ゲーム・オブ・スローンズ シーズン5 あらすじ ネタバレ 第8話 「堅牢な家」 死者の軍団が登場


写真出典:HBO

タイトルとなっている「堅牢な家(ハードホーム)」は、壁の北、ウェスタロス大陸の北東にある野人たちの集落です。マンス・レイダーは野人たちを引き連れてカースルブラックへ攻め込みましたが、ナイツウォッチとスタニス軍の前に破れました。生き残った野人たちはハードホームへ逃げ延びました。

ナイツウォッチの総帥となったジョン・スノウは、ホワイトウォーカーとの戦いに備え、野人たちに協力を呼びかけます。

シーズン5第8話を見ていきます。

スポンサーリンク

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン5 第8話 あらすじ


写真出典:HBO

タイトル:堅牢な家
初放送日:2015年5月31日
放送時間:60分

王都では、投獄されたサーセイが罪の告発を迫られます。

エッソスでは、ティリオンがデナーリスの助言者になりますが、ジョラーは再び追放されます。

北部ウィンターフェルでは、シオンがブランとリコンを殺していないことをサンサに明かします。カースルブラックではジョンが野人たちを救うためにハードホームへ向かい、ホワイトウォーカーの襲撃を受けます。

スポンサーリンク

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン5 第8話 ネタバレ


写真出典:HBO

王都

投獄されているサーセイは、セプタ(女司祭)のユネラから罪を告白するように迫られ、水を飲むことも許されません。その後クァイバーンが来て、サーセイは近親相姦とロバート王殺害の罪で裁判にかけられるといいます。そして王城では、グランドメイスター・パイセルが小評議会を取り仕切り、キャスタリーロックにいるサーセイの叔父ケヴァンをトメンの王の手として呼び寄せたといいます。

この日もユネラが来て告発を迫りますがサーセイは頑なに否定します。ユネラが持ってきた水を地面に捨てて立ち去ると、サーセイは這いつくばって水をすすります。

ブレーヴォス

牡蠣売りの少女ラナになりきっていたアリアは、ジャクェン・フ=ガーから港にいる賭博師を見張るように命じられます。彼が行う賭博は、船が目的地に着けば賭博師の勝ち、船が遭難すれば船長の勝ちというものです。船長が勝つ場合船長は命を失いますが、家族にお金が入ります。しかし賭博師は、ある船長が遭難したにもかかわらず賭け金を彼の家族に支払っていませんでした。船長の家族は何もすることができず、「顔のない男たち」を頼ってきたのです。ジャクェンはアリアに毒を渡すと、賭博師の暗殺を命じます。

ミーリーン

ジョラー・モーモントとティリオンは、デナーリスの前に連れてこられます。デナーリスがティリオンに何ができるのか尋ねると、ティリオンは、王都での王の手としての手腕を役立てることができるといいます。デナーリスは、ティリオンを試すようにジョラーの処遇について尋ねます。ティリオンは、ジョラーが高い忠誠心を持っていることは明白ですが、裏切ったことも事実なので家臣にはできないといいます。デナーリスはジョラーの命を奪うことはしませんでしたが、再び追放します。

デナーリスはティリオンを助言者に任命すると、鉄の玉座の主になる夢を語ります。ティリオンが七王国を統治するには諸名家の支持が必要だと説明すると、デナーリスは、諸名家は上下がくるくると入れ替わる車輪のようなものであり、自分は車輪そのものを壊すつもりだと告げます。

ティリオンががぶがぶ飲むワインがいつもおいしそう。

一方ジョラーはイェッザンの元に戻り、間もなく開かれる闘技大会への参加を申し出ます。大会はデナーリスが観戦する予定だからです。

ウィンターフェル

シオンがサンサに食事を運んできます。サンサが救援の合図のことをなぜラムジーに漏らしたのかとシオンに聞くと、シオンはラムジーから逃げるのは無理だと答えます。そしてサンサがブランとリコンを殺したことを非難すると、実は二人の行方は不明で、代わりに農家の子どもを殺したことを白状します。

ボルトン家の家臣たちは迫りくるスタニス軍との決戦に向けて作戦会議を開いています。ルース・ボルトンは籠城を考えていましたが、ラムジーは討って出るべきだといい、20名の精鋭がいれば勝てるといいます。

カースルブラック

サムの元にオリーがやって来ます。オリーは以前トアマンドたちに村を襲撃され、親を亡くしています。オリーには、ジョン・スノウがなぜ野人たちを救出するのかわかりません。サムは、ホワイトウォーカーと戦うためには野人の協力が必要だと説得します。

ハードホーム

ジョン・スノウやトアマンドたちがハードホームにやってきます。野人たちは警戒しますが、ひとまず話し合いの場が設けられます。ジョンはホワイトウォーカーの脅威について語りました。野人たちがホワイトウォーカーを殺すことはできないというと、ドラゴングラスで倒せることを説明します。そしてホワイトウォーカーとの戦いに協力すれば野人に壁の南の土地を与えると約束します。議論の末、野人の多くはジョンと共にカースルブラックへ向かうことを決めます。

