スポンサーリンク

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1 あらすじ ネタバレ 第9話 「ベイラー大聖堂」 このドラマを見続けようと決定づけた話


写真出典:HBO

前回までのあらすじ。「王の手」となったエダード・スタークは、ジョフリー王子をはじめとする王の子どもたちが王の血を引いてないことを知ります。しかしロバート王が狩猟中の事故で亡くなると、新たな王となったジョフリーを正当な王と認めないエダードは反逆罪で地下牢につながれます。エダードの息子ロブは父が捕らえられたことを知り、王都へ向けて進軍を開始します。

エダード・スタークの落とし子ジョン・スノウは、ナイツウォッチに就任し、剣で倒しても起き上がって襲ってくる亡者を目の当たりにします。

一方、旧王朝の遺児デナーリスは、東のエッソス大陸で草原の民ドスラク人の王妃となりますが、夫カール・ドロゴが決闘で怪我をします。

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1 第9話 あらすじ


写真出典:HBO
タイトル:ベイラー大聖堂
初放送日:2011年6月12日
放送時間:57分

反逆罪で捕らわれたエダード・スタークは、娘たちを救うために虚偽の自白をするべきかどうか迷います。

ラニスター家との戦いが迫るスターク軍は、トライデント河を渡るため、ウォルダー・フレイと交渉します。

ジョン・スノウはメイスター・エイモンの出自を知り、デナーリスは瀕死のカール・ドロゴを魔術で治療することを命じます。

スポンサーリンク

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1 第9話 ネタバレ


写真出典:HBO

ラニスター軍の動き

父タイウィンから先鋒を命じられたティリオンは、父が自分を殺そうとしているのだと考えます。そして自分のテントに戻ると、ブロンが娼婦のシェイを連れてきていました。

夜、3人は酒を飲みながらゲームを行います。

ここで行われるゲームは、今後もティリオンがよくやります。一方がもう一方の過去を推測し、当たれば当てられた方が、外れれば推測した方が酒を飲む。嘘はつかないというゲームです。

彼らは身の上話を交わし、ティリオンはかつてティシャという娘を助け、彼女と結婚したことを明かします。実はティシャは娼婦で、兄ジェイミーがティリオンに女性を教えるために仕組んだ芝居でした。父タイウィンはこのことを知ると、ラニスター家の衛兵1人につき銀貨1枚を払ってティシャに相手させ、衛兵たちと彼女が性交するところを見るようティリオンに強要したといいます。

翌朝、タイウィンの軍とスターク家の軍が衝突します。戦いが始まった途端、ティリオンは味方の軍勢に踏みつけられて気絶。意識を取り戻したときには戦いは終わっていました。ラニスター軍が勝ちますが、この戦いにスターク軍は2000しかいませんでした。残りの1万8000の兵がどこに行ったのかはわかりません。

スターク軍の動き


ロブ・スタークが率いる北部軍は、トライデント河に架かる橋を守る双子城(ツインズ)にやってきます。ここはキャトリンの実家タリー家に忠誠を誓うフレイ家の拠点です。フレイ家の当主ウォルダー・フレイは高齢ですが、結婚を繰り返しているためたくさんの子どもや孫がいます。「ロバートの反乱」のときは意図的に遅れて参戦したため「遅参公」と呼ばれます。

ウォルダー・フレイが橋を閉鎖しているため、軍が川を渡ることはできません。キャトリンはいいます。

「フレイ家は600年、この関門橋を守ってきた。一度もタダで通したことはない」

キャトリンが息子ロブの代理として交渉すると、ウォルダー・フレイは橋を渡るための条件を出してきました。それはロブとアリアがフレイ家の人間と結婚するというものです。ロブは承諾します。

ロブは河を渡ると軍勢を二つに分け、2000の兵をタイウィンの軍へ向かわせます。残りの1万8000でジェイミーの軍に奇襲を仕掛けると、ジェイミーを捕虜にします。

黒の城

ナイツウォッチの総帥ジオーは、亡者から命を救ってくれたジョンに家宝の剣「ロングクロウ」を贈ります。この剣はヴァリリア鋼と呼ばれる希少な金属でできた剣です。もともとはジオーの息子ジョラーのものですが、彼は追放されたためジョンに譲るといいます。
そしてアリザー・ソーンを王都へ向かわせたといいます。ジョンが倒した亡者の手を持たせ、迫る危機を王都に知らせるためです。

