スポンサーリンク

ゲーム・オブ・スローンズ あらすじ 感想 シーズン8 第2話 七王国の騎士 自分の正体、わかっちゃった


写真出典:HBO

死者の軍団との戦いを前に、ウィンターフェルに人々が集まってきます。そしてついにジョン・スノウが自分の出生の秘密を知りました。

シーズン8 第2話「七王国の騎士」を見ていきたいと思います。

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン8 第2話 あらすじ

タイトル 七王国の騎士
初放送日 2019年4月21日
放送時間 58分

ジェイミーがサーセイの嘘を明かし、ブライエニーの弁護によりデナーリスの軍に加わる。シオンもウィンターフェルに戻る。死者の軍団が翌朝に迫り、ウィンターフェルの人々は戦いに備える。ジョンは自分の出生の真実をデナーリスに告げる。

スポンサーリンク

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン8 第2話 ネタバレ

ウィンターフェル


写真出典:HBO

ウィンターフェルへやってきたジェイミーは、サーセイが約束を破ったこと。自分は約束どおりともに戦いに来たことを伝えます。しかしデナーリスはジェイミーを信用することはできません。彼こそキングスレイヤー(王殺し)その人であり、父エイリス王を殺した男だからです。サンサ・スタークにとっても、ジェイミーは父エダード・スタークを襲撃した男でした。

ティリオンが弁護しますが、ジェイミーの血縁者でありサーセイにだまされたこともあって言葉に説得力はありません。するとブライエニーが擁護します。彼女を信頼するサンサは、ジェイミーを信じ、参戦を承諾します。

ジョン・スノウもジェイミーを受け入れると、デナーリスも気が進まないまま承諾します。

そしてサーセイの嘘を見抜けなかったティリオンに対し、失態が続くならば女王の手を解任すると警告します。

神々の森にいたブランの元にジェイミーがやってきます。ジェイミーが謝罪すると、ブランは彼を許します。今のブランがあるのはかつての事件があったためだと話すのでした。

デナーリスの元にはジョラー・モーモントがやってきます。ティリオンを許すように弁護すると、サンサと話すことを勧めます。ジョラーに諭されてサンサを訪ねるデナーリス。

サンサは、ジョンとデナーリスの関係が不安でした。デナーリスがジョンを操ろうとしていると考えているのです。それを聞いたデナーリスは、鉄の玉座を奪うという自分の欲望よりもジョンへの協力を優先している。彼を愛しているから北部へ来たといいます。サンサは、自分の考えの過ちを謝ります。

しかし死者の軍団を倒し、サーセイを倒したあと北部はどうなるのかと問いかけるサンサに、デナーリスは応えることができませんでした。

そこへメイスターが知らせを持ってきます。シオン・グレイジョイが戻ったのです。

ヤーラを救出したあと、鉄諸島へ戻らずともに戦いに来たというシオン。サンサはシオンを迎え入れます。

作戦会議

壁から逃げてきたトアマンドやドンダリオン、トリットたちがウィンターフェルへやってきます。彼らの話では、死者の軍団はすぐ近くまで迫っている。明朝には到達するといいます。

決戦に向けて作戦会議が開かれました。
ジョンの話では、夜の王を倒せば亡者たちは消滅するといいます。ならば夜の王は姿を現さないのではないかと危惧するジェイミー。するとブランが、夜の王は自分を狙ってくるといいます。人々のすべての記憶を持つ「三つ目の鴉」ブランを消滅することで人間を本当の意味で消滅できるというのです。そして、印を付けられたため自分の居場所は夜の王に把握されているというのでした。

作戦は決まりました。ブランがおとりとなって夜の王を神々の森におびき寄せます。ブランの守りにはシオンが名乗り出ました。五王の戦いによる混乱のとき、ブランが守っていたウィンターフェルを奪った償いでした。

前夜


写真出典:HBO

決戦に備え、戦士たちが最後の夜を過ごします。

グレイワームは、すべての戦いが終わったらミッサンディを故郷のナースへ連れていくと約束します。

一人酒を飲んでいるサンダー・クレゲインのところにアリアがやってきました。そこへドンダリオンも現れます。アリアは、最後の夜を年寄りと過ごすつもりはないといって立ち去ります。

