スポンサーリンク

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン3 ネタバレ 感想 第6話 「登壁」 タイウィンとオレナの嫌味合戦がすごい


写真出典:HBO

前回、「旗標なき兄弟団」に捕まっていたサンダーは決闘裁判に勝利して解放され、兄弟団のソロスはアリアをロブ・スタークの元へ連れて行くといいます。そのロブは、カースターク家の忠誠を失い、兵力を減らしていました。

スターク家に捕らわれていたジェイミーは、人質交換するためキャトリンに命じられたブライエニーによって王都へ運ばれていましたが、スターク家の旗主ボルトン家の家臣に捕まり、ハレンホールに駐留するルース・ボルトンの元に連れてこられます。

王都では、王の手タイウィン・ラニスターがティリオンとサンサ、サーセイとロラス・タイレルの結婚を決めます。

エッソスではデナーリス・ターガリエンが傭兵部隊アンサリードを手に入れます。

続けて第6話を見ていきます。

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン3 第6話 あらすじ


写真出典:HBO

タイトル:登壁
初放送日:2013年5月5日
放送時間:53分

「旗標なき兄弟団」の元にメリサンドルがやってきてジェンドリーを連れていきます。
王都ではサンサ・スタークとティリオン・ラニスター、サーセイとロラス・タイレルの結婚が決まります。
スターク家はフレイ家と同盟するため、ロブの謝罪とフレイ家への新たな領地、エドミュア・タリーとフレイ家の娘の結婚を承諾します。
北部ではシオンが拷問され続け、野人たちが壁を登ります。

スポンサーリンク

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン3 第6話 ネタバレ


写真出典:HBO

リヴァーランド

「旗標なき兄弟団」の元にメリサンドルとスタニスの兵士たちがやってきます。メリサンドルは、光の王が必要とする人物が「兄弟団」にいるといってジェンドリーを連れていきます。様子を見ていたアリアがメリサンドルを非難すると、メリサンドルはアリアの未来を予言して去って行きます。

メリサンドルは、アリアが茶色の目、青い目、緑の目を永遠に閉じるといいました。これはアリアが目の色の異なる3人の人物を殺すという予言です。

スターク家とフレイ家によって、同盟の条件について会合が行われます。フレイ家は条件としてロブの謝罪と領地としてのハレンホール、そしてエドミュア・タリーとウォルダー公の娘ロズリンの結婚を提示してきました。

会ったことのない女性との結婚を躊躇するエドミュア。戦時中だから文句を言うなというロブ。そもそもはロブがフレイ家との約束を破ったからこのような事態になっているわけです。ロブ、勝手すぎ。

北部

ウィンターフェルを脱出したブランとリコンの兄弟、スターク家に仕えるオシャとホーダー、そこにリード家のミーラとジェジェンが加わり、彼らはナイツウォッチに助けを求めるため「壁」を目指していました。ジョジェンが目覚めると、ジョン・スノウが野人と一緒にいる夢を見たといいます。

シオン・グレイジョイは縛り付けられ、若者によって拷問されています。彼は自分の正体を当てるように命じますが、シオンが当てられないためシオンの指をナイフでえぐりはじめます。

拷問シーンが凄惨です。見ていて痛い、痛すぎる。

ハレンホール

ルース・ボルトンはジェイミー・ラニスターを王都へ戻すといいます。ただし右腕を失ったこととルースは無関係であることをタイウィンに伝えるという条件を付けます。ジェイミーは承諾すると、解放されたことをブライエニーに伝え、王都までの旅について軽口をたたきはじめます。しかしルース・ボルトンはブライエニーの同行を許可しません。ブライエニーはキャトリンからジェイミーを王都へ届けるよう命じられていると反論しますが、ルースは彼女を反逆幇助罪で捕えておくといいます。

ボルトン家はスターク家の旗主なので、本来ならば捕虜であるジェイミーを主君であるロブに返すべきです。しかしジェイミーを王都のラニスター家に返せば莫大な報奨金が支払われるため、ルースはジェイミーをラニスター家に戻すといっています。

