マーテル家 | ゲーム・オブ・スローンズ | 登場人物





「ゲーム・オブ・スローンズ」にはたくさんの登場人物が登場します。人間関係がややこしいので勢力ごとに相関図を作ってみました。ただ、物語が進むにつれて彼らの関係も変わってきます。なので、基本的には物語開始時点、シーズン1または登場時点での関係をもとにしています。
ここでは、ワインの名産地ドーンの領主マーテル家について紹介します。

マーテル家

概要

ウェスタロスの南端ドーンを治める一族。領主は「プリンス」と呼ばれ、拠点はサンスピア城です。ドーンはウェスタロスで唯一、エイゴン征服王の侵攻を阻止した地域です。「折れぬ、まげぬ、まつろわぬ」という標語にあるように、何者にも屈しない精神を持っています。
15年前の「ロバートの反乱」では、ターガリエン家に協力しました。レイガー・ターガリエンの妻となっていたエリア・マーテルと子どもたちが戦乱の中で殺されたことは忘れていません。
マーテル家は、ロバート王死後の「五王の戦い」ではレンリーを支持しようとします。しかし、ティリオン・ラニスターとの約束によってジョフリー王を支持します。約束は、息子トリスタンとミアセラ・バラシオンを結婚させること。マーテル家を小評議会に加えること。「ロバートの反乱」のときにエリア・マーテルを殺したグレガー・クレゲインを裁判にかけることです。

標語

折れぬ、まげぬ、まつろわぬ

マーテル家の人物


写真出典:HBO

ドーラン・マーテル

ドーンの領主(プリンス)。病のため普段は車椅子に座っていますが、慎重で思慮深く、感情を表に出さない人物として知られています。ほかの諸名家からは危険な人物と思われる一方で、親族からは弱気な人間と思われています。

レイガー・ターガリエン

エイリス狂王の長男。鉄の玉座の世継ぎ。エリア・マーテルと結婚し、二人の子をもうけますが、リアナ・スタークと失踪します。このことが「ロバートの反乱」を招き、最後はトライデント河の戦いでロバート・バラシオンに殺されました。

エリア・マーテル

ドーランの妹。オベリンの姉。ターガリエン王家の世継ぎであったレイガーと結婚し、二人の子をもうけています。「ロバートの反乱」のとき、ラニスター家の家臣であるグレガー・クレゲインに陵辱され、殺されました。

エラリア・サンド

オベリン・マーテルの愛人。ウラー家の出身ですが、私生児なためドーンの私生児に付けられるサンド姓になっています。

オベリン・マーテル

ドーラン・マーテルの弟。かつて姉エリアを殺したグレガー・クレゲインを憎んでいます。多くの愛人と私生児がいます。強い戦士として知られ、毒を使うため「赤い毒蛇」と呼ばれています。「五王の戦い」が起こると兄ドーランの代理としてキングズランディングにやってきます。

トリスタン・マーテル

ドーランの息子。ミアセラ・バラシオンと婚約します。

レイニス・ターガリエン

レイガー・ターガリエンエリア・マーテルの娘。「ロバートの反乱」のとき殺されたとされています。

エイゴン・ターガリエン

レイガー・ターガリエンエリア・マーテルの息子。「ロバートの反乱」のとき殺されたとされています。

タイエニー・サンド

オベリンの私生児。エラリア・サンドの娘。ドーンでは私生児はサンド姓で呼ばれます。また、オベリンの私生児たちは鍛えられた戦士であり、父親の通称にちなんで「砂蛇」と呼ばれます。

オバラ・サンド

オベリンの私生児。ナイメリアの姉。「砂蛇」の一人。

ナイメリア・サンド

オベリンの私生児。オバラの妹。「砂蛇」の一人。

その他の勢力

アイコンをクリックすると各ページへアクセスできます。

スターク家

グレイジョイ家

タリー家

アリン家

ラニスター家

タイレル家

バラシオン家

ターガリエン家

ボルトン家

フレイ家

ナイツウォッチ

野人・その他

ゲームオブスローンズの地理やアイウエオ順の登場人物については以下で紹介しています。

写真出典:HBO 「ゲーム・オブ・スローンズ」では、登場人物たちがあっちへ行ったりこっちへ行ったり、地名もたくさん出てきますが、それが...
出典:HBO 「ゲーム・オブ・スローンズ」の主要な登場人物をかんたんにまとめました。ドラマを見ながら、こいつ誰だっけと思ったときにパパ...
出典:HBO 「ゲーム・オブ・スローンズ」という名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。なんとか賞を総なめだとか、制作...
 

ゲームオブスローンズはAmazonプライムビデオで視聴できます。以下をクリックすると、AmazonプライムビデオのWebサイトが表示されます。
ゲームオブスローンズ(字幕版)

ゲームオブスローンズ(吹替版)