スポンサーリンク

ゲーム・オブ・スローンズ あらすじ 解説 シーズン1 第5話 狼と獅子 スターク家とラニスター家が衝突!


写真出典:HBO

4話までのできごとを整理します。

王都キングス・ランディングで「王の手」ジョン・アリンが亡くなりました。国王ロバートは、親友のエダード・スタークを新たな「王の手」に任命するため、家族を連れて北部を訪れます。

エダード・スタークの妻キャトリンのもとに手紙が届きます。差出人は妹ライサ。彼女は亡くなったジョン・アリンの妻です。手紙には、ジョン・アリンはラニスター家によって暗殺されたと記されていました。ラニスター家は王妃サーセイの実家です。エダードは、王国に起こっている事件を解決するため、王の手に就任することを承諾します。

そして、エダードの息子ブラン・スタークが塔から落下しました。彼は一命を取り止めますが、意識は戻りません。落下はブラン自身が起こした事故として扱われます。

エダードが国王一家とともに王都へ旅立つと、意識の戻らないブランの命を暗殺者が狙います。ブランは助かりますが、キャトリンは事件性を疑います。

ブランが落下した塔をキャトリンが調べると、金髪が落ちていました。ラニスター家は金髪、碧眼の一族として有名です。また、暗殺者が使った短剣は、一般の人では持つことができないような高価なものでした。

ブランの落下は事故ではなく、ラニスター家の関与を確信したキャトリンは、そのことをエダードに直接知らせるため王都へ向かいます。そして、短剣がティリオン・ラニスターのものであることがわかりました。

ジョン・アリンの死について調査を続けるエダードは、ジョン・アリンが生前、諸名家の身体的特徴や血統などについて調べていたことを知ります。そして「ジョンが町の鍛冶屋を何度か訪れていたこと」「ジョン・アリンの従者だったヒューが、ジョンの死後、従者から騎士に昇格したこと」を突き止めました。そこでジョンが訪ねていたという鍛冶屋を訪ねると、国王ロバート王の落とし子ジェンドリーを発見します。しかし、話を聞こうとしていたヒューは馬上槍試合で殺されてしまいました。

一方、王都から北部へ戻るキャトリン・スタークと、北部から王都へ戻るティリオン・ラニスターが街道の宿で遭遇。キャトリンは息子ブランを暗殺しようとした罪でティリオンを捕らえるのでした。

ゲーム・オブ・スローンズ S1E5 あらすじ

タイトル 狼と獅子
初放送 2011年5月15日
放送時間 55分

エダード・スタークは前任の王の手であったジョン・アリンの死の真相を調べている。そこへデナーリスが妊娠した知らせが入り、国王ロバートは小評議会に暗殺を命令。王の命令に反対するエダードは王の手を辞任する。

スポンサーリンク

ゲーム・オブ・スローンズ S1E5 解説

キングズ・ランディング


エダードは馬上槍試合でグレガーに殺された騎士ヒューの死を不審に思い、対戦相手がどうやって決められたのかを確認します。バリスタンによれば、対戦相手はくじによって決められていました。


エダード・スターク
北部を治めるスターク家の当主。ジョン・アリンの死に伴い、新たな王の手として王都へやってきました。国王ロバートとは旧知の仲です。

バリスタン・セルミー
前王から王国に仕える「王の盾」(キングズガード)の総帥

グレガー・クレゲイン
通称マウンテン、王国最強と噂される戦士。馬上試合でヒューを殺しました。

ヒュー
ジョン・アリンの従者でしたが、ジョンの死後、なぜか騎士に取り立てられています。

馬上槍試合は、グレガー・クレゲインとロラス・タイレルの決勝戦が行われます。グレガーは最強の戦士と噂されますが、ロラスの勝利に終わりました。ロラスが発情した牝馬に乗っていたため、グレガーの馬がいうことを聞かなかったためです。タイレル家が策略や駆け引きに長けた一族であることがわかります。
グレガーは負けたことに激怒し、自分が乗っていた馬の首をはねるとロラスに襲いかかります。そこへグレガーの弟サンダー・クレゲインが助けに入り、二人は剣で戦い合いますが、国王ロバートが争いを止めました。


