スポンサーリンク

ゲーム・オブ・スローンズ あらすじ ネタバレ シーズン3 第3話 「処罰の道」 ポドリックの伝説がはじまります


写真出典:HBO

北部では、壁の北でジョン・スノウが野人の仲間に加わります。そのジョン・スノウを頼って壁を目指すブランとリコンの兄弟は、ミーラ・リードとジョジェン・リードに出会いました。ハレンホールを脱出して故郷を目指すアリアは、「旗標なき兄弟団」に遭遇します。ロブ・スタークはウィンターフェルが陥落したこと、祖父ホスター・タリーが亡くなったことを知ります。

王都ではティリオン・ラニスターがブラックウォーターの戦いの報酬を要求しますが、父タイウィンから拒否されます。

ドラゴンストーンにはダヴォス・シーワースが戻りますが、メリサンドルを襲ったために捕えられます。

サンサ、アリアと人質交換するためジェイミーを連行するブライエニーは、ルース・ボルトンの部下に捕まります。

エッソス大陸では、デナーリス・ターガリエンが自由都市アスタポアで傭兵軍団アンサリードを紹介されます。

続いて、ゲーム・オブ・スローンズ シーズン3第3話を紹介します。

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン3 第3話 あらすじ


写真出典:HBO

タイトル:処罰の道
初放送日:2013年4月14日
放送時間:53分

ティリオンは大蔵大臣に就任し、王国が巨額の負債を抱えていることを知ります。

ボルトン家に捕らえられたジェイミーは、右手を切り落とされます。

何者かに捕まって拷問されていたシオン・グレイジョイは、見知らぬ若者に救出されます。

壁の北では、マンス・レイダーがカースルブラックを攻撃する計画を立てます。

一方、アスタポアではデナーリス・ターガリエンがドラゴン1頭と傭兵軍団「穢れなき軍団」を交換します。

スポンサーリンク

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン3 第3話 ネタバレ


写真出典:HBO

王都

小評議会が開かれ、「王の手」タイウィン・ラニスターはジェイミーの消息を確認しますが、誰にもわかりません。次に大蔵大臣ピーター・ベイリッシュにはアリンの谷間に行ってライサ・アリンと結婚することを命じます。ライサはキャトリン・スタークの妹なので、ロブ・スタークの味方を減らす作戦です。大蔵大臣の後任にはティリオンが就任します。

ティリオンは従士ポドリックにブラックウォーターの戦いの報償として3人の娼婦を与えます。しばらくするとポドリックが娼婦たちに支払うはずのお金を持って戻ってきます。本来お金を受け取るはずの娼婦たちはポドリックの技に満足し、逆にお金を払ってきたというのでした。

その後ティリオンが国の帳簿を調べると、ラニスター家とブレーヴォスの「鉄の銀行」から莫大な借金をしていることがわかります。

壁の向こう

マンス・レイダーに率いられた野人の集団は、ナイツウォッチのキャンプ跡地にやってきます。そこにはホワイト・ウォーカーによって殺された馬の遺体が渦の形に並べられていました。しかしオレルが見たというナイツウォッチの遺体はありません。マンス・レイダーは、死者は「亡者」になったといいます。そしてトアマンドに、ジョンと20人の仲間を率いて「壁」を乗り越え、南側からナイツウォッチの居城カースルブラックを攻撃しろと命じます。

壁の北を探索していたナイツウォッチたちは、クラスターの砦まで戻ってきます。クラスターの娘ジリは、男児を産みます。クラスターの砦では、女児は娘として育てられ、男児はホワイト・ウォーカーに捧げられます。

ドラゴンストーン

メリサンドルは「光の王」の指示に従って旅立とうとしています。スタニス・バラシオンが弟レンリーと同様、魔法でジョフリー王やロブを暗殺したいというと、メリサンドルは、スタニスと同じ血をひく人物が必要だといって去って行きます。。