野人たちが船で出立の準備をしていると、亡者の軍団が襲ってきます。野人やナイツウォッチが防戦しますが、亡者たちの圧倒的な数の前に混戦となり、その様子をホワイトウォーカーが見守っていました。ホワイトウォーカーの存在に気付いたジョンがドラゴングラスを取りにいくと、ホワイトウォーカーの一人が立ちはだかります。ジョンは苦戦しますが、ヴァリリア鋼の剣ロングクローで切りつけるとホワイトウォーカーは砕け散りました。しかしハードホームを守る防御壁は亡者たちによって破壊され、敵の圧倒的な数の前にジョンたちは小舟で逃げます。そこへ夜の王が現れ、死者たちを亡者としてよみがえらせます。

ホワイトウォーカーとの戦いでは、死者は亡者としてよみがえるので、犠牲が出れば出るほど敵は増え続けます。そして亡者は死にません。人間は勝てそうにないのですが、彼らとどうやって戦っていくのか関心が高まります。
骸骨やゾンビのような存在を亡者(ワイト)といい、よみがえった死者です。亡者を率いている目の青い騎士のような格好をした存在がホワイトウォーカーで、ホワイトウォーカーの王が夜の王(ナイトキング)になります。亡者は剣で倒すことができますが、ホワイトウォーカーの命令で何度でも立ち上がってきます。炎で焼くことで動かなくなります。ホワイトウォーカーを通常の武器で倒すことはできません。ドラゴングラスまたはヴァリリア鋼で作られた武器が必要です。

前:シーズン5第7話

次:シーズン5第9話

シーズン5全話あらすじ




ゲーム・オブ・スローンズ 関連情報

当ブログでは、ゲーム・オブ・スローンズの登場人物や世界地図などの情報を紹介しています。以下にまとめていますのでご興味いただけたらご参照ください。

当ブログのゲーム・オブ・スローンズ関連記事まとめ

ゲーム・オブ・スローンズの世界地図

ゲーム・オブ・スローンズの登場人物

シーズン1 あらすじ

シーズン2 あらすじ

シーズン3 あらすじ

シーズン4 あらすじ

シーズン5あらすじ

シーズン7 あらすじ

シーズン8 あらすじ




ゲーム・オブ・スローンズを見る

2019年10月現在、ゲーム・オブ・スローンズはAmazonプライムビデオとHuluで視聴できます。

Amazonプライムビデオ(月額税込500円、30日間の無料期間あり)ではシーズン1〜7、オプションサービス「スターチャンネルEX(月額税込990円、7日間の無料期間あり)」加入でシーズン8を視聴できます。

ゲーム・オブ・スローンズ | シーズン8までお得に見る
写真出典:HBO 「ゲーム・オブ・スローンズ」は、DVDやBlu-rayを購入またはレンタルして見ることができ……

Amazonで字幕版を見る

Amazonで吹替版を見る

Hulu(月額税込1026円、14日間の無料期間あり)ではシーズン1〜8を視聴できます。

その他おすすめのドラマ

ゲーム・オブ・スローンズを楽しめる方にはこちらのドラマもおすすめです。

ROME

共和制から帝政へと移行していく古代ローマの混乱期を描いたドラマです。時代の流れに翻弄され、巻き込まれていく人物たちから目が離せません。登場するのはカエサルやアントニウス、オクタヴィアヌス、クレオパトラといった実在の人物ばかり。世界史に興味ある方におすすめです。

ROME[ローマ] Amazon配信ドラマのあらすじ ネタバレ 登場人物を紹介
(当記事の写真の出典はすべて HBO ) 小さい頃から「カイザー」という言葉が好きでした。漫画「リングにか……

ヴァイキング 〜海の覇者たち

伝説的なヴァイキングの王ラグナル・ロズブロークの活躍を描いたドラマです。ゲーム・オブ・スローンズのような血なまぐさい戦闘シーンも見ものですが、史実にもとづいた中世北欧の生活や文化も興味深いです。

ヴァイキング 〜海の覇者たち〜 シーズン1 Amazon配信ドラマのあらすじ ネタバレ 登場人物を紹介
イギリスはノルウェーやスウェーデンの西南、地図でいうと左下にあると思っていたのですが、実は想像以上に西、地図でいうと……

ウエストワールド

ゲーム・オブ・スローンズの米HBO作品。アメリカ西部時代を模したテーマパークを舞台に、自分たちがロボットであることを知らされずに生活するアンドロイドたちと、自分たちの欲望を満たすためにやってくる人間たちを描いたSF作品です。

ウエストワールド シーズン1 Amazon配信ドラマ あらすじ ネタバレ 感想 第1話 「目覚め」
写真出典:HBO 「ウエストワールド」は米HBOで放送されたSFドラマです。2016年に米国で放映がはじまると、ポ……