ロラス・タイレル
河間平原(リーチ)を治めるタイレル家の長男。薔薇の騎士とあだ名される貴公子。国王の弟レンリー・バラシオンとは同性愛の関係です。

レンリー・バラシオン
国王ロバートの弟。法務大臣。ロラスと同性愛の関係にあり、王位を狙うようそそのかされます。

王宮


諜報大臣のヴァリスがエダードと会っています。そして、ジョン・アリンは毒殺されたこと、王の身にも危険が迫っていることを警告します。

剣の修行の一環として猫を追っていたアリアは、地下へ迷い込みました。そこで密会する2人の男の会話を聞いてしまいます。それはヴァリスとイリリオなのですが、アリアにはわかりません。会話では、息子を殺そうとしたため狼と獅子が一触即発の状態であるといいます。これは、エダードの息子ブラン・スタークを殺そうとしたためスターク家とラニスター家とが緊張状態にあるといっています。狼はスターク家、獅子はラニスター家の紋章です。するともう一方が、今戦争になっても困るので王の手を殺すといいます。


アリア・スターク
エダード・スタークの娘。王宮に仕えるため連れてこられましたが、剣術に興味があります。

ヴァリス
諜報大臣。通称「スパイダー」。「小鳥たち」と呼ぶスパイを各地に配し、世界中の情報を集めます。

イリリオ
エッソス大陸の自由都市ペントスの豪商。ターガリエン家のヴィセーリスとデナーリスの兄妹を支援し、デナーリスとカール・ドロゴを結婚させました。

何について話をしているのかアリアにはわかりませんでしたが、「王の手」とは父親エダード・スタークのことです。見聞きしたことをエダードに知らせます。そこへヨーレンがやってきました。ヨーレンはティリオンとともに北部から王都へ向かっていましたが、途中、ティリオンがキャトリンに捕まったことを知らせに来たのです。


ヨーレン
ナイツウォッチの新兵募集係。

アイリー城


ティリオンを捕らえたキャトリンは、ウィンターフェルではなく、谷間(ヴェイル)と呼ばれる地域へ向かっていました。ヴェイルはアリン家の領地です。ジョン・アリンが亡くなると、妻のライサはキングズ・ランディングを離れ、居城のアイリー城へ引きこもっていました。

ティリオンはライサが病んでいること。そして自分は無実であることを主張します。そこへ蛮族が現れて一行を襲いました。ティリオンは隙を見て逃げることもできましたがキャトリンを助けます。

キャトリンたちがアイリー城に着くと、姉妹は再会します。しかし夫を失ったライサの振る舞いは狂気じみており、息子を偏愛する姿にキャトリンは驚きます。ライサはラニスター家の人間を連れてきたことを激怒し、断崖につくられた独房スカイセルにティリオンを入れます。


ティリオン・ラニスター
王の盾ジェイミーと王妃サーセイの弟。国王ロバートに随行してウィンターフェルを訪れたあと、すぐには王都へ戻らず、北の壁へ向かいました。

キャトリン・スターク
エダード・スタークの妻。息子ブランが暗殺者に狙われたこと。そこにラニスター家が関係していることをエダードに知らせるため、王都へ赴きました。

ライサ・アリン
亡くなった王の手ジョン・アリンの妻。キャトリンの妹。

ロビン・アリン
ジョン・アリンとライサの息子。アイリー城の城主。

ロドリック・カッセル
スターク家に仕える騎士。キャトリンが王都へ向かう際、護衛として随行してきました。

ブロン
傭兵。キャトリンとティリオンが出会った街道の宿から着いてきました。

小評議会


王都では、国王ロバートが小評議会を招集します。諜報大臣のヴァリスからデナーリスの妊娠が伝わったのです。情報源はジョラー・モーモントだといいます。国王ロバートはデナーリスの暗殺を命じます。小評議会は賛同しますが、エダードは罪のないデナーリスを殺すことに反対。王の手を辞任します。

