ゲーム・オブ・スローンズ シーズン6 あらすじ ネタバレ 第3話 「背任者」 アリザー・ソーンに処分が下ります

ゲームオブスローンズGOTシーズン6
スポンサーリンク

 にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ


写真出典:HBO

ゲーム・オブ・スローンズの世界では、狼や鷲などの動物に乗り移って操ることができる能力を持つ人々がいます。彼らのことを「ウォーグ」といい、野人のオレルやジョジェン・リード、そしてブラン・スタークなどがいます。

ウォーグの中には時折、より強力な能力を持つ者が現れます。過去や未来のできごとを見る能力で「緑視力(グリーンサイト)」と呼ばれます。三つ目の鴉は緑視力を持つ一人です。

今回、三つ目の鴉によって「ロバートの反乱」の終盤に起きた事件の一端が明かされます。過去に起きたできごとにも興味がわいてきます。

スポンサーリンク

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン6 第3話 あらすじ


写真出典:HBO

タイトル:背任者
初放送日:2016年5月8日
放送時間:53分

北部では、生き返ったジョン・スノウが反逆者を処刑し、ブランは過去を旅して父エダードが妹リアナを救出する場面に遭遇します。また、ウィンターフェルではリコン・スタークがラムジーに引き渡されます。

エッソスでは、アリアが視力を取り戻し、ティリオンはハーピーの息子たちの背後にほかの奴隷都市の親方たちがいることを知ります。デナーリスは寡妃の会(ドシュ・カリーン)へ連行されます。

スポンサーリンク

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン6 第3話 ネタバレ


写真出典:HBO

カースルブラック

ジョン・スノウは生き返りました。ダヴォスやトアマンド、エッドらに迎えられると、自分を殺したアリザー・ソーンやオリーたちを処刑します。その後ジョンは自分の役目は終わったといってエッドにナイツウォッチ総帥のマントを与え、カースルブラックを任せます。

アリザー・ソーンが亡くなりました。彼はシーズン1で登場して以来、ずっとジョンに辛く当たってきました。なぜだったのでしょう。

アリザーはもともとはターガリエン家に仕える武人でした。ロバートの反乱によってターガリエン家が負けたため、アリザーは死刑か壁送りかを選ばされます。結果ナイツウォッチとして生きることを選んだわけですが、原因となった反乱の首謀者スターク家を憎んでいました。スターク家出身のジョンのことを快く迎えるはずがありません。この辺の事情がドラマでは描かれていないため、アリザーはただの嫌なやつで終わった感があります。

アリザー・ソーン

南部へ向かう船の中にサムとジリ、その子どもの姿がありました。彼らはオールドタウンにあるメイスターの本拠地「知識の城(シタデル)」へ向かっています。しかしシタデルに女は入れません。サムはメイスターとして修行する間、ジリと子どもには自分の故郷「角の丘城(ホーンヒル)」に住んで欲しいと伝えます。

壁の北

ブランは三つ目の鴉に連れられて過去を旅していました。ブランが見ているのは、若き父エダード・スタークが5人の戦士を従え、ドーンにある「喜びの塔」でリアナ・スタークを救い出そうとする場面です。エダードの横にはミーラとジョジェンの父ハウランド・リードの姿もあります。彼らの様子をブランと三つ目の鴉が見守りますが、エダードたちからブランや三つ目の鴉の姿は見えません。

リアナ・スタークとレイガー・ターガリエンの失踪を発端として起こった「ロバートの反乱」でターガリエン王朝は終焉を迎えます。エイリス王を倒したあと、エダード・スタークはリアナがドーンの「喜びの塔」に監禁されていると知って現地へ向かいました。
ロバートの反乱 ゲーム・オブ・スローンズ リアナ・スタークとレイガー・ターガリエン 若かりしロバートはすごかった
写真出典:HBO ゲーム・オブ・スローンズの魅力の一つは濃厚な世界背景にあります。緻密に組まれたウェスタロスの……

