スポンサーリンク

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1 あらすじ 第1話から第10話までをざっくり紹介

ゲーム・オブ・スローンズは、2011年に北米で放送が開始された海外ドラマです。2019年5月にシーズン8をもって完結しましたが、これまでに数々の賞を受賞し、世界中で大きな話題を集めてきました。

中世ヨーロッパを模した架空の世界ウェスタロスを舞台に、王侯貴族や騎士たちが王国の覇権を巡って協力し、裏切り、争い合う物語です。過激な戦闘シーンや性描写に目を背けたくなることもありますが、緻密な世界背景と一癖も二癖もある登場人物たち、予想できない衝撃の展開に多くの視聴者が虜になっています。

もともとは「氷と炎の歌」という海外の小説が原作です。しかし途中からは原作の進行を追い抜き、ドラマオリジナル要素が強くなります。

ここではシーズン1のあらすじを紹介します。シーズン1の各話は別記事で紹介しています。

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1 あらすじ

ウェスタロスと呼ばれる大陸には、七王国と呼ばれる国家があります。あるとき、宰相である「王の手」ジョン・アリンが突然亡くなります。国王ロバート1世は、親友であり北部を治めるスターク家の当主エダード・スタークを後任にするため、家族を同伴して北部ウィンターフェルを訪れます。

そのころエダード・スタークの妻キャトリンは、王都キングズ・ランディングにいる妹ライサから手紙を受け取っていました。ライサは亡くなった「王の手」ジョン・アリンの妻です。手紙には、ジョン・アリンがラニスター家のものによって殺されたと記されています。ラニスター家は王妃サーセイの実家です。

妻キャトリンから手紙の内容を聞かされたエダードは、ジョン・アリンの死の真相を暴き、王国の平和を守るため、「王の手」に就くことを決意します。

このときエダードの息子の一人ブラン少年が塔から落ちるという事故が起きます。彼は一命を取り留めますが、意識は戻りません。実は事故ではなく、王とともにウィンターフェルへ来ていた王妃サーセイの双子の弟ジェイミーによる犯行でした。サーセイとジェイミーは近親相姦の関係にあり、塔で密会しているところをブランに見られたためジェイミーが突き落としたのです。

王国の北端には、高さ200メートル、長さ500キロメートルに及ぶ巨大な「壁」があります。数千年前、人類は、死者を率いるホワイトウォーカーと呼ばれる種族と戦いました。そのときの防御壁です。そして壁に作られた砦を拠点とする守備隊がナイツウォッチです。エダードの落とし子(私生児)ジョン・スノウは、ナイツウォッチ(冥夜の守人)になるため「壁」に向かいます。ジョン・スノウはエダードの子どもですが、落とし子なのでスターク姓を名乗ることはできません。七王国では、貴族の落とし子は地域ごとに決められた姓を与えられます。北部の場合はスノウ姓になります。

エダードは信頼できる家臣や娘たち、国王の家族と共に王都へ向かいます。しかしエダードがウィンターフェルを空けると、暗殺者がブランの命を狙いました。犯行は食い止められましたが、暗殺者が使った短剣はティリオン・ラニスターのものでした。

王都に到着したエダードはジョン・アリンの死について調査を開始します。そこへ夫を追ってきたキャトリンがやってきます。キャトリンは息子ブランの暗殺未遂事件をエダードに直接知らせると北部へ戻ります。その途中の宿でティリオン・ラニスターに遭遇します。ティリオンはロバート王とともにウィンターフェルを訪れたのですが、王とは行動を共にせず、ジョン・スノウに同行して壁へ寄っていました。そこから王都へ帰ってくる途中だったのです。偶然にもティリオンに遭遇したキャトリンは、息子ブラン暗殺未遂の容疑でティリオンを逮捕します。

ウィンターフェルではブランが意識を取り戻します。しかし事故のときの記憶はありません。さらに下半身不随になりました。

キャトリンがティリオンを捕まえたため、スターク家とラニスター家の関係は一触即発の状態になります。王妃サーセイの双子の弟ジェイミー・ラニスターはエダードを襲撃しますが、殺してしまっては捕らわれているティリオンの命も危険です。エダードに怪我を負わせると、ラニスター家の拠点キャスタリーロックへ逃げ去ります。
ティリオンを捕らえたキャトリンは北部へ戻らず、アリン家の拠点アイリー城へ向かいます。アイリー城にはキャトリンの妹であり、夫ジョン・アリンを亡くしたライサが王都から戻っていました。ティリオンはブランの暗殺未遂事件で裁判にかけられますが、決闘裁判にもつれ込み、傭兵ブランの力を借りて解放されます。

そのころ王都では、エダードがジョン・アリンの死の真相に迫っていました。ロバート王の子どもたちはロバート王の子どもではなく、王妃サーセイと双子の弟ジェイミーとの子どもでした。そのことを知ったためにジョン・アリンは暗殺されたと考えられます。
エダードはロバート王にこのことを知らせようとしますが、王は狩猟中の怪我が元で亡くなってしまいます。エダードは正当な次の王として、王の弟スタニスを適任と考えますが、王妃サーセイが息子のジョフリーを王に立てると、ジョフリー王はエダードを反逆罪で処刑します。エダードの娘サンサは捕まり、アリアは身を偽って王城を脱出します。スターク家の嫡子ロブ・スタークは北部の諸侯を集め、ラニスター家へ復讐するために進軍します。