弓の稽古をはじめるアリアの元にジェンドリーがやってきます。アリアから頼まれていた武器を届けに来たのです。するとアリアは、メリサンドルに何をされたのかを聞きます。ジェンドリーがロバート・バラシオンの落とし子であるため血を欲しがっていたことを話すと、ジェンドリーの出自を知ったアリアは驚きます。そして戦いで死ぬ前に男性を体験しておきたいと話し、二人は結ばれます。

ジェイミーやティリオン、ブライエニーたちも酒を交わしています。するとブライエニーが騎士ではないことを知ったジェイミーが彼女を叙任。ブライエニーは七王国の騎士になりました。

サムはジョラーにヴァリリア鋼の剣ハーツベインを譲ります。

戦いを前に、地下墓所で思いにふけっていたジョンの元にデナーリスがやってきます。誰の墓前か尋ねるデナーリスに、リアナ・スタークだと応えるジョン。デナーリスの兄レイガー・ターガリエンがリアナを陵辱した逸話を思い出すデナーリス。しかしジョンは逸話を否定します。そしてレイガーとリアナが密かに結婚し、子どもを作った事実を話します。その子どもこそジョン・スノウです。
ジョンの話すことが真実であるならば、ジョンこそターガリエン家の正当な後継者になります。デナーリスにとってジョンは愛する男性であり、自分より上位の後継者であり、最大のライバルだったのです。

そして死者の軍団がウィンターフェルに現れます。

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン8 第2話 感想

ジェイミーはスタークの味方になりました。ドラマの初期は彼がスタークの強敵として立ちはだかると思っていました。このまま最後まで行くのでしょうか。

デナーリスとサンサはお互いを受け入れることはできなそうです。

一方、ラムジーにはひどい目にあわされたサンサとシオンの再会はなかなか胸熱いものがあります。

ブライエニーがモテモテです。トアマンドはぐいぐい来るし、サンダーも気になっている様子。ジェイミーまでまんざらでもありません。恋愛要素は必要なのだと思いますが、トアマンドはちょっとしつこい。
と思っていたらアリアがジェンドリーと初体験。若干唐突な気もします。バラシオンの血を残すための伏線なのでしょうか。最初、アリアはサンダーのところはやってきました。まさかあれは、ドンダリオンがやってこなければサンダーと初体験しようと思っていたのでしょうか。

夜の王はブランこと三つ目の鴉を狙ってくるそうです。人間のすべての記憶を持つ「三つ目の鴉」の命を奪うことが人間を滅ぼすことになる。ちょっと観念的でよくわかりません。

シーズン1 第1話は迫り来るホワイトウォーカーの脅威からはじまりました。さあ、次回はいよいよ死者の軍団との戦いです。

<< シーズン8 第1話

>> シーズン8 第3話

ゲーム・オブ・スローンズ関連情報

ゲーム・オブ・スローンズは、Amazonプライムビデオから視聴できます。

>> 字幕版を見る

>> 吹替版を見る

当ブログでは、ゲーム・オブ・スローンズの登場人物や世界地図などの情報を紹介しています。以下にまとめていますのでご興味いただけたらご参照ください。

ゲーム・オブ・スローンズ | 目次 当ブログのGOT関連記事まとめ

その他おすすめのドラマ

ゲーム・オブ・スローンズを楽しめる方にはこちらのドラマもおすすめです。

ROME

共和制から帝政へと移行していく古代ローマの混乱期を描いたドラマです。時代の流れに翻弄され、巻き込まれていく人物たちから目が離せません。登場するのはカエサルやアントニウス、オクタヴィアヌス、クレオパトラといった実在の人物ばかり。世界史に興味ある方におすすめです。

ROME[ローマ] あらすじ 感想 シーザーが皇帝じゃないことがずっと疑問だった

ヴァイキング 〜海の覇者たち

伝説的なヴァイキングの王ラグナル・ロズブロークの活躍を描いたドラマです。ゲーム・オブ・スローンズのような血なまぐさい戦闘シーンも見ものですが、史実にもとづいた中世北欧の生活や文化も興味深いです。

ヴァイキング 〜海の覇者たち〜 シーズン1 見てみた! ヒストリーチャンネルが制作した初の歴史ドラマです

ウエストワールド

ゲーム・オブ・スローンズの米HBO作品。アメリカ西部時代を模したテーマパークを舞台に、自分たちがロボットであることを知らされずに生活するアンドロイドたちと、自分たちの欲望を満たすためにやってくる人間たちを描いたSF作品です。

ウエストワールド シーズン1 あらすじ 感想 第1話 目覚め おもしろいかどうかまだよくわからない