王の盾アーサー・デインとジェロルド・ハイタワーがエダードたちに立ちはだかります。アーサーは「暁の剣」と呼ばれる王国一の剣士です。数ではエダードたちが勝っていましたが、アーサーの剣の前に北部の戦士たちは次々と倒され、エダードとアーサーだけが残ります。様子を見ていたブランは幼いころ、このときの戦いのことを父エダードから何度も聞かされ、アーサーに勝ったと覚えていました。しかしアーサーの方がはるかに強そうです。エダードがアーサーの攻撃によって剣を落とされたとき、倒れていたハウランドがアーサーの後ろから忍び寄って短刀を突き刺しました。エダードがとどめを刺します。父が騎士道に反する行為で助けられたことにブランは驚きます。そのとき塔から女の悲鳴が聞こえました。若きエダードとハウランドは塔へ向かいます。

三つ目の鴉はブランをウィアウッドの木の洞窟に戻らせます。ブランは塔で起きたことを知りたがりますが、三つ目の鴉は同じ場所に留まることは危険だといいます。

エダードが塔へ入っていくところでブランは元の世界へ戻されましたが、塔の中で何が起きたのかはシーズン6第10話で語られます。

ヴァエス・ドスラク

カール・モロに連れられてヴァエス・ドスラクにやってきたデナーリスは、寡妃の会(ドシュカリーン)の長老に紹介されます。長老はデナーリスの処遇について話し合うといいます。

ミーリーン

ハーピーの息子たちに協力している女ヴァーラがヴァリスの元に連行されて来ます。ヴァーラはハーピーの息子たちからの報復を恐れて何も話そうとしません。ヴァリスが家族でミーリーンを脱出させる用意があるといって説得すると、ハーピーの息子たちを支援しているのはユンカイ、アスタポア、ヴォランティスの親方であることを白状しました。

ヴァリスはハーピーの息子たちの支援者が奴隷都市の親方たちであることをティリオンに伝えます。グレイワームは奴隷都市への攻撃を要求しますが、出兵すればミーリーンの防備が手薄になるといってティリオンは反対します。

ブレーヴォス

アリア・スタークは失明したままウェイフと棒術の稽古を繰り返します。あるとき兄弟の人数を問われたアリアは「5人」と答えます。事実と違いました。ウェイフがアリアを叩きのめします。別のとき、同じ質問をされたアリアは「4人、血のつながらない兄が一人」と答えます。ウェイフは攻撃してきません。嘘を付いたら攻撃するという稽古です。

そしていつしかアリアが事実だけを答えるようになると、ウェイフの攻撃をすべて防ぐことができるようになります。ジャクェン・フ=ガーが現れ、名前をいえば視力を戻してやるといいます。アリアが誰でもないと答えると、ジャクェンは水を与えます。アリアは毒であることを疑いますが、誰でもないのであれば恐れる必要はないといわれ、水を口にしました。アリアは視力を取り戻します。

王都

かつてヴァリスは「小鳥たち」と呼ばれる子どもの密偵たちを各地に放って七王国の情報を集めていました。今、クァイバーンは「小鳥たち」を手なずけています。そこへジェイミーとサーセイがグレガー・クレゲインを伴ってやってくると、王都だけでなく北部やドーンなどあらゆるところに密偵を送るように命じます。

次にジェイミーとサーセイは小評議会に現れます。エラリア・サンドと砂蛇がドーンを掌握し、ミアセラを殺したことへの報復を話し合おうとしますが、王の手となった叔父ケヴァンやメイス・タイレル、オレナ、パイセルといった小評議会のメンバーはサーセイの専横を避けるように部屋を出ていきます。

トメン王はハイスパローを尋ね、母サーセイが姉ミアセラの墓参りを許すよう要求します。しかしハイスパローは裁判が終わって贖罪が済むまでは許可できないといいます。

ウィンターフェル

ルースを殺し、北部総督となったラムジーの元にスモールジョンが訪ねてきます。

スモールジョンの本当の名前はジョン・アンバーといい、アンバー家はスターク家の旗主です。父親がグレイトジョンと呼ばれていたため、息子はスモールジョンと呼ばれています。グレイトジョンはシーズン1第10話で登場しましたが、その後亡くなったようです。戦死したのか、ツインズ城で犠牲になったのか不明です。