王都

タイウィン・ラニスターはオレナ・タイレルと会い、タイレル家のロラスと娘サーセイの結婚を認めさせようとします。しかしオレナが反対したため、ロラスを「王の盾」に入れるといって脅します。「王の盾」は相続と結婚ができません。そのためロラスが「王の盾」に入るとタイレル家の後継者はいなくなります。オレナはロラスとサーセイの結婚を承諾します。

タイウィンとオレナがロラスの男色とサーセイの近親相姦について嫌味を交わします。しかし10数年前までタイレル家が仕えていたターガリエン家では近親相姦が珍しいことではありませんでした。そう考えるとオレナが近親相姦に嫌悪感を見せるのは少し疑問です。

サーセイと会っていたティリオンは、ブラックウォーターの戦いのときに自分を暗殺させようとした人物がサーセイなのかどうか尋ねます。そしてどうやら命じたのはジョフリー王であることに気づきます。ティリオンは今も狙われているのかと心配しますが、サーセイはタイウィンが王の手になったため安心だといいます。

その後ティリオンはサンサを訪ねると、彼女の結婚相手はロラスではなく自分だと告げます。

ピーター・ベイリッシュを見つけたヴァリスは、サンサを王都から連れ出そうとしたベイリッシュの計画が失敗したことを暗に触れます。ベイリッシュは先のことはわからないといい、ヴァリスに情報を与えた娼婦ロスをジョフリー王に与えて殺させたことを明かします。

「壁」の向こう

クラスターの砦から逃げ出したサムとジリは「壁」に向かっていました。

一方、別の場所ではトアマンドに率いられた野人たちが壁を登ります。途中、イグリットが作ったヒビが原因で壁の一部が崩落し、何人かは犠牲になりますが、ジョンがイグリットを救い、彼らは壁の頂上に到達します。

<<シーズン3 第5話

>>シーズン3 第7話

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン3 あらすじ スターク家はどこまで悲劇に襲われるのか

ゲーム・オブ・スローンズ関連情報

ゲーム・オブ・スローンズは、Amazonプライムビデオから視聴できます。

>> 字幕版を見る

>> 吹替版を見る

当ブログでは、ゲーム・オブ・スローンズの登場人物や世界地図などの情報を紹介しています。以下にまとめていますのでご興味いただけたらご参照ください。

ゲーム・オブ・スローンズ | 目次 当ブログのGOT関連記事まとめ
ゲーム・オブ・スローンズ 地図 | 七王国 ウィンターフェル キングズランディングはどこにある?
ゲーム・オブ・スローンズの登場人物 | アイウエオ順

その他おすすめのドラマ

ゲーム・オブ・スローンズを楽しめる方にはこちらのドラマもおすすめです。

ROME

共和制から帝政へと移行していく古代ローマの混乱期を描いたドラマです。時代の流れに翻弄され、巻き込まれていく人物たちから目が離せません。登場するのはカエサルやアントニウス、オクタヴィアヌス、クレオパトラといった実在の人物ばかり。世界史に興味ある方におすすめです。

ROME[ローマ] あらすじ 感想 シーザーが皇帝じゃないことがずっと疑問だった

ヴァイキング 〜海の覇者たち

伝説的なヴァイキングの王ラグナル・ロズブロークの活躍を描いたドラマです。ゲーム・オブ・スローンズのような血なまぐさい戦闘シーンも見ものですが、史実にもとづいた中世北欧の生活や文化も興味深いです。

ヴァイキング 〜海の覇者たち〜 シーズン1 見てみた! ヒストリーチャンネルが制作した初の歴史ドラマです

ウエストワールド

ゲーム・オブ・スローンズの米HBO作品。アメリカ西部時代を模したテーマパークを舞台に、自分たちがロボットであることを知らされずに生活するアンドロイドたちと、自分たちの欲望を満たすためにやってくる人間たちを描いたSF作品です。

ウエストワールド シーズン1 あらすじ 感想 第1話 目覚め おもしろいかどうかまだよくわからない