スポンサーリンク

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン4 あらすじ ネタバレ 第5話「新王誕生」 不気味さ満載のライサ・アリンに注目


写真出典:HBO

王都ではジョフリー王が亡くなり、弟トメンが新たな王として即位しました。ティリオンは事件の容疑者として牢に捕らわれ、妻サンサはピーター・ベイリッシュに連れられて叔母ライサの元へ脱出します。
サンサの行方がわからないジェイミーは、ブライエニーをサンサ捜索の旅に向かわせます。
壁の北では、三つ目の鴉を探す旅を続けているブランがナイツウォッチの反乱者たちに捕まります。

続けてシーズン4第5話を紹介します。今回、重大な謎の一端がさらりと明かされます。

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン4 第5話 あらすじ


写真出典:HBO

タイトル:新王誕生
初放送日:2014年5月4日
放送時間:53分

七王国では、ジョフリー王のあとを継いでトメンが即位します。
ピーター・ベイリッシュとサンサはアリンの谷間に着き、ベイリッシュはライサと結婚します。
サンサを探すブライエニーは、彼女がジョン・スノウを頼るだろうと考えてカースルブラックへ向かいます。
ジョンは仲間と共にクラスターの砦で反乱者たちを倒します。
反乱者に捕まっていたブランは脱出し、ジョンに会えないままさらに北を目指します。

スポンサーリンク

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン4 第5話 ネタバレ


写真出典:HBO

王都

トメン1世が即位し、家臣たちは新たな王に忠誠を誓います。

タイウィン・ラニスターとサーセイは、トメンとマージェリーの結婚式の日取りを決めると、次にサーセイとロラス・タイレルの結婚について話します。サーセイはロラスとの結婚は乗り気ではありません。しかしラニスター家はタイレル家と手を組む必要がありました。ラニスター家の資金源である西部の金の鉱脈は尽き果て、王国はブレーヴォスのアイアンバンクに莫大な債務を抱えているためです。

その後サーセイはオベリン・マーテルに会うと、ドーンにいる娘ミアセラのことを心配します。オベリンは、ミアセラは不自由なく暮らしていると教えます。

ミアセラ・バラシオンは、サーセイの娘でジョフリーとトメンの妹です。表向きはロバート・バラシオン王の娘ということになっていますが、実際はジョフリーたちと同様、サーセイとジェイミーの子どもです。五王の戦いが起こると、マーテル家と同盟するためドーンへ送られました(シーズン2第6話)。

サンサを探し出すため王都を出立したブライエニーは、サンサが兄ジョン・スノウを頼ると考え、カースルブラックへ向かいます。同行するポドリックが馬を操ることも料理もできないと知って嘆きますが、ポドリックはブラックウォーターの戦いで王の盾の騎士からティリオンを守ったと聞いて見直します。

ブライエニーとポドリックのコンビは見ているとほのぼのします。

エッソス

デナーリスの元にジョフリーが毒殺されたことが伝わると、バリスタン・セルミーとダーリオ・ナハーリスは七王国を侵略する好機と判断します。しかしジョラー・モーモントは、王都を攻め落とせばいいわけではないので油断できないと警告します。そして、ユンカイでは奴隷制度が復活し、アスタポアでは皇帝を自称する肉料理人が即位したといいます。デナーリスは、七王国を侵略する前に奴隷商人湾の都市の統治を成功させることを決意します。

谷間

ピーター・ベイリッシュとサンサはアリンの谷間に到着し、ライサと息子のロビンに迎えられます。ライサはベイリッシュと二人だけになると、すぐにでも結婚したといって迫ります。そして、ベイリッシュに命じられて夫ジョン・アリンを毒殺したこと、ラニスターに罪を着せるために偽の手紙を姉キャトリンに送ったことなど、ベイリッシュのためにどれだけ貢献してきたかを話します。ベイリッシュが結婚を承諾すると、控えさせていた司祭たちが現れ、ベイリッシュとライサの結婚式が執り行われます。

ライサはかなり重大なことを明かしました。ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」は、王の手ジョン・アリンの謎の死からはじまりましたが、真相はわかっていませんでした。しかしライサとベイリッシュの会話により、ジョン・アリンを毒殺したのはピーター・ベイリッシュに命じられたライサだったことがわかりました。さらにラニスター家の犯行と思わせるため、偽の手紙をキャトリンへ送ったといいます。

その後サンサと会ったライサは、ベイリッシュと姉キャトリン、自分たちの関係について話します。そしてベイリッシュがサンサを助けるのは、サンサが彼を誘惑したからだといってサンサを非難します。サンサがベイリッシュとは恋愛関係にないことを必死に説得すると、ライサは納得し、ティリオンが処刑されたあとにサンサとロビンを結婚させるといいます。

ライサ・アリンはタリー家の出身で、キャトリン・スタークの妹です。キャトリンやライサが幼いころ、ピーター・ベイリッシュが里子としてタリー家にやってきました。彼に「リトルフィンガー」というあだ名を付けたのは幼かったエドミュア・タリーです。

タリー家にやってきたベイリッシュはキャトリンに恋し、ライサはベイリッシュに恋します。キャトリンとブランドン・スターク(エダードの兄)の結婚が決まると、ベイリッシュはブランドンに決闘を挑みます。しかしベイリッシュは敗れました。怪我をしたベイリッシュは療養中、世話してくれたライサと肉体関係を持ち、ライサは身ごもります。ライサの妊娠を知った父ホスターは怒り、ベイリッシュは追放され、ライサは堕胎させられました。その後ベイリッシュは、ブランドンに負けたことで自分には力がないことを知り、欲しいものを手に入れるためには知恵を使うことを決意します。