ラムジーはスモールジョンに来訪の理由を尋ねます。アンバー家の領地は壁に近いラストハース城ですが、ジョン・スノウが野人に土地を与えたため、野人たちと争いになるといいます。そのためラムジーに協力を求めてきたのです。ラムジーは、北部総督である自分に忠誠を誓えば協力するといいますが、スモールジョンは忠誠を拒否します。しかし忠誠の代わりに贈り物があるといい、オシャとリコン・スタークを差し出しました。ラムジーが本物のリコンかどうか疑うと、切断されたダイアウルフの頭部を見せます。リコンのダイアウルフであるシャギードッグの頭部でした。

リコン・スタークは、エダード・スタークの末子です。ウィンターフェル落城後、オシャに助けられてブランと共にウィンターフェルを目指していましたが、壁の北へ向かうというブランと別れ、アンバー家のラストハース城へ避難しました(シーズン3第9話)。

前:シーズン6第2話

次:シーズン6第4話

シーズン6あらすじ・ネタバレ

ゲーム・オブ・スローンズ 関連情報

当ブログでは、ゲーム・オブ・スローンズの登場人物や世界地図などの情報を紹介しています。以下にまとめていますのでご興味いただけたらご参照ください。

当ブログのゲーム・オブ・スローンズ関連記事まとめ

ゲーム・オブ・スローンズの世界地図
ゲーム・オブ・スローンズの登場人物
ゲーム・オブ・スローンズの登場人物の最後

シーズン1 あらすじ
シーズン2 あらすじ
シーズン3 あらすじ
シーズン4 あらすじ
シーズン5 あらすじ
シーズン6 あらすじ
シーズン7 あらすじ
シーズン8 あらすじ

スターク家
グレイジョイ家
タリー家
アリン家
ラニスター家
タイレル家
バラシオン家
マーテル家
ターガリエン家
ボルトン家
フレイ家
ナイツウォッチ
その他野人・ホワイトウォーカーなど

ハウス・オブ・ザ・ドラゴン 関連情報

当ブログでは、ゲーム・オブ・スローンズのスピンオフドラマ「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」の登場人物や各エピソードの情報を紹介しています。

登場人物

-シーズン1 あらすじ
-第1話「ドラゴンの後継者」
-第2話「王弟」
-第3話「名を継ぐ者」
-第4話「ナロー・シーの王」
-第5話「われらは道を照らす」
-第6話「王女と王妃」
-第7話「ドリフトマーク」
-第8話「潮の主」
-第9話「翠の評議会」
-第10話「黒装の女王」

その他おすすめのドラマ

ゲーム・オブ・スローンズを楽しめる方にはこちらのドラマもおすすめです。

ROME

共和制から帝政へと移行していく古代ローマの混乱期を描いたドラマです。時代の流れに翻弄され、巻き込まれていく人物たちから目が離せません。登場するのはカエサルやアントニウス、オクタヴィアヌス、クレオパトラといった実在の人物ばかり。世界史に興味ある方におすすめです。

ROMEあらすじ

ヴァイキング 〜海の覇者たち

伝説的なヴァイキングの王ラグナル・ロズブロークの活躍を描いたドラマです。ゲーム・オブ・スローンズのような血なまぐさい戦闘シーンも見ものですが、史実にもとづいた中世北欧の生活や文化も興味深いです。

ヴァイキング シーズン1あらすじ

ウエストワールド

ゲーム・オブ・スローンズの米HBO作品。アメリカ西部時代を模したテーマパークを舞台に、自分たちがロボットであることを知らされずに生活するアンドロイドたちと、自分たちの欲望を満たすためにやってくる人間たちを描いたSF作品です。

ウエストワールド シーズン1あらすじ

ウィッチャー

ポーランドの作家アンドレイ・サプコフスキによるダークファンタジー小説を原作としたNetflixのオリジナルドラマです。Playstation4/Nintendo Switchから発売されているゲーム「ウィッチャー3」も人気があります。

ウィッチャー シーズン1あらすじ
ウィッチャー シーズン2あらすじ

スポンサーリンク
海外ドラマブログ