ハウス・オブ・ザ・ドラゴン シーズン1 第8話のあらすじとネタバレ

ゲームオブスローンズHotDシーズン1ハウスオブザドラゴン
スポンサーリンク

登場人物たちの血縁関係がややこしく、名前も似ているどころか同じだったりして混乱します。中世ヨーロッパの国王もみなルイだったりシャルルだったりリチャードだったり、似たようなものだったのでしょう。HBOドラマ「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」シーズン1の第8話「潮の主」のあらすじとネタバレを紹介します。

前:第7話「ドリフトマーク」
次:第9話「翠の評議会」

スポンサーリンク

第8話あらすじ

コアリーズ・ヴェラリオンが海賊トライアーキーとの戦いで重症を負うと、後継者問題が浮上します。本来、レーナー・ヴェラリオンとレイニラ王女の次男ルケアリーズが後継者と決まっていました。しかしコアリーズの弟ヴェイモンドは反対します。ルケアリーズはレイニラ王女とハーウィン・ストロングの子どもであり、ヴェラリオンの血を引いていないためです。

スポンサーリンク

第8話「潮の主」

レイニラ王女とデイモンが結婚し(第7話)、ドラゴンストーンに拠点を移してから6年が経っていました。ドラゴンの卵を発見し、喜ぶデイモンのもとに知らせが入ります。

デイモンはシアラックスの卵を3つ手に入れたと言っていました。シアラックスは、レイニラが騎乗するドラゴンです。
レイニラ王女とデイモンの間には、エイゴンとヴィセーリスという子どもが生まれていました。同じ名前はややこしくなるのでやめてほしいのですが(笑)、さらに妊娠中のようです。

コアリーズ・ヴェラリオンが海賊トライアーキーとの戦いで負傷。回復の見込みはないため、ドリフトマークでは後継者の選定が急務となりました。もともとレーナー・ヴェラリオンとレイニラ王女の次男ルケアリーズが後継者とされてきましたが、出自を疑うヴェイモンドが反対し、自ら当主に名乗り出たのです。彼らは聴聞のため王都に呼ばれたといいます。

コアリーズは出てきませんでしたが、このまま退場でしょうか。

レイニラ王女たちはルケアリーズをヴェラリオン家の後継者に推しています。聴聞会に出席するため王都へやってくると、王宮の様子は以前とは違っていました。ターガリエン家の紋章は外され、七神正教の紋章が飾られています。国政は王の手であるオットー・ハイタワーと、王妃アリセント・ハイタワーによって仕切られていました。さらに父親ヴィセーリスはすっかり弱りはて、見る影もありません。

レイニラ王女は、聴聞会に備え、レイニスに子どもたち同士の結婚を申し出ます。ジェセアリーズベイラ、ルケアリーズとレイナを結婚させようというものです。レイニスは、レイニラ王女にもアリセント王妃にも味方しないと告げます。

レイニスからレーナーの死に関して言及されたレイニラは、関与していないと答えました。確かに殺せとは命じていないのだと思いますが、なかなか腹黒い。

広間に関係者が集まり、ドリフトマークの継承権について聴聞会がはじまりました。ヴェイモンドが正当性を主張すると、国王ヴィセーリスが弱った体を引きずって現れます。ヴィセーリスは、レイニスの意見を求めました。レイニスは、ルケアリーズの継承権を認め、さらにレイニラ王女から持ち出された婚姻案に応じます。
ヴェイモンドは認めませんでした。レイニラの子どもたちを落とし子だといって侮辱すると、ヴィセーリスは舌を切り落とすように命じます。次の瞬間、デイモンがヴェイモンドの顔を斬り跳ねました。

晩餐会が開かれます。久しぶりに集まった親族を前に、ヴィセーリスは必死に和解を訴えました。

家族を思うヴィセーリスの演説が泣けます。

心を打たれたレイニラ王女は、高齢の父を支えてきたアリセント王妃を称えました。アリセント王妃も子を思う母としてレイニラ王女に共感。お互いを認め合います。

晩餐は和やかに進み、親族に平穏が訪れたかのようです。しかし不調を訴える王が退出すると、子どもたちは諍いはじめます。

アリセント王妃が退出した夫を見舞うと、ヴィセーリスは、うわ言のように、征服王エイゴン・ターガリエン(ターガリエン王朝の創始者)が残した予言「氷と炎の歌」を語り出します。アリセント王妃には、ヴィセーリスが何を言っているのかよくわかりません。ただ、エイゴンが王だという言葉を遺言と受け取ります。

