アリン家 | ゲーム・オブ・スローンズ | 登場人物




「ゲーム・オブ・スローンズ」にはたくさんの登場人物が登場します。人間関係がややこしいので勢力ごとに相関図を作ってみました。ただ、物語が進むにつれて彼らの関係も変わってきます。なので、基本的には物語開始時点、シーズン1または登場時点での関係をもとにしています。
ここでは、不気味さ満載ライサとロビン母子がいるアリン家を紹介します。

アリン家

概要

ウェスタロスでも由緒正しい血筋のひとつで、拠点はアリンの谷間(ヴェイル)にあるアイリー城です。物語の直前まで「王の手」でもあったジョン・アリンが城主でしたが、謎の死を遂げたため、唯一の息子であるロビン・アリンが後を継いでいます。しかしロビンはまだ幼いため、ジョン・アリンの妻でタリー家出身のライサ・アリンが摂政として統治しています。「五王の戦い」が起こり、ライサの実家であるタリー家がスターク家に協力して内戦に参加すると、姉のキャトリン・スタークがアリン家へも協力を求めてきますが、ライサは中立を保ちます。

標語

高きこと誉の如く

アリン家の人物


写真出典:HBO

ライサ・アリン

ホスター・タリーの次女。ジョン・アリンの妻。ロビン・アリンの母。キャトリン・スタークの妹。若い頃、里子として父のもとに来ていたピーター・ベイリッシュに恋しますが、彼が愛したのは姉のキャトリンでした。ピーターがキャトリンの許嫁に決闘で敗れ、怪我の療養をしているときに肉体関係を持ち、彼の子どもを身ごもります。ピーターはホスターの怒りを買ってリバーランを追放され、ライサは毒を飲まされ、堕胎させられました。その後「ロバートの反乱」が起きると、アリン家に協力するため、親子ほど年の離れたジョン・アリンと結婚させられます。

ジョン・アリン

ロバート・バラシオン治世の「王の手」。ロバート・バラシオンとエダード・スタークはアリン家に里子に出されていたこともあり、ジョン・アリンは二人の父親のような存在です。15年前、ターガリエン家の王子レイガーとスターク家のリアナの失踪事件が起こったとき、エイリス・ターガリエン王はスターク家のリカードブランドンを処刑します。さらに、アリン家に預けられていたロバートとエダードの処刑を命じました。ジョン・アリンは命令を拒否したため、アリン家、スターク家、バラシオン家による反乱がはじまりました。そしてジョン・アリンは、タリー家の協力を得るため、年の離れたライサと結婚しました。

ロビン・アリン

ジョン・アリンライサ・アリンの子。成長に遅れがあり、情緒も不安定。

その他の勢力

アイコンをクリックすると各ページへアクセスできます。

スターク家

グレイジョイ家

タリー家

ラニスター家

タイレル家

バラシオン家

マーテル家

ターガリエン家

ボルトン家

フレイ家

ナイツウォッチ

野人・その他

「ゲーム・オブ・スローンズ」については以下でまとめています。

写真出典:HBO サイト内のゲーム・オブ・スローンズ関連の記事をまとめています。 ゲーム・オブ・スローンズの世界 地図や歴史、...