エッソス

デナーリスは8000人の「穢れなき軍団(アンサリード)」を雇おうとしますが、奴隷商人グラズニスから資金がないと指摘されます。デナーリスがドラゴンの一頭と交換するというと、クラズニスは承諾します。さらにデナーリスは通訳の奴隷ミッサンデイを要求し、彼女を連れ去ります。

北部

捕らえられて拷問されていたシオン・グレイジョイは、若者に助けられて馬で逃げます。しかし追っ手に追いつかれ、暴行される寸前、若者が追っ手たちを殺してシオンを救います。

リヴァーランド

ホスター・タリーの葬儀が行われます。遺体は船に乗せて川に流されます。エドミュア・タリーが火矢で船を狙いますが当てることができず、ホスターの弟ブリンデンが代わりに当てて見せます。また、エドミュアが作戦を無視したためグレガー・クレゲインを罠にかけることができなかったことをロブ・スタークは非難します。キャトリンは叔父ブリンデンとホスターの死を悲しみます。

エドミュア・タリーは初登場。キャトリン・スタークの弟になります。かつてピーター・ベイリッシュはタリー家に里子として預けられていました。背が小さくフィンガー岬出身のベイリッシュに「リトルフィンガー」というあだ名を付けたのがエドミュアです。
ブリンデンはホスター・タリーの弟です。兄弟仲が悪かったため、姪ライサがジョン・アリンに嫁いだときアリン家の領地「谷間」に同行しました。先日、キャトリンがティリオンを「谷間」へ連行したとき再開。ライサはスターク家の協力を拒否しましたが、ブリンデンはロブに協力するためキャトリンに同行しています。

ハレンホールを脱出し、「旗標なき兄弟団」につかまったアリア、ジェンドリー、ホットパイは十字路の旅籠へやってきました。彼らは次の目的地に向かって旅立ち、ホットパイは旅籠で働くことになったため別れます。

ルース・ボルトンの部下ロックは、ジェイミー・ラニスターとブライエニーを連行し、ルース・ボルトンが駐留するハレンホールへ向かいます。夜、ジェイミーがロックを買収して脱走しようとすると、ロックはジェイミーを抑えつけ、父親なしでは無力だといってジェイミーの右手を斬り落としました。

<<シーズン3 第2話

>>シーズン3 第4話

ゲーム・オブ・スローンズ関連情報

ゲーム・オブ・スローンズは、Amazonプライムビデオから視聴できます。

>> 字幕版を見る

>> 吹替版を見る

当ブログでは、ゲーム・オブ・スローンズの登場人物や世界地図などの情報を紹介しています。以下にまとめていますのでご興味いただけたらご参照ください。

ゲーム・オブ・スローンズ | 目次 当ブログのGOT関連記事まとめ

その他おすすめのドラマ

ゲーム・オブ・スローンズを楽しめる方にはこちらのドラマもおすすめです。

ROME

共和制から帝政へと移行していく古代ローマの混乱期を描いたドラマです。時代の流れに翻弄され、巻き込まれていく人物たちから目が離せません。登場するのはカエサルやアントニウス、オクタヴィアヌス、クレオパトラといった実在の人物ばかり。世界史に興味ある方におすすめです。

ROME[ローマ] あらすじ 感想 シーザーが皇帝じゃないことがずっと疑問だった

ヴァイキング 〜海の覇者たち

伝説的なヴァイキングの王ラグナル・ロズブロークの活躍を描いたドラマです。ゲーム・オブ・スローンズのような血なまぐさい戦闘シーンも見ものですが、史実にもとづいた中世北欧の生活や文化も興味深いです。

ヴァイキング 〜海の覇者たち〜 シーズン1 見てみた! ヒストリーチャンネルが制作した初の歴史ドラマです

ウエストワールド

ゲーム・オブ・スローンズの米HBO作品。アメリカ西部時代を模したテーマパークを舞台に、自分たちがロボットであることを知らされずに生活するアンドロイドたちと、自分たちの欲望を満たすためにやってくる人間たちを描いたSF作品です。

ウエストワールド シーズン1 あらすじ 感想 第1話 目覚め おもしろいかどうかまだよくわからない