ナイツウォッチ | ゲーム・オブ・スローンズの相関図 我は暗闇に生きる剣士なり 我は壁の見張り人なり

ゲームオブスローンズGOT人物・諸名家
スポンサーリンク


写真出典:HBO

「ゲーム・オブ・スローンズ」にはたくさんの登場人物が登場します。人間関係がややこしいので勢力ごとに相関図を作ってみました。ただ、物語が進むにつれて彼らの関係も変わってきます。なので、基本的には物語開始時点、シーズン1または登場時点での関係をもとにしています。
ここでは、何も知らないジョン・スノウがいるナイツウォッチ(冥夜の守人)を紹介します。

スポンサーリンク

ナイツウォッチ

概要

七王国の北端には巨大な氷の壁があります。物語がはじまるおよそ8000年前。ホワイトウォーカーの脅威から人間の土地を守るため、ブランドン・スタークが森の子らと協力して作ったものです。壁の高さはおよそ200メートル、長さはおよそ500キロメートルにも及ぶといわれています。壁は七王国の北の境界であり、壁の向こうにいるホワイトウォーカーや野人と人々の世界を隔てています。

そしてホワイトウォーカーや野人から七王国を守るための守備隊がナイツウォッチです。彼らは結婚することも子どもを持つことも家を継ぐこともせず、ただひたすらに壁の向こうの驚異から七王国を守ります。

とはいえ、野人はしばしば壁付近を荒らすものの、ホワイトウォーカーは長いこと確認されていません。そのため、19あった砦も今は「黒の城(カースル・ブラック)」「東の物見塔(イースト・ウォッチ)」「影の塔(シャドウ・タワー)」の3つを残すのみとなりました。しかし「黒の城」以外は廃墟同然で、砦として機能していません。そして、ナイツウォッチはかつては栄誉ある職業でしたが、「黒の城」は犯罪者を送り込む流刑地にもなっています。

「冥夜の守人」「誓約の兄弟」のほか、全身黒の装束をまとっているため単に「鴉(からす)」とも呼ばれます。

壁を巡回する「レンジャー(哨士)」、料理や掃除などの雑事を行う「スチュワード(雑士)」、壁の修繕を行う「ビルダー(工士)」という職種があります。

ナイツウォッチの誓い

闇濃くなりし今

我が見張りが始まる

我が死まで終わることなし

我は 妻を娶らず 土地を持たず 子を作らず 冠をかぶらず 栄光を得ず

自らの持ち場で生き そして死ぬ

我は暗闇に生きる剣士なり

我は壁の見張り人なり

我は人々の領土を守りぬく盾なり 命と名誉にかけ ナイツウォッチに尽くす

この夜とすべての夜のために

スポンサーリンク

ナイツウォッチの人物


写真出典:HBO

エイモン

ナイツウォッチに仕えるメイスター。ターガリエン家の出身で、エイリス・ターガリエンの伯父にあたります。オールドタウンで修行してメイスターになり、ナイツウォッチの拠点「黒の城」に派遣されました。メイスターは、領主に対し政治や財務、医療などの助言をする役職です。

ジオー・モーモント

ナイツウォッチの総帥。七王国の北西に浮かぶ「熊の島」を領有するモーモント家の出身で、スターク家の旗主です。当主を息子のジョラーに譲り、ナイツウォッチに参加しました。しかしジョラーはエッソスへ逃亡したため、モーモント家の名を汚すことになります。モーモント家は幼いリアナ・モーモントが後を継いでいます。

アリザー・ソーン

アリザー・ソーン

ナイツウォッチの武術指南役。かつてターガリエン家に仕えていました。しかし反乱が起きてターガリエン家が滅びると、処刑されるかナイツウォッチになるかを迫られ、後者を選びました。反乱の中心的存在だったスターク家を憎んでおり、ジョン・スノウに辛く当たります。

ベンジェン・スターク

エダード・スタークの弟。ナイツウォッチの一人。将来に不安を抱くジョン・スノウをナイツウォッチへ誘いました。

ジョン・スノウ

エダード・スタークの私生児。北部では、私生児にスノウ姓が与えられます。私生児であることに劣等感を抱いていましたが、ナイツウォッチとなることで自分の生き方を見つけます。