仲間たちの元へ戻ってきたジョンは、メイスター・エイモン宛ての手紙を読んだというサムからロブが挙兵したことを聞かされます。ロブとともに戦うことを願うジョンは動揺します。するとメイスター・エイモンに呼ばれました。エイモンは自分の出自について語ります。彼は実は狂王エイリス・ターガリエンの叔父です。かつてロバートの反乱が起きたとき、親族が殺され追放されるのを「壁」から見守るしかできませんでした。それが誓いを立てたナイツウォッチだと諭します。

エッソス

カール・ドロゴは胸の傷が悪化して瀕死です。ジョラーはデナーリスに逃げることを促します。力がすべてであるドスラク人の社会では、ドロゴが死ねば後継者を巡る戦いになり、デナーリスとお腹の子どもが危険だからです。

ジョラーの助言を拒否したデナーリスは、ミリ・マズ・ドゥールに魔術を使って治すように命じます。ミリは代償として死が必要だといい、カール・ドロゴの馬をテントに入れて喉を斬り裂くと、人々を立ち去らせました。魔術がはじまり、テントからは不気味な詠唱が鳴り響きます。魔術を止めさせようとした戦士を止めようとしたデナーリスは突き飛ばされ、陣痛がはじまります。ジョラーが産婆を呼びますが、デナーリスは呪われたと信じて誰も助けようとしません。ジョラーは魔術が行われているドロゴのテントにデナーリスを運び入れます。

王都

ヴァリスは地下牢のエダードを訪ねると、ジョフリー王に忠誠を誓えば命は助かるといいます。エダードはヴァリスの助言を拒否しますが、娘たちの命は心配ではないのかといわれて考え悩みます。

ラニスター家の襲撃から逃れた次女アリアは、ベイラー大聖堂の前に父エダードが連行されてくることを知って向かいます。ジョフリー王やサーセイ、姉サンサ、小評議会が見守る中、エダードは人々の前で自分の反逆罪を認め、ジョフリー王に忠誠を誓います。忠誠を誓ったためエダードの命は助かる約束です。しかしジョフリー王は約束を破ってエダードの斬首を命じました。

サーセイが処刑をやめさせようとします。サンサは助命を叫びます。しかしエダードは処刑されます。アリアは近くにいたヨーレンに目を防がれたため、その瞬間を見ることはありませんでした。

評判を聞いて「ゲーム・オブ・スローンズ」を見たとき、出てくる人は多いしどこで何が起きているのかわからないし、正直、それほどおもしろいドラマだとは思えませんでした。しかしこの第9話を見たとき考えは変わりました。このドラマはやばい。エダードが主人公だと思っていたので助かるのだろうと思っていたのですが、予想を覆す展開に衝撃を受けました。

<<前 第8話 

>>次 第10話

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1 あらすじ 第1話から第10話までをざっくり紹介

ゲーム・オブ・スローンズ関連情報

ゲーム・オブ・スローンズは、Amazonプライムビデオから視聴できます。

>> 字幕版を見る

>> 吹替版を見る

当ブログでは、ゲーム・オブ・スローンズの登場人物や世界地図などの情報を紹介しています。以下にまとめていますのでご興味いただけたらご参照ください。

ゲーム・オブ・スローンズ | 目次 当ブログのGOT関連記事まとめ
ゲーム・オブ・スローンズ 地図 | 七王国 ウィンターフェル キングズランディングはどこにある?
ゲーム・オブ・スローンズの登場人物 | アイウエオ順

その他おすすめのドラマ

ゲーム・オブ・スローンズを楽しめる方にはこちらのドラマもおすすめです。

ROME

共和制から帝政へと移行していく古代ローマの混乱期を描いたドラマです。時代の流れに翻弄され、巻き込まれていく人物たちから目が離せません。登場するのはカエサルやアントニウス、オクタヴィアヌス、クレオパトラといった実在の人物ばかり。世界史に興味ある方におすすめです。

ROME[ローマ] あらすじ 感想 シーザーが皇帝じゃないことがずっと疑問だった

ヴァイキング 〜海の覇者たち

伝説的なヴァイキングの王ラグナル・ロズブロークの活躍を描いたドラマです。ゲーム・オブ・スローンズのような血なまぐさい戦闘シーンも見ものですが、史実にもとづいた中世北欧の生活や文化も興味深いです。

ヴァイキング 〜海の覇者たち〜 シーズン1 見てみた! ヒストリーチャンネルが制作した初の歴史ドラマです

ウエストワールド

ゲーム・オブ・スローンズの米HBO作品。アメリカ西部時代を模したテーマパークを舞台に、自分たちがロボットであることを知らされずに生活するアンドロイドたちと、自分たちの欲望を満たすためにやってくる人間たちを描いたSF作品です。

ウエストワールド シーズン1 あらすじ 感想 第1話 目覚め おもしろいかどうかまだよくわからない