ナイツウォッチに就任したジョン・スノウは、スターク家の軍に加わろうとしますが、一度ナイツウォッチに入隊したら脱退は許されません。子孫を残さず、ほかのどの勢力にも所属しないことを神に誓ったのです。
ナイツウォッチにしてみれば、壁の南で起こっていることに関心を抱いている場合ではありませんでした。壁の北には野人と呼ばれる蛮族たちが集結しつつあり、死んでも動き続ける亡者の存在が確認されたのです。伝説として語られるホワイトウォーカーの復活を予感させるできごとでした。

一方、海を隔てたエッソス大陸では、10数年前に滅ぼされた王家の生き残りが、七王国を奪還しようとしていました。ヴィセーリス王子は妹のデナーリスを騎馬民族ドスラク人の族長カール・ドロゴと結婚させます。このときデナーリスは、豪商から祝いの品としてドラゴンの卵の化石を贈られます。
妹を差し出したヴィセーリスは、ドスラク人の力を借りて七王国へ攻め込む計画でした。しかし族長ドロゴはなかなか動こうとしません。不満を募らせたヴィセーリスがドロゴを脅迫すると、殺されます。そしてデナーリスはドロゴの子を身ごもります。
デナーリスの妊娠が七王国に伝わると、旧王家ターガリエン家の復興を恐れるものたちによってデナーリスの命が狙われます。妻を襲われたドロゴは怒り、七王国への侵攻を決めます。船を作る資金を集めるため村を襲撃し、村人たちを奴隷として売ろうとしますが、同情したデナーリスは村人たちを解放します。デナーリスの行為がドスラク人の慣習と異なるため異議を唱えた戦士マーゴとドロゴは決闘します。ドロゴは勝利しますが、このときの怪我が化膿して瀕死になります。デナーリスが魔女に治療を頼むと、ドロゴの命が助かる代わりにデナーリスのお腹の子どもは流産します。ドロゴは生きながらえますが、植物状態になります。デナーリスは嘆き、ドロゴを死なせると、火葬します。そしてデナーリス自身もドラゴンの卵と共に炎に包まれます。炎が収まったとき、デナーリスは依然として生きており、彼女の周りには孵化した3頭のドラゴンがまとわっていました。

>>シーズン2

スポンサーリンク

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1 各話詳細

シーズン1各話の詳細は、以下で紹介しています。

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1 あらすじ ネタバレ 第1話 「冬来たる」 第1話を丁寧に解説
ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1 あらすじ ネタバレ 第2話 「王の道」 ブランの意識は戻るのか?
ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1 あらすじ ネタバレ 第3話 「冥夜の守人」 デナーリス妊娠発覚! 慌てる小評議会!
ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1 あらすじ ネタバレ 第4話 「壊れたものたち」 彼らが出会わなければ歴史は変わっていたことでしょう
ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1 あらすじ ネタバレ 第5話 「狼と獅子」 スターク家とラニスター家が衝突!
ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1 あらすじ ネタバレ 第6話 「黄金の冠」 ベリック・ドンダリオンはここに出ていた
ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1 あらすじ ネタバレ 第7話 「勝つか死ぬか」 誰も信用できません
ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1 あらすじ ネタバレ 第8話 「進軍」 まさかの展開が続きます
ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1 あらすじ ネタバレ 第9話 「ベイラー大聖堂」 このドラマを見続けようと決定づけた話
ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1 あらすじ ネタバレ 第10話 「炎と血」 ドラゴン来たーーっ

ゲーム・オブ・スローンズ関連情報

ゲーム・オブ・スローンズは、Amazonプライムビデオから視聴できます。

>> 字幕版を見る

>> 吹替版を見る

当ブログでは、ゲーム・オブ・スローンズの登場人物や世界地図などの情報を紹介しています。以下にまとめていますのでご興味いただけたらご参照ください。

ゲーム・オブ・スローンズ | 目次 当ブログのGOT関連記事まとめ
ゲーム・オブ・スローンズ 地図 | 七王国 ウィンターフェル キングズランディングはどこにある?
ゲーム・オブ・スローンズの登場人物 | アイウエオ順

その他おすすめのドラマ

ゲーム・オブ・スローンズを楽しめる方にはこちらのドラマもおすすめです。

ROME

共和制から帝政へと移行していく古代ローマの混乱期を描いたドラマです。時代の流れに翻弄され、巻き込まれていく人物たちから目が離せません。登場するのはカエサルやアントニウス、オクタヴィアヌス、クレオパトラといった実在の人物ばかり。世界史に興味ある方におすすめです。

ROME[ローマ] あらすじ 感想 シーザーが皇帝じゃないことがずっと疑問だった

ヴァイキング 〜海の覇者たち

伝説的なヴァイキングの王ラグナル・ロズブロークの活躍を描いたドラマです。ゲーム・オブ・スローンズのような血なまぐさい戦闘シーンも見ものですが、史実にもとづいた中世北欧の生活や文化も興味深いです。

ヴァイキング 〜海の覇者たち〜 シーズン1 見てみた! ヒストリーチャンネルが制作した初の歴史ドラマです

ウエストワールド

ゲーム・オブ・スローンズの米HBO作品。アメリカ西部時代を模したテーマパークを舞台に、自分たちがロボットであることを知らされずに生活するアンドロイドたちと、自分たちの欲望を満たすためにやってくる人間たちを描いたSF作品です。

ウエストワールド シーズン1 あらすじ 感想 第1話 目覚め おもしろいかどうかまだよくわからない