ロバートの反乱が起こると、タリー家とアリン家が同盟するため、ライサは親子ほど年の差があるジョン・アリンと結婚させられます。そして姉キャトリンは、婚約していたブランドンが亡くなったためブランドンの弟エダードと結婚します。反乱後ロバートが王となってジョン・アリンが王の手に任命されると、夫と共に王都で暮らしていました。その後もベイリッシュを愛し続けたライサは、夫ジョン・アリンに頼んでベイリッシュを小評議会に加えます。

リヴァーランド

谷間へ向かうサンダー・クレゲインとアリア・スタークは野宿して寝ようとしていました。しかしアリアが殺したい人間の名前を次々に口にするため、サンダーは気になって眠れないといいます。アリアが言い終わらないと眠れないというので、早く言い終わらせるようにいうと、アリアはサンダーの名前を最後に挙げました。

朝、サンダーが目覚めるとアリアの姿がありません。逃げたのかと思って見渡すとアリアは剣の練習をしていました。サンダーは練習の様子を馬鹿にして自分を襲ってみるように挑発します。アリアはサンダーをニードルで突きますが、鎧に阻まれます。サンダーはアリアを殴り倒すと、鎧を着た相手にアリアの剣技は役に立たないと言い放ちます。

アリアは復讐する人のリストを作成しています。内容はコロコロ変わるようですが、この時点で挙げられている人物は次のとおり。

サーセイ……ジョフリーの母。父エダードを陥れました。
ウォルダー・フレイ……ツインズ城で母と兄を殺しました。
マーリン・トラント……王の盾の一人。師シリオ・フォレルを殺しました。
タイウィン・ラニスター……スターク家の敵です。
メリサンドル……ジェンドリーを連れ去りました。
ベリック・ドンダリオン……ジェンドリーをメリサンドルに渡しました。
ミアのソロス……ドンダリオンと同じ理由
イリーン・ペイン……首切り役人。父エダードを処刑しました。
マウンテン(グレガー・クレゲイン)……ハレンホールで捕虜たちを殺しました。
ハウンド(サンダー・クレゲイン)……ジョフリーに命じられてマイカを殺しました。

以前はジョフリーとポリヴァーの名も挙げていましたがすでに死んでいます。

壁の北

ロックはクラスターの砦に潜入して敵情を視察します。そしてブランたちが小屋に閉じ込められているのを見つけると、ブランの正体に気付きました。ロックはジョン・スノウたちのところへ戻り、反乱者たちが酒を飲んで酔っていることを報告しますが、嘘を付いてブランが捕まっている小屋には近づかないように警告します。

夜、ジョンたちがクラスターの砦に攻撃を仕掛けると、ロックは密かにブランを連れ去ろうとします。ブランはウォーグの能力を使ってホーダーに乗り移り、ロックを倒します。そしてブランはジョンに会おうとしますが、ブランたちの目的がジョンに止められるとジョジェンに注意されて断念。ジョンに会わないまま砦をあとにします。

ジョンはカールたち反乱者を倒しますが、反乱者の一人ラストがいません。ラストは一人で森の中を逃げていましたが、檻から脱出したジョンのダイアウルフ・ゴーストに追われて殺されます。その後ゴーストはジョンの元に戻り、ジョンたちはクラスターの砦と死体を焼き払います。

壁の北では、死体は燃やさないと亡者としてよみがえってしまいます。ラストの死体が燃やされたのかどうか気になります。

<<シーズン4第4話

>>シーズン4第6話

ゲーム・オブ・スローンズ関連情報

ゲーム・オブ・スローンズは、Amazonプライムビデオから視聴できます。

>> 字幕版を見る

>> 吹替版を見る

当ブログでは、ゲーム・オブ・スローンズの登場人物や世界地図などの情報を紹介しています。以下にまとめていますのでご興味いただけたらご参照ください。

ゲーム・オブ・スローンズ | 目次 当ブログのGOT関連記事まとめ
ゲーム・オブ・スローンズ 地図 | 七王国 ウィンターフェル キングズランディングはどこにある?
ゲーム・オブ・スローンズの登場人物 | アイウエオ順

その他おすすめのドラマ

ゲーム・オブ・スローンズを楽しめる方にはこちらのドラマもおすすめです。

ROME

共和制から帝政へと移行していく古代ローマの混乱期を描いたドラマです。時代の流れに翻弄され、巻き込まれていく人物たちから目が離せません。登場するのはカエサルやアントニウス、オクタヴィアヌス、クレオパトラといった実在の人物ばかり。世界史に興味ある方におすすめです。

ROME[ローマ] あらすじ 感想 シーザーが皇帝じゃないことがずっと疑問だった

ヴァイキング 〜海の覇者たち

伝説的なヴァイキングの王ラグナル・ロズブロークの活躍を描いたドラマです。ゲーム・オブ・スローンズのような血なまぐさい戦闘シーンも見ものですが、史実にもとづいた中世北欧の生活や文化も興味深いです。

ヴァイキング 〜海の覇者たち〜 シーズン1 見てみた! ヒストリーチャンネルが制作した初の歴史ドラマです

ウエストワールド

ゲーム・オブ・スローンズの米HBO作品。アメリカ西部時代を模したテーマパークを舞台に、自分たちがロボットであることを知らされずに生活するアンドロイドたちと、自分たちの欲望を満たすためにやってくる人間たちを描いたSF作品です。

ウエストワールド シーズン1 あらすじ 感想 第1話 目覚め おもしろいかどうかまだよくわからない