国王ロバートが私室に戻ると、王妃サーセイが入ってきます。ドスラク人の軍隊を恐れるロバートに、サーセイは数では勝てるといいます。しかし王国の人々はばらばらで、数で勝っていても結束した小数に勝てないといいます。
ではバラバラの王国をつなぎ止めているのは何か。ロバートとサーセイの婚姻だろうかといって自嘲します。二人の間に愛情はないからです。
そして、サーセイは結婚してはじめてロバートにリアナ・スタークのことを聞きます。これまではリアナに関心があると知られるのが嫌だったので話題にしませんでした。しかしもう関心はないので話題にしたといいます。ロバートは、かつてリアナ・スタークを欲したが、今では顔も思い出せないといいます。
二人にはじめて子どもができたとき、サーセイはロバートを愛していたことを打ち明けます。
「最初の子を失ったあと、しばらくの間は。私たちにいい関係になれた瞬間はあったのかしら」
「ないな。今ので気は晴れたか、逆か」
「何も感じない」サーセイはそう言うと部屋を去ります。


ロバート・バラシオン
七王国を治める国王

サーセイ・バラシオン
王妃。ラニスター家の出身。双子の弟ジェイミーと近親相姦の関係にあります。

王の手を辞任したエダードが北部へ帰るため荷物をまとめていると、ピーター・ベイリッシュがやってきます。ジョン・アリンが最後に会った人物の元に案内するというのです。ピーターの娼婦館へ案内されると、乳児を抱いた女性が待っていました。国王ロバートの落とし子だといいます。王の落とし子は鍛冶屋の職人ジェンドリーだけではありませんでした。たくさんいるのです。ではジョン・アリンは何を調べていたのでしょうか。

エダードが娼婦館から出てくると衛兵たちが館を囲んでいました。そこへ馬に乗ったジェイミー・ラニスターがやってきます。弟ティリオンがスターク家によって囚われたことを問いただすと、エダードは自分が命じたといいます。それを聞いたジェイミーは衛兵たちにエダードを捕らえるように命じます。ジョリー・カッセルが護衛しますが、ジェイミーに刺し殺されます。
エダードも剣を構え、ジェイミーと一騎打ちがはじまりますが、なかなか勝負が付かず二人は互角に見えました。すると衛兵の一人が後ろからエダードの足を槍で突き刺しました。エダードは跪き、ジェイミーは馬で去りました。


ジェイミー・ラニスター
王妃サーセイの双子の弟。王の近衛兵「王の盾」(キングズガード)の一人。

ジョリー・カッセル
スターク家に仕えるカッセル家の出身。ロドリック・カッセルの息子。

<< 前 第4話

>> 次 第6話

ゲーム・オブ・スローンズ関連情報

ゲーム・オブ・スローンズは、Amazonプライムビデオから視聴できます。

>> 字幕版を見る

>> 吹替版を見る

当ブログでは、ゲーム・オブ・スローンズの登場人物や世界地図などの情報を紹介しています。以下にまとめていますのでご興味いただけたらご参照ください。

ゲーム・オブ・スローンズ | 目次 当ブログのGOT関連記事まとめ

その他おすすめのドラマ

ゲーム・オブ・スローンズを楽しめる方にはこちらのドラマもおすすめです。

ROME

共和制から帝政へと移行していく古代ローマの混乱期を描いたドラマです。時代の流れに翻弄され、巻き込まれていく人物たちから目が離せません。登場するのはカエサルやアントニウス、オクタヴィアヌス、クレオパトラといった実在の人物ばかり。世界史に興味ある方におすすめです。

ROME[ローマ] あらすじ 感想 シーザーが皇帝じゃないことがずっと疑問だった

ヴァイキング 〜海の覇者たち

伝説的なヴァイキングの王ラグナル・ロズブロークの活躍を描いたドラマです。ゲーム・オブ・スローンズのような血なまぐさい戦闘シーンも見ものですが、史実にもとづいた中世北欧の生活や文化も興味深いです。

ヴァイキング 〜海の覇者たち〜 シーズン1 見てみた! ヒストリーチャンネルが制作した初の歴史ドラマです

ウエストワールド

ゲーム・オブ・スローンズの米HBO作品。アメリカ西部時代を模したテーマパークを舞台に、自分たちがロボットであることを知らされずに生活するアンドロイドたちと、自分たちの欲望を満たすためにやってくる人間たちを描いたSF作品です。

ウエストワールド シーズン1 あらすじ 感想 第1話 目覚め おもしろいかどうかまだよくわからない