ピップ

ナイツウォッチの一人でジョン・スノウの友人。

グレン

ナイツウォッチの一人でジョン・スノウの友人。

サムウェル・ターリー

ナイツウォッチの一人でジョン・スノウの友人。臆病で剣の腕前も劣りますが、知識と洞察力でジョンたちを助けます。

エディソン・トレット

ナイツウォッチの一人。ジョン・スノウの友人。

クォーリン

ナイツウォッチのレンジャー。二本指(ハーフハンド)と呼ばれます。ジョン・スノウと共に野人に捕まったとき、ジョンに自分のことを殺させて野人に信用させます。

ラスト

ジョンと共にナイツウォッチに加わり、あとから来たサムをいじめます。

カール

壁の北の捜索に加わり、反乱を起こしてクラスターの砦を占拠します。

ヨーレン

ナイツウォッチの新米募集係

各勢力

アリン家
グレイジョイ家
スターク家
ターガリエン家
タイレル家
タリー家
ナイツウォッチ
バラシオン家
ボルトン家
フレイ家
マーテル家
ラニスター家

ゲーム・オブ・スローンズ 関連情報

当ブログでは、ゲーム・オブ・スローンズの登場人物や世界地図などの情報を紹介しています。以下にまとめていますのでご興味いただけたらご参照ください。

当ブログのゲーム・オブ・スローンズ関連記事まとめ

ゲーム・オブ・スローンズの世界地図
ゲーム・オブ・スローンズの登場人物
ゲーム・オブ・スローンズの登場人物の最後

シーズン1 あらすじ
シーズン2 あらすじ
シーズン3 あらすじ
シーズン4 あらすじ
シーズン5 あらすじ
シーズン6 あらすじ
シーズン7 あらすじ
シーズン8 あらすじ

スターク家
グレイジョイ家
タリー家
アリン家
ラニスター家
タイレル家
バラシオン家
マーテル家
ターガリエン家
ボルトン家
フレイ家
ナイツウォッチ
その他野人・ホワイトウォーカーなど

ハウス・オブ・ザ・ドラゴン 関連情報

当ブログでは、ゲーム・オブ・スローンズのスピンオフドラマ「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」の登場人物や各エピソードの情報を紹介しています。

登場人物

-シーズン1 あらすじ
-第1話「ドラゴンの後継者」
-第2話「王弟」
-第3話「名を継ぐ者」
-第4話「ナロー・シーの王」
-第5話「われらは道を照らす」
-第6話「王女と王妃」
-第7話「ドリフトマーク」
-第8話「潮の主」
-第9話「翠の評議会」
-第10話「黒装の女王」

その他おすすめのドラマ

ゲーム・オブ・スローンズを楽しめる方にはこちらのドラマもおすすめです。

ROME

共和制から帝政へと移行していく古代ローマの混乱期を描いたドラマです。時代の流れに翻弄され、巻き込まれていく人物たちから目が離せません。登場するのはカエサルやアントニウス、オクタヴィアヌス、クレオパトラといった実在の人物ばかり。世界史に興味ある方におすすめです。

ROMEあらすじ

ヴァイキング 〜海の覇者たち

伝説的なヴァイキングの王ラグナル・ロズブロークの活躍を描いたドラマです。ゲーム・オブ・スローンズのような血なまぐさい戦闘シーンも見ものですが、史実にもとづいた中世北欧の生活や文化も興味深いです。

ヴァイキング シーズン1あらすじ

ウエストワールド

ゲーム・オブ・スローンズの米HBO作品。アメリカ西部時代を模したテーマパークを舞台に、自分たちがロボットであることを知らされずに生活するアンドロイドたちと、自分たちの欲望を満たすためにやってくる人間たちを描いたSF作品です。

ウエストワールド シーズン1あらすじ

ウィッチャー

ポーランドの作家アンドレイ・サプコフスキによるダークファンタジー小説を原作としたNetflixのオリジナルドラマです。Playstation4/Nintendo Switchから発売されているゲーム「ウィッチャー3」も人気があります。

ウィッチャー シーズン1あらすじ
ウィッチャー シーズン2あらすじ