かつてヴィセーリスは、レイニラを後継者に指名するとき、征服王エイゴンの予言について会話しました。そのときの思い出が蘇っていたようです。
「氷と炎の歌」は「ゲーム・オブ・スローンズ」の原作であり、ドラマ内では古来より伝わる予言です。かつて征服王エイゴン・ターガリエンは、ホワイトウォーカーの復活を予言する夢を見ました。ターガリエン家が団結して七王国を支配し、戦いに備えなくてはなりません。そして約束された王子が救世主だと伝えています。

王宮の様子がミサリアに伝わります。

ミサリアはどうしたのかと思っていたのですが存命でした。

前:第7話「ドリフトマーク」
次:第9話「翠の評議会」

ゲーム・オブ・スローンズ 関連情報

当ブログでは、ゲーム・オブ・スローンズの登場人物や世界地図などの情報を紹介しています。以下にまとめていますのでご興味いただけたらご参照ください。

当ブログのゲーム・オブ・スローンズ関連記事まとめ

ゲーム・オブ・スローンズの世界地図
ゲーム・オブ・スローンズの登場人物
ゲーム・オブ・スローンズの登場人物の最後

シーズン1 あらすじ
シーズン2 あらすじ
シーズン3 あらすじ
シーズン4 あらすじ
シーズン5 あらすじ
シーズン6 あらすじ
シーズン7 あらすじ
シーズン8 あらすじ

スターク家
グレイジョイ家
タリー家
アリン家
ラニスター家
タイレル家
バラシオン家
マーテル家
ターガリエン家
ボルトン家
フレイ家
ナイツウォッチ
その他野人・ホワイトウォーカーなど

ハウス・オブ・ザ・ドラゴン 関連情報

当ブログでは、ゲーム・オブ・スローンズのスピンオフドラマ「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」の登場人物や各エピソードの情報を紹介しています。

登場人物

-シーズン1 あらすじ
-第1話「ドラゴンの後継者」
-第2話「王弟」
-第3話「名を継ぐ者」
-第4話「ナロー・シーの王」
-第5話「われらは道を照らす」
-第6話「王女と王妃」
-第7話「ドリフトマーク」
-第8話「潮の主」
-第9話「翠の評議会」
-第10話「黒装の女王」

その他おすすめのドラマ

ゲーム・オブ・スローンズを楽しめる方にはこちらのドラマもおすすめです。

ROME

共和制から帝政へと移行していく古代ローマの混乱期を描いたドラマです。時代の流れに翻弄され、巻き込まれていく人物たちから目が離せません。登場するのはカエサルやアントニウス、オクタヴィアヌス、クレオパトラといった実在の人物ばかり。世界史に興味ある方におすすめです。

ROMEあらすじ

ヴァイキング 〜海の覇者たち

伝説的なヴァイキングの王ラグナル・ロズブロークの活躍を描いたドラマです。ゲーム・オブ・スローンズのような血なまぐさい戦闘シーンも見ものですが、史実にもとづいた中世北欧の生活や文化も興味深いです。

ヴァイキング シーズン1あらすじ

ウエストワールド

ゲーム・オブ・スローンズの米HBO作品。アメリカ西部時代を模したテーマパークを舞台に、自分たちがロボットであることを知らされずに生活するアンドロイドたちと、自分たちの欲望を満たすためにやってくる人間たちを描いたSF作品です。

ウエストワールド シーズン1あらすじ

ウィッチャー

ポーランドの作家アンドレイ・サプコフスキによるダークファンタジー小説を原作としたNetflixのオリジナルドラマです。Playstation4/Nintendo Switchから発売されているゲーム「ウィッチャー3」も人気があります。

ウィッチャー シーズン1あらすじ
ウィッチャー シーズン2あらすじ