンズの世界地図
ゲーム・オブ・スローンズの登場人物
ゲーム・オブ・スローンズの登場人物の最後

シーズン1 あらすじ
シーズン2 あらすじ
シーズン3 あらすじ
シーズン4 あらすじ
シーズン5 あらすじ
シーズン6 あらすじ
シーズン7 あらすじ
シーズン8 あらすじ

ゲーム・オブ・スローンズを見る

2022年2月現在、ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」はAmazonプライムビデオで視聴できます。

Amazonで字幕版を見る
Amazonで吹替版を見る

ハウス・オブ・ザ・ドラゴン 関連情報

当ブログでは、ゲーム・オブ・スローンズのスピンオフドラマ「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」の登場人物や各エピソードの情報を紹介しています。

登場人物

-第1話「ドラゴンの後継者」
-第2話「王弟」
-第3話「名を継ぐ者」
-第4話「ナロー・シーの王」
-第5話「われらは道を照らす」
-第6話「王女と王妃」

その他おすすめのドラマ

ゲーム・オブ・スローンズを楽しめる方にはこちらのドラマもおすすめです。

ROME

共和制から帝政へと移行していく古代ローマの混乱期を描いたドラマです。時代の流れに翻弄され、巻き込まれていく人物たちから目が離せません。登場するのはカエサルやアントニウス、オクタヴィアヌス、クレオパトラといった実在の人物ばかり。世界史に興味ある方におすすめです。

ROMEあらすじ

ヴァイキング 〜海の覇者たち

伝説的なヴァイキングの王ラグナル・ロズブロークの活躍を描いたドラマです。ゲーム・オブ・スローンズのような血なまぐさい戦闘シーンも見ものですが、史実にもとづいた中世北欧の生活や文化も興味深いです。

ヴァイキング シーズン1あらすじ

ウエストワールド

ゲーム・オブ・スローンズの米HBO作品。アメリカ西部時代を模したテーマパークを舞台に、自分たちがロボットであることを知らされずに生活するアンドロイドたちと、自分たちの欲望を満たすためにやってくる人間たちを描いたSF作品です。

ウエストワールド シーズン1あらすじ

ウィッチャー

ポーランドの作家アンドレイ・サプコフスキによるダークファンタジー小説を原作としたNetflixのオリジナルドラマです。Playstation4/Nintendo Switchから発売されているゲーム「ウィッチャー3」も人気があります。

ウィッチャー シーズン1あらすじ
ウィッチャー シーズン2あらすじ